ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

すがちゃんねるだいありー

2016-11-03

最強!デスティニーガンダム!

機動戦士ガンダムSEED DESTINYの主人公にして、最強のガンダム!…それがデスティニーガンダムです。
作品中ではシンの精神的な弱さから、アスランが駆るインフィニットジャスティスガンダムに破れてしまいましたが、
それでも私はこのデスティニーガンダムこそが最強だと信じています(無敵担当はストライクフリーダムガンダムにおまかせ)。

MG 1/100 ZGMF-X19A インフィニットジャスティスガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

MG 1/100 ZGMF-X19A インフィニットジャスティスガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

MG(通常版・EB版両方)とRGは積みプラとなったため、これらとともに処分しました。
形はなくなれど、光の翼が運命として心の中に今でもずっと輝き、羽ばたいています。

MG 1/100 ZGMF-X42S デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

MG 1/100 ZGMF-X42S デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

RG 1/144 ZGMF-X42S デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

RG 1/144 ZGMF-X42S デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

<コレクション>

1/144 デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

1/144 デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

初の立体物として手に取ったのですが、思った以上に可動範囲が広く、武器などのギミックも多いので満足感がありました。
コレクションシリーズは組み立てやすさやプロポーション重視のため、ひじやひざなどの可動がオミットされています。
そのため、ぶぶんと遊ぶというよりも組んだら飾ったり、狭い可動範囲内でいかにかっこいいポーズを取らせるかなどが熱い遊び方になります。

<1/100>

1/100 デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

1/100 デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

アニメ放送中の決定版ではないでしょうか。光の翼が付いていない以外はよくまとまっているキットです。
なお、その出来の良さから同シリーズのストフリの出来が残念な結果になっているのが当時の評判でした。

MIA

MS IN ACTION!! デスティニーガンダム

MS IN ACTION!! デスティニーガンダム

ガシガシ遊べるのが最大の利点ですが、代わりにプラモよりも造形に劣ってしまうのが難点です。
なお、MIAとはモビルスーツ・イン・アクションの略称となっています。
後に派生であるイン・アクション・オフシュートとかロボット魂として進化しました。

<ハイコンプロ>

HCM-Pro 18 デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

HCM-Pro 18 デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

細かい情報量と密度が嬉しい。当時のHGシリーズの可動範囲内を確保している。
また、同スケールの食玩光の翼が付いていたので、それを移植したりして遊びました。

ハイコンプリートモデル・プログレッシヴ。1/200で一部の部品を組み立てるというプラモの要素も兼ねたフィギュアです。
こちらとMIAを合わせた要素がロボット魂だという解釈をしています。

HG

HG 1/144 ZGMF-X42S デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

HG 1/144 ZGMF-X42S デスティニーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

ビルドファイターズトライでは素組みで登場して話題になりましたね(そして、本来の中の人ラスボスと)。

初の光の翼が付属していた決定版。デスティニーフィンガーことパルマフィオキーナの掌パーツがかっこいい。
素晴らしい肩の可動範囲による対艦刀・アロンダイトも両手持ちが可能なのがエクセレント(しかも台座パーツ付き)。

しかし、さすがに現在では見劣ってしまうものがありますので、HGCEでのリメイクに期待したいですね。

<BB戦士>

BB戦士 デスティニーガンダム (290)

BB戦士 デスティニーガンダム (290)

地味な印象だった実体の盾が何と!付属していない(悲しい)。最大の特徴は光の翼がX字になっているところです。
価格が安いのも嬉しい要素で組み立てやすい。SDになってもおいしいところは残っていますよ。

ロボット魂>

ROBOT魂 [SIDE MS] デスティ二ーガンダム

ROBOT魂 [SIDE MS] デスティ二ーガンダム

可動がHG以下で顔が正面から見るとかっこよくないと、残念な結果に。
比較対象にされる同シリーズのストフリが決定版にせまる出来だったので、余計に。

しかし、悪役のイメージが強く出ているので、ダークヒーロー(横顔はかっこいい)としては引き立っています。

<METAL BUILD>

METAL BUILD デスティニーガンダム

METAL BUILD デスティニーガンダム

従来のイメージとアレンジの方向性が完全に融合して、究極の立体とも言えます。
肩のアーマーが稼働するからよりアニメチックに剣を構えたりできます。

約20000円と高額ですがデスティニーガンダムが好きなら絶対手に入れてほしいアイテム。
ご注意願いたいのは決定版ではないということだけです(MGのEB版が事実上の決定版)。

食玩も多く出ましたが、種ポーズ重視のシード・ザ・ハイパーハイブリッドモードは最高でした。
500円と値は張るものの、スケールがHGサイズくらいの飾るだけの立体なので気になるなら少し手を加えれば良いだけ。
また、当時まだプラモ化されていなかったアカツキガンダムを可動化させる強者もいました。

バックパックがMGストライクシリーズと交換ができるので、遊びの幅が広がります。

あと、相棒のレジェンドガンダムは1/100で初回版に台座(後のアクションベース)が付いたり、
MGの解釈で立体化(よりフレームなしのMGに近づいた)されて話題を攫いました。

1/100 レジェンドガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

1/100 レジェンドガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)



<そして、いきなりミニマリズムなお話>
ガンプラに限らず、好きなキャラの決定版を求めていませんか?
リリースされる中で手に取り、それを(満足するまで)判断し続け、集まっていく。
※自分で作るのが理想ですが、かなりの技術が必要になります。

やっと気づいたのが「モノは自分を満たしてくれない」けど、
デスティニーガンダムという存在が自分を満たしてくれていたということ。
そして、遊び尽くして「ときめかなくなった」ら、モノは処分して心に思い出として残せば良い。

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法



「最強」を好きな言葉にしてくれたのはデスティニーガンダムがひとつの要因です。
日本人は熱しやすく冷めやすい風潮があるようですが、もし冷めたなら一度断ってみてください。
もし思い出で留まらないなら再燃して遊べば問題ありません。

ガンプラは再販されるからほとんどの場合、いつでも再開できるのがメリットですよ(笑)!
基本は積みプラせずにおもちゃ屋やアマゾンに預けてあると思ったほうが良いですね。
※限定販売が多すぎるので「多々買わないと生き残れない」のが難しい…!



また組みたくなったら買い直して、写真を撮ってアップロード確定ですね!
ブログの方で「おもちゃ」のコンテンツもやっていきますので、よろしくお願いいたします。

おしまーい!