歌う♬放送作家 

2018-06-19 街中華たるビジュアルの隠し味!

TOKYO FM 内で打ち合わせの後、一人でラーメン屋さんに入ることは何十年もないのですが、半蔵門でふと、今で言う「街中華」を発見。我が身がなびく。

 ボクは従業員が、額にタオルを巻いて、黒色がベースのTシャツに店名が入っているラーメン屋さんが苦手。

 しかしながら、ふと見つけた半蔵門「街中華」の店を覗いて見ると、従業員4、5名は全員65歳以上の?高齢者男子店員軍団。なんだか安心して、店に入り、正しい500円の街中華的ラーメンを注文。

 お汁を飲んで行くとテレビ東京の人気番組「池の水ぜんぶ抜く」ではありませんが、突如、出現!店の電話番号

 これが

f:id:sugarbabe49:20180618143530j:image

f:id:sugarbabe49:20180618144153j:image

f:id:sugarbabe49:20180618144315j:image

 

TOKYO FM 内で打ち合わせの後、一人でラーメン屋さんに入ることは何十年もないのですが、半蔵門でふと、今で言う「街中華」を発見。我が身がなびく。

 ボクは従業員が、額にタオルを巻いて、黒色がベースのTシャツに店名が入っているラーメン屋さんが苦手。

 しかしながら、ふと見つけた半蔵門「街中華」の店を覗いて見ると、従業員4、5名は全員65歳以上の?高齢者男子店員軍団。なんだか安心して、店に入り、正しい500円の街中華的ラーメンを注文。

 お汁を飲んで行くとテレビ東京の人気番組「池の水ぜんぶ抜く」ではありませんが、突如、出現!店の電話番号

 これが

f:id:sugarbabe49:20180618143530j:image

f:id:sugarbabe49:20180618144153j:image

f:id:sugarbabe49:20180618144315j:image

 

TOKYO FM 内で打ち合わせの後、一人でラーメン屋さんに入ることは何十年もないのですが、半蔵門でふと、今で言う「街中華」を発見。我が身がなびく。

 ボクは従業員が、額にタオルを巻いて、黒色がベースのTシャツに店名が入っているラーメン屋さんが苦手。

 しかしながら、ふと見つけた半蔵門「街中華」の店を覗いて見ると、従業員4、5名は全員65歳以上の?高齢者男子店員軍団。なんだか安心して、店に入り、正しい500円の街中華的ラーメンを注文。

 お汁を飲んで行くとテレビ東京の人気番組「池の水ぜんぶ抜く」ではありませんが、突如、出現!店の電話番号

 これが

f:id:sugarbabe49:20180618143530j:image

f:id:sugarbabe49:20180618144153j:image

f:id:sugarbabe49:20180618144315j:image

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180619

2018-06-18 宇江佐真理さんの「深川恋物語」

今年、二度目の7月の芥川賞直木賞の発表の季節が迫ってきた。

 時代小説家の

f:id:sugarbabe49:20180616144217j:image

の短編「下駄屋おけい」読了。上手い。

 登場人物の男性が女性に思う藤沢周平のような優しい匂いのする文章である。だから、女性作家の筆致とは思えない。

 それまでの宇江佐作品が今、一歩ストーリー展開が弱いと暗に思っていた数々の選考委員阿刀田高さん。

 この小説で作品が完璧な時代小説になったと、阿刀田高さんの応援解説が、泣かせる。

 カバーは安里英晴さん

 宇江佐真理さんはこの作品ではないが、直木賞候補にもかつてなり、ついに2015年66歳の若さで亡くなった。

 生きておられたら、遅まきながら直木賞をいつか取ると思っていたので、つくづく、悔しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180618

2018-06-17 才人!近田春夫さんのトークショー

青山にて

f:id:sugarbabe49:20180617124207j:image

f:id:sugarbabe49:20180617124204j:image

f:id:sugarbabe49:20180617124201j:image

その昔、『近田春夫オールナイトニッポン』(火曜2部)は軽妙であり、F1のようなスピードのしゃべり。カセットテープに録音して何度も愛聴していたものでした。

 1997年から『週刊文春』で『考えるヒット』の連載を開始。現在も連載中。

 このタイトルは文芸評論家の小林 秀雄の「考えるヒント」のもじったもの。近田さんの文章のレトリックは確かに小林 秀雄を彷彿とさせる。観念的な音楽をあれだけ上手に文章で語ることは至難の技。それをなんなく毎週こなしておられる。

 トークをするバックの白い壁には近田さんがパソコンで描かれた多くの絵が映写。これがまるでニューヨーカーの画家のようなタッチで、絵の才能もある人なのだと新たな驚き。

 ボクの後方で、その絵の映像を映し出す係が、CMディレクターのあの川崎徹さんとこれまた豪華。

 照れながら話したご自分の半生のトーク、相変わらず面白かった。

 近田さんの新バンド名がウケた!

その名も「活躍中(近田春夫 / 恒田義見 / 高木英一)」なんだそうだ

※近田さんの描く絵 https://www.honnobasyo.com/vol-50-c

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180617

2018-06-16 免許証更新の女神

免許証更新。眠くて眠くて。会場へ。

 教官が怖そうな人で携帯をいじったら、即退場とか厳しい前説。

 もし、暗転になり、これから見させられる事故に関する映像上映の最中、寝息を聞かれたら即退場かもしれないという恐怖。

 30分程度の事故と専門家の先生と女性ナビゲーターのトークの映像を見せらる。

 女性ナビゲーターが飛び切りの美人の方で覚醒し、なんとか、眠らないで済み、その人に感謝の気持ちでいっぱいになりました

 以前は何十年も前のアーカイブ映像を見せられ、事故映像ながら、その古い音声のナレーションも加味され、NHKの「新日本紀行」のような昭和の郷愁を感じることがありました 

 テレビ業界に身を置く人間なので、事故映像はどこかの制作会社の独占なのだろうか?と、ふと思いました

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180616

2018-06-09 爆笑問題 鶴ちゃん 南海キャンディーズ

タイタンライブ、鶴太郎さんとボクとの合作の古典落語時そば」のパロディ落語「時おでん」。ラママ新人コント大会のからの仲間の爆笑問題、そして、久しぶりのおきゃんぴーとも再会。さらに、山里亮太くんとマネージャー尾崎さんとちょい打ち合わせ。

f:id:sugarbabe49:20180608215520j:image

の漫才、良かった。f:id:sugarbabe49:20180608220240j:image

f:id:sugarbabe49:20180608215951j:image

f:id:sugarbabe49:20180608220435j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180609

2018-06-06 NHKの「きょうの料理」が好きです

料理研究家の小林カツ代さん亡き後、栗原はるみさんは家庭料理の女王の座の長期政権は続いています。

栗原はるみさんの新しい季刊本が出版されていて、ゴスペラーズの黒沢

くんと一緒にカレーを作ったりしているNOW?を意識した頁もありました。

しかしながら、ちゃんと、故小林カツ代さんの本の再販もされていて、カツ代さんは根強い人気がいまだにあるのでしょうね

現在、料理研究家と名乗る人って世の中に何人いるのでしょうか?

料理研究家って、自己申告制なのでしょうか?

NHKの「きょうの料理」見ても、入れ替わり立ち代り相当数います。

長い間、「きょうの料理」のアシスタントをおやりになっている優しそうで、ソフトなしゃべり方をするアナウンサー後藤繁榮さん(現在、フリー)がいい味出しています

 一度、NHK内で見かけて 「いつもご苦労様です」と面識もないのに、声をかけてしまった。ご自宅に帰っても、奥さんにあんなに過剰に優しいと疲れるだろうなあと、いらないことを考えたりもしてしまいますf:id:sugarbabe49:20180606235810j:image

f:id:sugarbabe49:20180606235833j:image

f:id:sugarbabe49:20180606235549j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180606

2018-06-02 北鎌倉落語会「三遊亭円楽の独演会 」

6月3日(日)14時開場14:30開演  あの笑点の大スターがやってきます

f:id:sugarbabe49:20180517132910j:image

三遊亭円楽、春風亭正太郎、アル北郷ビートたけしの側近 「ビートたけし金言集」の著者 渦中のビートたけし独立騒動のあの噺も・・・)

プロデュース・司会:植竹公和 ご予約受付中!まだ間に合います  http://www.kitakamaevent.com

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180602

2018-05-24 居酒屋店主5人の「お燗番隊」、フランスへ!の企画

dancyuは初号が出版された当初、定期購読し、ファイルしていたが、ある時期から気取りが出てきて、読書習慣を止めるが、最近、気取りがなくなり、また読み出す。

今月号は居酒屋店主5人の「お燗番隊」、フランスへ!の企画が

f:id:sugarbabe49:20180525003442j:image

f:id:sugarbabe49:20180523155815j:image

が最高だ!

 選りすぐりの日本酒を何十本もフランスに持ち込み、フランス人たちに熱燗の味見をさせて行く。

まるで椎名誠さんの怪しい探検隊みたいに。

熱燗がフランス人にはドはまりであることを発見。

また、銀座の老舗「煉瓦亭」の野菜サラダの作り方。

レタースサラダ/トマトサラダ/アスパラサラダ/セロリーサラダ/キウリサラダの作り方を懇切丁寧に水道水で洗うところから

ネタばらしも惜しまず、教えてくれてとても親切で、目から鱗

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180524

2018-05-17 北鎌倉落語会「三遊亭円楽の会 」「林家木久扇 親子三代の会」

6月3日(日)14時開場14:30開演

f:id:sugarbabe49:20180517132910j:image

三遊亭円楽、春風亭正太郎、アル北郷ビートたけしの側近 ビートたけし金言集の著者 渦中の、もしかしたら、あの話題も・・・?)プロデュース・司会:植竹公和   http://www.kitakamaevent.com


7月1日(日)13時開場13時30分開演 笑点の大スターが!

北鎌倉落語会「林家木久扇 木久蔵 コタ親子三代落語会」林家木久扇林家木久蔵 、コタ(孫)、ジグザグジギーウンナンの後継者)、

太田トラベル(鉄オタ芸人)プロデュース・司会:植竹公和 予約受付中! http://www.kitakamaevent.com/20180701/

f:id:sugarbabe49:20180516224358j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180517

2018-05-16 北鎌倉落語会「林家木久扇 木久蔵 コタ親子三代落語会」

落語界の国宝級お見逃しなく 親子三代勢揃い

7月1日(日)13時開場13時30分開演 

f:id:sugarbabe49:20180516224358j:image

出演:林家木久扇林家木久蔵 、コタ(孫)、ジグザグジギー、 太田トラベル(鉄オタ芸人) プロデュース・司会:植竹公和

http://www.kitakamaevent.com/20180701/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180516

2018-05-12 東海林修さんの日本のPOPS界に対する貢献度

東海林修さんが4月30日亡くなりました 70年代にトワ・エ・モワ楽譜を購入し、東海林修さんのお名前を初めて意識しました この方のも日本のPOPS界に対する貢献度を大きかったと思います


 ボクが好きな東海林修さんの楽曲は

作・編曲:東海林修 トワ・エ・モワ/特別な望みなどないけれど (1973年

作詞 山上路夫


作・編曲:東海林修 トワ・エ・モワ地球は回るよ (1971年

作詞:山上路夫


GARO 地球メリーゴーランド 詞:山上路夫

曲:日高富明

編曲:東海林修



中尾ミエ 可愛いいベビー  編曲 東海林修

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180512

2018-05-04 銀座の資生堂パーラー 池波正太郎

銀座資生堂パーラー 池波正太郎さんが13歳の時、友達と入店した。兜町の店の丁稚だった頃 給料5円。

銀の入れ物に入っている70銭もするチキンライスを意を決して、食べにいった。(彼の食通道は13歳からスタートしている)

そこの2、3歳年上の山田少年の給仕と知り合いになり、通う度に「マカロニグラタンはいかがですか?」「今日はクリームコロッケはいかがですか?」とほのぼのとした友情生まれる。

クリスマスの日に池波は岩波文庫の「足長おじさん」(池波が渡したのが「足長おじさん」というのが愛らしい)を

プレゼントとして山田少年に渡す。すかさず、山田少年は「僕も!」と、小さな長い包み紙を池上に渡す 

池上がテーブルの下で包みを開けると「にきびとり美顔水」が入っていた

それ以来、山田くんと池上は再会することができなかった

オムライスは自分は絶対、今は主力のデミグラスソースではなく、ケチャップ派。

先日も店の前を通ったがこのお店ではパファしか食べたことがない

連休中、オムライスを食べに行きたかった

https://parlour.shiseido.co.jp/restaurants/traditionalmenu/omelet.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180504

2018-05-01 ディズニーランドの空間科学

ゴールデンウィークの混雑に、とても、ディズニーランドに行く勇気はないので、工学博士の山口有次さんの「

f:id:sugarbabe49:20180501210603j:image

」を読了。

展示物はなぜ、時計の針と逆回転に見るように配置されているのか?

アトラクションや展示物の積み上げる煉瓦の大きさによる遠近法、ゴミ箱が8メートルごとに置かれている理由、駐車場の60度の工夫など、工学、心理学的視点で分析していている本。

それと、意外だったのは日本にはないが、アメリカのウォルトディズニーワールド(フロリダ)にはバックステージが見られるツアーがあるという事実。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180501

2018-04-30 エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史

編集の田淵浩久さんからいただいた田中雄二著の「

f:id:sugarbabe49:20180430192911j:image

」(DU BOOKS)が明日、5/1に発売される。

ボクが企画司会のラジカントロプス2.0(ラジオ日本)に田中くんには出演していただき、BGM音楽の歴史を語ってもらったことがあった。

それはこの本が出来上がるずっと以前に、著者の田中雄二くん宅のレコードをボクがガサ入れしていたら、アメリカラジオのBGMのオムニバスアルバムを

発見!それで、この特集をラジオでやろうと!提案し実現した。

相当、マニアックな番組だったが、ラジオ日本の番組審議員脚本家山田太一さんや市川森一さんにお褒めの言葉をいただいことがとても

うれしかった。

ボクにとっての最良のBGMはジャッキーグリース楽団一筋なのであるが、街中で、本当に日本ほど、

BGM音楽が流れている国はないのではないかしら?

「海外で生まれたBGMビジネスが、

日本にどのように持ち込まれ普及していったのか――。

その歴史をビジネス界のトレンド、ハードウエア史、著作権の変遷など、

さまざまな視点を絡めながら、今日に至るヒストリーを振り返る。

BGMとは?

バックグラウンド・ミュージックの略称

アメリカにおいて「ミューザック」、「エレベーター・ミュージック」と呼ばれていた公共空間への音楽配信サービスを、

東洋音楽放送がこう名付けてセールスしたことから日本で定着。

アメリカでは使われないが、ヨーロッパは日本と同じBGMで通じる。

アスリートたちが愛聴している定番BGMリスト、

SNS等で話題の西友ストアのBGMについて、

さらに、日本初のBGM年表も掲載!」

著者について

田中雄二

週刊誌副編集長、書籍編集者を経て、現在は広告制作会社の映像プロデューサー

大野松雄TM NETWORKドキュメンタリーなどの構成のほか、『電子音楽 in JAPAN』、『電子音楽 in the (lost)world』、『YELLOW MAGIC ORCHESTRA』、

『吹替洋画事典』、『昭和のテレビ童謡クロニクル』、『AKBとニッポンのロック』などの執筆業も。

CD復刻プロデュースほか、細野晴臣坂本龍一冨田勲追悼公演のパンフレットをはじめとする、オフィシャル出版物などにも寄稿している。

表紙の高橋力さんのデザインも大注目!インパクトあるなあ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180430

2018-04-27 『鷺巣詩郎 執筆録 其の1』

アイドルからジャズR&Bアニメ特撮に至るまで、

その圧倒的に広範囲な活動で知られる作曲家プロデューサー鷺巣詩郎さん。

2016年大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』や

エヴァンゲリオン』シリーズの音楽も手がけてきた鷺巣さんの本

f:id:sugarbabe49:20180426231304j:image

は面白い。

出版担当の田渕 浩久さんから頂いた。

鷺巣さんは自分の文体をしっかり持ち、テンポ感のある文章。そして、意外にも、辛口だ

例えば、「・・・華原朋美は歌が下手クソだから、レコーディングに膨大な時間がかかり、トニ・ブラクストン嬢(めちゃくちゃ歌の上手い歌手)は上手いから時間がかからない、と考えるのは大甘のしろーと。どっちも同じくらい時間がかかるし、逆に上手い歌手の方が深追いしすぎて危険な状態に陥りやすく、えらく手間取ったりするもんだ。一番多いのが「ノリOK,雰囲気バッチリ、がしかし、ピッチだけNG」というヤツでメアリーJなんか、その典型だよって彼女の仕事仲間がぼやいていた」これは鷺巣さんのようなタクのこちら側の調整室にに永遠座っている方のだから言える本音であろう

メアリーJの歌のことをバッサリ斬れるのは世界の現場で同等に働いている鷺巣さんだから許されるコメント

もちろん、もっと音楽的な複雑な理論に関してもどんどん食い込んでいく

しかしながら、音楽初心者が読んでも十分楽しめる本


アイドルからジャズR&Bアニメ特撮に至るまで、

その圧倒的に広範囲な活動で知られる作曲家プロデューサー鷺巣詩郎さん。

2016年大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』や

エヴァンゲリオン』シリーズの音楽も手がけてきた鷺巣さんの本

f:id:sugarbabe49:20180426231304j:image

は面白い。

出版担当の田渕 浩久さんから頂いた。

鷺巣さんは自分の文体をしっかり持ち、テンポ感のある文章。そして、意外にも、辛口だ

例えば、「・・・華原朋美は歌が下手クソだから、レコーディングに膨大な時間がかかり、トニ・ブラクストン嬢(めちゃくちゃ歌の上手い歌手)は上手いから時間がかからない、と考えるのは大甘のしろーと。どっちも同じくらい時間がかかるし、逆に上手い歌手の方が深追いしすぎて危険な状態に陥りやすく、えらく手間取ったりするもんだ。一番多いのが「ノリOK,雰囲気バッチリ、がしかし、ピッチだけNG」というヤツでメアリーJなんか、その典型だよって彼女の仕事仲間がぼやいていた」これは鷺巣さんのようなタクのこちら側の調整室にに永遠座っている方のだから言える本音であろう

メアリーJの歌のことをバッサリ斬れるのは世界の現場で同等に働いている鷺巣さんだから許されるコメント

もちろん、もっと音楽的な複雑な理論に関してもどんどん食い込んでいく

しかしながら、音楽初心者が読んでも十分楽しめる本


アイドルからジャズR&Bアニメ特撮に至るまで、

その圧倒的に広範囲な活動で知られる作曲家プロデューサー鷺巣詩郎さん。

2016年大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』や

エヴァンゲリオン』シリーズの音楽も手がけてきた鷺巣さんの本

f:id:sugarbabe49:20180426231304j:image

は面白い。

出版担当の田渕 浩久さんから頂いた。

鷺巣さんは自分の文体をしっかり持ち、テンポ感のある文章。そして、意外にも、辛口だ

例えば、「・・・華原朋美は歌が下手クソだから、レコーディングに膨大な時間がかかり、トニ・ブラクストン嬢(めちゃくちゃ歌の上手い歌手)は上手いから時間がかからない、と考えるのは大甘のしろーと。どっちも同じくらい時間がかかるし、逆に上手い歌手の方が深追いしすぎて危険な状態に陥りやすく、えらく手間取ったりするもんだ。一番多いのが「ノリOK,雰囲気バッチリ、がしかし、ピッチだけNG」というヤツでメアリーJなんか、その典型だよって彼女の仕事仲間がぼやいていた」これは鷺巣さんのようなタクのこちら側の調整室にに永遠座っている方のだから言える本音であろう

メアリーJの歌のことをバッサリ斬れるのは世界の現場で同等に働いている鷺巣さんだから許されるコメント

もちろん、もっと音楽的な複雑な理論に関してもどんどん食い込んでいく

しかしながら、音楽初心者が読んでも十分楽しめる本


アイドルからジャズR&Bアニメ特撮に至るまで、

その圧倒的に広範囲な活動で知られる作曲家プロデューサー鷺巣詩郎さん。

2016年大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』や

エヴァンゲリオン』シリーズの音楽も手がけてきた鷺巣さんの本

f:id:sugarbabe49:20180426231304j:image

は面白い。

出版担当の田渕 浩久さんから頂いた。

鷺巣さんは自分の文体をしっかり持ち、テンポ感のある文章。そして、意外にも、辛口だ

例えば、「・・・華原朋美は歌が下手クソだから、レコーディングに膨大な時間がかかり、トニ・ブラクストン嬢(めちゃくちゃ歌の上手い歌手)は上手いから時間がかからない、と考えるのは大甘のしろーと。どっちも同じくらい時間がかかるし、逆に上手い歌手の方が深追いしすぎて危険な状態に陥りやすく、えらく手間取ったりするもんだ。一番多いのが「ノリOK,雰囲気バッチリ、がしかし、ピッチだけNG」というヤツでメアリーJなんか、その典型だよって彼女の仕事仲間がぼやいていた」これは鷺巣さんのようなタクのこちら側の調整室にに永遠座っている方のだから言える本音であろう

メアリーJの歌のことをバッサリ斬れるのは世界の現場で同等に働いている鷺巣さんだから許されるコメント

もちろん、もっと音楽的な複雑な理論に関してもどんどん食い込んでいく

しかしながら、音楽初心者が読んでも十分楽しめる本

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180427

2018-04-21 お笑いは人生の「点と線」

2018 年4月21日、かめありリリオホールにて「笑点」の作家サトカン監修の「落語維新〜7人の落語家と1人の活動弁士の躍進〜」

出演は桂宮治 坂本頼光 入船亭小辰 笑福亭べ瓶 林家なな子 柳家わさび 桂三四郎 春風亭昇也を見に行く。

春風亭昇太師匠の弟子春風亭昇也さんが渡辺正行くんとボクが司会をしていた渋谷ラママ新人コント大会に、17年近く前に出た経験があることを告白され仰天。当時、昇也さんは元漫才コンビメロンソーダ」の一人だったのだ。

しかも、本日の前座さんで働いていたのは同じくラママ新人コント大会出身の元漫才ヒカリゴケの片方の鶴光さんの弟子の笑福亭茶光 片野くん(本名)である。

お笑いは人生の「点と線」だ。

f:id:sugarbabe49:20180422152026j:image

f:id:sugarbabe49:20180422011235p:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180421

2018-04-17 大学の落研の危機管理術

「昇太のレトロを探そう」や「アド街ック天国」の元演出家山崎徹くんと、ボクと、「笑点」のベテラン作家のサトカンと、最近、店舗数を急激に伸ばしている新橋の安酒場にて。

ボクら、大学違うが、全員落語研究会出身で立川志の輔桂竹丸春風亭昇太らが大学の落語研究会に在籍していた時期に

同時代を過ごした落語馬鹿たち。

この店の店員さんは店長以外、全員片言の日本語しかできないアジア人店員さんたち。

数えただけで、10回以上も僕らのテーブルに持ってくる注文の品を間違えて持って来る始末。しかし、そこは外国の地で働く店員さんもさぞや大変だろうと忍の一字。気の短い人ですと、消費者センターにクレームつけても

いいほどのチョンボの嵐。

10回目にもなると、こっちも麻痺してきて、怒りがこみ上げるより、「我々はアジアのとある繁華街に迷い込んだに違いない」

アジアのビンボー旅行の醍醐味だ」と無理やり、ギャグを言い合い気持ちを転換していく大人の対応。

ここは、落語研究会出身者ならではの危機管理方法。

f:id:sugarbabe49:20180416205209j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180417

2018-04-15 2018年4月7日北鎌倉落語会「春風亭一之輔の独演会」

2018年4月7日北鎌倉落語会「春風亭一之輔の独演会」春風亭一之輔 マキタスポーツ ユリオカ超特Q 春風亭 いっ休 司会&プロデュース 植竹公和

f:id:sugarbabe49:20180407141757j:image

f:id:sugarbabe49:20180407154805j:image

f:id:sugarbabe49:20180407154516j:image

f:id:sugarbabe49:20180407153901j:image

f:id:sugarbabe49:20180407151929j:image

f:id:sugarbabe49:20180407135046j:image

f:id:sugarbabe49:20180407135045j:image

f:id:sugarbabe49:20180407131455j:imagef:id:sugarbabe49:20180407154551j:image

f:id:sugarbabe49:20180406133400j:image

f:id:sugarbabe49:20180407135644j:image

f:id:sugarbabe49:20180407142217j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180415

2018-04-13 イタリア漫画業界事情 

4/12イタリア文化会館にて、

講演会「ラウラ・イョーリオ、ロベルト・リッチ×ヤマザキマリ」漫画評論家・翻訳家小野耕世氏がモデレーター

に参加。

イタリア漫画家はなぜ、本国ではなくフランスに市場を求めるのか?(そのフランスとて、日本市場より漫画の市場は極小)

イタリアの漫画は絵画を描くのと同様の手間をかけ、枚数をこなせない。

イタリアの出版社が漫画家に求めるのはストーリーではなく、ひたすら、その画力。

イタリア人の漫画の原画への価値の異常なこだわり。(商取引の対象に)

イタリアでは漫画家一本で暮らせるのはボンボン漫画家だけ、みんな別の職業を持っている。

イタリアには漫画の大手出版社は2社しかない!

イタリアの漫画の賞の少なさ。

舞台上では、司会者不在なので、ゲストでありながら、察して、見事な廻し役も兼ねるヤマザキマリさん。

終演後、とり・みきさんと打ち合わせ。

http://www.iictokyo.com/eventi/log/eid23.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180413

2018-04-09 天才の名言

天才の名言

【出演】MC:山里亮太  名言を言う天才:松村邦洋

プレーヤー:アルコ&ピース平子 ハライチ岩井

ハリセンボン箕輪 フットボールアワー岩尾

【日時】2018年4月8日(日)18:30開場 19:00開演

【会場】下北沢・小劇場B1 アクセス

山里亮太さん司会で、憑依する松村くんを媒介役にして行われるキッチュ大喜利!もしも、野村監督はこんな時・・・キムタクなら・・・貴乃花なら・・・プレーヤーが妄想で考える言葉遊び

ハリセンボン箕輪さんが全て100点の答え(大いなる逸材の再発見)、そして、平子くんのヘネリが個人的なツボ。

山里&松村の親和性の高さも大発見! 楽屋にて山里亮太さんと打ち合わせと落語をやっていただくので、扇子とてぬぐいの進呈。本番後も、松村くん、ライブ中に憑依した渦中の貴乃花親方のままの憑依状態が解けないw

後方にはるかちゃんの心霊写真感みたいな顔が見えますf:id:sugarbabe49:20180408211708j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180409

2018-04-05 家電専門店のソムリエ店員

家電専門店に行き、炊飯器売り場を静かにウォッチングしておりました。

満を持したかのように、炊飯器ソムリエ?のようなパナソニックの男性店員さんが近づいてきました

それからは彼の独り舞台でした。

「うちのメーカーの炊飯器は女子社員20人が年間3トンのお米を食べて研究しています」

マツコデラックスがCMを辞めてから、タイガーの炊飯器の売り上げがガクンと減りました」

象印 さんは御釜に、南部鉄を使い続けているのは岩手震災以降、岩手応援しようというメーカーのポリシーなんです」

炊飯器って象印とかタイガーというイメージがありますが、実は昔はサンヨーさんの技術がすごかったんです」

「もっちりご飯の炊ける炊飯器は女性好み、ふっくらは男性が好むんです。ふっくらタイプは冷えてから、美味しさが落ちないのでお弁当とか

を持って行くなら ふっくらタイプを選んでください」

この間、高田文夫先生ばりに、リアクションのいいお客となり、ほほうと聞き入ったボク。

と、その人は風のように消えていった

でも、ボクはなんだかすごく役に立つ講義を聞いたようで、自分が頭が良くなったような気に。

で、ボクは帰りに、SDカードを一枚だけ買って店を出たのでした

※写真は店内のマッサージ機の陳列売り場がご高齢の方の仮眠所になっている現代の素晴らしいリアル無料オアシスf:id:sugarbabe49:20180404174751j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180405

2018-04-03 本気でAOR NIGHT 2018 春

目黒ブルースアレイジャパンにて。知り合いの山下達郎バンドの三谷泰弘さんをボーカルに同じく達郎バンドのドラムの小笠原拓海くん、角松敏生バンドのキーボード友成くんらで、「本気でAOR NIGHT 2018 春」AOR の名作のカバーをセッションバンドでライブをやった。

出演:増崎孝司(Guitar)、種子田健(Bass)、小笠原拓海(Drums)、中島オバヲ(Per)、友成好宏(Key)、宮崎裕介(Key)、竹上良成(Sax)、三谷泰弘(Vo)

世界一のAORファンは日本人だそうだ。その日本人ミュージシャンが演奏するAORの完コピ度は世界一かもしれない

三谷泰弘さんが事前に入れておいたコーラスを自分でスイッチを押すポン出しが大変そうでした 小笠原拓海くんはTOTOのポーカロファンだけにポーカロのドラムのコピーは完璧でした 楽屋にスキマスイッチのボーカルの大橋卓弥さんも。

我ながら、いつになっても、自撮りがなんて ヘタなのかと呆れるばかりだwf:id:sugarbabe49:20180402201314j:image

f:id:sugarbabe49:20180402201115j:image

f:id:sugarbabe49:20180402200508j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180403

2018-04-01 吉田美奈子×森俊之 〜DUO 2018〜

f:id:sugarbabe49:20180331224206j:image

2018年3月31日(土)

吉田美奈子×森俊之DUO 2018〜

(Vo)吉田美奈子 (Pf)森俊之 に参りました

あいも変わらず、歌への没入の仕方が鬼気迫る美奈子さん。「話すように歌いたい」とMCでお話していていた。

ポップスだけの紅白歌合戦が存在したら、間違いなく美奈子さんが紅組のトリを取るだろう。

歌に寄り添う森さんのピアノワークが微妙に森流オリジナルのコードワークを使いこなし、自由度の高い素晴らしいプレイ。

終演後で、ホテルの一室で美奈子さんと森さんとボクで美奈子さんの誕生日ショット!

2015年3月6日リマスター盤が再発された至極の名盤「FLAPPER 」(プロデューサー村井邦彦)(1976)をラジカントロプス2.0(ラジオ日本)で3月9日に全曲ご本人解説企画進行 植竹公和がなつかしい 物故者もいるものの、ぜひ、コンサートで同じメンバーで再現して欲しいf:id:sugarbabe49:20180401133355j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180401

2018-03-26 水道橋博士 カージナルス

2018年3月25日。

ボクが作家をやっていた日本テレビお笑いスター誕生」の出場者ガダルカナル・タカさんとつまみ枝豆のお笑いコンビ「

f:id:sugarbabe49:20180326234034j:image

f:id:sugarbabe49:20180325212431j:image

f:id:sugarbabe49:20180325211529j:image

」が再結成。

水道橋博士トーク放送禁止コントをやってくれました。

ガダルカナル・タカさんのNHKファミリーストーリーがあまりの新事実発覚にに取材が中断されたエピソードがおもろ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180326

2018-03-24 時代錯誤の大名曲「乙女のワルツ」

時々思い出す70年代、時代錯誤名曲「乙女のワルツ

とても、違和感を感じながら聴いていた三木たかしさんの名曲。実は中山晋平ゴンドラの唄がベースだったとは!

70年代で、すでにユーミンもデビューしていたあのころ、いきなり大正ロマンという、どっから沸いた発想だったのか?

アイドルなのに伊藤咲子さんの歌がめちゃくちゃ上手すぎるのも益々違和感が増した。なんだろう、この歌の情感の込め方!なんか凄い半生を送ってきたかのような?

作詞 阿久悠さん。

最初のコーラスの出だしがツボ いずれにしろ、いい歌です 三木たかしさんの作曲家としての評価が低すぎる。

https://www.youtube.com/watch?v=rAiu2iLM9RQ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180324

2018-03-23 瀧川鯉八 初の単独ホール落語会

大学の落研の後輩 瀧川鯉八くんの

f:id:sugarbabe49:20180323211451j:image

f:id:sugarbabe49:20180323210240j:image

「内幸町ホール」満席。

広範囲の年齢層の品のいいお客様筋の良さが目立った。

長くお付き合いしてくださりそうなお客様。

瀧川鯉八くんの新作も期待に応えてくれる上出来。

いつものことだが、演者でしか作ることが出来ないネタに作家としてのボクは軽い嫉妬。

瀧川鯉八くんの作る世界観は作家は関与できない。

前座さんの「瀧川どっと鯉」さんの噺はボクが最初に覚えたネタの「酒粕」を交え、特に与太郎がいい。口調と間がいい。偉そうなことを言うようだが、この人、筋がいい。

思わぬところで、掘り出し者を発見。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180323

2018-03-12 森友問題 点と線

 

f:id:sugarbabe49:20180312205027j:image

f:id:sugarbabe49:20180312205024j:image

森友問題、真相が明らかになっていないので不謹慎ではありますが、松本清張ファンの多くは誰しも一瞬、「点と線」のストーリーが頭によぎったのではないだろうか。

エリートの強いやつが現場の弱者に責任を全て負わせてしまう・・・あくまで、現時点で、松本清張ファンの僕の連鎖反応ような妄想である 事件との確たる関連性は皆無だ

 ボクが、かつて読み込んだボロボロになった「点と線」文庫本

「点と線」は最初、雑誌『旅』に連載されて、1958に光文社カッパブックスから書籍化された。

 そうだ 今回はあえて、中古のカッパブックス版を取り寄せて再読すると、あの時代の空気感を味わえるかもしれないのでそうすることにした。

その前に小林恒夫監督の映画版DVDを昨日、発作的に予約。登場人物のお時(仲居)役の小宮光江と安田の妻役の峰三枝子が美しい

木下忠司の音楽も効いていて、何度かテレビ化されているが、この映画にはかなわない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180312

2018-03-07 小平奈緒選手に取り憑かれる気分のいい日々

自分は小学生まで父が函館スケート連盟会長だったこともあって、半強制的に冬場は早朝6時からスピードスケートの朝練をやらされていました。

おそろく、小学生までは函館で一番早く滑られる小学生だったかもしれませんが(函館は道内の中では一番、レベルは低いと思われます)、とにかく、スピードスケートは退屈だし、寒いし、筋肉はつるし、嫌で嫌でしかなかったスポーツ。

しかし、小平奈緒選手の滑りを見ていると、スピードスケートはこんなに、魅力的なスポーツだったのか!と、信じられない思いです。

 小平奈緒選手の滑り、インタビューを見ていると、気分が良くなり、落ち着き、彼女の動画を取り憑かれたように探しまくって、見まくっています。

 今回の冬季オリンピックの日本選手全般のインタビューの対応が、変に優等生な答えでなく、とても魅力的な受け答えをするのはボクがオリンピックをテレビで見てきて以来の初めての出来事、ある意味、事件です!

 おそらく同じような感想を持っている方も多いと思います

 小平奈緒選手の名将との二人三脚秘話 本当に地道な練習であり、独創的な練習

小平選手を指導する結城匡啓コーチは信州大で、スケートだけでなく、スキーに関する論文をすでに書いていることも面白い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180307

2018-03-05 東京五輪のマスコット???の妙な多数決の論理

f:id:sugarbabe49:20180305125728j:image

東京オリンピックパラリンピック大会組織委員会は28日、大会マスコットのデザインについて、大会エンブレムの市松模様をあしらった「ア案」に決定したと発表した。公募デザインの中から選ばれた最終候補3案から、全国の小学校など約20万クラスの児童の投票で最多票を獲得した。マスコットを子供の投票で決定するのは五輪史上初めて」

蒸し返すようで野暮なのですが、どうしても、この決定システム、組織委員会が以前から、世間におもねっている気がして、あざとさを感じてなりません。

子供達が選んだのだから、以前のオリンピックマークのように、ケチは付けられない保険をかけているような。

アートって、そもそも過半数の支持を獲得するという絶対民主主義の世界と最もかけ離れているものです。

その世界の目利きや古くはパトロンといわれた趣味人がセンスのあるものを選択したものです

クラシック音楽の世界や絵画の世界はその典型的なケース。

アートは極めて個人的な美意識の世界なのだと思います

例えば、大阪万博岡本太郎さんの「太陽の塔」とか、この過半数多数システムだと恐らく、選ばれなかったと思います。

大阪万博を考える会」に小松左京さん 星新一さんなどのSF作家陣が入っていたことも大きかったと思います

アート選択に絶対数が多いから、良きものが選ばれるというのはナンセンスな考え方だと思います

 餅屋は餅屋です。

 これぞと、思われるオトナの美術チームに判断を委ねた方が、仮に妙なマスコットを選ばれたとしてもあきらめがつくような気がします

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180305

2018-02-26 フィギュアスケートのエキシビション

フィギュアスケートエキシビション

それぞれの選手が本選があったにも関らず、本選レベルの振り付けを

準備してあるというのが、いつも驚き。

これって、名人上手の噺家さんがいつでもできる複数持ちネタを持ち合わせていることと似ているのか?

芸能色は強いが、エキシビションだけでも、優劣決められそうな試合が成立するのではないかといつも思うのであります

とり・みき遠くへいきたい」第2回 9コマを使ったいいギャグセンスしているなあ

https://gqjapan.jp/culture/manga/20180222/anywhere-but-here-02f:id:sugarbabe49:20180226075157j:image

f:id:sugarbabe49:20180226075154j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180226

2018-02-24 伊藤広規さんの誕生日会

2/23金曜 山下達郎バンドでもおなじみ伊藤広規さんの誕生日会兼ねての横浜でのお友達感覚のライブ。

30人くらい入るとギューギューのライブハウス。

1メートル前で伊藤広規さんのベースの指使いを確認できるベースオタクにはたまらん席の配置。

今日は得意のチョッパーを封印し、朝起きて、歯でも磨くような感覚でさらっと弾く伊藤広規さんのプレイ。

ブルースロックンロールのカバーが中心。少ない循環コードでも十分、モタせられるのがプロ中のプロたち

音楽家としての所以。

山下達郎コンサートでは客席から何度も見ているが、ボクが企画した「伊藤広規青山純ラジカントロプス2.0」(ラジオ日本)、『HIT SONG MAKERS 栄光のJ-POP伝説 青山純追悼スペシャル』以来の伊藤広規さんとの対面。ライブ中、先に出た森園さん 小野秀夫さんらミュージヤンたちが他人の演奏に酔いしれ、素直に微笑む光景は美しい。

f:id:sugarbabe49:20180223210240j:image

f:id:sugarbabe49:20180223223318j:image

f:id:sugarbabe49:20180223215533j:image

f:id:sugarbabe49:20180223201630j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20180224