歌う♬放送作家 

2017-10-12 『刺青の男」

米大統領、核弾頭10倍目指す? 会議で発言と報道 本人は否定」(産経新聞

 1951年刊行のSF小説

f:id:sugarbabe49:20171012094513j:image

レイ・ブラッドベリの短編集)を今週、読み直している。この中の短編のひとつ「形成逆転」の

筋書きは、20年ぶりに白い人の乗ったロケットが来ると聞いて、黒い人たちは空を見上げた。20年前、黒人たちはロケット火星にやってきた。黒人たちが去った数年後、地球では原子戦争が始まり、ロケットが1つも無くなっていた。やっと新しいロケットができてようやく訪ねてきたのだった・・・。

 SF作家は未来を予測する。小松左京さんがそうだったように。

 真面目に前々から、思っているのだが、内閣人事の特別枠にSF作家集団を入れるべき。

http://www.sankei.com/world/news/171012/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugarbabe49/20171012