sugi_vivalavida の日記

2011-09-23

通信の進化と生活

いやー、大きなテーマで風呂敷を広げましたw

SF映画とか、ちょっと未来的なドラマとかで、通信はどのように描かれているか。
それは、社会が目指すべき方向なのか。
それが、本当の自分たちの生活に広がってくるのか。

なんてね(^^;  ドラえもんの「壁掛けテレビ」じゃないけど、夢のグッズが現実のものになるって話し、通信の世界にも有ると思います。

日本が黒電話の時代に、「サンダーバード」の中ではテレビ電話でした。
 (ところで、Thunderbirds are go!という文は、文法的に正しいのでしょうか??
   と疑問に思ったものでしたが、世の中でたくさん解答の出ている既出質問でした)

「セブン」ウルトラ警備隊テレビ電話でしたね。
腕時計形で小さいモニタのスカイプみたいなものです。

スター・トレックに出てくるカーク船長やミスター・スポックの通信は、折りたたみの携帯でした。
ネクストジェネレーションになると、ピンバッジ程度の通信機。
これって科学特捜隊にも似てる? 記憶が定かでないけど。

NHKアニメ電脳コイル」では、パソコンは携帯電話と一体化してメガネになっているという設定。
メガネを通せば、空間にモニタやキーボードが現われるっていう。仮想現実というか、拡張現実というのか。
そんな世界。

モノは小さく、軽く、手軽になる、夢の世界。
そのうち体内埋め込み式携帯電話にでもなるのかな?
------------

体内埋め込み式携帯電話になったら・・・

機種変はちょっと難しいねw
それか、USIMカードだけ埋め込み化するとか。

電子マネーを携帯チャージしたり、Edyみたいなのとか、お財布を持つ必要がなくなります。
--------------------------------------------------------

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugi_vivalavida/20110923/1316784869