sugi_vivalavida の日記

2012-09-23

ツイッターの流行り廃り

twitterの流行りの後、facebookがドーンと拡大した。
日本以外の世界では逆らしい。facebookの方が流行った後に、twitterに移行した。
日本にはmixiがあったからfacebookが出遅れたのか。

ツイッターで1万人ものフォロー、フォロワーを持つことって。
まともにツイートを読んでいるとは思えない。
たまたま開いた時に呟かれたものしか目にできないだろう。
そんな世界よりフェイスブックだということになったのか。
ツイッターは廃れ、今はフェイスブックが来ている。

思わぬ繋がりが有るのもtwitterだが、そうそう思わぬ繋がりもそうそう安々と起こるはずがない。
虚しく呟き放つだけの現象に飽きたのか。

やはり人は他人からの反応を待っている、期待しているのではないか。
たとえ「いいね!」一つでも、何か反応を期待しているのではないか。

欧米がfacebookからtwitterに比重が移ったのは、facebookがあまりに身の回りのシガラミに縛られるからだという。
いま、日本では、近場のシガラミで楽しんでいる。
しかし、遠からずそのシガラミが煩わしくなる時期が来るだろう。

facebookでは、職場の手近な繋がりが濃すぎて、プライベートな出来事のアップがし難くなっている。
当り障りのない記事の数々。

政治でも文化でも宗教でも事件でも、「この事」について自分はどう思っている、などという投稿は数少ない。

「政治と宗教野球の話はするな」
人との対立を避ける日本人の知恵だった。
野球の話は出てきている。政治の話しはまだ少ない。宗教の話は皆無に等しい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugi_vivalavida/20120923/1348364082
リンク元
Connection: close