Hatena::ブログ(Diary)

東京障害年金相談センタースタッフブログ

2012-10-15

うつ病と睡眠障害

 前回の記事で、うつ病の初期段階ではi意欲低下や抑うつ気分など精神的症状ではなく、
不眠や朝起きられない等の身体的症状が現れると書きました。今回は、この身体的症状の
代表ともいえる睡眠障害うつ病の関係について考えたいと思います。夜良く眠れない、
睡眠が浅く疲れが取れない、昼夜逆転の生活になっているなどの症状は、うつ病の初期段階から中核症状である抑うつ気分、意欲低下の状態になる直前に出現することが多いと言われています。
つまり、うつ病の初期段階では殆どの方々が良く眠れない等の睡眠障害に陥るということです。これは、うつ病の方で夜、ぐっすり眠れるという方は殆どいないことからも明らかと言えます。睡眠障害は大きなストレスとなり、ストレス解消の良い方法は、十分な睡眠である断言出来る程であると有名な精神科医師は言って います。特に睡眠不足は、うつ病の原因として決定的なものと言えるくらいだそうです。
 十分な睡眠を心掛けたいものですね!

** 東京障害年金のご相談は東京障害年金相談センターへ **
   無料相談開催中! お気軽にご相談下さい!
   http://www.nenkin-shogai.com

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sugino5722/20121015/1350318142