Hatena::ブログ(Diary)

広島の書道教室「粋仙会」★龍仙奮闘の日々

2016-12-02

[]カレンダー在庫0でなんか急に急ぎが増えた感じ 11:47

12月に入ってまだ2日ですけど、

世の中もだんだん年末気忙しいモードに入っているのか、

なんか、急ぎのお仕事が増えてきました。

書道のお急ぎは、

悲しいことになく(笑)

篆刻やら、記帳代行やら、システムやら

のお仕事のご依頼の前に

「急ぎ」の冠がつくようになりました。

みなさん年末までに何とかしようと

している節も多々伺えますけど、

そこはお仕事!!笑顔で二つ返事です。

ただ、その結果はというと、

自爆が数回といった感じです(笑)

暇でしょうがない年末より

忙しく年末を乗り切る方が

龍仙にはあってるみたいです。

ところで、

100部注文したカレンダーは、

もうなくなってしまいました。

去年は年明けでも数部は残ってたんですけど、

今年はあっという間に配布終了。

生徒数はさほど増えていないんですけど、

篆刻のお客さんとかが増えた都合かもしれません。

遠方のお客様には

送料がかかるので、

お会いできたときにお渡ししていますが、

残念ながら、今年は終了とします。

来年はもう少し増やそっかなぁ…

お配りできなかった方にはお詫び申し上げるとともに

厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

ということで、

教室でもそろそろ

年末のご挨拶が来てますね。

教室の最終はまだまだ先ですけど、

生徒さんの都合で早めに

今年最後になる人がぼつぼつ出現中です。

f:id:suisen-an:20161109155608p:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/suisen-an/20161202

2016-11-29

[]随分サボってしまった 14:11

前回の投稿からずいぶん経ってしまいました。

死んでもいないし、病んでもいませんので、

よろしくお願いします(笑)

理由らしき理由はないんですけど、

なんか、年末に向けての締切やら、準備やらで、

あっという間に、一日が終わってしまってました。

そうこうしているうちに、

もう数日で師走ですね。

1年経つのが早く感じるということは、

歳をとったということでしょうか?(笑)

で、

昨日、作業をしてしまおうと企んでいた

長野県現代書藝展の作品アップ作業ですけど、

まだ終わってません。

なんというか、

ペースゆっくりで、

作業の合間に、おやつ食べたり、

畑に出てみたり、

ずーーーっと同じ作業というのが

続かなくなりました。

これも寄る年波でしょうかねぇ…

あ〜そうそう、

第22回長野健現代書藝展のページは

http://naganosyogei.jp/?page_id=2047

です。

ということで、

こちらのお仕事は、

後はやっつけ的にひたすら

100点近くを画像加工&アップです。

画像はどう撮影しても、

あおりがあるので、

その補正を手作業で、

1枚1枚コツコツと補正しています。

自動でしてくれるのもあるんですけど、

画質の低下がひどいので、

作業でやってます。

いろいろと、

やらなきゃならないこと、

やりたいこと、

があり過ぎて、

からだ、3つくらいほしいです。

3交代で8時間勤務(笑)

書道芸術院展の作品制作と出品作業

毎日書道展の新会員展作品制作は

終了したので、

年内残りの主なお仕事は、

WEB草書字典、改め「電字林」のサーバー契約&テストリリース

師匠の銀座個展のあれこれ

年賀状のあて名書き

摺刷の増産

年末のあれこれ、

ですね。

ごちゃごちゃと

細かいものは当たり前にありますけど、

度肝を抜くほどの仕事はないので、

なんとなく無事に年の瀬を過ごせそうです。

あと1か月がんばんべっ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/suisen-an/20161129

2016-11-09

[]風邪ひいたかなぁ… 15:56

今日は久しぶりの水曜日OFFですけど、

NHKアメリカ大統領選挙速報、

トランプリスクありということで、

為替も、株式も大騒ぎですね。

いまはFXやってないので、

何の影響もないですけど、

やってる人は激しそうです。

さてさて、

今日はOFFと意識したせいか、

風邪ひいちゃいました。

広島もグッと寒くなって、

今日は風も結構ありということで、

いよいよ冬支度ですね。

我が家のさくらももみじも

紅葉することなく枯葉になってしまい、

あっという間に落葉です(笑)

そんな不調な中、

何もしないと不安になるので、

小さな畑の里芋を収穫したり、

旬の過ぎた花類を整理したり、

外回りはそんな感じです。

内回りはというと、

帳簿付けたり、

ちょっと溜まった篆刻の準備したり、

あれこれ、やってはみますが、

なんか、シャキッとしないというか、

やる気が出ないですね。

風邪ひいたせいにするしかないですけど、

困ったことに食欲は旺盛

動かず食べると何が起こるかというと、

そう!!でぶるんです(笑)

ついに越えてはいけない70圓

越えてしまいました。

体重が増えると、

血圧やら尿酸値やらが変なふるまいをするので、

困ったもんです。

薬増やされそうだなぁ…

そうそう、

第6回藤井龍仙書作展

人呼んで「役TATAZ書展」

を来年の2月24日から3月8日

恒例の緑井のGalleryPassageで凝りもせずやります。

まだ、具体的テーマは決めてないですけど、

穏やかな雰囲気の方向で考えてます。

粋仙会会員の方には、

もれなく協賛金の依頼が届きますので、

よろしくお願いします。

f:id:suisen-an:20161109155608p:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/suisen-an/20161109

2016-10-27

[]あたたかいお茶 09:18

少し前に松江の先生からいただいた

未開封のお茶をようやく開けました。

昼はまだ冷たいお茶がいいですけど、

ここのところ、

朝晩はすっかり肌寒くなって、

あたたかいお茶が飲みたくなって

自分の部屋に急須を持ち込んで、

茶飲み爺になってます(笑)

頂いたお茶は、

森山園のお茶なんですけど、

これが飲みやすくておいしいんです。

時間を置くと、

例のごとく参加してしまって、

鉄風味になりますけど、

あたたかいうちに飲んでしまえば、

風味もうまみも程よくて、

秋冬には愛飲しています。

いつも頂いてばかりで

松江の先生には申し訳ないですけど、

ありがとうございます。

さてさて、

昨日は久しぶりの教室OFF日で、

家で、粋仙会新製品「摺刷(樹)」を

ごそごそ準備したり作ったりしてました。

来年の夏に

師匠が銀座の一角で個展をするというので、

いそいそと付いていくんですけど、

旅費などは自前で確保しないといけないので、

一日ぼーっとお客さんを待つのももったいない!

ということで、

期間中、現地で篆刻の注文を受けたり、

篆刻がらみで、当会オリジナルの

「摺刷」2種類を販売予定です。

売れるかどうかは、

やってみてのお楽しみですけど、

全く売れないということはないんじゃないかと…

製品バージョン「竹」と「樹」併せて、

100枚でも売れてくれれば、

旅費のおつりが出ます。

獲らぬ狸は宝くじ同様、

得意技なので、軽くする―してください(笑)

で、あっという間に10月も終わりですね。

年賀状を書き始めると、

龍仙の年末モードにスイッチが入ります。

無事に新年を迎えることができるよう、

もうひと踏ん張りですね。

書道芸術院展の作品書かなきゃ…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/suisen-an/20161027

2016-10-21

[]年賀状大好評。まだお見せできませが… 22:33

先日の社中展から開始した、

年賀状サンプルの配布ですけど、

そろそろ4箱目が終わり、

5箱目の揮毫に入りそうです。

一通りデザインパターン

出きった感じなので、

これからは無くなっている(皆さんが持ち帰った)

パターンの補充繰り返しになりそうです。

そうは言っても、

すべて手書きなので、

同じパターンでも

微妙に表情が違います。

ネットへの公開は

会員の先行利益を守るため

もう少し後にします。

で、去年のこの時期は、

まだ3箱目だったような気がします。

昨年の最終箱数は3箱ちょいで

4箱目が40枚くらい余ってたはずで、

今年はこの時期ですでに

それを越えているという、

しんどいことになってます。

皆さんに喜んでいただけるのならと、

寅年から始めたお絵かき付き年賀状サンプル供給も

今年で早8年目。

絵の教室ではないので、

書的に筆を使って

基本手書きで、

生徒さんが練習すればかけるレベルにするためには、

余計なものはすべて捨て去って、

墨の線と色を生かした

一見単純でもなんか面白い

ある種昭和のアニメキャラみたいにする必要があって、

基本デザインが決まってから、

当分は書くたびに良くなって。

落ち着いたころには年賀状投函時期になっているのが

例年の出来事ですが、

今年はもうすでにほぼ完成されていることを考えると、

どうも完成といえるまでには

おおむね300枚を書かないといけない

ということなのかもしれません。

ただ、300枚練習しなさいとは、

とてもじゃないけど、

生徒さんに強要するわけにもいかず、

自分以外でセオリーは試せていません。

なので、都市伝説にもならない、

粋仙会伝説です(笑)

さてさて、

社中展で臨時収入もあって、

今月の月末資金繰り

ここ2か月のようなしんどさはなく、

うまくいきそうです。

次は年賀状

個展に向けての協賛金の取り付けと、

カレンダー配布と、

書道芸術院展の作品制作と、

来年の師匠個展の時に

販売する印台「摺刷」の製作準備、

などなど、

定期不定期ごちゃまぜで

やることいっぱいでございます。

そうそう、

新型「摺刷」(すりすり)ですけど、

ついに完成!!

ということで、

1万円ほど設備投資をしました。

金額のセコさに我ながら失笑です。

何を買ったかというと、

丸鋸&丸鋸スタンド

DIY用で大きな材木は切れませんが、

摺刷で使用する合板程度なら、

何の問題もなくすいすい切れます。

すいすい切れるのはいいんですけど、

のこ屑が自分に随分と積もります(笑)

まぁ専用機でもなく、

しかも、お安い機械ということで、

仕方ないので、エプロンでもします。

明日はPTAの行事で三次に行きます。

ん〜正直めんどくさっって感じです。

来年のPTAはご辞退申し上げないと、

収入に響きます。

明日7時に可部高校集合って、

どうですか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/suisen-an/20161021

2016-10-17

[]こっそり売れた(笑) 10:08

売れるだかどうだかわかんないけど、

試しに社中展の会場に置いていた

摺刷「竹」ですけど、

5枚売れました。

作品販売は禁止なので、

おまけ売りというか、

ほしい方は龍仙までということで、

置いていたら、

なんか反応が良くて、

8枚の内5枚が売れました。

ありがとうございます。

師匠が銀座で個展をやるときに、

たくさん作って「竹」「樹」の両方を

販売しようと企んでます(笑)

100枚売れれば旅費が出ます(笑)

まぁ取らぬ何とかはやめておいて、

意外に反応が良いので、

ちょっと期待しています。

社中展も終了し、

今日から再びルーチンワークですけど、

ちょっとボーーっとしてます。

風邪ひいたわけじゃないんですけど、

なんか、エンジンがかかりません。

当番やら、年賀状やらで

結構疲れてたのかもしれません。

体力の回復を図りながら、

教室に出かけます。

そうそう、年賀状といえば、

社中展の会場で3箱を書ききったので、

去年の残骸白紙はがきも含めて、

300枚以上書いたはずなんですけど、

無料配布の結果残ったのは、

約150枚なので、随分と嫁いで行きましたねぇ…

著作権放棄はしませんが、

無料でお使いいただいて構いませんので、

煮るなと焼くなとコピーするなとスキャンするなと、

好きにしてくださいな(笑)

居ないとは思いますが、

転売はお止めください。

残り150枚ということは、

教室でも配らないといけないので、

さらに200枚は書かないと、

自分のがなくなります。

龍仙は頑張るの好きじゃないですけど、

ちょっと頑張りどころですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/suisen-an/20161017

2016-10-15

[]今日は会場にいません。悪しからず 12:52

水曜日から開催している

第2回粋仙会秋季書道展ですが、

3日間現地当番を務め、

本日は当番を変わっていただくため、

龍仙は現地にいません。

ごめんなさい。

なんか、

年賀状頑張って書いて

結構楽しかったのとは裏腹に、

かなり疲れが出てます。

今日は教室が2つあるので、

家で静養というわけにはいきませんけど、

ルーチンワークの方が

展覧会より気が楽です。

3日間で書いた

年賀状は230枚くらいですけど、

帰りに残枚数を数えたら

140枚くらいだったので、

随分と来館者のお宅に、

嫁いで行ったようです(笑)

道具を全部美術館に置きっぱなしなので、

家での増産はやりにくいですけど、

色塗りなしで墨で書くくらいは

できそうです。

で、思ったことは、

来年から無料での配布はやめようかと思ってます。

作品を売るというのではなく、

材料代1枚50円くらいはもらっても、

罰は当たらないような気がします。

使用しているはがきは画仙貼りなので、

1枚30円くらいはするんですよね〜

機能追加で200枚買いに行った時も

云千円くらいはかかるわけで、

少し考えます。

それか、代金というより、

寄付金箱的なものでもいいかなぁ〜

なんて考えてます。

「粋仙会応援箱」って類でも、

いいような気もするなぁ

まっ少し考えます(笑)

全然関係ないですけど、

黒豆カメムシが絶えませんねぇ…

においもさることながら、

マメのエキスを吸って

マメが苦くなるので、

いなくなってほしいですけど、

どこからともなく、

日々やってきます。

最後の黒豆を抜いたら、

ちょっと小さいと感じる鋤で

土をひっくり返して、

レタス類を植えて、

まだ豆を植えていないところに、

グリンピースソラマメを植えます。

連作は避けてはいるものの、

土を休ませていないので、

土がつかれてしまうかもしれませんね。

まるで龍仙みたいです(笑)

それから、

篆刻がらみで開発中の印台ですけど、

竹皮ではない複合新素材の方の、

制作材料やら、道具やらを、

ただいま準備中です。

もうじきそろう予定なので、

社中展が終わったら、

製作にかかります。

なんか、溶墨の時もそうでしたけど、

新しいものを開発中のときが、

一番楽しいですね。

アイディアを実現するのに、

材料探し、試験、工夫、しながら

商品として売れるところまで

クオリティーを上げるのには、

それなりに、お金もかかるし、

売れる包装も安く工夫が必要なので、

なかなかに、頭を使います。

あと、うまくできたとしても、

製造者責任周辺のことやら、

常識的なないようであっても、

やってはいけない!!の魔除け的な呪文の記載やら、

上手く使っていただける使用方法やら、

わかりやすくするのには

これまた工夫が要ります。

竹皮の印台は、他社さんでも

いろいろ工夫して売り出しているようですけど、

複合材料の印台はまさにオリジナルなので、

いろいろ気を使います。

食べ物じゃないので、

毒物的な心配はないですけど、

滑らせるという物理特性から考えられる、

「踏んづけて滑って転ぶ」的な

意外性の事故を想定するのに

柔軟な思考回路が必要です(笑)

書道展は日曜まで開催中です。

日曜は龍仙も会場に入ります。

f:id:suisen-an:20160802095705p:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/suisen-an/20161015