Hatena::ブログ(Diary)

jiroの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-02-11

[]卒論発表終了

やっと卒論発表が終わった.

これで,大学の行事は残すところは卒論の修正とプログラムの

提出のみかな?あぁ,あと3年生への引き継ぎなんていうものもあるのか.

しかし,発表が終わると一息つける.

結果はどうであれやりきった気分になる.

まぁ大丈夫だと思いますが.

これからは旅行三昧か!?

2003-12-30

[]研究大詰め?

以前より性能の良い最大接続数アルゴリズムを完成させるも

重み付けがうまく動かなくなってしまった。

原因が不明で困っている。途中でワーカスレッドが

落ちてしまうことから、おそらくセグメンテーションフォルトで

あると考えられるが、原因場所が特定できない。

1月から急いで論文を書かなくてはいけないので時間が無いので

かなりあせる。と、いいつつ東風壮にはまってみたり。

もうだめぽな人生ですね。

2003-12-09

[]第5回中間発表

時間が無い。忙しい。

サボりすぎたわ。。。

2003-11-28

[]pthreadでエラー

poundを拡張して最速応答時間アルゴリズムを実装しようとしている

のだけれども、そのプログラム中でpthreadを用いていて、問題が生じた。

cannot allocate memoryと、言われスレッドが生成できない模様。

スレッドには作れる最大数があるらしくそれにひっかっかっているのではないかと

大学の友人に指摘された。調べてみると確かに_POSIX_THREAD_THREADS_MAX

で指定されているみたい。ぐぐってみると

最大数を超えてcreateしようとすると、pthread_create()がエラーを返す。

まさにこれ。自プロセス中でスレッドの数を数えるにはpthread_createのwrapper

関数を自作するしか方法が無いらしい。

また、聞いた話によるとスレッドの作成破棄はとてもマシンパワーを食うので、

あらかじめスレッドをまとめて作っておいて、後からそのスレッドに仕事をさせる

ようにしてスレッドを再利用することで、マシンパワーを食わないよ。と言われたが

実際どのようにそれを行ったらよいのかわからない。。。

2003-11-15

[]警告

大学の学科でやった卒論発表会の結果が僕のところへきました。

イエローカードだそうですw

教授の判定で発表会の採点が-4〓+点の範囲でマイナスがつくと

イエローカードらしいです。学科でイエローカードが出た人が

30人くらい。ちょっと危機感を抱きました。確かこんな文面が

「このまま推移すると卒業できません」

なんて掲示されてました。おぉ〓怖い。

てことでこれからはまじめに研究しまつ