Hatena::ブログ(Diary)

empty island このページをアンテナに追加 RSSフィード

24-09-2011

HT-03Aのフォント変更

先日、どうにも調子が悪くなったHT-03Aをファクトリーリセットしました。そうしたら一部のアプリが再インストールできなくなりまして、ついカッとなりAndorid1.6→2.2へアップデートしてやりました。
なんだかんだと2日ほど苦労して*1アップデートは成功したのですが、システムのフォントがCJK標準とやらになってしまいました。読めないことはないのですが、漢字の感じが中華風味で居心地が悪い。

f:id:sukeza:20110924155110p:image:smallf:id:sukeza:20110924155111p:image:small


今度もまたネットに頼り、Androidのシステムフォントの変更に挑戦です。
で、とりあえず日本語フォントを変更した結果がこれ。

f:id:sukeza:20110924155112p:image:smallf:id:sukeza:20110924155109p:image:small

日本語のフォントが日本ぽくなりました。ちなみに今回は懐流体フォントインストールしました。
これなら欧文フォントも変えちゃうかな。

*1:今回はすべての情報をネットから拾ったのだけれど、やり方もトラブル対策も全部ネットに落ちているのだから便利な世の中だ。

19-06-2011

モバイルルーターRS-CV0Cに関して

DTIハイブリッドモバイルプランを利用して一週間ほどになります。
ほぼ毎日持ち歩いて使ってみた印象なぞを少々。

通信速度自体は先週お伝えしたとおり、DoCoMo3Gに比べて50〜30%程度なのは変わらず。
とは言え、僕の使用しているHT-03Aは決して軽快に動作するスマートフォンではないので、体感速度的にはそれほど遜色がありません。それは比較対象を無線LANとしても同じです。
というわけで、通信速度に関しては許容範囲であるかなと。もちろんDTIエンジニアには継続的な改善努力を強く求めますけれど。

連続使用しているとルーターが「かなり熱くなる」という書き込みをいくつか目にしていましたが、確かにかなり熱くなりました。
具体的に書くと、37〜38℃くらいになりました*1。パンツのポケットに入れていると、その温もりが気になってきます。

もう一つ。一定時間、無通信状態が続くと自動的にスリープモードに入る*2のですが、スリープモードから復帰させるには本体から操作しなくてはいけません。これが地味に煩わしい。かと言ってスリープモードをオフにするのは、連続使用時間が4時間のツールなのでちょっとアレな感じです。
うまい解決法を模索したいと思います。

この夏には携帯電話を買い換えようと思っていたのですが、このモバイルルーターがあるのでタブレットを買うほうが楽しいかも、と思うようになってきました。
タブレットモバイルPCでバリバリ使うと印象が変わる可能性はありますが、スマートフォンで使う分には支障ないかと思います。特に速度よりも通信費の圧縮が重要ならベストに近いかもしれません。
以上、DTIハイブリッドモバイルプランのモバイルルーターを一週間使ってみた印象でした。

*1:職場の接触温度計で測定したのでそれなりに正確なはず。

*2:初期値は10分。スリープモード無効も設定可。

12-06-2011

RS-CV0Cが届きました(DTIハイブリッドモバイルプラン)

DTIハイブリッドモバイルプランに申し込み、機器が到着したのでそのインプレッションを少々。
各方面で評判芳しくないのですが、実際のところどうなのかですね。

申請したのはちょうど一週間前。HT-03Aを使っているのでモバイルルータータイプを選択しました。
機材は昨日の土曜日に到着。サービス開始直後はひと月以上待たされたのに比べると大幅に改善されたようですね。申請も少なくなってるんでしょうか?

モバイルルーター:RS-CV0C。ベンダーはnetindex社。
f:id:sukeza:20110612122457j:image
本体以外の付属品は、リチウムポリマ充電池の他にUSBタイプのACアダプタUSBケーブル(長短各1本)です。ACアダプタマニュアル*1に描かれているものとは別物のようですね。
充電池は充電状態でした。流石にフル充電状態ではありませんでしたが、セットアップの間に切れることはなさそうです。
ルーターの大きさはHT-03Aをひと回り小さくしたくらい。ポケットに入れていても然程気にならない印象です。

セットアップはルーターブラウザで接続して行います。
初めはHT-03Aから設定していたのですが、セットアップ画面の一部がjavascriptを使用しているため、無線LAN暗号化を設定できませんでした。それなら最初からPCで設定したのに、と思いながらUSBケーブルでデスクトップに繋ぎます。PCに接続する際の手順は同封の簡易マニュアル兼保証書には記載されていないので若干不安になりますが、ドライバインストールしてPCを再起動するだけ…いや、やはりマニュアルはDLさせるのではなく、ちゃんと提供したほうがいいと思います。

細かいセットアップ手順は省略しますが、セキュリティの設定方法などはPDFマニュアルを見ないとわからないこともあります。スマートフォンゲーム機でこのルーターを使うことを考えている人には、ハードルが高いように思われます。

さて、問題の通信速度ですが、実測値を書いておきます。計測ツールはSpeedtest.netです。

DTIハイブリッドモバイルプラン
DownloadUpload
1回目277kbps108kbps
2回目510kbps368kbps
3回目450kbps304kbps

NTTDoCoMo 3G
DownloadUpload
1回目2147kbps83kbps
2回目2095kbps147kbps
3回目2153kbps371kbps

ダウンロードに関してはDTIを通さない方が圧倒的だがアップロードは大差なし、と言えます。

計測アプリによって結果が変わるそうなので、別のアプリでも測ってみました。計測ツールはNetwork Speed Test。こちらはDL速度のみの測定のようです。

DTINTT
1回目1080kbos1903kbps
2回目1197kbos1308kbps
3回目910kbps2140kbps

速度差は小さくなりましたが、それでもNTT3Gに直接接続する方が速いようです。
あとは無線LANセキュリティ強度*2を落としてみるか、DoCoMoSIMカードを使って接続してみるか、というところでしょうか。
実際に使う上では計測ツールの数値よりも体感速度のほうが重要なので、持ち歩いてみて確かめたいと思います。

*1PDFで提供。別途DL必要。

*2:現在の設定はWPA2なので処理負荷がそれなりにある。

29-05-2011

ヤシカフレックスB型

少し前にヤフオクで手に入れたヤシカフレックス後期B型で撮った写真の一部をアップします。

f:id:sukeza:20110529190427j:imagef:id:sukeza:20110529190426j:imagef:id:sukeza:20110529190425j:imagef:id:sukeza:20110529190424j:imagef:id:sukeza:20110529190423j:imagef:id:sukeza:20110529190422j:imagef:id:sukeza:20110529190421j:imagef:id:sukeza:20110529190420j:imagef:id:sukeza:20110529190419j:imagef:id:sukeza:20110529190418j:imagef:id:sukeza:20110529190417j:image

使用したフィルムは富士フィルムアスティア100です。今ひとつポジの質感が出てませんね。
今回のスキャン元はDPE屋さんのミニラボでフォトプリンター出力したものです。
僕の直感露出計は若干アンダー目に判定するようなので*1、ポジの仕上がりが概ね露出オーバー気味でした。次はフォトプリンター出力の時に「濃い目に焼いてください」と頼んでみるか。この辺も練習しないといけませんね。
時間とお金に余裕がある時にダイレクトプリントもしてみようと思います。そして違いがなくてショックを受ける展開になるだけかも?

ブローニーの120で3本ほど撮影してみて、カメラの保持の仕方やフォーカススクリーンのヤマの感じが何となく掴めてきたので、今後はもう少し楽しんで撮影できる気がします。

*1ヤシカフレックスB型には内蔵露出計はありません。

24-04-2011

『魔法少女まどか☆マギカ』に関するツイートまとめ