Hatena::ブログ(Diary)

紙媒体、渇望して Twitter

2018-07-29

軽率にアフリカンアメリカンバーチャルYoutuberになってみた

ついになれました!アフリカンアメリカンVtuberに!

【自己紹介】アフリカンアメリカンバーチャルYoutuberはじめました!

D

けっこう大変なのかなって思ったら意外とカンタンでしたね。

なりたいと少しでも思ってる人はぜひやってみてください!

なにより必要なのは何かを伝えたいという気持ち、なりたいという気持ち!

使ったツールを一通り紹介します。


Youtubeアカウント: これは必須。Gmailアドレス持ってる人は流用してもいいけど別に取るのがオススメ

Steam: PCでいろんなゲームできるから実況に便利

Hitogata: 3Dモデル作成とカメラからフェイストラッキングできます

OBS Studio: 複数の画面を組み合わせて録画や配信ができます

恋声: フリーのボイスチェンジャー。リアルタイムで変換できます

AviUtl: 動画編集ソフト。プラグインで機能がいろいろ追加できます

必須なのはこれだけかな。上記に紹介したものは全部フリーソフトです。あと画像編集ソフトがあると便利。


Photoscape: 画像編集ソフト。サムネとかつくる

必要な機材としてはマイク付きヘッドホンとウェブカメラだけ。持ってない人でも1万円以内で揃えられる!

自分の買ったのウェブカメラは以下のやつです。

Logitech HD Pro Webcam C920

https://www.amazon.com/gp/product/B006JH8T3S/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

ほんとにカンタンなので気軽になろう、Vtuber


あとこの動画もわかりやすいのでオススメ

D

2018-07-19

はじめてYoutube動画投稿してみた

最近Vtuberとか流行ってるじゃないですか。

キズナアイとか委員長とか届木ウカとか皇牙サキとか。

その流れに乗りたいなーって気分があったんですけどいまいち何投稿すればいいかわかんなくてためらってました。


でも!今回はきっかけができたのでついに投稿しました!

クリプト・オブ・ネクロダンサー(Crypt of the Necrodancer)っていうめっちゃ面白いゲームがあったんですけど日本語圏では実況動画少なかったんでぜひプレイしてもらいたいと思って紹介動画つくりました!


D


いざ自分の声を録音してみると聞き取りづらいのがダメだなあと思いつつ、Steamで録画自体はめっちゃ簡単ですね。

せっかくYoutubeチャンネル作れたので今後も聞きやすい声にしたり、あとは料理動画とか作りたいなーと思ってます。

2018-06-08

ルトガー・ブレグマン「隷属なき道」

ベーシックインカムを推奨する本。

もっとシンプルに言うと、貧困対策として工夫をこらした就労支援をするよりも現金を直接配った方が効果的、ということをデータ入りで説得する内容。

また現金を直接配る方策富裕層も含めて社会全体に利益があると説く。

後半はGDP至上主義に疑問を呈したり、AIによって将来的に職がことごとく失われることについて。


将来的にAIロボット資産を持つ一部の大企業が社会の利益を独占することはほぼ間違いないと思う。

そうなったときベーシックインカムのような制度を導入して利益を分配できるか、それとも究極の格差社会が生まれてしまうのか。

まだ格差の少ない日本社会ベーシックインカムをすぐに導入すべきとは思わないが、今のうちからAIによる格差社会に心の準備をしておくべきだと思った。

2018-03-10

ダニエル・カーネマン「ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?」(上)(下)

あなたは日々どのように世界を見て、判断しているだろうか。

例えばドイツテロがあったと聞くと、とても危険な地域だという印象を受けるだろう。

また、宝くじは買うと基本的に損することを知っていてもわずかな可能性にかけて買ってしまうこともあるだろう。

本書はそういった判断は間違いだということと、なぜそのような間違いが起こるかをわかりやすく説明してくれる行動経済学の本だ。



人間の認知は直感的で素早い「システム1」と遅いが論理的にしっかりした「システム2」があるというモデルで考える。

経済学では人間は常に論理的で総合的に判断できると仮定されているが、実際はそうではない。

システム1が非常に多く活用され、往々にして間違わないが、ときとして重大な間違いを起こす。

システム1に間違いを起こす多くの例が紹介されている。


認知容易性:耳馴染んだ単語で構成された文章は真実だと思いやすい

容易な質問に置き換えて答える:採用面接では仕事ができるかを判断すべきだが、代わりに印象が良いかという問いに置き換えて判断してしまう

少数の法則:統計学的に信頼できないはずの少数サンプルのデータを信じて結論を出してしまう

アンカリング:値引きされた商品を買うとき、値引き後の金額よりどれだけ値引きされたかを重視してしまう


その他多くの例が紹介されている。

本書を読むといかに自分の普段の判断が印象や質問の文章、想像しやすいかで決まっており間違いやすいかわかる。

そして、間違いやすいことを認識した上でそれを修正することはほぼ不可能だとわかる。

普段ならいいけど、大きな買い物のときや決断のときはこの本を片手に落ち着いて考えたいものですね。

2017-12-14

アリゾナ日記20171214

アメリカ来てしばらくはホテル住まいだったけど、

ようやく12月6日にアパートに入れた。

ただ買ったベッドのデリバリーがうまくいかずしばらくはじゅうたんの床で寝てる。

アパート借りるのはめっちゃ大変だった。まずどこの場所が治安良いとか買い物しやすいとか土地勘が全くわからない。人に聞いたり実際に行くとようやくわかってくる。今回はTempeテンピという街が学生の街ということで評判良いのでそこにした。ASUアリゾナ州立大学という人気の大学が側にある。

アパートはだいたいプールやジムがついていて広い。駐車場もついていて、高いとこだと屋根付き。アリゾナはクソ暑いので屋根付き駐車場じゃないと実際死ねる。

続きはまた次回。