Hatena::ブログ(Diary)

知床日記

知床で自然ガイドツアーに参加するなら
知床のガイド 知床未知案内

 

2016-06-26 最終日!朝の大自然号

sumireneko2016-06-26

本日は「朝の大自然号」最終日。

お客様は8名様。

予報は雨なのに、まだ晴れていました。

知床連山とエゾシカを見ながら知床五湖へ。

爽やかな青空に、虹が掛かっていました。

最終展望台に到着すると、湖面に連山が写っていました。

みなさん写真撮影に夢中で、帰ろうとしません。

こんな事は初めてで焦りました。

ウトロに到着する頃には雨が。

みなさんニコニコでホテルに帰って行きました。

仮眠した後は、再び知床五湖へ。

雨なのでお客様はあまり来ないだろうと、

パソコンを持ち込んで作業していると、

意外と早くお客様がいらっしゃいました。

10:40から3名様をご案内。

何故かさっきまで降っていた雨が上がっていました。

ところどころ水たまりはあるものの、

みなさん防水の靴だったので問題無し。

三湖まで来た時、真新しい熊の食痕を発見!

やっぱりいらっしゃってますねぇ・・・

結局雨は降る事無く、

最後まで楽しく歩くことが出来ました。

午後も期待薄だったのですが、一応待機。

すると再びお客様が。

14:50からは4名様をご案内。

途中から霧が出て来て、視界は真っ白。

そのうち小雨が降り始めると、再び視界はクリアに。

高架木道からは何か動くものが見えたのですが、

あれは熊だったのかなぁ・・・

雨の中の散策でしたが、

「楽しかった!」と言ってもらえて良かったです。

2016-06-25 雨の知床連山

sumireneko2016-06-25

本日は「朝の大自然号」。

お客様は二ケタ越え。

曇ってところどころ霧が出たおかげか、

鹿達があちこちに。

高架木道は霧で視界がイマイチ。

鳥が沢山鳴いていました。

さすがに今回はクマは出なかったです。

最終回の明日に期待です!

仮眠したら、再び知床五湖へ。

9:50から10名様をご案内。

可愛いお子様が3名様もご参。

「途中で雨が降る」と言われ、

カッパを着て歩き出したのに、

何故か知床連山が出てました!

四湖辺りからポツポツ降り出したものの、

ず〜っと山は顔を出したまま。

一湖で一時霧に隠れたものの、

高架木道でまた復活。

こんな事も有るんですねぇ♪

午後は15:30から。

・・・の予定でしたが、お客様から電話が。

「車が雨でスリップして転落しました・・・」

怪我は無いそうなのは不幸中の幸いでしたが、

皆さんも事故にはお気をつけて・・・

キャンセルになったので、

14:10から4名様をご案内。

さすがに連山は雲の中。

ところが三湖で復活!

二湖では湖面に綺麗に写りました。

「雨だから山は見られないと思ったのに」

「悩んだけど参加して良かった」

予想外の素晴らしい景色に、

みなさん大喜びでした♪

2016-06-24 良い天気♪小ループ当番

sumireneko2016-06-24

本日は知床五湖で小ループ担当ガイド。

天気も良いし、きっとお客様が沢山来るはず。

・・・と思っていたら、なんと9時の回は無しでした。

大ループは盛況だった模様です。

11時の回は10名様をご案内。

可愛い赤ちゃんも♪

天気は良くて気温は高め。

風は少し冷たく、途中で上着を着る人も。

景色は最高!

知床連山がクッキリ見えました。

13:30の回は9名様をご案内。

今回は妊婦さんがご参加。

風が少し収まったのに、

何故か蚊も少し減りました。

景色は相変わらず最高でした。

16:00の回は3名様をご案内。

風も蚊も更に少なくなり、

一湖では湖面が鏡なり、

知床連山がクッキリ!

とても良い一日になりました♪

2016-06-23 知床五湖

sumireneko2016-06-23

朝から知床五湖で待機。

到着するともうお客様が待っていました。

急いで準備して、9:30から6名様をご案内。

観光船が欠航するほどの強風が吹いていましたが、

徐々に収まってきました。

知床連山にかかっていた雲も薄くなり、

気が付いたら硫黄山の山頂が出てました。

天気も良かったし、お客様も大変喜んでくれました♪

午後は団体様をガイド4名でご案内。

私は最終グループ9名様を担当。

その中には駄洒落好きのおじさまが何人か。

私の解説に対して、瞬時に駄洒落を連発するのです。

その頭の回転の速さにはもうびっくり!

お一人は「途中から膝が痛くなった」とかで、

歩くのも辛そうなのに、舌の滑りは相変わらず。

おかげで盛り上がり、楽しいツアーになりました♪

夕方からは知床五湖のシーズン中研修に参加。

今年は熊が多いみたい。

気を緩めずに頑張ります。

2016-06-22 この春最後の釣りへ

sumireneko2016-06-22

昨夜は深夜までホームページいじり。

外国のお客様が増えて来たので、英語版を作ってみました。

http://rausu.iinaa.net/e/

翻訳サイトを頼りに、なんとなく形に。

・・・やっぱり文章おかしいですかね(汗)

そんな事をしていたら目がさえてしまい、

眠れたのは明るくなってから。

でも今日はこの春最後の釣り!

6時半に起きて、眠気覚ましのコーヒーを飲みながら屈斜路湖へ。

釣友のO氏が来ているのです。

野上峠までは南風が吹いていたのに、現地は無風で湖面は鏡。

とりあえずセミのポイントに入ってみましたが、反応無し。

そこで隣のポイントへ移動すると、先行者発見。

話を聞くと「ウグイも釣れない。昨日は釣れたのに」

昨日の画像を見せてもらうと、確かに良いアメマス!

群れが回ってくる事を信じながら釣り続けるものの、

ウグイ様が2匹釣れただけ。

雨が強くなってきたので、上がる事にしました。

スマホをチェックしていたO氏曰く、「山の向こうは晴れている」

午後は川に行く事にしました。

何でも良いから釣りたかったので、

「大きいのは出ないけど数は釣れる」ポイントへ。

水温は11度で、「これならドライで大丈夫」とO氏。

気温も高くて、少し暑い位でした。

私はニンフでスタートしたところ、

反応が有るのはO氏のドライフライのみ。

そこで私もドライに変更、使うフライはもちろんセミ。

すると早速反応が♪

しかし何度出ても乗りません。

O氏は「カゲロウもハッチしてるし、小さいフライにしたら?」

と言うのですが、どうしてもセミで一匹釣りたいのです!

深くて石も入って良さそうなポイントだったのに、結局ゼロ(涙)

諦めて一つ上のポイントにキャスト。

「浅いし、流れも速すぎる」と思っていたら、

大きな魚が出て来てフライを吸い込みました!

一段下のポイントまで走られ、なんとかランディング。

47センチのニジマスでした♪

まさかこのサイズが釣れると思っていなかったので、

二人ともビックリ!

その後は30センチ前後のレギュラーサイズがぽつぽつと。

小さくても釣れると嬉しいもの。

フライを交換しようとベストからBOXを取り出すと、

何かが水面に落ちました。

フロータントが流れていってしまいました!

ピンオンリールやフックリリーサーとともに・・・(涙)

良い魚を釣るには、何か代償が必要なようです。

今回で春の釣りは終了。

最後に良い魚が釣れて良かったです。

次の休みは8月に入ってから。

明日からは仕事を頑張ります!