Living, Loving, Thinking

2018-07-17

「窒息死」

承前*1

NHK報道

体内に空気注入事件 死因は肺圧迫による窒息死 茨城 龍ケ崎

2018年7月16日 21時13分


茨城県龍ケ崎市で34歳の男が、空気を放出するエアコンプレッサーを使って同僚の男性の体内に空気を注入して死亡させたとして逮捕された事件で、男性の死因は体内に入った空気で肺が圧迫されたことによる窒息死だとわかりました。

茨城県つくば市の吉田佳志容疑者(34)は今月13日の夕方、自分が勤める龍ケ崎市の会社で同僚の石丸秋夫さん(46)の体内にエアコンプレッサーで肛門から空気を注入する暴行を加え死亡させたとして、傷害致死の疑いが持たれています。

その後の警察の調べで、石丸さんの死因は体内に注入された空気によって内臓が破裂し、体の中にたまった空気が肺を圧迫したことによる窒息死だったことがわかりました。

これまでの調べで吉田容疑者は「悪ふざけでやってしまった」などと供述しているということで、警察は現場で目撃していた別の同僚などから話をきいて当時の詳しいいきさつを捜査しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180716/k10011535681000.html

肛門から空気が注入されて死に至るメカニズムが疑問だったのだが、取り敢えず納得。

お嬢様など

Ashley Crossman “A Biography of Erving Goffman” https://www.thoughtco.com/erving-goffman-3026489


最近、アーヴィング・ゴフマンについて調べ物をするために検索して、見つけたショート・バイオグラフィ*2

調べ物の主題とは独立して、ゴフマンの私生活についての記述がちょっと気になった。ゴフマンは1952年Angelica Choateと結婚し、息子を儲けているが、彼女は後に精神を病み、1964年自殺している。下って、1981年、ゴフマンは社会言語学者のジリアン・サンコフ*3と再婚し、1982年には娘のアリスが生まれている。しかし、同じ年の後半にゴフマンは急死。生後直ぐに父親を失ったアリスは現在社会学者として活動している*4。さて、社会言語学者と結婚したことと後期のゴフマンにおいて会話が重要なテーマとなっていったことと関係があるのかなと思ったのだが、直接の関係はないようだ。ジリアン・サンコフの研究はミクロにおいては子どもの言語習得、マクロにおいては言語変動である。

「それらしいアプリ⁇」

日刊スポーツ』の記事;

尾木直樹氏、ネット詐欺で被害「自信あったのに」

記事提供:日刊スポーツ

2018年7月17日


 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(71)*5が、インターネット上で詐欺被害に遭ったことを明かした。

 尾木氏は17日、ブログを更新。「振り込め詐欺なんかに絶対ひかからない自信あったのにーー 先ほど 見事にPCのハッキング詐欺にやられたのです!」(原文まま)と書き出した*6

 尾木氏はワールドカップ決勝戦をパソコンで視聴しようとしていたところ、「このパソコンは、ハッキングされました。直ちに以下の電話番号に連絡して下さい!」との警告が表示されたという。連絡をするとセキュリティー対策費用の支払いとしてクレジットカード番号を求められ、それは拒否したものの結局、Amazonギフトカードで2万8000円を支払ったと明かした。

 その後、「疑問に思った家族が電話番号を調べたら【詐欺電話警告】と同じ!! ガクン! がくん!しっかりハッキング詐欺にやられたのです!」と詐欺だったことが判明。「皆さん!! 外国人でたどたどしい日本語の女性が電話に出たら まず詐欺だと思いパソコンをシャトダウンして下さい!! 尾木ママの失敗 絶対くり返さないでくださいね」と注意を呼びかけ、「詐欺 うそついて人をだますのって、嫌ですね! これ犯罪です!!」と憤った。

https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01807170746.html

どうやれば、「 このパソコンは、ハッキングされました」という表示が出るのか、そのメカニズムが疑問だったのだが、「それらしいアプリ⁇に接続したとたん」とある。「アプリ」じゃなくて「サイト」だろうか。つまり、TV局や大手配信業者のサイトではなくいかがわしいサイトに「接続」してしまった。何故「接続」してしまったのかというと、それが検索で上位に出てくるから?

『燃ゆる秘密』

Dalya Alberge “Lost Stanley Kubrick screenplay, Burning Secret, is found 60 years on” https://www.theguardian.com/film/2018/jul/15/stanley-kubrick-lost-screenplay-burning-secret-found


『燃ゆる秘密』と題するスタンリー・キューブリック*7の未発表シナリオが発見された。

Entitled Burning Secret, the script is an adaptation of the 1913 novella by the Viennese writer Stefan Zweig*8. In Kubrick’s adaptation of the story of adultery and passion set in a spa resort, a suave and predatory man befriends a 10-year-old boy, using him to seduce the child’s married mother.

He wrote it in 1956 with the novelist Calder Willingham*9, with whom he went on to collaborate on Paths of Glory the following year.

The screenplay was found by Nathan Abrams*10, professor in film at Bangor University and a leading Kubrick expert, who said: “I couldn’t believe it. It’s so exciting. It was believed to have been lost.”

He added: “Kubrick aficionados know he wanted to do it, [but] no one ever thought it was completed. We now have a copy and this proves that he had done a full screenplay.”

His Burning Secret screenplay bears the stamp of the script department of MGM. It is dated 24 October 1956, when Kubrick was still relatively unknown, having just made his crime heist film, The Killing.

MGM is thought to have cancelled the commissioned project after learning that Kubrick was also working on Paths of Glory, putting him in breach of contract. Another account suggests that MGM told Kubrick’s producing partner James B Harris that it did not see the screenplay’s potential as a movie.

But Abrams said that “the adultery storyline” involving a child as a go-between might have been considered too risque” in the era of Hollywood’s production code, which then governed morality in film-making: “The child acts as an unwitting go-between for his mother and her would-be lover, making for a disturbing story with sexuality and child abuse churning beneath its surface.”

He described Burning Secret as “the inverse of Lolita”, Kubrick’s adaptation of Vladimir Nabokov’s controversial story of love and lechery. “In Burning Secret, the main character befriends the son to get to the mother. In Lolita, he marries the mother to get to the daughter. I think that with the 1956 production code, that would be a tricky one to get by. But he managed with Lolita in 1962 – only just.”

In the Burning Secret screenplay, Kubrick and Willingham wrote of the child: “A young boy of about 10 stands on the veranda, hands clasped behind him in an almost adult manner ... Lonely, bored, he plays with a yo-yo …”

They described the predator as a “very handsome, masculine-looking man of about 30”.

ロリータ (新潮文庫)

ロリータ (新潮文庫)

Abrams’s book Stanley Kubrick: New York Jewish Intellectual, was published in March by Rutgers University Press. He said that the Burning Secret screenplay shows that Kubrick took a Viennese Jewish novel and translated it into a contemporary American idiom, just as he was to do with Eyes Wide Shut, which was based on another Viennese novella, Arthur Schnitzler’s 1926 Dream Story.

アイズ ワイド シャット [DVD]

アイズ ワイド シャット [DVD]

原作とシナリオと;

In Zweig’s original, the woman and her son are Jewish and the story is set in Austria. Abrams said: “Kubrick rewrites it and it’s contemporary American with American names.”

The boy is called Eddie rather than Edgar.

A version of Zweig’s novella, based on a different screenplay, was made in 1988 by Kubrick’s former assistant Andrew Birkin*11.

The screenplay is owned by the son of one of Kubrick’s former collaborators. Abrams discovered it while researching his next book, Eyes Wide Shut: Stanley Kubrick and the Making of His Final Film, to be published by Oxford University Press next year.

See also


Devon Ivie “Lost Stanley Kubrick Screenplay Has the Courtesy to Show Itself After 60 Years” http://www.vulture.com/2018/07/lost-stanley-kubrick-screenplay-discovered-after-60-years.html

Andreas Wiseman ““Lost” Stanley Kubrick Screenplay ‘Burning Secret’ Discovered By College Professor” https://www.yahoo.com/entertainment/lost-stanley-kubrick-screenplay-burning-120933551.html

*1http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180714/1531576208

*2:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180715/1531680877

*3:See eg. https://www.ling.upenn.edu/people/sankoff https://en.wikipedia.org/wiki/Gillian_Sankoff

*4:See eg. http://www.ssc.wisc.edu/soc/faculty/show-person.php?person_id=1335 https://en.wikipedia.org/wiki/Alice_Goffman

*5http://ameblo.jp/oginaoki/ See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060729/1154197404 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090831/1251723206 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140829/1409280524 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141230/1419908212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141231/1420039908 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20151228/1451230040 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160415/1460657596 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161212/1481506202 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171118/1510979300 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180315/1521121373 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180429/1524968231 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180509/1525876499 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180516/1526434557 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180525/1527213239 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180607/1528392608

*6:「不覚 不覚 ‼️PCハッキング詐欺にひかかる❣️」https://ameblo.jp/oginaoki/entry-12391313075.html

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080204/1202100925 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091013/1255405021 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160309/1457492744 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160312/1457796766 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161205/1480917000 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170118/1484717481 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170317/1489720483 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170906/1504711752 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171214/1513230868 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180410/1523330060 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180416/1523858539

*8:See eg. http://www.stefanzweig.org/ NPR Staff “The Rise And Fall Of Stefan Zweig, Who Inspired 'Grand Budapest Hotel'” https://www.npr.org/2014/04/02/298340082/the-rise-and-fall-of-stefan-zweig-who-inspired-grand-budapest-hotel https://en.wikipedia.org/wiki/Stefan_Zweig Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130311/1362963510

*9:See eg. David Shipman “Calder Willingham” https://www.independent.co.uk/news/people/calder-willingham-1574802.html https://en.wikipedia.org/wiki/Calder_Willingham

*10:See eg. https://www.bangor.ac.uk/creative_industries/staff/nathan-abrams/en

*11:See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Andrew_Birkin ジェーン・バーキンの兄。

2018-07-16

東でも

小室翔子*1アシアナ航空、乗務員に「会長、愛してる」と歌わせた疑惑」https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/11/asiana-nomeal_a_23480115/


曰く、

韓国の公共放送「KBS」によると、「アシアナ航空」を所有する錦湖アシアナグループ会長・朴三求(パク・サムグ)氏を歓迎するためのセクハラに近いイベントが乗務員に強要されたという。

匿名告発した乗務員によると、こうした"歓迎イベント"が1か月に1回行われていたという。会長が研修生のもとを訪れるのに合わせて、歌とパフォーマンスを準備したという。

映像には、アシアナ航空*2の乗務員用の服を着た女性30名ほどが団体で歌う様子が収められている。

会長にお会いする日、しきりにときめく心に眠れませんでした

真っ赤なバラくらい会長を愛してる、胸が弾けそうなこの心を知ってますか

映像で歌われている「バラの微笑み」は、1990年代初頭のドラマの曲だ。恋人に向けた歌詞を「会長」に置き換えて歌った。

また、会長を感動させろと涙やプレゼント、スキンシップを求められたともいう。

韓国メディアは、まるで「喜び組」のようだと報じた。

喜び組」ということで、南北を問わずということになり、嫌韓熱湯浴は大喜びということになるのだろうけど、東朝鮮というか日本でもこういうことはあり得ることだ。特に、創業者のカリスマ性を強調する新興企業においては。あのオウム真理教もそのような新興のヴェンチャー企業のひとつだったといえるだろう*3

思想史的偽造

最近矢野久美子『ハンナ・アーレント』を読了したばかりなのだが。

さて、2週間くらい前から気になっている、昨年12月に投稿されたエントリーがある;


plagmaticjam「はあちゅうヨッピーナチスドイツと経験主義ハンナ・アーレントは何を語ったのか〜」http://plagmaticjam.hatenablog.com/entry/2017/12/20/010506


これは凄いエントリーで、これに半年以上も気付かなかったのは、偏に私が極度の情弱であるから以外には考えられないだろう。

大量虐殺を繰り返したアイヒマンという人物がいた。ナチスドイツに仕えていたアイヒマン大量虐殺を繰り返した後、処刑された。アイヒマンは処刑が決まった裁判で「自分は上の命令を実行しただけだ」と釈明した。そのアイヒマン裁判を聞いたアーレントアイヒマン悪人ではなく凡人だと考えた。

思考と行為を切り離せば人間はどれだけ残虐なこともできる。アイヒマンだけがそうなのではない。後にミルグラム実験普遍的心理であると判明した。

アイヒマン裁判ミルグラム実験を見たアーレントは凡人は容易に悪人になると考えた。ゆえに人間は考えなければいけない、という内容を書いた「人間の条件」を出版した。

ここに繰り広げられているのは、思想史の偽造だよ。これを鵜呑みにして大学のレポートとかを書いた人は単位を落とします。

アレントが「アイヒマン裁判」について書いた本は『イェルサレムアイヒマン*4。『人間の条件*5 は「凡人は容易に悪人になる」から「人間は考えなければいけない」という内容の本ではなく、そもそも書かれたのはアイヒマンがまだアルヘンティナに潜伏していた1950年代アレントアイヒマンに注目したのは『人間の条件』の独逸語版が仕上がった直後だった(矢野『ハンナ・アーレント』、p.180)。 また、「考えること(thinking)」を主題とした本として、『精神の生活(The LIfe of the Mind)』があるけれど、実際のところ、ハンナアレントはこの本の上梓に生きて立ち会うことはできなかった。また、スタンリー・ミルグラムの研究をアレントが参照したことはないだろう。ミルグラムは実験を1961年に開始していたが、実験に基づく論文が公刊されるのは1963年*6。『イェルサレムアイヒマン』が『ニューヨーカー』に連載され、単行本として上梓された後。また、この研究が『権威への服従服従心理)』*7として単行本化されるのは、さらに10年以上経った1974年。それまでは社会心理学者の間で議論されていたミルグラムの実験が広く一般知識人(読書人)に共有されるようになるのはこれ以降。

Eichmann in Jerusalem (Penguin Classics)

Eichmann in Jerusalem (Penguin Classics)

The Human Condition

The Human Condition

The Life of the Mind (Combined 2 Volumes in 1)

The Life of the Mind (Combined 2 Volumes in 1)

まあ、アレントは「悪人」と「凡人」を対立させようとしたんじゃないよ、そんなのはthe Banality of Evilというサブタイトルを見れば一目瞭然じゃないか。banalityはevilの属性である。或いは、この2つを同格として、「悪という凡庸性」と解釈することも可能だ。ここには、男女とか天地というような対立が生起する余地はないのだ。

はあちゅう批判するのは勝手だけれど、アレントを動員するなよということはいえる。また、これは単なる感想だけど、「童貞いじり」だのを持ち出してはあちゅうをバッシングするネット民には、かつてのイスラエル政府に煽られてアレントをバッシングするユダヤ大衆の姿が重なるけど、どうだろうか。

「マサ」たちの親?

デイリースポーツ』の記事;

2018.07.16.

プロレスラーマサ斎藤さん死去 75歳 パーキンソン病で闘病 猪木巌流島決戦

 

 プロレスラーマサ斎藤さん(本名・斎藤昌典)*8が14日午前1時5分に死去したと、健介オフィスが16日、発表した。長年パーキンソン病で闘病していた。75歳だった。

 妻の斎藤倫子さんの名義で死去の報告がなされている。パーキンソン病のリハビリ中に容体が急変したといい「7月14日1時5分に永眠しました。穏やかながらも、新たなチャレンジへ向かう様なマサ斎藤らしい力強い旅立ちでした」とつづられている。

 「夫 マサ斎藤は長期に渡り、パーキンソン病と闘い続けて来ました。17年にもわたる闘病生活は、“Go For Broke(当たって砕けろ!)”をモットーに掲げる彼にしても、想像を絶するほど辛く厳しいものでした」と闘病生活も振り返った。来年に「カムバックのチャンスも出て来ました」という中、状況が悪化したという。

 マサ斎藤さんは、東京五輪レスリング97キロ級代表。65年、日本プロでデビューしたが、翌年東京プロレスに移籍。東プロの崩壊後は渡米して腕を磨き、フリーで活躍した。72年に日プロ復帰、74年から新日本に参戦した。

 長いキャリアのハイライトは87年、「昭和巌流島の決闘」と呼ばれたアントニオ猪木とのデスマッチだった。無観客で行われた何もかも異例の一戦は2時間5分14秒に及ぶ死闘の末、裸絞めに沈んだ。85年に米国で警官暴行事件に絡んで服役したことを受け、後に「監獄固め」を開発した。

 1999年に引退した後もプロレス界と関わりを持ち続けていたが、体調不良も知られるようになっていた。解説者としても実況アナとの掛け合いでプロレスファンを楽しませていた。

 通夜、および葬儀は家族・関係者により都内で営まれる予定だとしている。

https://www.daily.co.jp/ring/2018/07/16/0011450634.shtml

東京スポーツ』;

アントニオ猪木氏 マサ斎藤さんとの巌流島決闘「忘れることができません」

2018年7月16日 21時19分 東スポWeb


 14日に死去したプロレス界のレジェンド、マサ斎藤さん(本名・斎藤昌典、享年75)の訃報を受け、往年のライバルだったアントニオ猪木参院議員(75)が追悼コメントを出した。

マサ斎藤選手の訃報に接し、心より哀悼の意を表します。思えば斎藤選手とは、東京プロレスからの長きにわたるご縁であり、巌流島での2人だけの決闘は忘れることができません。私のライバルとして、五輪代表選手として、尊敬できるレスラーでした。ご苦労さまでした」

 2人は1987年10月4日に巌流島でノーピープルマッチを行い、2時間5分14秒の死闘を繰り広げた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15020388/

無数のマサオ、マサシ、マサコ、マサミ、マサヨがいて、「マサ」と省略されて呼ばれる場合も少なくなかった。そして、誰かを「マサ」と呼ぶとき、「マサ斎藤」を意識していた筈だ。特に、私±10歳くらいの世代においては。その意味では、無数の「マサ」たちの親のようなものだともいえる。

パーキンソン病モハメド・アリと同じ*9

「見てないよ〜」

承前*10

スポーツニッポン』の記事;

事実婚公表のはあちゅうさん、祝福殺到に感謝 中傷コメントには「見てないよ〜」

2018年7月16日 14時53分 スポニチアネックス


 AV男優のしみけん(38)との事実婚を公表した人気ブロガーで作家のはあちゅうさん(32)が16日、自身のツイッターで殺到する祝福への感謝をつづった。

 事実婚公表が反響を呼び、多くのユーザーから祝福されたはあちゅうさんは「人の幸せを自分のことのように嬉しがってくれる人が一番幸せだと思うの。心が綺麗だ…。そしてそんな風に素敵な人に祝ってもらえることが私も嬉しいです」と感謝。「何年も連絡なかった親戚メンバーからおめでとうと連絡がきて、SNSアカウントが判明した」と思わぬ影響が出たことも明かした。

 また、自身のSNSに寄せられた中傷のコメントについて、はあちゅうさんは「私が何をしても意地悪言いたい人たち。そもそもあんまり見てもいない。見られてると思ってたらごめんだけど、私は好きな人からの言葉しか見てないよ〜」と意に介していない様子*11

 結婚相手のしみけんもこの日、ツイッターを更新し「僕の尊敬する人が言ってました。『自分たちを悪く言う人への最高の仕返しは、自分たちが最高に幸せな姿を見せつけることだ』って。この言葉があると結構がんばれるから、みんなも心の隅に置いといて!」と呼びかけていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15019032/

See also

はあちゅう、AV男優のしみけん 事実婚に関するTwitter引用まとめRT100以上」https://tretre.hatenadiary.jp/entry/2018/07/15/160608

期待を裏切らず

承前*12

関根和弘「ワールドカップの決勝戦で乱入した男女は、あの有名なグループだった」https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/15/pussy-riot_a_23482449/



曰く、

サッカー・ワールドカップロシア大会の決勝が7月15日モスクワであり、試合中に4人の男女がピッチに乱入する騒ぎが起きた。

4人はロシアの反政権の活動団体「プッシー・ライオット*13のメンバーとみられる。政治犯の釈放などをロシア政府に訴えるために実行した、と団体は主張している。

フランスクロアチアに対し、2−1とリードしていた決勝戦の後半7分。突如、警察官の格好をした女性3人と男性1人がピッチに侵入。4人は走り回ったり、選手らとタッチをしたりするしたが、すぐに取り押さえられ、コートから出された。

その直後、ロシアプーチン大統領に反対する活動で知られるグループ「プッシー・ライオット」がTwitterFacebookで「犯行声明」を発表。メンバー4人が乱入したことを認めた上で、政治犯の釈放や、集会などでの不当逮捕や事件のでっち上げなどを止めるよう訴えるためだったという。

NEWS FLASH! Just a few minutes ago four Pussy Riot members performed in the FIFA World Cup final match — ”Policeman enters the Game”https://t.co/3jUi5rC8hh pic.twitter.com/W8Up9TTKMA


— 𝖕𝖚𝖘𝖘𝖞 𝖗𝖎𝖔𝖙 (@pussyrrriot) July 15, 2018

https://twitter.com/pussyrrriot/status/1018535251264638976

ワールドカップで何かやってくれるんじゃないかと期待していた人は少なくなかったのでは?

See also


Michelle Kim “Pussy Riot Rush the Field, Stage Protest at World Cup 2018 Final” https://www.yahoo.com/entertainment/pussy-riot-rush-field-stage-171237262.html

Daniel Kreps “See Pussy Riot Invade Soccer Field During World Cup Final” https://www.rollingstone.com/culture/culture-news/see-pussy-riot-invade-soccer-field-during-world-cup-final-699428/

Devon Ivie “Pussy Riot Says They Were Behind the World Cup Final Disruption” http://www.vulture.com/2018/07/world-cup-finals-2018-pussy-riot-were-behind-disruption.html

「産むか産まないかを選ぶ自由を奪うのは誤りだ」

田中陽子「産む産まないの自由を奪うな 強制不妊問題と向き合う」https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/14/forced-infertility_a_23482166/


優生保護法下の強制不妊手術*14に対する国の謝罪と賠償を求める動きを巡って。

「当時は合法」との立場に終始していた国は今年3月、ようやく調査を決めた。だが、すでに記録の多くが破棄されている。原告のなかにも、記録がなく、手術の証拠を示すため、医師の協力で手術痕の診断書を得て訴訟を起こした人もいる。朝日新聞の調査では、強制不妊手術の被害者のうち個人の特定できる資料が残っているのは約3割だ。

被害者のなかには、事実上拒めない状況で「同意」して手術された人もいる。国はこうした実態も幅広く調査し、救済の道を探るべきではないか。声を上げた被害者の多くが、「同じようなことを二度と繰り返さないでほしい」と話す。一昨年7月に相模原市障害者施設で起きた殺傷事件の被告*15が優生思想を抱いていたように、差別や偏見はいまも社会に潜む。

 「障害者子どもを産まないものといった思い込みはいまも人々に刷り込まれている」と話すのは、DPI女性障害者ネットワーク代表で視覚障害のある藤原久美子さん(54)。妊娠した際、治療の影響で障害のある子が生まれるかもしれない、育てられるのか、と医師らに中絶を勧められた。藤原さんは、強制不妊手術の被害者に国が謝罪することは、産むか産まないかを選ぶ自由を奪うのは誤りだ、と人々に広く知らせる意義がある、と考える。「過去の問題でも、障害者だけの問題でもない」と話す。

Attacks of Vegans

朝日新聞』の記事;

仏で肉屋襲撃相次ぐ 菜食主義者犯行か、壁にメッセージ

ジュイアンジョザス=疋田多揚2018年7月6日20時52分


 フランスで肉屋が襲われる事件が相次ぎ、あらゆる動物性食品を避ける完全菜食主義者による犯行との疑いが出ている。業界団体によると、6月下旬までに50件ほどの被害が確認されており、肉屋の店主たちがたまらず政府に直訴。警察による保護を求めている。

 パリ郊外ジュイアンジョザスで今月2日の未明、肉屋を営むカルル・ピテルさん(48)の店舗兼住宅が襲われた。店のガラス扉が割られ、外の壁には「人間至上主義にストップを」とスプレーで描かれていた。

 人間が生物の頂点に立つかのような発想を否定する、一部の完全菜食主義者がしばしば使うメッセージであることから、その関係者による犯行との疑いが出ている。

 ピテルさんは「食にも自由がある。肉食をやめろと誰が強制できるのか。肉屋を攻撃しても仕方ない」と語った。

 AFP通信などによると、仏では4月以降、北部リールなどで肉屋の店舗が血を模した液体で汚されたり、ガラスが割られたりする被害が出ている。「肉とは殺害である」などのメッセージも添えられていた。

 肉屋などの業界団体は先月、コロン内相に手紙を送り、「仏全土の1万8千人の食肉職人が事態を憂えている」として、警察による保護を訴えた。(ジュイアンジョザス=疋田多揚)

https://www.asahi.com/articles/ASL7602RFL75UHBI02M.html

See also


BFMTV “"Violence" vegan: les bouchers veulent une protection policière” https://www.lexpress.fr/actualite/societe/attaques-vegan-les-bouchers-demandent-une-protection-policiere_2020220.html

“Lille : nouvelle vandalisation d'un commerce par des militants vegans présumés” http://www.europe1.fr/societe/lille-nouvelle-vandalisation-dun-commerce-par-des-militants-vegans-presumes-3656198

Rebecca Tan “France’s butchers fear the wrath of ‘militant vegans’” https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2018/06/28/frances-butchers-fear-the-wrath-of-militant-vegans/

Harry Cockburn “French butchers demand protection from ‘extremist’ vegans following spate of attacks” https://www.independent.co.uk/news/world/europe/france-butchers-vegan-attacks-jen-francois-guihard-fake-blood-a8420116.html


上の朝日の記事の「人間至上主義にストップを」は原文では”stop au spécisme”。先ず驚いたのは仏蘭西語と英語のクレオールになっているということ。最近では、こういう言い方はよく使われるのだろうか。 Spécismeは『ワシントン・ポスト』の記事の英訳ではspeciesismになっているのだが、racism(人種差別主義)やsexism(性差別主義)から類推すれば、種差別主義とすべきだろうか。

さて、仏蘭西では、3月にイスラーム系のテロリストに肉屋が殺されるという事件が起きたが*16、それに対してざまあ見ろ的な発言をしたヴィーガン活動家が逮捕されるということがあった*17。これは完全に〈敵の敵は味方〉的な発想*18

なお、ヴィーガンの暴走は仏蘭西だけの話ではない。こちらは英国イングランド)ケント州の話;


Sabrina Barr “Butcher's Shop Vabdalised by 'Vegan Activists'” https://www.independent.co.uk/life-style/food-and-drink/butcher-shop-vandalised-vegan-activists-marlow-butchers-kent-a8383751.html

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180215/1518657954

*2:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130707/1373162748 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130712/1373640906

*3:See eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180714/1531581302

*4:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090625/1245905548 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110801/1312219747 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110919/1316402409 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120623/1340377615 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130502/1367461468 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131016/1381939650 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160108/1452219494 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160201/1454311360 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180127/1517069996 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180214/1518610134 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180217/1518876627

*5:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20050522 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20050617 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060101/1136120057 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061206/1165380166 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070321/1174455126 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070502/1178032169 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070509/1178689545 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070603/1180896995 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080131/1201796826 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080407/1207591421 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080605/1212640212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080808/1218179991 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080902/1220373887 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090202/1233596155 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090608/1244436355 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090928/1254161228 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091026/1256574276 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091201/1259695353 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100416/1271390292 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101120/1290272803 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101123/1290447049 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110508/1304878987 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110617/1308331828 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20111002/1317520950 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120430/1335760808 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120529/1338307685 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130404/1365053217 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130528/1369714773 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140102/1388631882 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140901/1409543010 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170419/1492571662

*6:See eg. Saul McLeod “Milgram Experiment” https://simplypsychology.org/milgram.html https://en.wikipedia.org/wiki/Milgram_experiment

*7:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070320/1174400423 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20111106/1320550477 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130425/1366864634

*8:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070531/1180617700

*9:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160604/1465028206 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160720/1468971346

*10http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180715/1531665494

*11https://twitter.com/ha_chu/status/1018679319931990016

*12http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180621/1529543754 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180623/1529775411 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180628/1530154062 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180629/1530292317 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180630/1530377808 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180703/1530589379 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180707/1530935079

*13:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160304/1457056110

*14:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160805/1470361108 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180313/1520961347 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180330/1522337092 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180517/1526577451

*15:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160726/1469497803 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160727/1469585918 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160728/1469672337 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160729/1469759650 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470228244 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160805/1470361108 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160806/1470491087 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160808/1470625339 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160818/1471484848 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170726/1501048330

*16:See Yaron Steinbuch “Terrorist killed after deadly attack in France” https://nypost.com/2018/03/23/cop-shot-in-france-suspect-may-have-taken-hostages/

*17:See “Trèbes attack: French vegan activist convicted over dead butcher comment” https://www.bbc.com/news/world-europe-43586204 ReutersVegan arrested after ‘zero sympathy’ post on butcher killed by terrorist” https://nypost.com/2018/03/29/vegan-arrested-after-zero-sympathy-post-on-butcher-killed-by-terrorist/

*18:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090306/1236305383 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101015/1287072241 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150620/1434766321 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160309/1457450696

2018-07-15

「観客」と「サポーター」

フーリガンの社会学 (文庫クセジュ)

フーリガンの社会学 (文庫クセジュ)

ドミニック・ボダン『フーリガン社会学』(陣野俊史、相田淑子訳)*1から。

サッカーの(普通の)「観客」と「サポーター」の区別を巡って。

(前略)観客は「なんとなく試合を見物するだけ」の人間であり、サポーターとは「自分こそがそのチームの本物の支持者」と考える人間たちだ(ミニョン、一九九三年*2、七三頁)。付け加えておくべき区別があるとすればこんなところか。観客は、二チーム間の試合を愉しむことができて、ファインプレイを励ましたり賞賛したりする。ただそれでも自分のクラブが勝つのがみたいと思っている。一方、サポーターは、独特のやり方で応援する、排他的なチームの支持者だと自己認識している。不公平で無条件に支持し、野次や怒号を浴びせて昂じる狂信的排他主義に染まっている。しかしそれに過剰に意味を付け加えるべきではない。それはおそらく「大騒ぎしながらアイデンティティー肯定すること」であり、「感情の高まりの必要条件」である。サポーター現象は、まず「役割への距離」(ゴッフマン、一九五六年)*3否認することだ。「サッカーの試合に行くことは、一般的にいえば、映画館に行くような予定された消費行動とは違う。劇場や絵画展のように瞑想に耽ったりもしない。テレビを見ているときのようなぼんやりとした消費行動でもない。テニスやゴルフのようなフェアプレイを前提に観る、競技でもない。おそらくこの四つのやり方でサッカーの試合を観ることは可能だが、サポーター行動とは呼べない」(エランベール『成績信仰*4、五三頁)。サポーターは感情をうちに秘めない、大騒ぎや幸福感、騒々しく下品振る舞ううちに共有してしまう不平不満、そんななかに感情が表現されている。しかし、スタジアムは感情を爆発させても許される最後の社会空間だとは簡単には言えないだろう。現代の、安全と予防を重視した社会では、おそらくスタンドは、「ロクでもない連中と付き合い」、卑猥な身振りや言葉を撒き散らし、生きる喜びと存在することの不安、明日の不安を生々しく感じる最後の場所なのである。(後略)(pp.85-86)

著者の調査によると、「観客」に25歳以下の人間が占める割合は39.9%なのに対して、「サポーター」では64.1%である;

(前略)サポーターであるということは、人生のある時期と関連している。青年期を終えたばかりの、大人の生活への移行期間である。個人としての自立と、社会的なアイデン店ティティーを確立する時期に、若者たち友達や恋人スタジアムにやってきて、両親の制限や制約を離れて初めて、人生の入口に立った自分を意識するのだ。よくあることだが、こうした感情は父親から受け継ぐものである。父親はまだほんの小さな息子をサッカー・スクールに登録したのち、スタジアムに連れてゆく。そこで情熱を磨きあげ、「男同士」の時間を共有するのである。青年期になれば、最も情熱的な若者は父親のもとを離れ、別の情熱を抱えて生きる。仲間とつるむのだ。(後略)(pp.87-88)

女性の参加は徐々に増えてきているとはいえ、サッカーが(プレイヤーにせよ「サポーター」にせよ)基本的にはホモソーシャル*5な男性文化であること。

(前略)イングランドフランスをはじめとして、どの国の連盟の責任者たちもサッカー場に女性客を増やそうとしている。女性客が増えれば、サッカーの試合を家族の愉しみにすることができる。女性客の増加は、「見世物としてのスポーツの、よりブルジョワ的起源」(ブロンベルジェ『サッカーの試合』*6、一九九五年、二一八頁)に、再び繋がることを意味する。たがそれだけではない。他意のない明確な方策でもあるのだ。女性の増えた群衆暴力的な側面を減らすことができる。妻や女友達の前では、男性たちは行儀よくなり、いっそうの自制を見せるようになるからだ。(p.89)

事実婚

デイリースポーツ』の記事:

はあちゅう、しみけんとの結婚を報告「お付き合いして4年、事実婚の手続きを取りました」

2018年7月15日 12時30分 デイリースポーツ


 ブロガーで作家のはあちゅう*7が15日、自身のツイッターを更新し、AV男優のしみけんと結婚したことを報告した。

 ツーショット写真とともに「結婚しました。(事実婚です)先月、お付き合いして4年になるAV男優のしみけんさんと事実婚の手続きを取りました。いつも応援してくださっている皆様にもご報告させて頂きます。今後ともよろしくお願いします。」と記した*8

 さらに事実婚については、「『事実婚って手続きあるの?』って結構聞かれるので書いておきますね。区役所で職員さんがお互いの本籍地に電話して、独身であるかどうかを確認し、確認後、住民票の続柄に妻(未届)という記載をつけてくれました&保険証の世帯主氏名に彼の名前が入りました。証明書とかは特にないみたいです」と説明した。

 はあちゅうは、慶大から電通入社し、現在はフリーで活動。「半径5メートルの野望」、「自分の強みをつくる」などの著書があり、過去には日本テレビ系「スッキリ!!」でコメンテーターを務めていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15015144/

See also

J-CASTニュースはあちゅう、「妻(未届)」になる 事実婚して仕組みも解説」http://news.livedoor.com/article/detail/15015481/

日暮里」に行けないわけはない

春山有子「「手コキで許してもらった」「キスをされ暴行された」 ここ数年で起こったタクシーの怖い話http://tablo.jp/case/news003116.html


菊池桃子がタクシー運転手ストーカーされていた事件を承けての4月の記事*9。春山さん自身を含む3人の女性の「タクシー」で怖い目に遭った話が言及されている。また、「ここ数年でのタクシー運転手による強制わいせつ等事件」;

◎2016年3月、車内で眠っていた女性客を、わいせつ行為をしようとし目的地とは違う山中に連れていった岡山県の男(44)が監禁や準強制わいせつで逮捕される。

◎2017年4月、女性が乗車すると運転席のシートを倒し、女性の脚を触りながら片手運転。その間、停車させて女性の足を数分舐め、「また乗ってくれたら料金サービスする」といい連絡先を渡した宮城県の男(30代)が、監禁と強制わいせつで逮捕される。

◎2016年6月、停車中の車内で後部座席の女性客にわいせつな行為をしようとしていたところを、警戒中の警察官が発見、大阪府の男(31)が現行犯逮捕される。のちに男のDNA型が、8年前と9年前に起きた強姦事件の遺留物と一致した。

◎2017年11月、「手相を見てあげる」など言い、女性客の手を掴み引き寄せ、キスや体を触るなどのわいせつ行為をしたとして、静岡県の男(53)が逮捕される。

◎2018年2月、酒に寄った女性客を乗せたままラブホテルに連れ込み、抵抗できない状態の女性に暴行したとして、京都府の男(44)が準強制性交の疑いで逮捕される。

ところで、春山さんは自らが遭遇した「青白い顔の、伊集院光を理系っぽくしたような運転手」について、「上京数時間後にタクシー運転手になったため本当に日暮里を知らなかったのかもしれません」という可能性を示唆しているけれど、「上京数時間後」というのはさすがにありえない。タクシー・ドライヴァーになるには、先ず二種免許を取得せねばならず、「上京数時間後」に二種免に合格するというのは不可能(Cf梁石日タクシードライバー日誌』*10)。また、仮令知らなくとも、今、どんなタクシーにもカーナビが搭載されている筈。また、スマートフォンタブレットのナヴィゲーション・アプリを使えばいいという話になる。カーナビは、タクシー運転手特有のスキルを解体してしまったという側面があるけど、住所とかを入力すれば誰でも道順がわかってしまうので、ストーカー被害者の恐怖は増すわけだ。

タクシードライバー日誌 (ちくま文庫)

タクシードライバー日誌 (ちくま文庫)

宅間に抗い

finalvent*11死刑をなくすということ」http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2018/07/post-6fec.html


finalvent氏が「死刑廃止論者」であることを知る。

私が死刑廃止論者になったのは、21世紀に入ってからである。というのも、2001年の附属池田小事件*12がきっかけだったからだ。この事件で無防備な小学生8人を殺害した宅間守*13に彼の望みである死刑を与えてはいけないと思った。この人間を自然に命尽きるまで生かせて、その口から自らの意思で悔恨の言葉を公にするのを聞きたい、そして、その命が尽きるまでその罪に苦しんでほしいと思ったからだ。

この動機というのは十分に共感可能だ。また、「死刑廃止論」を安易に「リベラル思想」に結びつけるなということも。亀井静香氏は「リベラル」からは遠い人だろうけど、一貫した「死刑廃止論者」である*14。また、平安時代も数百年間に亙って「死刑」が存在しなかった。「死刑」が復活したのも、押し詰まった保元の乱の始末において。

私が死刑制度に反対する理由はhttp://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060127/1138329871で考えたことがある。

*1:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180626/1530034510 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180701/1530473298

*2:Mignon, P. La societe du samedi: supporters ultras et hooligants. Etude cpmparee de la Grande-Bretagne et de la France

*3:巻末の文献目録にはない。1956年のゴフマンの著作というと、The Presentation of Self in Everyday Life。ただ、この本は1959年に改訂版が出ており、一般に参照されるのは1959年の改訂版の方であり、日本語版もこちらの方を底本にしている。 なお、ゴフマンにおける「役割への距離」に関して、一般に参照されるテクストは『出会い』(1961)所収の「役割距離」。

The Presentation of Self in Everyday Life

The Presentation of Self in Everyday Life

行為と演技―日常生活における自己呈示 (ゴッフマンの社会学 1)

行為と演技―日常生活における自己呈示 (ゴッフマンの社会学 1)

出会い―相互行為の社会学 (ゴッフマンの社会学 2)

出会い―相互行為の社会学 (ゴッフマンの社会学 2)

*4:Ehrenberg, A. La culte de la performance

*5:See eg.http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060305/1141591716 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061012/1160664502 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080430/1209520910 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090702/1246541132 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090716/1247682636 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091124/1259062337 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110711/1310400277 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150512/1431444219 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160310/1457624745 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160423/1461397446 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160730/1469838677 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161115/1479241450 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171114/1510685554 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171121/1511240378 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180217/1518868359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180320/1521518896 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180412/1523502822 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180517/1526522149

*6:Bromberger, C. Le match de football: ethnologie d'une passion partisane a Marseille, Naples, et Turin

*7https://lineblog.me/ha_chu/ See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150424/1429891088 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171117/1510885925 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180312/1520823136 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180628/1530150747 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180702/1530508826

*8https://twitter.com/ha_chu/status/1018327287320608768

*9:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180406/1523029045 この男はその後も菊池へのストーカーを続け、6月に再逮捕されている。See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180625/1529886956

*10:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131024/1382624831

*11:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060206/1139201519 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060225/1140836763 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061009/1160366520 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061013/1160761446 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070602/1180721182 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070819/1187536541 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080607/1212815124 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100925/1285447119 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101123/1290447049 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101215/1292353461

*12:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150128/1422414486

*13:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20050717 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060122/1137952844

*14:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120520/1337485527 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171008/1507428500

2018-07-14

かぐや姫」と孕む富士山

保立道久*1高畑勲さんがなくなった。『かぐや姫の物語』について」http://blogos.com/article/309714/


高畑勲かぐや姫の物語*2に寄せての文章。目的のひとつは「かぐや姫」を日本神話に遡って理解すること;

しかし、高畑勲氏の「かぐや姫の物語」が示すように、実際には、『竹取物語』は相当に手のこんだ組み立てをもった話である。ここでは、それが神話の時代にさかのぼる由来をもった物語であることを示すことにしたい。

 それはカグヤ姫の本性の問題にかかわっている。つまり、カグヤ姫という名前をもった王族や王妃が『古事記』『日本書紀』に何人かあらわれるが、これは『字訓』のカグの項によって、揺らめく火のように美しい姫と解釈される。神話時代の火の神をカグツチというが、カグヤ姫のカグはそのカグであって、カグヤ姫はカグツチに対応する存在である。

 検討をカグツチから始めるが、カグツチは列島ヤポネシアを生んだ大地母神イザナミから生まれるとき、イザナミのミホトに火傷を負わせ、イザナミを死に追い込んだ少年神である。神話学の松村武雄によれば、このイザナミカグツチ出産は火山噴火神話化したものであって、カグツチは単なる火の神ではなく、火山噴火の火を示す神であるということになる(『日本神話の研究』)。

カグツチの出産とイザナミの死を、富安陽子絵物語 古事記』から;

国を生みおえると、イザナキ、イザナミの夫婦は、つぎに、国を守る神々を生みだしていった。

岩の神、土の神、家の神や屋根の神、戸口の神、海の神や川の神、風の神、野の神や山の神、谷間の神、食べものの神、そして火の神――。

この火の神の名は、カグツチという。カグツチを生んだとき、イザナミは、大やけどをおってしまった。

くるしみながらも、イザナミは、まだ、鉱山の神土器の神や、田畑の水をつかさどる神々を生みつづけたが、やがて、とうとう、このやけどがもとで、なくなってしまったんだ。(pp.20-21)

絵物語 古事記

絵物語 古事記

カグツチ」は「神武紀」にも登場する;

 さて、カグツチについては、イザナミの出産の場面のほか、『日本書紀』の神武紀に重要な記事がある。それはイワレヒコ(神武)が、大和国に攻め込むにあたって行った呪祷において使用した「火」が「嚴の香來雷(かぐつち)」と呼ばれていることである。この呪祷においては、大和の香具山から取ってきた「土」によって「埴瓮」が作られ、火と水と米と薪などが用意されて炊飯が行われ、イワレヒコは天神タカミムスヒに扮装し、大伴氏の遠祖とされる道臣命が「齋主」となってイワレヒコ=タカミムスヒに奉仕した。その中心は「火」の呪祷であり、神タカミムスヒの前で、「齋主」が「火=カグツチ」の世話をするというものであったから、これは夜の儀礼であったに相違ない。

 問題は、齋主への任命が、道臣命に「嚴媛」という名をあたえるという形で行われたことである。これは名前だけではなく、実際に道臣命を女性に扮装させたということであろう。益田勝実は、このような男が男に女装をさせて自己を祭らせる「神ー齋主」の関係を、サルのマウンティングと同じだとしているが(「日本の神話想像力」『秘儀の島』))、このイワレヒコがタカミムスヒに扮して営まれた呪祭は、タカミムスヒの祭りの内容を直接に示唆するほとんど唯一の文献史料であり、それが女装者によって営まれたことは、本来のタカミムスヒの祭祀が女性によって営まれたものであることを示唆する。

さらに、「火山の女神」としての「カグヤ姫」(かなり長い引用);

「この子を生みまししに因りて、美蕃登(みほと)灸((焼))かえ((れ))て、病み臥してあり。多具理(たぐり)に成りませる神の名は金山(カナヤマ)毗古(ヒコ)神、次ぎに金山毗売(ヒメ)神。次に屎(くそ)に成りませる神の名は波迩夜須(ハニヤス)毗古神、次に波迩夜須(ハニヤス)毗売神。次に尿(ゆまり)に成りませる神の名は弥都波能売神(ミツハノメノカミ)。次に和久産巣日神(ワクムスビノカミ)。この神の子は豊宇気毗売神(トヨウケビメノカミ)と謂う」(『古事記』)

「時に伊弉冉尊軻遇突智がために、焦かれて終りましぬ。その終りまさむとする間に、臥しながら土神埴山姫及び水神罔象女を生む。即ち軻遇突智、埴山姫を娶きて、稚産霊を生む。この神の頭の上に、蚕と桑と生れり。臍の中に五穀生れり」(『日本書紀神代第五段、一書第二)

 この場面は、地母神の死によって、大地の富がもたらされるというコスモロジーを語っているということができよう。その富が金属・陶土などの非農業的な性格を帯びていることを見逃してはなるまい。そして、松村のいうように、カグツチの誕生が火山噴火を意味するとすると、それは、神話時代の人々が、火山噴火によって大地の富がもたらされたという神話的な直感をもっていたことを証することになる。現代の火山学者たちもまったく同じことをいう。彼らは、自己の学問の職責に関わって、火山噴火こそが、この列島の自然地形の多様性と土壌の豊かさをもたらしたのだと主張するのである。私は、それ神話の言葉でも語った方がよいように思う。

 さて、この世界創成神話における神々の噴火の光景をもう少し詳しくみてみよう。まずこの火山噴火の中心がカグツチであることはいうまでもない。噴火におけるカグツチの威力は爆発力であり、それは火山雷において象徴されているといってよいだろう。現在でも各地にカグツチを祭る神社が存在するが、それは知る限りでは雷神である。

 それ故に、カグヤ姫もただに火の女神であるのみでなく、火山の女神であるに違いない。カグヤ姫が火山の女神であることは、彼女の地上への遺品、不死の薬や手紙が、結局、富士山から焼き上げられたという『竹取物語』の結末が象徴しているのである。富士山頂には竹林があると観念されていたこと、富士の噴火のときに女神が山頂を舞うという幻視がされていることなどは、『かぐや姫王権神話』を参照いただきたい。

そういえば、『竹取物語』が成立した頃、富士山は現役ばりばりの活火山だったわけだ。ここで思い出したのは、最近「妊活」のための縁起物として、赤子を身籠った富士山の絵が人気であるらしいということ*3。もしかして、女性たちは富士山の火山活動が再び活発化していることを直感しているのだろうか。

保立氏の文章は、この先、「カグヤ姫」の正体の考察に移っていくのだが、こっちの方はまた日を改めて、取り上げたいと思う。ただ、最後の方で、『かぐや姫の物語』について、

試写でみた限りで、もっとも印象的であったのは、月に帰還させられたかぐや姫が、どこまでも清浄な月面に泣き伏している姿であった。私は、神話時代の人々も、月面をこのようなものとして想像したに相違ないと納得した。そこにあるのは清浄で荒々しい「死の世界」、地質学的な自然そのものである。火山の噴火という激しくも凄絶に美しい地質学的な自然のなかに倒れ臥している女神。『竹取物語』という文芸に没入することを通じて、このアニメ映画は、歴史家が『竹取物語』に感じるものと同じものを直感しているのかもしれないと思う。

と語られている箇所はやはり書き写しておきたい。最近、トム・フォードの『ノクターナル・アニマルズ』で、決して「清浄」ではないが「荒々しい」「死の世界」に触れて、戦慄を覚えたばかりなのだった。

ところで、山或いは火山を女として観念するのは日本だけではない。例えば、布哇のキラウエア火山の女神Pele*4。ただ、ヨーロッパではそのような発想はないようだ。仏蘭西語のmont(山)もvolcan(火山)も男性名詞。(窪むのではなく)盛り上がるものは男性というのは、形態学的には理解可能。

世代を幾つか飛び越し?

渡邉裕二*5石原裕次郎ファンだった?麻原彰晃エピソードhttp://blogos.com/article/310349/


前半部では、TBSが1989年10月に坂本堤弁護士へのインタヴュー映像をオウム真理教側の圧力に屈して放送前に見せてしまったこと、そしてその事実を地下鉄サリン事件、麻原逮捕の後の1996年まで否認し続けていたことが言及されている*6

石原裕次郎*7が登場するのは後半部。

オウム真理教といえば、必ず耳にする?オウムソング?があった。最もポピュラーなのが「尊師マーチ」だろうが、実は、この作品のレコーディングは杉並・堀ノ内にあったテイチクの杉並スタジオ(グリーンバード杉並)で行われたと言う。

「麻原は音楽が好きで、教団のアピールには、さまざまな歌や音楽が使われてきたんです。中心に動いていたのは幹部の石井伸一郎氏だったのですが、レコーディングにテイチクの杉並スタジオが使われたのは、麻原が石原裕次郎の大ファンだったからなんです」(当時を知る音楽関係者)。

目の見えない麻原が「太陽にほえろ!」とか「大都会」、あるいは「西部警察」を観ていたとは思えないが、石原裕次郎の歌はお気に入りだったという。

「言うまでもなく裕次郎さんはテイチクの専属歌手で、そのレコーディングでは、この杉並スタジオを利用していたんです。教団の信者は、そう言った情報を、どこかで聞きつけてきたんでしょうね。で、レコーディング先として杉並のスタジオを麻原に提案したようなんです。レコーディングは裕次郎さんも使っていた第一スタジオで行ったようですが、テーブルやソファーに触れながら『ここが、あの…』なんて言いながら麻原は大感激だったといいます」。

しかも、この話には後日談があって「石原裕次郎と同じスタジオでレコーディングする」ことだけが目的だっただけに、楽曲のマスターテープは「カセットテープにダビングしたのでいらない」と言ってスタジオを出ていたという。

先ず、麻原の視力の問題はけっこう重要で、どのように衰えていって、何時頃全盲になったかということは、麻原の思想や教団の犯罪の変化と密接に関係しているのではないかと思う。

麻原って、世代で言うと、私たち〈浩宮世代*8団塊の世代オウム幹部で言えば、早川紀代秀世代)との中間。麻原が秋吉久美子ファンだったと発言したときは、世代の問題として自然なことだと思った。秋吉さんのファンというのは基本的に、団塊の世代から我々〈浩宮世代〉までくらいじゃないかな。私もファンだったし。しかし、「石原裕次郎」というと、かなりの違和感を感じる。1991年の「いとしのレイラ」*9と同様な違和感。自分の世代石原裕次郎ファンというのは聞いたことがなかったし、団塊の世代に聞いても、裕次郎ファンというのは自分たちよりも一代前の60年安保世代でしょ、というのでは? 70年代から80年代にかけて、『太陽にほえろ』を初めとする石原プロモーションのドラマは、裕次郎を中心に見せるものとして作られてはいなかった。1970年代の後半に、TVで、金田正一大島渚と誰かの鼎談番組をやっていて、金田正一が『太陽にほえろ』の石原裕次郎のように偶に登場して手短に説教をかましてさっさといなくなるというのが父親や上司たる者の理想だというような発言をして、大島渚も肯いていたということがあった。何が言いたいのかというと、麻原の世代の人間が石原裕次郎ファンになるというのはかなりおっさんくさいことだったわけだ。そうすると、誰の影響なのかということが問題になる。ただ、麻原は子ども時代から思春期にかけて、全寮制の盲学校で過ごしており、家族(親戚)や世間の大人からは隔離されていた筈。

空気男(茨城篇)

NHK報道

エアコンプレッサーで体内に空気注入 同僚死亡させた疑い男逮捕

2018年7月14日 8時17分


茨城県龍ケ崎市の会社で、空気を放出するエアコンプレッサーを使って会社員の男性の体内に空気を注入する暴行を加えて死亡させたとして、同僚の男が傷害致死の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し、容疑を認めたうえで「悪ふざけでやってしまった」と供述しているということです。

逮捕されたのは、茨城県龍ケ崎市にある建設機械農業機械の製造などを行う会社の社員で、茨城県つくば市に住む吉田佳志容疑者(34)です。

警察によりますと、吉田容疑者は13日午後5時ごろ、勤務先の工場でエアコンプレッサーを使って、同僚で千葉県柏市の石丸秋夫さん(46)の体内に、肛門から空気を注入する暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の疑いが持たれています。

当時、吉田容疑者と石丸さんはほかの同僚と作業中だったということですが、空気を注入された石丸さんが体調の不良を訴えたため、一緒にいた同僚が消防に通報し、病院に搬送しましたが、死亡したということです。

調べに対し、吉田容疑者は容疑を認めたうえで、「悪ふざけでやってしまった。死ぬとは思わなかった」などと供述しているということです。

警察は当時の状況やいきさつをさらに詳しく調べています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180714/k10011533031000.html

昨年12月にも、埼玉県杉戸町で同様の事件が起こっているのだった*10。もしかして、埼玉茨城という首都圏北部のブルーカラーの男性の間では、この肛門への空気注入というのが娯楽として定着しているのだろうか。それにしても、肛門から空気が入って死に至るメカニズムはまだわからない。

自民VS.立民

先ずNHK報道

ツイッター社 “偽アカウント フォロワー”を削除へ

2018年7月12日 10時48分


アメリカツイッター社は、利用者が、意図的にフォロワー数を水増しするのを防ぐために偽のアカウントによるフォロワーを数千万規模で削除すると発表し、利用者によってはその数が大幅に減る可能性があるということです。

ツイッターをはじめとするソーシャルメディアでは、投稿内容が人気を呼びフォロワー数が多い利用者は、社会に与える影響が大きい「インフルエンサー」と呼ばれ企業がマーケティングなどにも活用しています。

しかし、中には人気を誇示するために偽のアカウントを外部の事業者から購入して、意図的にフォロワー数を水増しする利用者がいると指摘されています。

ツイッター社は11日、利用者がフォロワー数を水増しするのを防ぎ、サービスの信頼性を高めるために偽のアカウントによるフォロワーを12日から世界的に削除すると発表しました。

削除の対象になるのは、ツイッター社が不審アカウントだとして凍結措置をとったものや、文脈とは関係ないコメントを大量に投稿したアカウントなどで、数千万規模になるということです。

これによって、大勢のフォロワーを抱えている利用者の場合はその数が、大幅に減る可能性があると説明しています。

ツイッター社は「フォロワー数は目に見えるものなので、その数字が正確であることが大事だ」とコメントしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180712/k10011529401000.html

また、『BIGGLOBEニュース』の記事;

柏木由紀フォロワー5万人近く減少、仮面女子神谷えりなの45万人減が最大か Twitterが偽フォロワー削除

2018年7月13日 13時8分 BIGLOBEニュース


Twitterがロックされたアカウントフォロワー数に含めないようにする仕様変更を行った。これにより、芸能人では柏木由紀フォロワーが5万人近く減るなど、多くのTwitterアカウントフォロワー数が減少している。

Twitterは、長い期間活動の形跡がない場合や乗っ取られる危険性があると判断した場合に、アカウントをロックしている。これらのアカウントフォロワー数に含めないことで、意図的にフォロワー数を水増しする行為の防止を狙っているとみられる。Twitterは、平均して1アカウントにつき4アカウント程度フォロワーが減少するとしているが、何らかの理由でフォロワーにロックされたアカウントが多ければ減少は大きくなる。

Twitterの予告どおり、13日には多くのアカウントフォロワー数が減少。芸能人では、AKB48NGT48柏木由紀フォロワー数は122.5万人から約4.7万人減少(減少率3.8%)。確認できた範囲では、仮面女子神谷えりなの減少数が最も多く、前日の116.5万人から約45万人減り、38%ものフォロワーを失っている。仮面女子ではグループの公式アカウントや他の一部のメンバーでも大きくフォロワーが減少した。芸能人以外では、音楽やイラストを公開している人気アカウントうどん」のフォロワー数は157万人から約75万人減っている(情報提供いただいたため追記)。

一方、政党フォロワーは、自民党で約1300人(減少率0.8%)、公明党で約900人(減少率1.1%)、日本共産党で約200人(減少率0.5%)、立憲民主党で約120人(減少率0.07%)の減少。フォロワー数の水増しを噂される政党もあったが、各党わずかな減少に留まっている。

このほか、企業ではシャープが公式Twitterで「後学のために『どれくらいフォロワー数が減ったか』を公開しませんか」と他の企業アカウントへ呼びかけ。シャープは2289人減ったと報告している。

http://news.livedoor.com/article/detail/15006900/

フォロワー数の水増しを噂される政党」というのは立憲民主党。「噂」の出所のひとつはあの百田尚樹*11。しかし、根拠はなし;


籏智広太*12「【検証】立憲民主党Twitterフォロワーを購入」は本当か? 急成長で自民党を抜いたけれど…」https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/rikken-minshukun2


See also

瀬谷健介*13自民・立憲はどれほどフォロワーが減ったのか Twitterの偽アカ削除、報告する企業も」https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/twitter-sharp-1

徳重辰典*14「有名人はフォロワー減でもポジティブ! 10万フォロワー減ったアイドルも「減ったから何?で?」」https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/twitter-twitter

Carlo Benetton

AFP “Carlo Benetton, co-creator of 'United Colours' brand dies” https://www.yahoo.com/news/carlo-benetton-co-creator-united-colours-brand-dies-140857100.html

南麻理江「ベネトン創業者の一人、カルロ・ベネトンさんが死去」https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/12/benetton_a_23480226/


United Colors of Benetton*15創業者ベネトンきょうだいの末っ子であるカルロ・ベネトン氏が、現地時間7月10日、伊太利のトレヴィーソ*16の自宅で死去。享年74歳。

ところで、ベネトンの服で最も頻繁に着たことがあるのといえばコンドームだったという人は少なくないのでは?

*1http://hotatelog.cocolog-nifty.com/blog/ See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080806/1217988192 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090919/1253330016 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100703/1278189948 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100705/1278351871 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100708/1278560692 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100730/1280467690 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110612/1307901725 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120217/1329477889 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161004/1475531791 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171018/1508299445

*2:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180407/1523067888 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526832065

*3:See おおしまりえ「怪しい“妊娠できる石”に、赤富士の絵…妊活開運グッズの闇」https://joshi-spa.jp/860114 Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180703/1530582124

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180505/1525539785

*5http://022.holidayblog.jp/ https://twitter.com/yujing7

*6:これに関しては、水島宏明「筋が通らぬTBSの釈明(警察24時の映像)」(http://blogos.com/article/310846/)も参照されたい。

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061118/1163845906 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070516/1179339586 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080315/1205550667 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080614/1213420843 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090314/1237060417 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090706/1246825752 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090722/1248235400 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100215/1266254108 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100415/1271330711 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110120/1295532154 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110924/1316792856 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180525/1527217215

*8:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070222/1172164952 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080502/1209698659 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080622/1214075188 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100511/1273555779

*9:See フミコフミオ「はじめてブラのホックを外した夏を覚えているかい?」http://delete-all.hatenablog.com/entry/2018/05/09/190000 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526781836 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180522/1526955863

*10:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171218/1513593271

*11https://twitter.com/hyakutanaoki/status/915563804221566978

*12:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487910099 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170226/1488077743 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170228/1488291005 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170303/1488508478 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170305/1488726602 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170306/1488817967 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170308/1488946981 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170309/1489024533 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170310/1489109908 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170406/1491451136 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170518/1495124746 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170602/1496371973 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170808/1502206282 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170828/1503891141 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170901/1504234324 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170915/1505482432 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171016/1508130214 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171029/1509242444 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171030/1509328817 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180216/1518745088 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180218/1518914252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180312/1520820898 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180313/1520911677 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180314/1521040212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180320/1521545409 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180322/1521735826 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180324/1521817988 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180327/1522079446 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180404/1522810591 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180408/1523167515 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180420/1524210748 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180425/1524625976 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180503/1525323385 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180507/1525660176 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526363020 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180522/1526962984 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180525/1527258646 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180526/1527347080 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180602/1527949714 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180612/1528778849 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180620/1529461445 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180621/1529548733 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180623/1529776858 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180624/1529802385 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180628/1530197448 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180704/1530712511

*13:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161109/1478709983 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161127/1480233348 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170528/1495993758 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170914/1505409099 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180131/1517419724 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180209/1518136585 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180212/1518399811 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180218/1518914252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180311/1520789627 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180320/1521545409 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180409/1523239543 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180411/1523409334 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180509/1525807615 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180526/1527301904 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180620/1529461445 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180629/1530289515

*14:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160605/1465087889 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160914/1473877188 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161101/1478009976 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161109/1478709983 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170521/1495418716 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171113/1510579560 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171118/1510985751 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171223/1513993688 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180121/1516545031 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180426/1524703129 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180510/1525900096 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180525/1527235507 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180530/1527643250 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180622/1529631196 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180628/1530154062

*15http://www.benettongroup.com/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Benetton_Group https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%88%E3%83%B3 Also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060304/1141437964 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100610/1276133397

*16http://www.comune.treviso.it/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Treviso

2018-07-13

12時間

承前*1

南麻理江「ぺこ、男の子を出産。立ち会ったりゅうちぇるが見せたパパの顔「両親学級に行って良かった」」https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/11/peko-ryucheru_a_23480082/


曰く、

モデルでタレントのぺこさん(23)とりゅうちぇるさん(22)が7月11日、男の赤ちゃんが無事に生まれたとSNSで報告した*2。母子ともに健康だという。りゅうちぇるさんは同日夜、出産に立ち会った時の様子や、これから出産を迎えるカップルへのアドバイスなど、赤裸々な思いをブログに綴った*3

ところで、陣痛が12時間というのはやはり長いのだろう。うちの場合は、帝王切開だったので、比較することはできないのだけど。

江安爆発

四川省人民政府「7.12江安県恒達公司発生爆燃重大事故」http://www.sc.gov.cn/10462/10464/13722/2018/7/13/10455044.shtml

何川「四川江安苯甲酸工廠爆燃致19人死亡」http://news.cctv.com/2018/07/13/ARTIwcekSV4i0GVvDeQ2MnVi180713.shtml

“China industrial park explosion kills 19” https://www.bbc.com/news/world-asia-china-44816715


北京時間7月12日18時30分頃、四川省宜賓市江安県*4の「陽春工業園区」にある「宜賓恒達科技有限公司」で爆発事故が起こり、19名が死亡し、12名が負傷した。工場の建物は爆発によって略完全に破壊されている。爆発・出火の原因はまだ不明である。この会社は「苯甲酸」(安息香酸)を製造していた。

中国内地における化学プラントの事故としては、173名の死者を出した2015年天津大爆発*5以来のこと。

「選手以外」?

茺田理央「野球のマウンドは女人禁制? 女子生徒が伝令をした高校が注意を受ける。その真相は…」https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/12/high-school-baseball_a_23480234/


「7月11日にあった甲子園予選の福島大会で、伝令役の女子記録員がマウンドに上がる一幕があり、福島県高野連がルール違反として高校側に口頭で注意した」ことについて。事件の概要については、


鎌田直秀「審判員困惑よそに珍事、革靴スカート女子部員が伝令」https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201807110000974.html


を参照のこと。

高校野球では、背番号をつけた選手以外が試合中にグラウンドに入ることを禁止している。監督が選手に指示をする場合、ベンチに残った選手が代わりグラウンドに出向く「伝令」という形を取っている。

福島高野連によると、ルール違反があったのは、2回戦の会津西連合–長沼の一戦。4回裏、0-5でリードされた長沼の監督が、伝令を送った。その際マウンドに上がったのは、選手登録していない女子記録員だった。

長沼はベンチ入り選手が9人しかいなかったため、ベンチに監督と女子記録員しかいなかった。伝令を指示された記録員は、制服姿でマウンドに上がった。試合はそのまま続行され、長沼は続く5回に会津西連合に追加点を許し、0-10でコールド負けとなった。

日本高野連によると、今回のように選手の人数が足りない場合、試合前に両チームの合意を得た上で、原則キャッチャーがベンチに戻って監督の指示を受けるよう定めている。この試合では、指示や伝令の方法の確認はしていなかった。

ルール違反の報告を受けた福島高野連は、「今後は例外的にキャッチャーなどをベンチに呼んで指示するように」などと高校側に伝えた。

伝えるべきことがあるなら監督が自分でピッチャー・マウンドまで歩いていけばいいじゃないかと思ったのだけど、高校野球では監督といえども「選手」ではないのでグラウンドに入ることはできないのか。監督がピッチャーのところに行って何か話しかけているというのはプロ野球ではあることでしょ。

ところで、野球サッカーなどのほかの球技。どれも日本語では「監督」と表わされるが、英語では一方はmanager、他方はcoachと、全く別の存在として観念されている。服装にしても、野球のmanagerは(選手と同じ)ユニフォームを着ているのに対して、サッカーcoachはスーツを着ている。この服装の違いには重大な意味があると思っていたのだが。

でも、篠原は被害者

承前*6

柿沢貴裕は逮捕されていたのね。『日刊スポーツ』によれば、

巨人柿沢貴裕容疑者を窃盗容疑で逮捕

[2018年7月8日18時8分]


 神奈川県警多摩署は8日、読売ジャイアンツ球場川崎市)のロッカールームから選手のユニホームを盗んだ窃盗容疑で、元巨人の選手柿沢貴裕容疑者(23)を逮捕した。

 柿沢貴裕容疑者消費者金融からの借金があり生活費に困窮。5〜6月に12回にわたり、ジャイアンツ球場の選手ロッカー室から阿部らのバット、菅野らのグラブなど約110点を盗み出して売却し、約100万円の収入を得ていた。球団は統一契約書第17条(模範行為)に違反し、野球協約第60条の不品行に該当するとして、前日7日に契約を解除していた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807080000649.html

宮西瀬名「窃盗に全裸パーティ、泥酔暴行……巨人選手の不祥事相次ぐ 「巨人軍は紳士たれ」はどこに行ってしまったのか」https://news.careerconnection.jp/?p=56469


柿沢の窃盗事件を承けて書かれた記事。

最近の巨人選手の「問題行動」がまとめられている;

ここ最近、巨人の選手の問題行動が目立っている。先月も、篠原慎平投手河野元貴捕手が東京都内の飲食店で知人らと飲食していた際、篠原投手が裸になり、その様子を河野捕手が動画撮影。その様子をインスタグラム上に、フォロワー限定で数時間アップし、問題になったばかりだ*7

昨年7月には、山口俊投手が泥酔状態で、警備員に暴行を加えたとし、書類送検された*82015年には、当時の現役選手数人が野球賭博に関与が発覚。球界だけでなく世間に大きな衝撃を与えた*9

今回の騒動を受け、球団は「ファンの皆様を失望させることとなり、深くお詫び申し上げます。今後、このようなことがないよう再発防止に取り組んでまいります」とコメント。ただ、巨人選手の度重なる不祥事にツイッター上では「巨人は紳士たれはどこに行った」などと失笑が漏れている。

重ねて言うけれど、篠原慎平はあくまでも被害者だろう。悪いのは「フォロワー限定」の動画を写真週刊誌に売った奴。

ところで、何かやらかすと、過去の色々なことがほじくり出されるというのは仕方のないことなのだろうか;


藤堂香貴「窃盗罪で逮捕の元巨人・柿沢貴裕外野手、過去の“盗癖”を元後援者が激白……」http://www.cyzo.com/2018/07/post_169077_entry.html

作家自身がスキャンダルだった

Oricon News「村上龍氏、芥川賞選考委員を退任 第158回選考会が最後」https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/06/retirement-akutagawa_a_23475939/


曰く、

日本文学振興会は6日、作家・村上龍氏が、第158回芥川賞選考会を最後に芥川賞選考委員を退任することを発表した。

 村上氏は第123回(2000年上半期)より、36回の長きにわたり芥川賞の選考をしてきた。この日書面では「さてこのたび、村上龍氏が第158回芥川賞選考会を最後として芥川賞選考委員を退任したいとの意向を正式に示され、日本文学振興会はその意思を尊重し、退任を了解いたしました」と報告した。

なお、村上氏の意向は「候補作発表(6月18日)前から非公式に伺っており、第159回の選考とは関係ないことを付記いたします」としている。

限りなく透明に近いブルー*10が世に出たとき、村上龍という作家自身がスキャンダルだった。江藤淳は完全否定的な論説を発表し、日本共産党も集中的に村上龍バッシングを行った。その一方で、普段は純文学とは無縁のおっさんやおばはんがドラッグと乱交を読むために本屋に殺到し、『限りなく透明に近いブルー』はばか売れしたのだった。ところで、『限りなく透明に近いブルー』は、今全く違う理由でスキャンダルと化している「美しい顔」*11と同様に、群像新人賞から芥川賞ノミネートというコースを辿った。

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

さて、「美しい顔」問題だが、


芥川賞の候補作 類似表現で作者が謝罪コメント」https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180710/k10011525501000.html

Oricon News「『美しい顔』作者・北条裕子氏が謝罪 参考文献未掲載「とても悔いております」」http://news.livedoor.com/article/detail/14986483/

荻上チキ 芥川賞候補作 北条裕子『美しい顔』問題を語る」https://miyearnzzlabo.com/archives/51122

被災地に借景した少女の成長譚」http://d.hatena.ne.jp/nessko/20180705/p1


をマークしておく。

三人娘

森聖児「レイプ告発した女性を叩く“ネトウヨ姫”3人衆。「枕営業」とあざ笑う下劣さ」https://joshi-spa.jp/861809


伊藤詩織さん(など)*12をdisる3人の女;


杉田水脈*13

はすみとしこ

千葉麗子*14


ところで、杉田水脈について、古谷経衡氏*15の「オタサーの姫」という評が紹介されている。この表現はネット上で時々見ることがあるのだが、具体的にどういうキャラクターなのかは知らない。

*1http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180711/1531330066

*2https://twitter.com/pecotecooo/status/1016967628915535872 https://www.instagram.com/p/BlFdY6BAJoU/?hl=ja&taken-by=pecotecooo

*3:「LINK」https://ameblo.jp/ryuchell/entry-12390121171.html

*4http://www.ybja.gov.cn/

*5:See John Sudworth “Tianjin chemical blast: Deadly disaster marked one year on” https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-37019025 alao http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150818/1439834550

*6http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180712/1531355990

*7:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180613/1528902190

*8:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170719/1500477698

*9:See eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160309/1457489217 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160311/1457662225 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160316/1458093995

*10:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091001/1254415874 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171016/1508162794

*11:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180630/1530314598 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180702/1530552057 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180704/1530682338 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180709/1531104306

*12:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170530/1496071704 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170602/1496371973 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170603/1496450833 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170604/1496605008 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171019/1508382246 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171020/1508466467 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171026/1508987214 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180208/1518051258 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180327/1522172366 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180625/1529894062

*13:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180602/1527964446 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180611/1528645699 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180711/1531287520

*14:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060726/1153908122

*15:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180611/1528656212