Living, Loving, Thinking

2018-05-23

「弟子たち」の評価

それから (新潮文庫)

それから (新潮文庫)

柳広司「らしからぬ不穏――夏目漱石『それから』」『思想』826、2017、pp.40-44


http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180516/1526459233の続き。

漱石山房」を巡って;

明治以降師匠(先生)・弟子」の人間関係文壇を形作ってきた。その頂点をなすのが、漱石山房――「木曜会」の人々だったことは論を俟たない。漱石山房に集まったのは、芥川龍之介寺田寅彦久米正雄中勘助鈴木三重吉野上弥生子、阿部次郎、和辻哲郎など、錚々たるメンバーで、まさにその後の文壇を形成した人たちだ。

よく知られている通り、漱石自身は明治文壇とは交わらず、意識的距離を保っていた。弟子も、正式には一人もとっていない。が、漱石山房に集まった者たちにとっては漱石こそが「先生」であり、独特の尊敬と畏怖の対象であった。

漱石の死後、残された彼ら(自称”弟子”たち)が作品の評価を決めることになる。

『猫』の諧謔も『坊っちゃん』のやんちゃも『草枕』の衒学趣味も『彼岸過迄』の実験精神も(成功しているか否かはともかく)良い。『夢十夜』の幻想性も悪くない。だが、『それから』はいけない――彼らはそう思ったはずだ。(pp.42-43)

吾輩は猫である (新潮文庫)

吾輩は猫である (新潮文庫)

坊っちゃん (新潮文庫)

坊っちゃん (新潮文庫)

草枕 (新潮文庫)

草枕 (新潮文庫)

彼岸過迄 (新潮文庫)

彼岸過迄 (新潮文庫)

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)

漱石の「弟子」については、小林敏明『夏目漱石西田幾多郎*1第4章「ベストセラーは何をもたらしたか」第2節「漱石山房の文学者たち」(pp.128-137)も参照のこと。ちょっと引用してみる;

(前略)師はどこまでいっても尊敬すべき師である。どんなに忌憚のない批判が交わされたとはいえ、やはりそこには父に対する息子たちの「甘え」のようなものが見えてくる。つまり、漱石という

「父」を中心にして形成されたこの疑似家族共同体は、漱石自身が『道草』を通して示したような「父殺し」を徹底できない。だから、そこにはフロイトのいう強力な「男どうしの同盟」(『トーテムとタブー』)というようなものは生まれえなかった。

言いかえれば、「漱石山房」の集まりはけっして結束の固い徒党とはならず、むしろそこには、「個人主義」を標榜した「家長」にふさわしく、それぞれに想いを異にする記憶の絆だけが残った。そして疑似共同体の成員たちにとって、その絆を保つための仕事が全集編纂という共同の「喪」の作業であったといえる。はたして漱石が亡くなった直後に、岩波茂雄のイニシアティヴで強引に出版にこぎつけられた最初の漱石全集の編集に名を連ねたのは、寺田寅彦、松根豊次郎(東洋城)、阿部次郎、鈴木三重吉、野上豊一郎、安倍能成森田草平小宮豊隆の八人、いずれも疑似家族の「息子たち」であった(後略)(pp.136-137)

道草 (新潮文庫)

道草 (新潮文庫)

復活していた!

日刊スポーツ』の記事;

ショーンK、1月番組好評で2年ぶりレギュラー復帰

記事提供:日刊スポーツ

2018年5月23日



 TOKYO MXは22日、7月3日スタートの新ビジネス情報番組「ザ・ビジョナリー〜異才の花押」(火曜午後7時58分、再放送は日曜午前9時30分)のメインナビゲーターにショーンKことショーン・マクアードル川上氏(50)*2を起用することを発表した。16年に発覚した経歴詐称問題で長らく表舞台を離れていたショーン氏だが、テレビのレギュラーを務めるのは約2年4カ月ぶり。本格復活の足がかりになるか。

 同局によると、「ザ−」は独自の発想や高い意識を持って企業を成長させている「光る異才」を持つ経営者らをゲストに招く。経営者らとショーン氏が未来のビジョンなどを語り合う内容になる。レギュラー放送スタートに先駆け、来月12日、19日に特別番組を放送するなど、力が入っているようだ。

 ショーン氏は今年元日のTOKYO MXの特番「世界見聞録〜モンゴル経済と豊かさを考える旅」のナビゲーターとして、単発で約1年10カ月ぶりにテレビ復帰している。同局では「1月の番組が好評だったので起用を決めました。ショーンK氏ならではの鋭い視点とユーモアで、ゲストの企業経営者たちと真剣ビジネストークを行います」と説明している。今回のレギュラー復帰について、ショーン氏の所属事務所では、日刊スポーツ取材に「特にコメントはありません」と話している。

http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpettp01805237113.html

既にお正月に復活していたことも知らなかった。まあ海外にいるのだから当然か。それから、〈ファミリー・ロマンス〉は封印?

パスはなされた

承前*3

生田綾「危険タックルの日大アメフト選手「1プレー目で潰せば出してやる、と言われた」(陳述書全文)」https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/22/nihon-university_a_23440354/

吉川慧「危険タックルの日大選手、内田監督らの指示と明言「やらなきゃ意味ないよと言われた」」https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/22/nihon-u_a_23440378/

播磨谷拓巳*4「日大アメフト選手の謝罪会見 報道各社への「お願い」」https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/0522-nichidai


日大アメフト部「悪質タックル」事件の当事者である選手が記者会見を行うということを聞いたとき、先ず思ったのは、〈佐川君〉を演じさせられて、その場のメディアの集中砲火の矢面に立ち、内田正人や学校法人のディフェンスをさせられるんじゃないかということだ。これについては幸いにして全く的外れだった。この会見は大学とは無関係に本人及び父親の意思によって開かれたものであり、「代理人」もあくまでも本人の「代理人」であった。

さて、彼は責任(説明責任、応答責任)を果たした。自らの名前や顔を晒しながら。彼のこのような振る舞いには敬意を表さずにはいられない。既に、ボールはパスされたといえるだろう。内田正人や日本大学はそれをどうキャッチするのだろうか。

See also


時事ドットコム編集部「学生にこんな思いをさせる大学とは 日大危険タックル問題」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000171-jij-spo

田中充「監督の執拗な指示を告白 食い違う大学側の見解 事実なら部存続の危機 アメフトhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000593-san-spo

松本晃、倉沢仁志「<アメフット>再三圧迫、追い込まれ 日大選手が実名で証言」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000114-mai-spo

町山智浩 日大アメフト部危険タックル問題 選手記者会見を語る」https://miyearnzzlabo.com/archives/50386

「いかに人間らしく生きていけるか、この国で」http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180522#p1

朝日新聞「日大アメフト選手会見、被害選手の父が声明 「強制し、追い詰めるやり方は社会のルールを逸脱している」」https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/22/nihon-university-player-press-conference_a_23440513/

北別府学氏「この騒ぎの中、会見に出るというのはどんなに勇気がいった事だろうか」」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000130-spnannex-base

「ネットでは様々な意見噴出「涙が止まらない」「日本の部活の悪い部分が…」」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000126-spnannex-spo

フィフィ「会見を見ていて胸が苦しい」日大を批判https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00216656-nksports-ent

関学大・鳥内監督神妙 日大当該選手の競技引退発言に「かわいそう」」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000111-dal-spo


「会見」の前日;

「日大教職員組合らが理事長、学長に声明文/原文まま」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00215671-nksports-spo  

強気から一転

承前*5

伊吹早織*6狛江市長、セクハラ疑惑を否定した翌日に辞意を表明。これまでの発言を振り返る」https://www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/komae-mayor-sexual-harassment


狛江市高橋都彦市長セクハラ問題。セクハラを否定したり、「被害者」をdisったりという強気の姿勢から一転して「辞意」。

一方、市長はセクハラ行為を否定。

報道陣の取材に対し、「私は九州男児*7であって(同じコップで飲む)献杯・返杯は文化だと思っている」「異性への関心をもとにやったことじゃなくて、『狛江一家』みたいな、家父長的な立場としてやった」などと話した。

さらに、内部文書の記載には一部誤りがあると職員自身から申し立てが来ていると主張し、「虚偽の記載があれば、文書を作成した職員ペナルティを科す可能性もある」と調査を始めたことを明かした。

その傍ら「市政に混乱を起こした」ことを理由に自身に2カ月の給与減額処分を下した。

これに対し、同市の水野穣副市長は5月21日午前、会見を開いて市の資料を公開した。

資料では、18日の臨時庁議で水野副市長が調査の結果、西村市議が入手した文書は事実で、他にも被害者がいることがわかったとして「市長がセクハラ行為を行なっていたことが確認できた」と市長本人に報告したという。

この報告に同席した市の幹部も、少なくとも2年前から市長のセクハラ行為について注意してきたと述べ、辞職を迫ったと記されていた。

会見では、セクハラ被害を相談したとされる女性職員について「私の知る限りでは思い込みが激しいタイプ」と発言した。

調査で、他にも被害者がいるという結果が出たことについては「(被害を相談した女性職員と)ごく親しい人を一種の『主張の補助者』という形で認めたんだと思う」と述べた。

さらに「セクハラというのは、思い込みで強く(被害を)受けやすいというのはあるのでは」と持論を述べた。

See also

錦光山雅子「【セクハラ疑惑】東京狛江市の高橋市長が辞意を表明(UPDATE)」https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/22/mayerkomaeresignation_a_23440482/


こちらは「思い込みが激しいタイプ」とdisられた「被害者」の「抗議文」付き。

ところで、この高橋という人、最初は共産党を除く全党相乗り候補として担ぎ出されたわけだ。ということは、少なくとも当初は人畜無害な人物と見做されていたことになる。

*1:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171212/1513051329

*2:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160318/1458227297 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160320/1458409984 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160321/1458526665 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160324/1458795081 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160326/1458965055 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160331/1459443800 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170517/1495029334 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170718/1500311611 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180205/1517764269

*3http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526402283 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180517/1526526344 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180518/1526605124 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526830731 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180521/1526870676 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180522/1526951457

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160901/1472706991 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170410/1491842390 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170429/1493426206 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170430/1493569788 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170809/1502289649 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170825/1503636968 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171009/1507563548 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171026/1509028010 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171030/1509328817 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171031/1509449109 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171104/1509724242 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171117/1510913405 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180209/1518134052 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180312/1520823136 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180322/1521729457 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180426/1524703129 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180517/1526568933

*5http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180522/1526957328

*6:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170819/1503112438 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170905/1504632406 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171011/1507730436 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180217/1518833671 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180311/1520789627 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180501/1525143180

*7:See eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060214/1139881249 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090731/1249018448

2018-05-22

Bill Gold

“Iconic Hollywood film poster creator Bill Gold dies” http://www.bbc.com/news/world-us-canada-44200141


ハリウッド映画のポスター作者ビル・ゴールド氏が他界。享年97歳。ワーナー・ブラザース入社し、1942年に『カサブランカ*1のポスターをデザインして以来、2011年クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演の『J・エドガー』に至るまで、2000枚以上の映画ポスターをデザインした。上での記事で紹介されているのは、『カサブランカ』と『J・エドガー』のほか、ヒッチコックの『ダイヤルMを廻せ』*2、『エデンの東』、マーティン・スコセッシの『グッドフェローズ』、『ダーティ・ハリー』*3

カサブランカ CCP-013 [DVD]

カサブランカ CCP-013 [DVD]

ダーティハリー [DVD]

ダーティハリー [DVD]

10月1日ではなかった

承前*4

朝日新聞』の記事;

安倍首相が『獣医大学はいいね』」愛媛県文書に記録

2018年5月21日18時28分



 学校法人加計(かけ)学園」の獣医学部新設をめぐり、2015年2月に学園の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会した、と学園側から報告を受けたとする内容を、愛媛県職員文書に記録していたことがわかった。加計氏が学部新設を目指すことを説明し、首相が「新しい獣医大学の考えはいいね」と応じたとの報告内容も記されている。愛媛県は21日、この文書を含む関連の文書計27枚を参院予算委員会に提出した。

 これまで安倍首相は、加計氏について「私の地位を利用して何かをなし遂げようとしたことは一度もなく、獣医学部の新設について相談や依頼があったことは一切ない」と答弁している。また、学園の学部新設計画を知ったのは、国家戦略特区諮問会議で学園が学部設置の事業者に決まった17年1月20日、とも説明していた。15年2月の段階で加計氏が話をしたとする文書の内容と、安倍首相の説明は矛盾しており、あらためて説明を求められそうだ。

 首相の発言が記録されている愛媛県文書は「報告 獣医師養成系大学の設置に係る加計学園関係者との打合せ会等について」との題名で、「27.3.」と書かれている。15年3月に作成されたとみられる。

 文書では、学園側の報告として「2/25に理事長が首相と面談(15分程度)」し、加計氏が首相に「今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明」と記載。「首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とのコメントあり」と記されていた。

 別の文書には、今治市からの報告として、加計氏が安倍首相と会う前の15年2月に、学園側が加藤勝信・元内閣官房副長官(現・厚生労働相)と面会した、との記述もあった。獣医師養成系大学の設置は「厳しい状況にある」とし、学園の動向として、国家戦略特区獣医学部新設を目指す新潟市への危機感から「理事長が安倍総理と面談する動きもある」と書かれていた。

 当時の柳瀬唯夫・首相秘書官(現・経済産業審議官)に関して記述された文書もあった。今治市からの報告として、同年3月24日に柳瀬氏と学園側が面会した際、柳瀬氏が「獣医師会の反対が強い」と述べ、「この反対を乗り越えるため」として、「内閣府の藤原地方創生推進室次長に相談されたい」と述べた、と記載されていた。

 文書参院予算委の要請に応じて県が再調査した結果、見つかったといい、今治市加計学園職員らと首相官邸などを訪れた15年4月2日の面会内容や、この面会に至るまでの経緯が主に記されている。愛媛県は公表していないが、朝日新聞国会関係者から入手した。

     ◇

 加計学園は「理事長が2015年2月に総理とお会いしたことはございません。既に多くの新入生が大学で勉学をスタートしており、新学期の学務運営、また在学生の対応でとても取材等受けられる状態ではありません」などとするコメントを出した。

https://www.asahi.com/articles/ASL5P62L5L5PUTIL061.html


獣医学部いいねと君がいったから二月二五日は獣医記念日


また、

菅氏「入邸記録破棄」 加計氏と首相の面会、確認できず

2018年5月22日11時03分


 愛媛県文書安倍晋三首相と「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長が2015年2月に面会していたと記されていることについて、菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、当時の首相官邸への入邸記録が破棄されているため、面会は確認できなかったと説明した。

 菅氏は「入邸記録は業務終了後速やかに廃棄される取り扱いとなっており、残っているか調査を行ったが、確認できなかった。残っていなかった」と述べた。面会記録やスケジュール表も「ない」とした。

 菅氏の会見に先立ち、首相は「ご指摘の日に加計理事長と会ったことはない。念のため、昨日、官邸の記録を調べたが、確認できなかった」と記者団に説明していたが、入邸記録はそもそも破棄されていたことになる。菅氏は、記者から「首相の記憶としても面会していないと確認しているのか」と問われ、「それは確認している」と述べた。

https://www.asahi.com/articles/ASL5Q3D1ML5QUTFK006.html

See also


籏智広太*5安倍首相獣医学部いいね」 加計問題の新文書、新聞の報じ方はこんなに違う」https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/iinenonoeobetemiruto

「二文字」

朝日新聞』の記事;

狛江市副市長、市長に辞職を迫る発言 セクハラ疑惑で

河井健2018年5月19日23時11分


 東京都狛江市で、市長による女性職員へのセクハラ行為を確認したとして、副市長が市長に辞職を迫る異例の事態となっている。3月に市議会で疑惑が発覚して以降、市長は「身に覚えがない」と一貫して否定している。

 高橋都彦(くにひこ)市長(66)が辞職を迫られたのは、18日に市幹部が出席して非公開で開かれた臨時会議。市関係者によると、水野穰(みのる)副市長と事実上のナンバー3である参与が、「自ら進退を考えてほしい」などと辞職を迫る発言をした。市長は明確に答えなかったという。

 共産党市議情報公開請求で入手した市のセクハラ相談に関する公文書に、「口をつけたコップで何度も飲むことを強要された」「エレベーター内でお尻を触られた」といった被害が記されていたことから疑惑が発覚した。個人情報保護などを理由に、加害者とされる人物の役職が黒塗りされていたが、役職が2文字であることなどから「市長ではないか」と共産党市議らが追及している。

 市長が公文書信頼性に疑問を示したため、副市長らが、市幹部や被害者とされる職員に話を聴くなどしていた。(河井健)

https://www.asahi.com/articles/ASL5M5F2WL5MUULB001.html

狛江市幹部「市長セクハラ、数年前から注意」 辞職迫る

河井健2018年5月21日07時04分


 東京都狛江市高橋都彦(くにひこ)市長(66)によるセクハラ疑惑で、市長が数年前からセクハラ行為をやめるよう市幹部や市議に注意されていたことがわかった。18日の非公開の幹部会議で、市幹部の1人が発言したという。市長への辞職要求市議会の一部会派から副市長ら市幹部に拡大し、市長は厳しい立場に追い込まれている。

 複数の市関係者によると、水野穰(みのる)副市長は市長と市幹部が出席した18日の臨時庁議で、「立場を利用して卑劣な行為を行った」と厳しい言葉で市長に進退を迫った。その後、事実上ナンバー3の石森準一参与が、市長が初当選(2012年)した後の1期目からセクハラを注意してきたと発言。16年の再選後も副市長自民党・明政クラブの市議とやめるように言ったが収まらず、今回の事態に至ったとし、「もう職員は誰もあなたを信用していない」と辞職を求めた。市長は明確に答えなかったという。

 疑惑は3月、情報公開請求で入手したセクハラ相談に関する市の公文書をもとに共産党市議市議会で質問し、表面化した。市は個人情報保護などを理由に加害者とされる人物の役職を黒塗りし、市長は「身に覚えがない」と否定。過去2回の市長選で市長を支えた自民党・明政クと公明党は、その議会で市長の辞職勧告決議案と調査のための委員会設置案を退けている。

 自民党・明政クは共産党より以前に同じ公文書を入手したことが分かっている。今回の庁議での発言から、少なくとも一部の市幹部は数年前からセクハラを認識していたことも判明。市職員組合は4月、「加害者は市長」とする組合ニュースを発行し、「組織内の自浄作用はほとんど機能していない」とした。次の議会は6月4日に始まる予定で、ある市議は「今度は市議会の自浄能力が問われる」と話した。(河井健)

https://www.asahi.com/articles/ASL5N31QYL5NUTIL006.html

要するに、昔から、ということ。市長の履歴とかは全く存じ上げないのだが、市長選出馬以前のことも、心太の如く一気に出てくる可能性も高いのでは?

ところで、狛江世田谷区の一部ではなく独立の市であることは昔から不思議だった(今でも)。

1年違い

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526781836に対して、

白クマ 2018/05/20 18:20

1992年にMTVアンプラグドクラプトン自身が「いとしのレイラ」を取り上げ、そのプレイが結果的にその年のグラミー賞最優秀ロック曲を獲得ってことがあったようので、当時の高校生には割合に聞かれていたのかもしれませんね。

小生もこの頃には洋楽からすっかり離れた生活でしたので、実体験から言えないのが少々もどかしい思いですが(苦笑)

いちおうWikiを貼り付けておきます(汗)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A9

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526781836#c1526808021

どうもありがとうございます。ただ、オリジナルの状況は1991年なので、残念ながらまだ「アンプラグド」効果はまだ効いていなかったと思います。

unplugedというのが注目され始めたのはその頃からだったのですね。私が注目し始めたのは、ジミー・ペイジロバート・プラントの『ノー・クォーター』からでしたけれど。

No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded

No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded

そういえば、音楽への欲望が再度湧き上がってきた契機は、やはり1993年後半にケイト・ブッシュがアルバム『レッド・シューズ』*6をリリースしたことでした。因みに、『レッド・シューズ』にはエリック・クラプトンが参加しています*7ジェフ・ベックも。

Red Shoes

Red Shoes

出発直後の

承前*8

栗城史多」の注目度は凄い!

藤岡利充「エベレスト8度目の挑戦 登山家栗城史多の試練」https://news.yahoo.co.jp/byline/fujiokatoshimichi/20180417-00084096/


これは栗城氏が4月17日にネパールを目指しては羽田空港を離陸した直後の記事。

少し切り取っておく;

登山とは一般的なスポーツと違い、ルールや方法、目標も登山家自身に委ねられている。その中でも栗城氏の目指す頂は、普通の登山家とはちょっと違う。"否定という壁への挑戦"と銘打ち、山頂に登る様子を中継して"冒険の共有"を行い、人々が諦めた"自分の山(夢・目標)"に挑戦することを真の頂としている。共有する冒険とは"エベレスト登山"だが、登り方は"単独無酸素"と決めている。エベレストのような高所は、8000mを越えると"デスゾーン"と呼ばれ、人間が生存できないほど空気中の酸素濃度が低くなる。その"デスゾーン"で酸素ボンベを使わず、ベースキャンプから単独で登頂を目指す。(2016年まではこれに秋という条件もあったが、現在は比較的天候が穏やかな春に変えている。)

はてなキーワード」の注目度が急上昇するのも諾なるなるかな、と思った。でも、ヒマラヤでは多くの山が宗教上の理由から登頂が禁止されているということの意味を噛みしめてみるべきかなとも思った。

See also


「 ショーにしないで」http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180521#p1

「被害届」と「会見」

承前*9

朝日新聞』の記事;

アメフト関学大選手側が被害届提出 日大タックル問題

2018年5月21日13時14分


 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、被害選手側が大阪府警に被害届を出したことが21日、分かった。

 被害選手とその父親兵庫県西宮市内で19日に日大の内田正人監督らから謝罪を受けた。しかし父親は「日大選手がどうしてあのようなプレーをしたのかの説明がなかったし、指示があったかも(監督が)話されなかったので釈然としない」と遺憾の意を示していた。

 一方、日大の内田監督は19日の謝罪後に大阪伊丹)空港などで取材に応じ、「全て私の責任です」と監督を辞任することを明かした。反則行為を促す指示の有無など経緯や再発防止策は24日をめどに関学大に提出する再回答書にまとめるとしている。

 反則行為があったのは、両校の51回目の定期戦。パスを投げ終えて無防備関学大の選手に対し、日大の守備選手が背後から激しくタックルした。関学大の選手は全治3週間のけが。日大の選手はさらに複数回の反則行為を続けて退場になった。一連のプレーに対して関学大は抗議文を送付し、記者会見を開いて日大に誠意ある回答を求めていた。また反則行為の動画がSNSなどで拡散され、スポーツ庁長官が問題視するコメントを出した。

https://www.asahi.com/articles/ASL5P4D6NL5PPTQP008.html

See also

フィフィ「訴えることで加害者救って」悪質タックル」http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01805215539.html


他方。『サンスポ』の記事;

2018.5.21 18:30

日大の危険タックル選手が22日に会見、監督の指示の有無などについて説明


 アメリカンフットボールの日大の選手が危険すぎるタックルで関学大のQBを負傷させた問題で、負傷させた日大の守備選手が22日に東京都内で記者会見し、監督の指示の有無などについて説明することになった。21日、日大選手の代理人が発表した。

 日大は16日までに関学大に届けた回答書には「意図的な乱暴行為を選手へ教えることはない」と内田正人監督(62)の指示はなかったとしていた。内田監督は関学大謝罪した19日に、指示については明言を避けていた。

 関学大・小野宏ディレクターは17日の会見で、悪質な反則行為を繰り返した日大選手に対して「本人(日大選手)がこのことについての真実を自分の口から話すことが、彼のこれからの人生のためにも必要なんだろうと思います」と話していた。

http://www.sanspo.com/sports/news/20180521/spo18052118300011-n1.html

佐川君をさせられたりするということはないのだろうか*10。『TVタックル』と間違えて、丸川珠代が登場しちゃったらどうする?

*1:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100413/1271162081 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101209/1291923858

*2:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110129/1296326503

*3:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100428/1272469021

*4http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180410/1523374424 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180411/1523420745

*5:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487910099 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170226/1488077743 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170228/1488291005 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170303/1488508478 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170305/1488726602 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170306/1488817967 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170308/1488946981 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170309/1489024533 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170310/1489109908 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170406/1491451136 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170518/1495124746 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170602/1496371973 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170808/1502206282 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170828/1503891141 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170901/1504234324 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170915/1505482432 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171016/1508130214 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171029/1509242444 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171030/1509328817 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180216/1518745088 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180218/1518914252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180312/1520820898 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180313/1520911677 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180314/1521040212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180320/1521545409 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180322/1521735826 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180324/1521817988 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180327/1522079446 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180404/1522810591 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180408/1523167515 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180420/1524210748 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180425/1524625976 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180503/1525323385 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180507/1525660176 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526363020

*6:Mentioned in eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20050902 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110425/1303702580 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160422/1461293723 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160427/1461724177 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160914/1473870954

*7:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110531/1306868679

*8http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180521/1526916342

*9http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526402283 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180517/1526526344 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180518/1526605124 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526830731 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180521/1526870676

*10:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180322/1521728135 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180330/1522337093 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180406/1523022564 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180422/1524326223

2018-05-21

「ザルツバーグ」!

小林恭子*1「「ヒトラーを殺せ」 −山荘と列車での攻撃は成功するか 英国国立公文書館で歴史的資料を開く」https://www.huffingtonpost.jp/ginko-kobayashi/hitler-20180426_a_23420458/


第二次世界大戦中に英国の「特殊部隊作戦執行部」(Special Operative Executive=SOE)が計画し、残念ながら未遂に終わったアドルフ・ヒトラー暗殺作戦、「フォックスレー作戦」について。それはとても興味深いのだが、問題はその中に出てくる「ザルツバーグ」という墺太利の都市。この地名を見たとき、この人はいったい何を考えているんだろうと思った。「ザルツバーグ」とは独逸語でSalzburgと綴り、日本語ではザルツブルクという表記で親しまれている都市だ*2モーツァルトが誕生した地であり、モーツァルトに因んだ音楽祭で有名な場所。広く親しまれている「ザルツブルク」じゃなくて、何故「ザルツバーグ」なんだと思った。「バーグ」というのはburgの英語読み。もしかして、この人は、世界に存在する地名や人名は英語読みで表記するのが正しいと考えているのだろうか。ヴェネツィアではなくてヴェニス巴里Paris)は「パリス」ときっちりsも発音しなければならないとか。昔、大学・大学院高等教育北米で受けた方と話をしていて、仏蘭西社会学者でダーケイムというのがいるでしょと言われて、この「ダーケイム」というのがDurkheimの英語読みで、日本では通常「デュルケーム」と言われているあの人だなと気づくまでに、2分弱かかったということがあったことも思い出してしまった。と思ったのだけど、そうでもないようだ。「ザルツ」というのは独逸語読みのままだ。サルズにはなっていない。要するに、「レッド・ツェッペリン」とか「シュールレアリズム」というのと同じなのだった*3。でも、どうして「ザルツバーグ」なのかはわからない。

辿り着けずに

錦光山雅子「栗城史多さん、エベレストで死亡。事務所が発表「遺体となり発見されました」」https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/21/eberesutotochonokurikifumiosan-shiboka-jimotoshigahodo_a_23439536/


曰く、

エベレストの山頂を目指していた、登山家栗城史多(くりき・のぶかず)さん(35)が21日朝、エベレストキャンプで亡くなっているのが見つかったと、ネパールの「ザ・ヒマラヤンタイムス」が報じた。ベースキャンプの担当者が電話で伝えたところによると、シェルパキャンプで栗城さんが亡くなっているのを発見したという。死因は明らかになってない*4

栗城さんは、2009年以降、エベレスト登頂に7度挑み続け、2012年には両手、両足、鼻が重度の凍傷になり、右手親指以外の両手9本の指の先を失う困難に直面しながらも、エベレストの頂を目指していた。

体長が悪化したため、登頂盗聴を中止し、下山を開始した矢先の出来事。

エヴェレストチョモランマ)では、昨年5月に登頂を目指していた85歳のネパール登山家Min Bahadur Sherchan氏が心臓発作に襲われ、ベース・キャンプで落命したということが起きているのだった*5

失恋の果てに?

サンタ・フェといえば、複雑系或いは宮沢りえ。また、或いは先住民プエブロインディアン)のエクゾティックな建築。しかし、これはニューメキシコ州のサンタ・フェ*6。しかし、今回、隣のテクサス州(ヒューストンの65km南)にも「サンタ・フェ」があるのを知った*7

“Santa Fe school shooting: 10 dead and 10 wounded in Texas” http://www.bbc.com/news/world-us-canada-44173954


現地時間5月18日、テクサス州のサンタ・フェ高校を、父親の所有するショットガンリヴォルヴァーを持った同校の生徒が襲撃し、生徒と教師計10名が射殺され、10名が負傷した。犯人は警官隊に投降し逮捕された。

朝日新聞』の記事;

交際拒絶が原因か、犠牲者の母親が証言 米の高校銃撃

金成隆一2018年5月20日23時57分


 米南部テキサス州サンタフェの高校で生徒ら10人が犠牲になった銃撃事件で、AP通信は同校生徒である容疑者の少年(17)が事件を起こす1週間前に女子生徒(16)から交際を拒絶されていた、と報じた。死亡した女子生徒の母親がフェイスブックを通じた取材で明らかにしたという。捜査当局が、容疑者の動機を調べている。

 母親がAP通信に明らかにしたところによると、容疑者からの誘いはしつこくなり、事件の1週間前には教室内でトラブルになっていたという。母親は、拒絶したことが原因で狙われた可能性があると述べたという。また容疑者は、女子生徒の親友の元交際相手だったという。

 容疑者が「自分の思いを伝えてもらうため、気に入っている生徒は撃たなかった」と供述していることも判明している*8。犠牲になった10人の内訳は、生徒8人と教師2人だった。(金成隆一)

https://www.asahi.com/articles/ASL5N7RTHL5NUHBI01H.html

失恋がきっかけとなって、気に入らない奴らを一気に撃ち殺してしまったということだろうか。彼は「フットボール*9部員で学業成績も上位というころで、いかにもスクール・カーストは高そう。他方、彼は「オカルト」やナチスの「ハーケン・クロイツ」とか共産主義者の「鎌トンカチ」といったシンボルに執着していたともいう*10


“Texas school shooting: Arm teachers to stop gunmen, official says” http://www.bbc.com/news/world-us-canada-44187718


テクサス州のダン・パトリック副知事は、今回の事件に絡めて、銃撃者を阻止するために教師たちを武装させろと発言*11

ハバナ墜落事故

“Cuba plane crash leaves more than 100 dead” http://www.bbc.com/news/world-latin-america-44176899

山光瑛美*12キューバ旅客機墜落、死者100人超えか 機体は1979年製だった」https://www.buzzfeed.com/jp/eimiyamamitsu/cubana-airline

Hayes Brown, Maurizio Montes de Oca, Karla Zabludovsky, and Grace Wyler “110 People Have Died After An Airliner Crashed In Cuba” https://www.buzzfeed.com/hayesbrown/cuba-havana-plane-crash-737


現地時間5月18日の昼頃、キューバのホセ・マルティ国際空港を離陸した直後のクバーナ航空のボーイング737が墜落。乗客・乗員合わせて110名が死亡。最初にこのニュースを知ったとき、まだ燃料も満タンに近い離陸直後の墜落事故で生存者が3名もいたことの方が奇跡に近いんじゃないかと思った。「重体」だということだったけれど、この3名のその後の容態はどうなっているのだろうか。墜落した飛行機は1979年製造のものだったが、昨年11月の安全検査には合格している。クバーナ航空は老朽化のために検査に合格できず飛行不可能となった飛行機が続出し、運航のためにヨーロッパ墨西哥の航空会社から飛行機をリースしなければいけない破目に陥っていた。この737も墨西哥のAerolineas Damojhという航空会社*13からリースしていたものだった。

体制」の問題へ

承前*14

日大アメフト部「悪質タックル」問題。内田正人監督が学校法人日本大学の「常務理事」であることもあり、世間の目は法人としての「日本大学」の体制へと向けられつつあるようだ。『Net IB News』というニュース・サイトから記事3本;


「【緊急取材】日大アメフト部、雲隠れの内田正人監督の悪評〜非常勤講師を大量雇い止め」http://www.data-max.co.jp/300516_dm1777_n2/ *15

「【日大の闇】悪質タックル問題の元凶は、日大・田中理事長体制http://www.data-max.co.jp/300517_dm1777_n2/

「【緊急取材・第2弾】日大・田中理事長体制に、大学職員から怨嗟の声」http://www.data-max.co.jp/300517_dm1777_n3/


2番目の記事に曰く、

冒頭の日大OBは、大学と裏社会が関係を持つようになった背景に、60年代の日大紛争があると話す。

 「日大は学校のボディーガードとして在学生を雇っていたが、そのなかにはヤクザの息子もいた。当時、ヤクザの息子が行くのは国士館か日大と言われており、その時の腐れ縁が今も続いているのだろう」。

「当時、ヤクザの息子が行くのは国士館か日大と言われており」って、根拠になるデータをもっているのだろうか。そうでなきゃ、日大側から名誉棄損とかで訴えられたときに勝てないよ。事の性質上、実証も困難だろうし。ただ、闘争当時、大学法人理事長が直接右翼学生を雇って全共闘に対するテロを行わせていたことの間接的な証言は知っている*16。でも、それが「ヤクザの息子」かどうかは不明。

さて、ベンヤミン研究家の好村冨士彦氏の『遊歩者の視線 ベンヤミンを読む』*17は日大闘争の回想を含んでいる。氏は当時日大生産工学部の講師だった。

遊歩者の視線―ベンヤミンを読む (NHKブックス)

遊歩者の視線―ベンヤミンを読む (NHKブックス)

二位尼語りき

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526356839に対して、

nessko*18 2018/05/16 12:58


家族そろって天国に行った、ということでしょうか。日本でも一家心中はめずらしくありませんが、これは宗教テロになりました。中流の教養ある核家族理念に沿って生活を築こうとする一例なのかもしれませんね。

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526356839#c1526443131

このコメントを読んで、壇ノ浦における二位尼平時子)と安徳天皇の入水を思い出した。

平家物語』の一節を宇月原晴明安徳天皇漂海記』*19から孫引き

主上、ことしは八歳にならせ給へども、御としの程よりははるかにねびさせ給ひて、御かたちうつくしく、あたりもてりかかやくばかり也。御ぐしくろうゆらゆらとして、御せなか過ぎさせ給へり。あきれたる御さまにて、「尼ぜ、われをばいづちへ具してゆかむとするぞ」と仰せければ、いとけなき君にむかひててまつり、涙をおさへて申されけるは、「君はいまだしろしめされさぶらはずや。先世の十善戒行の御ちからによッて、いま万乗のあるじとむまれさせ給へども、悪縁にひかれて、御運すでに尽きさせ給ひぬ。まづ東にむかはせ給ひて伊勢大神宮に御いとま申させ給ひ、其後西方浄土の来迎にあづからむとおぼしめし、西にむかはせ給ひて、御念仏さうらふべし。(Cited in p.18)

「この国は粟散辺地とて、心憂きさかひにてさぶらへば、極楽浄土とて、めでたき処へ具しまゐらせさぶらふぞ」となくなく申させ給ひければ、山鳩色の御衣に、びんづらゆはせ給ひて、御涙におぼれ、ちいさくうつくしき御手をあはせ、まづ東をふしをがみ、伊勢大神宮に御いとま申させ給ひ、其後西にむかはせ給ひて、御念仏ありしかば、二位殿やがていだき奉り、「浪のしたにも都のさぶらふぞ」となぐさめたてまッて、千尋の底へぞ入給ふ。

悲哉、無常の春の風、忽に花の御すがたを散らし、なさけなきかな、分段のあらき浪、玉体を沈めたてまつる。(Cited in pp.19-20)

安徳天皇漂海記 (中公文庫)

安徳天皇漂海記 (中公文庫)

Tracey Thornなど

CDを2枚。

Tracey Thorn Record

Record

Record

Various Artists Revamp: Reimagining the Songs of Elton John & Bernie Taupin

REVAMP

REVAMP

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170324/1490324797

*2http://www.stadt-salzburg.at/

*3:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100824/1282669857 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070908/1189223804

*4:See Rajan Pokhrel “Japanese alpinist Kuriki dies while descending from Camp III to Camp II” https://thehimalayantimes.com/nepal/japanese-climber-nobukazu-kuriki-found-dead-on-mt-everest/ “Japanese man attempting solo climb found dead on Everesthttp://english.onlinekhabar.com/japanese-man-attempting-solo-climb-found-dead-on-everest.html

*5:See Associated Press “Mountaineer, 85, dies attempting to reclaim title of oldest to climb Everesthttps://www.theguardian.com/world/2017/may/06/everest-mountaineer-min-bahadur-sherchan-dies-oldest-climb Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170507/1494124775

*6https://www.santafenm.gov/

*7http://www.ci.santa-fe.tx.us/

*8:See Jason Hanna, Dakin Andone, Keith Allen and Steve Almasy “Alleged shooter at Texas high school spared people he liked, court document says” https://edition.cnn.com/2018/05/18/us/texas-school-shooting/index.html

*9サッカーではなく、今日本で話題沸騰の「アメフット」。

*10:See “Dimitrios Pagourtzis: What we know about Texas shooting suspect” http://www.bbc.com/news/world-us-canada-44173960

*11:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180222/1519296138

*12:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161101/1478009976 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161101/1478018802 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170525/1495678803 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170919/1505815460 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171011/1507730436 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171016/1508130214 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171026/1508987214 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180218/1518914252

*13http://www.globalair.aero/ http://globalair.mx/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Global_Air_(Mexico)

*14http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526402283 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180517/1526526344 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180518/1526605124 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526830731

*15Via http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20180520/1526783883

*16http://d.hatena.ne.jp/kmiura/20080526#p2 Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080616/1213556288

*17:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180220/1519088809

*18http://d.hatena.ne.jp/nessko/

*19:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170803/1501775559

2018-05-20

長男そして次男

承前*1

西城秀樹が『寺内貫太郎一家*2に出ていたことは全然言及していなかった(汗)。

サンケイスポーツ』の記事;

寺内貫太郎一家、悲しみの声…小林亜星「全く世の中どうかしてる」

5/18(金) 7:00配信 サンケイスポーツ


 歌手、西城秀樹さん(享年63)の訃報が流れた17日、芸能界は悲しみに暮れた。1974年に放送され人気を博したTBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」で秀樹さんと共演した作曲家小林亜星(85)は書面でコメントを寄せ、「歌い手として素晴らしい人だった事は勿論ですが、彼はミュージシャンとしても特別な凄みを持ったトップアーティストだったと思います」と賛辞を送った。

 亜星は秀樹さん演じる長男、周平の父で主人公の貫太郎役。激しい親子げんかのシーンは有名で、秀樹さんは本当に右腕を複雑骨折し、ギプス姿で出演したこともあった。「こんな素晴らしい人が先に亡くなって、僕みたいな奴が長生きしてるなんて全く世の中どうかしてる」と文面に悔しさをにじませた。

 また、寺内家のお手伝いさん、相馬ミヨコ役の浅田美代子(62)もファクスで「早すぎる…まさかこんなに早く逝ってしまうなんて。たくさんの思い出の中のあなたは、いつもいつも優しさに溢れていました。幼い子供達を残し、どれだけ無念だったことでしょう。あなたの最期まで頑張っていた姿を決して忘れません」と若き日をともにした仲間の急逝をしのんだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000001-sanspo-ent&pos=1

西城秀樹って次男じゃなかったっけと思ったのだけど、それは1975年に放映された『寺内貫太郎一家2』だったのだ。『2』では、長女は梶芽衣子に代わって風吹ジュン、さらに長男谷隼人になって、秀樹(「周平)」は次男になってしまったのだった。谷隼人レイプ事件を起こして執行猶予判決を受けたという設定だったのだが、一時、記憶の中で、谷隼人西城秀樹が入れ替わって、現役のアイドルレイプ犯の役を振るなんて当時としても大胆な企画だったんじゃないかと、誤った感心をしてしまったこともあった(汗)。

寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1

寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1

寺内貫太郎一家 BOX(2) [DVD]

寺内貫太郎一家 BOX(2) [DVD]

寺内貫太郎一家 BOX(3) [DVD]

寺内貫太郎一家 BOX(3) [DVD]

ところで、小林亜星が85歳というのにも軽く吃驚。しかし、40年前に40代だったのだし、その頃10代だった俺も50代後半になっているのだから、そりゃそうだろうと思いなおした。また、妻役だった加藤治子2015年に92歳で他界している*3

月ではなく朝

朝丘雪路*4月丘夢路*5混同してしまうことは屡々ある。

NHK報道

朝丘雪路さん 死去

5月20日 6時43分


映画や舞台、テレビ番組の司会など幅広い分野で活躍し、日本舞踊家元も務めてきた俳優の朝丘雪路さんが亡くなりました。82歳でした。

朝丘さんは、日本画家伊東深水の娘として昭和10年に東京で生まれ、昭和26年に宝塚音楽学校入学して歌や踊りを学びました。

昭和27年に初舞台、昭和30年に映画デビューを果たし、シリアスな作品からコメディーまで幅広い役柄を演じ、NHKの連続テレビ小説ええにょぼ」や「風のハルカ」などにも出演しました。

また、東京大阪の舞台で数多くの座長公演を務め、平成15年には舞台「人生ふたりづれ」で質の高い歌と踊りが評価され、芸術選奨文部科学大臣賞に選ばれました。朝丘さんは、3歳から習い始めたという日本舞踊でもその道を究め、現代的な感覚を取り入れた「深水流」を昭和60年に創設して家元を務めてきました。

このほか、ジャズ歌手としての活動や、歌謡曲バラエティー番組でも司会を務めるなど、幅広く活躍して人気を集め、平成23年には旭日小綬章を受章しています。夫は俳優の津川雅彦さんです。

朝丘さんは、アルツハイマー認知症のため自宅で療養していましたが、先月27日、亡くなったということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180520/k10011445731000.html

朝日新聞』;

朝丘雪路さん死去 俳優、歌手と多彩 「11PM」出演

2018年5月20日00時55分


 俳優や舞踊家、歌手として多彩に活躍した朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名加藤雪江〈かとう・ゆきえ〉)さんが4月27日、死去した。アルツハイマー認知症だったという。82歳だった。葬儀は近親者で営んだ。夫は俳優の津川雅彦さん。

 東京都出身。51年に宝塚音楽学校入学。その後、歌劇団に入団し、娘役として活躍した。55年に退団して以降、映画や演劇で活躍した。出演作には、高畑勲監督の「ホーホケキョ となりの山田くん」「かぐや姫の物語」、NHK朝の連続テレビ小説ええにょぼ」などがある。

 57年に「星は流れる」でNHK紅白歌合戦に初出場。テレビ番組「11PM」で大橋巨泉さんと司会を務め、人気を集めた。03年に文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、11年に旭日小綬章を受けた。父は日本画家伊東深水さん、娘は俳優の真由子さん。

https://www.asahi.com/articles/ASL5N03NYL5MUCVL010.html

また、『デイリースポーツ』;

津川無念、朝丘さん臨終に間に合わず

5/20(日) 8:38配信 デイリースポーツ


 俳優、歌手、舞踊家とマルチに活躍した朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名加藤雪江=かとう・ゆきえ)さんが4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。死因は不明。アルツハイマー認知症のため療養していた。

 所属事務所関係者によると、朝丘さんは別居していた夫で俳優の津川雅彦(78)と3年半ほど前から再び一緒に暮らすようになっていた。津川は家事を手伝ってくれていた女性とともに朝丘さんを介護していた。

 朝丘さんは、亡くなる前々日の4月25日までは食事も普段通り食べており、体調に大きな変化は無かったという。前日の26日には食欲が少し減っていたが、やはり大きな変化は無かった。亡くなった27日の朝も普段と変わらぬ様子だったが、その後、高熱が出るなど容体が急変した。

 津川はいったんは仕事に向かうため家を出たが、途中で女性からの知らせを受けた。女性にかかりつけの医師と娘で女優の真由子(44)を呼ぶよう指示。自身も急いで自宅に引き返したが、家に着いた時にはすでに朝丘さんは息を引き取っていたという。真由子も、臨終には立ち合えなかった。

 通夜・葬儀は家族葬で営まれ、すでに納骨を済ませた。津川は過去にテレビのトーク番組で18回の入院と13回の手術を繰り返していたことを語るなど、自身が病気がちだっただけに、妻に先立たれたことにショックを受けているという。ただ、真由子に朝丘さんの介護を任せずに、自身で送り出すことができたことについては胸をなで下ろしているという。

 津川と朝丘さんはおしどり夫婦として知られていたが、2008年、津川が玩具事業で6億円もの負債を抱え、その返済のために、世田谷の朝丘名義の自宅を売却したことをきっかけに別居した。月に何度かは食事をするなど、“卒婚”の形となっていたが、朝丘さんの体調などを考慮し再び一緒に暮らしていたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000037-dal-ent

「せい」か「さい」か問題

承前*6

ハフポスト日本版編集部「「『かんせい』やで!」日大アメフト部内田正人監督の読み間違いに関西人が総ツッコミ」https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/19/kwanseigakuin_a_23438526/


曰く、

アメリカンフットボールの試合で、日本大学の選手が危険なタックルをするなど反則行為によって関西学院大の選手を負傷させた問題。5月19日に辞意を表明した日大の内田正人監督に対し、「相手校の読み方が間違えている」と批判する声がSNS上であがっている。

内田監督は辞意を表明したマスコミ各社の囲み取材で「関西学院」を「かんさいがくいん」と何度も発言していたためだ。

所謂呉音/漢音問題*7ですね。

関西学院大学入試課曰く、

関西学院大学は、「かんせい」学院大学と読みます。どうして、このような読み方になっているのでしょうか。

関学設立されたのは1889年明治22年の日本では、東京を「とうけい」というように漢音読みにすることが多かったようです。ですから当時は「関西」も「かんせい」と読んでおり、関学の校名もそのままの読み方でつけられました。校名からも118年をかぞえる関学の長い歴史が感じられます。

ちなみに発音は「くわんせい」となり、関学の英文表記も「KWANSEI GAKUIN」となります。

https://www.kwansei.ac.jp/admissions/news/2007/news_20070420_000508.html

たしかに、明治の数年間、「東京」が「とうけい」と念まれていたことがあることは知っていたのだが。私が聞いていたのは別の話で、呉音は仏教と関係しているという印象が強く、基督教系の関西学院としては、呉音の抹香臭さを嫌って、漢音の「せい」を選んだというもの。また、「関」を「くわん」と発音することは何時の間にか衰退してしまった。しかし、関西学院が KWANSEI GAKUINという羅馬字表記をしたおかげで、明治の中頃には少なくとも或る程度以上の教養をもった日本人は、「関」を「くわん」と発音していたという歴史的事実が保存されたわけだ。

因みに、菅直人氏がまだ政権を握っていた時代、一部の「小沢信者」が菅氏のことを在日認定したことがあった*8。そのことに因んで、

小沢信者」(の一部)が菅直人韓国人呼ばわりしたという。「巷の声だが、カンはもとからの姓ではなく、半島のカンで、改姓したのだと」。漢和辞典を捲ればわかるように、菅という字の本来の読み方はカンではなくクワン。戦前の教育を受けた人から見れば、菅をカンと読んだ時点で、無教養な田吾作ということになるのだろう。

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101123/1290524332

と書いたことがあったのだった。

それはともかくとして、「「関西大学」は「かんさい」、「関西学院大」は「かんせい」と読むのは関西在住経験者には常識レベルで知られている」。因みに、私は関西に住んだことはない。

1991年の「レイラ」

フミコフミオ「はじめてブラのホックを外した夏を覚えているかい?」http://delete-all.hatenablog.com/entry/2018/05/09/190000 *9


曰く、

「勉強してくる」と家族に嘘をついて家から抜け出しては仲間とそこに集まっていた。誰が言いだしたのかわからないが、その屋上は「ヘブン」と呼ばれていた。当時、僕の通っていた高校は、授業のあと、補講という名目で自由参加の受験対策をやっていて、クラスメイトの大半は教室でテキストと格闘していた。その様子をヘブンから眺めるのに飽きてしまうとカセットのウォークマンでロックを聴きながら昼寝ばかりしていた。

ガンズ。ニューオーダー。プリンス。ポリス。ストーンローゼス。ハッピーマンデーズ。ニルヴァーナ。それからレッチリ。自分で編集したマイ・ベスト・ロック・テープ。B面の最後はテープが足りなくて、後半のピアノ・パートが丸々カットされていた「いとしのレイラ」。夕方。尻切れトンボのレイラが終わると、僕は、背中とお尻の砂を払ってヘブンをあとにした。仲間たちはひとりふたり脱落していき7月の終わりには2人になってしまう。「ワイルド・バンチ」のように。

以前にも書いたかもしれないけれど、80年代の末期から90年代前半にかけての数年間、殆ど音楽を聴いていなかった。(香港で買ったBeyondのカセットとかを除いては)新しいディスクも買わなかったし、日本語や英語の音楽雑誌も読まず、音楽に関する情報も自らシャット・アウトしていた。当時は、アナログ(ヴィニールのLP)からCDへの過渡期であって、プレイヤーの針が擦り減ったけれど何処にも新しい針は売っていなかったとか。他方で、何故かCDプレイヤーを買う気にもなれなかったとか。ともかく、この時期の音楽というのは、私の記憶においては空白なのだった。

上に挙げられているのは、1991年の洋楽好きの高校生が聴いていた音楽としてはまあ普通のものなのでしょうか。後付けの知識から推測して、「ガンズ」、「ニルヴァーナ」、「レッチリ」とかは、まあそうなんだろうな、と納得できる。ただ、その中でも異色なのはエリック・クラプトンデレク&ザ・ドミノス)の「いとしのレイラ」。これだけぼちっと70年代。今言ったように、90年代初頭の音楽事情は私にとって空白なので、もしかしてその時期にクラプトン或いは「レイラ」がメジャーなトピックとして浮上するような何かしらの事件があったのかも知れないと勘繰ってしまった。一体、どうなの?

さて、私以上の世代の日本人は、クラプトンを知らない人でも、ロックを知らない人でも、「レイラ」のリフを(曲名も知らぬまま)知っている筈だ。アートネイチャーのCMによって。

下にマークしたのは、ウィントン・マルサリスと共演した、完全にジャズ化された「レイラ」*10

Wynton Marsalis & Eric Clapton Play The Blues

Wynton Marsalis & Eric Clapton Play The Blues

両性具有

海亀の性別は産卵する砂の温度によって決定されるということを知ったのは、息子に『世の中のふしぎ400』という本を読んであげているときだった。


西川伸一*11「温度で性が決まる爬虫類の研究は、温暖化による爬虫類の絶滅を防げるか?」https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20180518-00085329/


性別が温度によって決定される種は爬虫類には多い。特に、鰐は全ての種で性別が温度によって決定されている。地球温暖化はこれらの種に性別の偏りをもたらし、種の絶滅に追い込む危険がある。

多くの皆さんは、どうして同じ遺伝子でオスとメスができるのか不思議に思われるかもしれません。しかしよく考えてください。私たちの体の細胞は原則的に同じ遺伝子を持っています。それでも、体の中に神経細胞や血液細胞のように似ても似つかぬ細胞共存しています。このように同じ遺伝子なのに、全く違う性質ができるメカニズムエピジェネティックス*12と呼んでいます。これは、それぞれの遺伝子ごとにスィッチをオンにしたり、オフにするメカニズムのことで、最近急速に明らかになってきました。このスィッチには遺伝子が巻きついているヒストンというタンパク質化学的に修飾することで行われています。温度による性決定を理解する鍵もこのエピジェネティックス機構にあります。

今日紹介したい論文は、中国の新しい大学・浙江万里学院と米国デューク大学が共同で発表した論文で、アカミミガメを用いて温度で性が決まる仕組みを報告しています。(Ge et al, The histone demethylase KDM6B regulates temperature-dependent sex determination in a turtle species(カメの温度依存的性決定はヒストン脱メチル化酵素KDM6Bにより調節されている)Science 360: 645-648, 2018: DOI: 10.1126/science.aap8328)。

この研究ではアカミミガメ(冒頭の写真に示す)と呼ばれるアメリカ原産のカメが選ばれて研究に用いられています。このカメは、発生の特定の期間に温度が26度だとオス、32度になるとメスになることがわかっています。実際に孵化するときの気温はこの間に収まりますので、温度に応じてオス・メスの比率が変わることになります。遺伝子は変化しないわけですから、この研究では温度によって変化するエピジェネティックス機構を探った結果、ヒストンの27番目のリジンのメチル基修飾を外す(脱メチル化と呼びます)分子の一つ、Kdm6bの生殖原器での発現量が、オスに性が決まってしまう温度26度で上昇することを突き止めます。逆に、同じ発生段階に温度を26度から32度にすると発現は低下します。すなわち、温度に反応してオンになったりオフになったりする分子がついに突き止められました。

本当にKdm6b がオスへの分化を指令できるのか調べる目的で、オスになる26度で卵を孵化させるとき、分子の発現を人為的に抑制すると、期待通り80−87%の個体がメスへと転換できました。詳細は省きますが、色々実験を行なった結果、Kdm6bが、ほとんどの種でオスへの性決定を決めているDmrt1遺伝子が巻きついているヒストンのメチル基修飾を外して、安定的にDmrt1遺伝子をオン状態にすることで、温度変化をオスへの性決定に結びつけることがわかりました。

遺伝子の準位では雌雄のどちらにもなれるということで両性具有といえるのかも知れない。所謂雌雄同体の場合だと、雌性と雄性が同時に発現するわけだけど*13、こちらの場合は、一旦雌雄のうちのどちらかに決定されてしまったら後戻りできないわけだ。

また、遺伝子の準位では両性具有で産卵時の温度で性別が決定される種はどうして爬虫類に集中しているのかということも気になる*14

*1http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180517/1526568933 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180518/1526602981

*2:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070219/1171860573 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120224/1330073012 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180225/1519570442 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180507/1525619334

*3:See 中野渉「加藤治子さん死去、92歳 俳優、「寺内貫太郎一家」「魔女の宅急便」」https://www.huffingtonpost.jp/2015/11/04/obituary-of-haruko-kato_n_8475540.html

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110523/1306114247

*5:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070920/1190215927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100215/1266254108 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170509/1494300906

*6http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180515/1526402283 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180517/1526526344 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180518/1526605124

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060717/1153146766 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070902/1188749358 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070904/1188909434 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070908/1189223804 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090928/1254161228 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100824/1282669857 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180410/1523325373

*8:See http://www3.rocketbbs.com/731/bbs.cgi?id=liberal7&mode=res&no=14817 http://www3.rocketbbs.com/731/bbs.cgi?id=liberal7&mode=res&no=14818 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20101123/1290490719

*9:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180518/1526619441

*10:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20111202/1322793736

*11:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170507/1494122981 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170816/1502905541

*12:See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Epigenetics

*13:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161018/1476755443 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170327/1490581513

*14:魚類にも存在するらしいが。

2018-05-19

リテラon 岸井成格

承前*1

リテラ編集部「岸井成格が安倍官邸から受け続けた圧力の数々! 安倍応援団による卑劣な「意見広告」攻撃の末、『NEWS23』降板に」http://lite-ra.com/2018/05/post-4015.html


主なソースは、岸井氏と佐高信との対談本。クライマックスは「放送法遵守を求める視聴者の会」の策動。

岸井氏は、そもそも番記者として、安倍晋三の父である安倍晋太郎と親しくしていた。もしかして、安倍晋三周辺にとっては、単なる敵というよりは、もともと身内だったのに敵に寝返った裏切り者と見做されていたのかも知れない。