Living, Loving, Thinking

2017-04-24

南青山6丁目

2015年11月19日。

f:id:sumita-m:20151119111831j:image

f:id:sumita-m:20151119111948j:image

港区南青山6丁目。

f:id:sumita-m:20151119112426j:image

f:id:sumita-m:20151119113541j:image

f:id:sumita-m:20151119121744j:image

「ブルーストーン」*1南青山6丁目。

f:id:sumita-m:20151119122822j:image

南青山6丁目。

金山区廊下

日曜日、息子の幼稚園の遠足で金山区に行った。一応は上海市内なのだが、金山区は列車で通過したことはあるものの*2、今まで足で踏んだことはなかった。「廊下」という町。

No connection, maybe

承前*3

朝日新聞』の記事;

「7億円運ばせた」名乗る社長、福岡現金強奪の関与否定

原篤司、一條優太

2017年4月21日19時58分


 福岡空港国際線で20日に7億円超の現金を国外へ持ち出そうとしたとして、韓国籍の男4人が関税法違反の疑いで逮捕された事件で、「自分が運ばせた」と名乗る韓国ソウル自動車販売会社の男性社長(42)が21日、朝日新聞取材に応じた。高級輸入車の購入代金として預かったものだと説明し、福岡天神で20日昼に起きた3億8400万円強奪事件とは、「全く関係がない」と否定した。

 社長の説明によると、東京の日本人男性から、伊フェラーリの高級車「ラ・フェラーリ」2台を受注した。20日午後5時ごろ、男性が準備した2台分の代金約7億3500万円を福岡空港で受け取り、自社の社員4人に香港まで運ばせようとしていたという。

 現金決済にした理由は「銀行振り込みとかだと、あとで取引が成立しなかった場合、お金を戻すのが大変になるから」と説明。「過去にも何回か同様に現金を運ばせたことがあるが、日本の法律に触れるとは思わなかった」と述べた。

 また、福岡天神で起きた3億8400万円強奪事件については「偶然そういうことが同じ日に起きて、びっくりした。この強奪事件がなかったら、関税法違反で逮捕されるほどでもなかったのでは。大げさになって苦しい」と話した。

 福岡県警は、この社長や、車を購入しようとしたという日本人男性から事情を聴き、取引や現金輸送の経緯を調べる。(原篤司、一條優太)

http://www.asahi.com/articles/ASK4P61TMK4PTIPE03B.html

西日本新聞』の記事;

福岡強奪事件>韓国人の男ら、関与を否定 被害男性が証言した犯人の特徴とも異なる

西日本新聞 4/21(金) 6:25配信



 20日午後0時25分ごろ、福岡市中央区天神1丁目の駐車場で、東京都足立区の会社員男性(29)が男らに催涙スプレーのようなものを顔に吹き付けられ、銀行から引き出したばかりの現金約3億8400万円を奪われた。被害男性の説明では男は3人組とみられ、白いワンボックスカーで逃走した。福岡県警によると、被害男性は「金塊を買い付ける予定だった」と説明。県警は、現金を引き出すタイミングを狙った計画的犯行とみて、強盗致傷事件として、155人態勢の捜査本部を設置した。警察庁によると戦後の現金強奪事件の被害額としては4番目の多さ。


 一方、県警は同日夜、福岡空港国際線ターミナルで数億円を所持した韓国人の男ら4人を発見。出国しようとしていたが、現金を持ち出すための必要な手続きをしていなかった。任意の事情聴取に「知人から頼まれて現金を預かった」との趣旨の話をしており、関与を否定しているという。

福岡強奪事件>韓国人の男ら、関与を否定 被害男性が証言した犯人の特徴とも異なる



 捜査関係者によると、被害男性は都内の貴金属店に勤務。19日もほぼ同額の現金を引き出して取引をしていた。空港の男らは被害男性が証言した犯人の特徴と異なる上、持っていた金額も数億円多く、ケースも違うといい、事件との関連を慎重に捜査している。

 県警によると、被害男性は「みずほ銀行福岡支店」で現金を引き出した後、約50メートル離れた駐車場へ行き、現金が入った黒のスーツケースを車の後部座席に積み込もうとしたところ、背後からいきなり催涙スプレーをかけられて襲われた。男性は顔に軽いけが。

 男らは奪ったスーツケースを駐車場に止めていたワンボックスカーに積み込むと、出入り口のバーをへし折って逃走。周辺の複数の防犯カメラには、信号無視をしながら猛スピードで走るワンボックスカーが写っていた。

 被害男性は出張で18日から福岡市に来ており、銀行には事前に現金を引き出すことを伝えていたという。

 襲った男のうち1人は30〜40代で身長175センチくらい。細身で灰色の作業服の上下に、白いマスクを着用。もう1人は身長170〜175センチで、がっちりした体格。黒っぽい服の上下に白いマスクをしていた。もう1人について、被害男性は「覚えていない」と話しているという。

 福岡市では昨年7月、JR博多駅付近で、貴金属買い取り店に運搬中の6億円相当の金塊が盗まれる事件が起きている。

 現場は、九州最大の繁華街・天神地区の一角。オフィスビル商業施設が立ち並び、近くには福岡中央署や市役所がある。

=2017/04/21付 西日本新聞朝刊=

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00010000-nishinpc-soci

また、『朝日新聞』;

現金強奪と7億円所持「明確な接点ない」 捜査幹部

2017年4月21日23時01分

 福岡市中央区の駐車場で20日昼、3億8400万円が奪われた強盗致傷事件で、被害に遭った東京都の男性(29)は貴金属関連会社に勤めており、金塊の取引のために現金を引き出したと話していることが捜査関係者への取材でわかった。福岡県警は、何者かがこうした情報や現金の動きを把握し、計画的に襲撃したとの見方を強めている。

 捜査関係者などによると、男性は18日に福岡を訪ね、事件当日に現場近くの銀行で3億8400万円を引き出した。県警に「金塊を買うためだった」と話しているという。

 事前に引き出しの連絡を受けていた銀行側は、現金を確保するために日本銀行から紙幣を調達した。男性は事件以前にも福岡で現金を引き出し、同様の取引をしたことがあったという。

 男性は現金を大型のスーツケースに入れ、約100メートル南にある駐車場のレンタカーに戻った直後に男2人に襲われ、ケースごと奪われた。男らが逃走に使った白いワゴン車も同じ駐車場内に止められており、待ち伏せしていたと県警はみる。

 一方、県警は21日、7億円超の現金を海外へ持ち出そうとした関税法違反(無許可輸出予備など)容疑で韓国籍の男4人を逮捕。県警は認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、4人は強奪事件への関与を否定しているという。

 強奪現場で目撃された男2人と、逮捕された男らは身体的な特徴が合わないといい、捜査幹部は「現時点で両事件に明確な接点はみられない」としている。

 生活経済課によると、4人は福岡空港国際線ターミナル福岡市博多区)で20日午後6時から同11時すぎまでの間に、計約7億3500万円の現金を所持していたのに申告せず、無許可で香港国際空港出国しようと準備した疑いがある。

http://www.asahi.com/articles/ASK4P6G1VK4PTIPE03Y.html

Untitled

2015年12月7日。

f:id:sumita-m:20151207092212j:image

騰飛大厦*4

f:id:sumita-m:20151207125715j:image

天鑰橋路・南丹東路の交差点*5

f:id:sumita-m:20151207134507j:image

天鑰橋路・零陵路の交差点*6

f:id:sumita-m:20151207153554j:image

easy家楽福@星游城*7

f:id:sumita-m:20151207160251j:image

CityDia*8。龍山新*9

f:id:sumita-m:20151207164253j:image

f:id:sumita-m:20151207164308j:image

f:id:sumita-m:20151207165122j:image

f:id:sumita-m:20151207171332j:image

永新坊。

*1:See eg. https://bluestone-omotesando.jimdo.com/ https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13044335/

*2:See eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170316/1489631524

*3http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170421/1492740961

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140922/1411397146 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150310/1425945524 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150423/1429807046 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150526/1432644633 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150528/1432784630 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150607/1433642857 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150610/1433863759 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150619/1434641534 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150629/1435547927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150702/1435763658 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150711/1436580943 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150725/1437781744 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160827/1472306274 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161105/1478368914 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161121/1479702561 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161219/1482121726 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170104/1483541357 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170117/1484630368 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487700640 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170309/1489073745 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170318/1489801876

*5:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140906/1409963758 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141013/1413170263 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150430/1430364624 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150709/1436446927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150722/1437499117 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160724/1469370652 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470198642 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160823/1471919056 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160913/1473733322 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160919/1474305974 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160920/1474385358 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160923/1474599558 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161005/1475620237 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161011/1476205651 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161104/1478233854 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161105/1478368914 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161107/1478496483 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161126/1480183521 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161222/1482436066 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161226/1482724524 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161228/1482930979 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161231/1483148739 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170102/1483284153 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170123/1485138305 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170125/1485364218 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170208/1486554212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170211/1486823368 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170213/1486993934 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170217/1487298340 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170220/1487522213 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487700640 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170227/1488212009 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170301/1488389185 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170306/1488776150 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170314/1489517202 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170323/1490291432 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170324/1490378551 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170330/1490893995 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170402/1491145304 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170411/1491888252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170414/1492197656

*6:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150528/1432784630 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150629/1435547927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150705/1436103369 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150729/1438140589 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160726/1469489315 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470198642 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160806/1470479924 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160816/1471324982 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160908/1473301109 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161016/1476624251 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161019/1476855359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161023/1477234007 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161104/1478233854 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161121/1479749822 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161222/1482436066 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161224/1482557431 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161225/1482691223 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161226/1482724524 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161228/1482930979 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170123/1485138305 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170125/1485364218 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170130/1485789247 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170211/1486823368 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170217/1487298340 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170217/1487349223 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487700640 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487948052 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170302/1488470274 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170307/1488901997 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170307/1488901996 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170314/1489517202 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170323/1490291432 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170327/1490588782 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170401/1491068281 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170402/1491145304 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170412/1492021375

*7:See eg. 「第四家easy家楽福驚艶入駐星游城」http://hebei.news.163.com/15/1103/11/B7G9TS6602790BIF.html PSS品牌故事「新型便利店easy家楽福的品牌定位」https://www.douban.com/note/485017278/

*8http://www.diatiantian.com/

*9:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140829/1409283439 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140906/1409963758 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140913/1410617704 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140922/1411397146 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141109/1415494050 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150309/1425831424 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150420/1429499344 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150421/1429579567 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150520/1432093122 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150521/1432220573 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150630/1435669436 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150711/1436580943 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150722/1437499117 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150723/1437614977 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150723/1437656300 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470198642 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160816/1471324982 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160818/1471490512 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160826/1472232238 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160905/1473043308 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160913/1473733322 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160919/1474305974 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160920/1474326686 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160921/1474424003 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161123/1479912265 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161204/1480820089 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161222/1482436066 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170123/1485138305 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170125/1485364218 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170213/1486993934 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170217/1487349223 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170306/1488776150 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170307/1488901997 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170330/1490893995 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170331/1490985674 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170405/1491319353 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170411/1491888252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170412/1492021374 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170414/1492150250

2017-04-22

秀直の息子か

ハフィントンポスト編集部「中川俊直議員不倫問題、がん闘病中の妻が謝罪 ⇒「気の毒すぎる」の声」http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/21/nakagawa_n_16139140.html


何処かで聞いたことのある名前だなと思いつつ、中川俊直ってノー・マークだったのだけど、中川秀直の息子か。それで、安易に納得。父子二代に亙って週刊誌の売上げに大貢献というわけね。

See also


game7l*1「【中川俊直議員】元愛人「妄想・嫉妬が異常レベル」 ドロ沼不倫劇の経緯まとめ」https://matome.naver.jp/odai/2149267855103410001

isaacc*2「“ストーカー登録”に“重婚ウェディング”…中川俊直衆議院の疑惑が酷すぎる」https://matome.naver.jp/odai/2149264248980767301

新天地2016年1月)

2016年1月1日。

f:id:sumita-m:20160101145435j:image

地下鉄・龍華駅*3

f:id:sumita-m:20160101150513j:image

地下鉄・交通大学駅*4

f:id:sumita-m:20160101153403j:image

f:id:sumita-m:20160101153417j:image

f:id:sumita-m:20160101153422j:image

f:id:sumita-m:20160101153940j:image

f:id:sumita-m:20160101153946j:image

f:id:sumita-m:20160101180509j:image

f:id:sumita-m:20160101180535j:image

「花蒲甜点」@新天地*5

f:id:sumita-m:20160101180626j:image

f:id:sumita-m:20160101180744j:image

f:id:sumita-m:20160101180928j:image

f:id:sumita-m:20160101181059j:image

f:id:sumita-m:20160101181926j:image

f:id:sumita-m:20160101182905j:image

f:id:sumita-m:20160101192137j:image

新天地*6

f:id:sumita-m:20160101192204j:image

復興中路*7・馬当路の交差点。

f:id:sumita-m:20160101192907j:image

馬当路*8

f:id:sumita-m:20160101194811j:image

f:id:sumita-m:20160101194817j:image

馬当路・合肥*9の交差点。

f:id:sumita-m:20160101195018j:image

馬当路。

15年後に

承前*10

Jon Henley “Paris gunman served more than 12 years in jail for shooting at police” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/21/paris-shooting-police-search-property-as-isis-claims-responsibility


4月20日に巴里シャンゼリゼ大通りで警官1名を射殺し、警官隊に射殺されたKarim Cheurfi について。

Molins*11 said Cheurfi, who was born in 1977 in Livry-Gargan, a suburb north-east of Paris, had been jailed four times between 2001 and 2014 for attempted murder, violence and robbery.

He was last arrested in February after reports he had been talking about assaulting police. Knives and masks were found at his home but were not considered sufficient evidence to detain him further and he was released, Molins said.

Cheurfi had previously been convicted of three attempted murders – two against police officers – after an incident in 2001. He shot at one policeman and a civilian after a car chase and while in custody, grabbed another officer’s gun and fired at him.

Sentenced to 20 years, he won a 2005 appeal and left prison in 2013. In July 2014, he was sentenced to four years for violent robbery but was released the following year.

Neighbours in the eastern suburb of Chelles, where Cheurfi lived with his mother, described him as someone “who had lost all reason” and was “psychologically very damaged”, and said he had never been seen at the local mosque.

“He hated the police and France,” a man called Abdel told AFP, saying he may have been radicalised in prison but seemed an unlikely recruit to Isis.

Police searched Cheurfi’s family home on Friday. Le Parisien and other media reported that the address matched that of the owner of the car used in the attack, an Audi 80.

また、第二の男;

The Isis statement named the attacker as Abu Yusuf al-Beljiki, or “the Belgian”, raising initial concerns that a second attacker could be on the loose since Cheurfi was registered as a French national.

French authorities said on Friday a citizen of Belgium was thought to have travelled to France on Thursday and had turned himself in to police in Antwerp where he had been arrested.

A source close to the French investigation said the 35-year-old Belgian man, described as “very dangerous”, had been sought by his country’s police as part of a separate investigation.

Hours before the Paris assault, Belgian police reportedly found weapons, balaclavas and a ticket for a train to France departing on Thursday morning. But the Belgian interior minister, Jan Jambon, said this was “certainly not the guy who committed the crime yesterday”.

In France, three people known to Cheurfi were arrested during overnight raids in the eastern suburbs of Paris and were being questioned by anti-terror police, judicial sources said.

Alexandra Topping “Xavier Jugelé: policeman killed in Paris was gay rights activist” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/21/xavier-jugele-policeman-killed-paris-gay-rights-activist


Karim Cheurfi に射殺された警官 Xavier Jugeléについて。

Jehovah's Witnesses banned

“Russia bans Jehovah's Witnesses and labels group as extremists” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/20/russia-bans-jehovahs-witnesses


露西亜では「イェホヴァの証人」*12の活動が全面的に禁止された。露西亜最高裁判所露西亜司法省請求を認め、「イェホヴァの証人」を「極端主義」と認定し、露西亜連邦内にある395箇所の支部の閉鎖及び教団財産の差し押さえを命じた。司法省は「イェホヴァの証人」が「市民の権利、公共の秩序及び公共の安全に対する脅威」を構成していると主張している。たしかに、「イェホヴァの証人」の輸血の拒否は露西亜のみならず何処の国でも物議を醸している。例えば、信者だった殿下というかプリンスは輸血禁止の戒律のために手術ができず、麻薬性のある鎮痛剤に頼り、命を落としてしまった。しかし、この人たちは非暴力主義というか、この世のことに対するコミットメントからの撤退を標榜しており、イスラーム基督教の原理主義者たち、或いはオウム真理教のように、この世に対して暴力的に敵対することはない。ただ、政治に参加せず、公務員にもならず、兵隊にもならないだけ。「証人」という名前の通り、この人たちにとって、この世の終わりのハルマゲドン主体は神であって、人間は「証人」として見物するだけなのだ。オウム真理教はかつて「ハルマゲドン」だと言ってテロを起こしたが、これは(「イェホヴァの証人」の視点からすると)ちゃんちゃらおかしいということになる。だから、リベラルな社会においては、眉を顰められることはあっても、基本的には信教の自由の範囲内で処理されているわけだ。徴兵制度とは正面から衝突するけれど、多くの国で良心的兵役拒否適用されているのでは?*13 だから、「イェホヴァの証人」を許容するかどうかということは、社会の性格を判定する上で重要な指標になる。

なお、「イェホヴァの証人」は露西亜国内に17万人の信者がいると自称している。

See also


Giles Fraser*14 “In Russia, the persecution of Jehovah’s Witnesses begins all over again” https://www.theguardian.com/commentisfree/belief/2017/mar/09/in-russia-the-persecution-of-jehovahs-witnesses-begins-all-over-again


ここではナチスによる「イェホヴァの証人」弾圧が言及されている;

Jehovah’s Witnesses were taken to Nazi death camps for that very reason*15. They refused to swear loyalty to a worldly government and refused to serve in the military. They wouldn’t say Heil Hitler either. So within months of the Nazis coming to power, their meetings were ransacked and a Gestapo unit was set up to register all known Jehovah’s Witnesses. Their children were taken off them to receive a proper patriotic German education. And they were given their own purple triangle to wear as identification. In 1942, Wolfgang Kusserow was beheaded in Brandenburg prison by the Nazis for refusing to fight. “You must not kill,” he said at his trial. “Did our creator have all this written down for the trees?”

また、旧蘇聯では1951年スターリンの指示の下、「イェホヴァの証人」信者9000人がシベリア追放されている*16

「イェホヴァの証人」を巡っては、大泉実成氏の『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』を再びマークしておく。

説得―エホバの証人と輸血拒否事件 (講談社文庫)

説得―エホバの証人と輸血拒否事件 (講談社文庫)

松本俊夫

1週間も遅れて気づく(汗)。

J-CASTニュース』の記事;

映像作家の松本俊夫さん死去、85歳 「薔薇の葬列」「ドグラ・マグラ

2017/4/13 18:02


実験映画、前衛映画で国際的にも知られた映像作家の松本俊夫(まつもと・としお)さんが2017年4月12日、腸閉塞のため亡くなった。85歳だった。各メディアが報じた。

映画界きっての理論派で、 九州芸術工科大、京都造形芸術大、日本大学芸術学部研究所などで長く教えた。


ピーターさん主演で話題

1932年、愛知県生まれ。東大文学部卒業。ドキュメンタリーや短編映画、実験映画の製作を続けて、67年に「母たち」でベネチア国際記録映画祭のグランプリ。さらに69年には、ピーター(池畑慎之介)さん主演の「薔薇の葬列」を発表、アングラの雰囲気が漂う新宿を舞台に、ゲイの少年を主人公にした作品が注目された。登場するゲイボーイは本物で、映画監督篠田正浩さん、藤田敏八さん、デザイナー粟津潔さんら多数の有名文化人らが友情出演していた。その後も、「修羅」「十六歳の戦争」のほか、奇想の小説家夢野久作の代表作とされる『ドグラ・マグラ』も映画化した。

80年から九州芸術工科大、同大学院などで映画理論などを教え、日本映像学会会長も務めた。『映像の発見』『幻視の美学』など映画理論に関する多数の著書がある。

https://www.j-cast.com/2017/04/13295572.html

実を言うと、松本さん*17の作品では『十六歳の戦争』しか観ていないのだった。また死ぬまでの宿題が増えてしまった。『十六歳の戦争*18の主演はシンガー・ソングライター下田逸郎秋吉久美子秋吉久美子の初主演作。

十六歳の戦争 [DVD]

十六歳の戦争 [DVD]

See also


kyama77*19映画監督松本俊夫さん死去‥突然の訃報に悲しみが広がっている」https://matome.naver.jp/odai/2149207192080991101

GAP to be closed

Fashionsnap.com』の記事;

ギャップ渋谷店が閉店、オープンから約20年

2017年04月21日 18:55 JST


 「ギャップ(GAP)」渋谷店が5月7日をもって閉店する。

 渋谷店は宇田川町公園通り沿いに立地。ブランドの日本上陸初期から約20年にわたり営業してきた。ギャップジャパンは現在国内約150の店舗を運営しており、今回の閉店にあたり担当者は「通常業務の一環として常に店舗の立地やオープンおよびクローズに関わる戦略を検討している。渋谷店は閉店するが、日本がブランドにとって大切な市場であることには変わりなく、引き続き成長戦略に沿ってビジネスを展開していく」とコメント。なお、閉店セールは現段階では予定してないという。

http://www.fashionsnap.com/news/2017-04-21/gap-shibuya-close/

理由はわからない。20年もそこに居続ければ風景に溶け込むというか、既にGAPなしには渋谷の風景は成立しないようになっているのでは? 個人的にも、GAPといえば渋谷でしょというイメージは強く、日本における第1号店だと思っていたのだが*20、実際は銀座数寄屋橋)の方が早かった*21

鼾先生処分

承前*22

「教員の処分の公表について」https://www.ehime-u.ac.jp/data_news/data_news-53616/


今年のセンター試験で監督中に鼾を発して受験生から苦情が出ていた愛媛大学の教授への処分。「戒告」というのは「処分」しましたよという、世間文部科学省へのアナウンス効果が大きいのだろう。

銀座でも

福岡市に続いて*23東京銀座5丁目*24でも。

強盗するなら、5月10日にしてほしいよ。

朝日新聞』の記事;

銀座5丁目で数千万円奪われる バイクで男が逃走

2017年4月21日14時48分

 警視庁によると、21日午後1時半ごろ、東京都中央区銀座5丁目の路上で、男性が男に現金数千万円入りのバッグを奪われた。築地署が強盗事件として捜査している。

 署などによると、通行中の男性が突然、背後から男に体当たりされ、転倒。男は男性が持っていた現金数千万円入りのバッグを奪い、仲間が運転するバイクに飛び乗って新橋方向に逃走したという。バッグを奪った男は青っぽいジャンパーにズボン姿だったという。現場は銀座駅のすぐ近くで、銀座4丁目交差点近くのブランド店が立ち並ぶ路地。

 当時現場付近にいたという女性は「わーという声が聞こえて、路地を若そうな男が走って逃げるのを見た。とにかく早く走って逃げていた」と話していた。

http://www.asahi.com/articles/ASK4P4QDRK4PUTIL01K.html

3200万円落として男が逃走 白昼の銀座、現金強奪

2017年4月21日18時38分


 21日午後1時半ごろ、東京都中央区銀座5丁目の「すずらん通り」で自営業の40代男性が男に現金入りのバッグを強奪された事件で、この男のほかに、バイクの男2人が犯行に関わった疑いのあることが警視庁への取材でわかった。奪われた金額は7200万円と判明。同庁は強盗事件として、逃走した3人の行方を追っている。

 築地署によると、自営業の男性が現金7200万円が入ったトートバッグを持ってすずらん通りを歩いていたところ、背後から青いジャンパーを着た男に体当たりされ、腹などを蹴られて転倒した。男は男性からバッグを奪い、現金約3200万円を路上に落としてそのまま新橋方向に走って逃げた。男性は多額の現金を持っていた理由を「銀座で貿易関係の取引をした後だった」と説明しているという。

 現場近くの防犯カメラには、バイクに乗った2人組の男が、青いジャンパーの男の後ろをついて行くように走行している様子が映っており、署は3人が仲間だとみて調べている。

 事件を目撃した男性(69)は「『わー』という被害者の大声が4、5回して気が付いた。男性は落ちた現金をかばうようにしていた。福岡でも強盗事件があったばかりで、またかと思った」と振り返った。60代の女性も「男性は一生懸命落ちたお金を拾っていた」と話していた。

http://www.asahi.com/articles/ASK4P5T2GK4PUTIL03B.html

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161107/1478450317 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170316/1489629796

*2:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160302/1456934636 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160825/1472131811 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161119/1479567674

*3:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150422/1429676901

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150309/1425829682 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150709/1436449950

*5http://weibo.com/u/2858814114 See eg. 「上海這8家新天地的甜品店才絇資格治癒你!」http://mt.sohu.com/20160725/n460907383.shtml

*6http://www.xintiandi.com/xintiandi/ See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060123/1137986798 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060216/1140074371 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060521/1148197515 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060827/1156645869 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070108/1168229799 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070826/1188148679 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070924/1190635497 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070928/1190965270 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080102/1199251287 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080325/1206374695 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080408/1207636656 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080622/1214071437 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080827/1219845672 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090215/1234667742 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090324/1237864729 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090427/1240766499 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110201/1296581982 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120218/1329568848 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130614/1371177424 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130719/1374244276 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150614/1434246203 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150713/1436762353 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150715/1436959732 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160905/1473001571 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160906/1473170584 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160909/1473386087 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170102/1483283980 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170113/1484272598

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060123/1137986798 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060805/1154753736 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060905/1157474346 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061011/1160581233 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070606/1181103578 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080520/1211306105 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091109/1257707403 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110104/1294135632 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120427/1335491987 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130914/1379133305 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130914/1379136389 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141224/1419450958 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150309/1425831424 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150522/1432264125 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150527/1432697783 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150708/1436367997 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160727/1469626159 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160730/1469840292 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160806/1470479924 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160818/1471490512 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160823/1471919057 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160826/1472232238 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160831/1472658225 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160906/1473127921 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160910/1473524414 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160930/1475250764 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161121/1479749822 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161126/1480183521 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161208/1481160903 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161227/1482861169 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170223/1487868487 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170301/1488389185 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170319/1489938670 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170324/1490378551 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170331/1490985674 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170410/1491791397

*8:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070715/1184470843 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100412/1271040017 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150614/1434246203 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150715/1436959732 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150717/1437150753 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160902/1472823335 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160905/1473001571 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170113/1484272598

*9:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070826/1188148679 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150309/1425829682

*10http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170421/1492738870

*11:François Molins。検察官

*12:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070624/1182695677 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090322/1237733396 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090707/1246988963 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100114/1263432869

*13:日本において、「イェホヴァの証人」と世俗社会との衝突ということだと、学校教育の体育の授業における武道の拒否という問題がある。

*14https://twitter.com/giles_fraser See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20050827 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070822/1187751553 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110129/1296276852 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110209/1297271154 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141011/1412993029 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141101/1414823222 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141116/1416104656 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141130/1417274886 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150202/1422851433 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160108/1452219494 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160201/1454311360 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160312/1457803443 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160410/1460298708 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160730/1469898248 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161128/1480302968 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161227/1482815814

*15:戦争への加担を拒否したが故に。

*16:See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Operation_North

*17:See eg. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E4%BF%8A%E5%A4%AB

*18:See eg. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%85%AD%E6%AD%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89

*19https://twitter.com/kyama077 See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140828/1409230990 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20151231/1451528379 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160113/1452694994 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160227/1456541595 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160620/1466390379 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161117/1479394962 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161121/1479694142 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161122/1479784704 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170227/1488161501

*20:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060312/1142190612

*21:「GAP渋谷店が5月7日に閉店へ。96年オープンから20年」http://fashionmarketingjournal.com/2017/04/gapshibuya-close.html

*22http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170119/1484832888

*23:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170421/1492740961

*24:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170412/1491977281

2017-04-21

梶川はいた!

最初にベタ記事;

朝日放送で刃物を出した疑い、富田林市議を逮捕 大阪

2017年4月21日16時59分

 21日午後3時20分ごろ、大阪市福島区の「朝日放送」で刃物を出したとして、大阪府警が同府富田林市の左近憲一市議(70)を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

http://www.asahi.com/articles/ASK4P5JPLK4PPTIL02C.html

そして、詳しい記事;

市議「腹切るつもりだった」 朝日放送で包丁出した疑い

2017年4月21日22時57分

 政務活動費の報道をめぐり、朝日放送大阪市福島区)で同社幹部と面会中に包丁を出したとして、大阪府警は21日、同府富田林市の左近憲一市議(70)=同市喜志町3丁目=を銃刀法違反(刃物携帯)の疑いで現行犯逮捕し発表した。「文書を渡し、自分の腹を切るつもりだった」と話しているという。市幹部らも公務として同席していた。

 福島署によると、左近容疑者は同日午後3時20分ごろ、朝日放送の玄関ホールで刃渡り18センチの文化包丁を所持していた疑いがある。同社を訪れ、自らの政務活動費に関する報道に抗議し、「取材をした人間に会わせろ」と要求。同社は断り、報道局幹部2人が対応したところ、上着の内ポケットから包丁を取り出し、警備員が取り押さえた。

 左近容疑者は5期目で自民系会派に所属。議長経験もある。市によると、松田貴仁・市長公室長(56)、村本正文・選挙管理委員会事務局長(59)、北野俊夫・行政管理課参事(60)も同席していた。松田室長は「議員から抗議するのでついてきてと頼まれ、4人で公用車に乗って行った。政務活動費の支出状況を説明することは一定の公務性がある」と取材説明。多田利喜市長は職員の同行について「市が訴えられている裁判に絡むことでもあり、公務と考える」とのコメントを出した。

 朝日放送などによると、左近容疑者が抗議したのは、2015年1月9日と同3月24日の報道。安全運転を訴える自分の名前入りの看板を政務活動費で作ったことに対し、公職選挙法違反の疑いを指摘されているなどと実名で伝えた。左近容疑者は内容に抗議し、昨年8月に同社を訪問。電話でも数回、抗議していた。

 同社広報部は「報道に関わる話し合いの中で暴力的な行為がなされたことは誠に遺憾」とコメントを出した。

http://www.asahi.com/articles/ASK4P6G89K4PPTIL03D.html

よくわからないことは多々ある。市議会議員放送局の間の問題である筈なのに、「市が訴えられている裁判」って何? 左近市議は、朝日放送報道が気に入らなければ、名誉棄損で訴えることもできた筈なのに、しなかった。

さて、2月に警視庁の玄関で切腹しようとして、それを止めようとした警察官が小指を切ったということがあった*1。そのときは、警視庁には殿中でござる! と後ろから羽交い絞めにする梶川与惣兵衛のような人はいなかったのかと思ったのだが、今回は、朝日放送には「梶川」がいたんだ、と変なところで感心してしまった。

「自分の腹を切るつもりだった」ということだけど、多分本気で死ぬ気はなかったのだろう。まじで死ぬ気だったら、頸動脈を切ろうとする筈だ。歴史上の切腹の多くは、三島由紀夫のも含めて、実際は腹を切ることによってではなく介錯の人がすぱっと首を落とすことによって絶命しているわけだ。腹に刃物を突き立てれば、当然ながら本人も痛く・苦しく、その痛みによって歪んだ表情を目の当たりにすれば、びびってしまう、へたってしまうというのは想像に難くない。まさに自らの身体を張った脅しであるわけだけれど、それでも保険金詐欺のために自ら砒素を飲んでいた林健*2の方が遥かに危険なことをしていたということは言えるだろう。

徐家匯

2015年8月29日。

f:id:sumita-m:20150829181459j:image

f:id:sumita-m:20150829181729j:image

徐家匯交差点*3

f:id:sumita-m:20150829184654j:image

匯金百貨*4

f:id:sumita-m:20150829185757j:image

f:id:sumita-m:20150829185808j:image

徐家匯交差点。

隣りの稲荷向田邦子

父の詫び状 <新装版> (文春文庫)

父の詫び状 <新装版> (文春文庫)

向田邦子「隣の神様」(in 『父の詫び状』*5、pp.32-43)


曰く、

私の住まいは青山のマンションだが、すぐ隣りはお稲荷さんの社である。

大松稲荷*6と名前は大きいが、小ぢんまりしたおやしろで、鳥居の横にあまり栄養のよくない中位の松がある。

七年前、マンションに入居した最初の晩に、お隣さんでもあることだし、ご挨拶して置こうと、通りかかったついでに鳥居をくぐったのだが、小さな拝殿のすぐ横が、社務所になっていて、取り込み忘れた股引きが、白く突っぱって木枯らしに揺れていた。よく見ると、股引きの下がっているビニールのひもが、キツネのしっぽと賽銭箱の間に張ってあるのである。これでは、お稲荷さんを拝むのか股引きを拝むのか判らなくなってしまう。興ざめして、出したお賽銭を引っこめて帰ってきた。

はじめに「そびれる」と、どうもあとはその気分が尾を引いてしまう。それと、神様や仏様というのは、自分の住まいと離れて、少し遠い方が有難味が湧く。

すぐ隣りが神様というのはご利益がうすいような気がして、つい失礼を重ねてきた。

ところが、つい先だって通りかかると、初老の男性が。鳥居に寄りかかって靴を脱ぎハダシになり、ポケットからセロハンに包んだ黒い靴下を取り出し、正札を取ってはき替えている。黒い背広で喪章をつけていた。茶の縞模様の靴下をポケットに仕舞い、拝殿にちょっと頭を下げて出て行った。これから葬儀に行くのだ。

私は、何となく素直な気持になり、十円玉をひとつほうって、頭を下げた。隣りの神様を拝むのに、七年かかってしまった。(pp.43-43)

さて、

表参道交差点から根津美術館へ向かう大通り沿いにある小さな稲荷神社。1839年、この地にあった非常に大きな松の木が暴風で折れてしまったため、小祠がむすばれたのが由縁とされる。祭神宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。向田邦子の終の棲家となったマンションの隣りにあり、エッセイ『父の詫び状』にも同社は登場している。

https://www.timeout.jp/tokyo/ja/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0/%E5%A4%A7%E6%9D%BE%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE

f:id:sumita-m:20151119104910j:image

「宇賀大辨財天修儀頓成」

読売新聞』の記事;

肉食断って108日間、仕上げに絶食7日の荒行

2017年04月13日 08時10分


 兵庫県姫路市書写の書写山円教寺の法華堂で7日間、絶食をしながら真言を唱えるなどの荒行「宇賀大辨財天修儀頓成」に、同寺妙覚院の中安剛円住職(56)が挑み、12日午後、結願した。

 中安住職は昨年12月19日から今年4月5日まで108日間、肉食を断って身を清める「精進潔斎」と、一日1座(一連の作法=平均1時間半)の真言を唱えるなどの「大辨財天修儀」を行った。仕上げの荒行として、同6日以降、塩と水のみを口にし、ほとんど寝ずに100座を唱え続けた。

 12日午後2時50分頃、僧侶2人に支えられ堂内から姿を現した中安住職は「無心で祈り続けることができ、充実した1週間だった。今はとても穏やかな気持ち」と話した。

 同寺によると、全国の天台宗の寺にいる僧侶で、達成したのは20人程度という。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170412-OYT1T50165.html

宇賀神或いは弁天関係ということでメモ*7

書写山円教寺*8は、時宗宗祖一遍上人*9との関係が深い。

時宗のサイトに曰く、

宗祖一遍上人は亡くなられる直前、所持していた経典を書写山円教寺の寺僧にお渡しになり、その他の書物は『阿弥陀経』をお読みになりながら、焼き捨てられました。51年のご生涯で一冊の著書も残そうとはされず、ひたすら全国を遊行し「南無阿弥陀仏」の念仏札を人々に配る旅を続けられました。

 一遍上人の教えはのちに時衆(一遍上人に付き従っていた人々)がまとめた国宝一遍聖絵』、『一遍上人縁起絵』、『一遍上人語録』など、限られた史料の中に見出すことができます。

(「一遍上人の教え」http://www.jishu.or.jp/ippensyounin-osie

一遍聖絵 (岩波文庫)

一遍聖絵 (岩波文庫)

一遍上人語録 (岩波文庫 青 321-1)

一遍上人語録 (岩波文庫 青 321-1)

現ナマに手を出した

朝日新聞』の記事;

福岡で3億8千万円奪われる 事情知る?男らの身柄確保

2017年4月21日00時25分

 20日午後0時25分ごろ、福岡市中央区天神1丁目の路上で、男性が「3億8千万円を奪われた」と近くにいた警察官に伝えた。数人組が男性に催涙スプレーのようなものをかけて軽傷を負わせ、現金を奪ってワゴン車で逃げたといい、福岡県警強盗致傷事件とみて中央署に捜査本部を置いた。

捜査当局は20日夕、福岡空港国際線ターミナルで、韓国出国しようとしていた韓国籍の男数人の身柄を確保した。手荷物検査で多額の現金を持っていることが判明。4億円を超えていたといい、県警が男らから現金を持っていた理由などを聴いている。

 捜査本部によると、被害に遭ったのは東京都足立区の男性会社員(29)。みずほ銀行福岡支店(福岡市中央区天神1丁目)で3億8400万円を2回に分けて引き出し、持参した黒い大型スーツケースに入れた。

 その後、約100メートル南のコインパーキングへ戻り、レンタカーの後部座席に積もうとした際、背後から2人の男が近づきスプレーを噴射。スーツケースを奪ってパーキング内に止めた白いワゴン車に乗り、精算機のバーを折って逃走した。男性は騒ぎで駆けつけた警察官に被害を訴え出た。

 目撃情報などから、ワゴン車は右左折を繰り返した後、県道渡辺通り)を南へ進んだとみられる。1人は灰色っぽい上下の作業着に、ニット帽かネックウォーマーのようなもので顔を隠していた。別の1人は黒色の作業着姿に、白いタオルを頭に巻いてマスクをしていたという。他に運転役などがいた可能性がある。

 被害男性は18日から福岡を訪れ、現金は取引先へ届けるためだった、と県警に説明。銀行には事前に多額の引き出しを伝えていた。捜査本部は男性の仕事の内容を明らかにしていない。

 現場は、福岡市最大の繁華街・天神の一角。商業施設オフィスビルが立ち並び、すぐ近くには県警中央署や市役所がある。

http://www.asahi.com/articles/ASK4N4HC4K4NTIPE017.html

韓国籍男ら、福岡空港で身柄確保 強盗事件の事情知る?

2017年4月20日22時13分

 福岡市中央区で20日、現金3億8千万円が奪われた事件に絡み、捜査当局は同日午後、福岡空港国際線ターミナルで、多額の現金を持って韓国出国しようとしていた韓国籍の男数人の身柄を確保した。福岡県警は、男らが強盗について何らかの事情を知っている可能性があるとみて話を聴く。

事件は20日午後0時25分ごろ起きた。県警によると、東京都足立区の男性会社員(29)が、みずほ銀行福岡支店(福岡市中央区天神1丁目)で現金3億8400万円を下ろし、近くの駐車場に止めた車に積もうとした際、男2人が近づいてスプレーを噴射。男性がひるんだすきに、現金の入ったスーツケースを奪い、白いワゴン車で逃走した。男性は顔やのどに軽いけが。

 男性は18日から福岡を訪れ、現金は取引先へ届けるためだった、と県警に説明。銀行には事前に多額の引き出しを伝えていたという。県警はこうした情報を入手した何者かが、計画的に襲撃した可能性があるとみている。

http://www.asahi.com/articles/ASK4N6WW2K4NTIPE036.html

男ら韓国出国直前 手荷物検査で4億円超す現金 福岡

2017年4月21日00時27分

 多額の現金を海外へ持ち出そうとしたとして、韓国籍の複数の男が身柄を確保されたのは、現場から東に約4キロ離れた福岡空港国際線ターミナル福岡市博多区)だった。捜査関係者によると、20日夕、手荷物検査で男らの荷物から4億円を超える現金が見つかった。韓国出国しようとしていたという。

 ターミナル3階の出発口では午後8時半すぎ、捜査員とみられる十数人が中へ入っていった。1階の保安センターでも捜査員とみられる数人が頻繁に出入りするなど、ターミナルは物々しい雰囲気に包まれた。

http://www.asahi.com/articles/ASK4N7HY7K4NTIPE03D.html

ネットを覗くと、熱湯浴どもは「韓国籍」の人間が関係しているらしいということで、朝から頗る機嫌がいいようだ。突っ込んでおくと、2000万円多いぞ! まあ紙幣のシリアル・ナンバーを照合すれば、これに関しては、直ぐに白黒がつくだろう。

3億8000万を引き出すことを知っていたのは、被害者のほかには、その上司、支払われる筈だった「取引先」、銀行関係者ということになる。そのうちの誰かが犯人一味に情報をリークしたということなのだろうか。また、わからないのは、このキャッシュレスのご時世に、こんな大量の現ナマが必要な取引って何なんだと思った。あくまでも勝手な推測だけれど、取引があったという電子的な証拠が残ってはまずい取引政治家とかやくざとかが絡んだ取引なのだろうか。

O, Champs Élysé​e​s

Angelique Chrisafis and David Smith “Paris shooting: French policeman killed on Champs Élysées” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/20/paris-shooting-policeman-killed-on-champs-elysees



現地時間4月20日午後9時頃、巴里シャンゼリゼのマークス&スペンサー附近で或る男が警察車輌に発砲し始め、警察官1名を殺し、2名を負傷させた。男は警官隊の反撃によってその場で射殺された。犯人についての詳細はわからないが、ISISは早速犯行声明を出している。

直近の出来事だと、やはりどうしても海峡を渡った倫敦ウェストミンスターにおける現代暴走事件*10瑞典ストックホルムにおけるトラック暴走事件*11を想起してしまう。巴里ということだと、今年2月にルーヴルでナイフを持った男が警察官に突撃した事件が起こっている*12。そして、2011年11月のテロ*13

*1:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487689589 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170222/1487780788

*2:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170417/1492396142

*3:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060121/1137849014 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140906/1409963758 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150307/1425691623 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150307/1425709260 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150309/1425829682 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150316/1426433865 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150329/1427564993 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150614/1434248435 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150716/1437060750 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160724/1469324398 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160728/1469675912 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160731/1469973754 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470198642 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160813/1471049288 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160816/1471324982 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160820/1471626387 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160822/1471831883 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160823/1471919057 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160826/1472232238 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160908/1473301109 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160916/1474045656 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160919/1474305974 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161119/1479576163 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161121/1479749822 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161126/1480183521 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161205/1480959084 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161222/1482436066 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161228/1482930979 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170213/1486993934 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170215/1487128733 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487700640 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170223/1487816759 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487948052 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170305/1488645261 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170314/1489517202 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170324/1490378551 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170402/1491136624 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170410/1491791397 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170412/1492021375 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170414/1492150251

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150430/1430364624 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150703/1435887631 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150716/1437060750 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170414/1492197655

*5:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160409/1460223845

*6:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170420/1492710355

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487907421

*8http://www.shosha.or.jp/ See eg. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%93%E6%95%99%E5%AF%BA

*9:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100817/1282073048 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160924/1474730405

*10:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170322/1490204237 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170323/1490237559 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170324/1490324797

*11:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170407/1491585604 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170409/1491671141 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170413/1492047856

*12:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170203/1486137041

*13:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20151120/1447994526 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20151125/1448382327 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160118/1453089755 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160215/1455518416 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160323/1458659497 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161124/1479955493

2017-04-20

陸家嘴(2015年9月)

2015年9月25日。

f:id:sumita-m:20150925122510j:image

東泰路*1·世紀大道の合流点。

f:id:sumita-m:20150925122624j:image

f:id:sumita-m:20150925123117j:image

世紀大道*2

f:id:sumita-m:20150925123359j:image

f:id:sumita-m:20150925123405j:image

f:id:sumita-m:20150925123453j:image

上海金融中心(IFC)*3

f:id:sumita-m:20150925123612j:image

f:id:sumita-m:20150925123704j:image

f:id:sumita-m:20150925123833j:image

f:id:sumita-m:20150925124002j:image

f:id:sumita-m:20150925124107j:image

f:id:sumita-m:20150925124202j:image

f:id:sumita-m:20150925124208j:image

f:id:sumita-m:20150925124337j:image

世紀大道。

マルセル・プルーストの手紙など

Danuta Kean “Proust's complaint about neighbours' loud sex among treasures in French sale” https://www.theguardian.com/books/2017/apr/19/proust-letter-neighbours-loud-sex-treasures-france


瑞西ジュネーヴ在住の蔵書家Jean Bonna氏のコレクション230点が4月26日に巴里のHôtel Drouot*13でオークションにかけられる*14。その中で最も高値がつくと期待されているのはガリレオ・ガリレイの『2つの新科学』*15 の初版本。これ1冊で70万ユーロ以上の根がつくことが期待されている。Jean Bonna氏のコレクションの中心は仏蘭西文学であり、今回売り出されるものでは、例えば近隣の「声が大きいセックス」を嘆くマルセル・プルースト*16の手紙。また、『ボヴァリー夫人*17に対する「猥褻」という非難への弁解をするフローベールの手紙など。

ボヴァリー夫人 (上) (岩波文庫)

ボヴァリー夫人 (上) (岩波文庫)

Loudness refused

ラウドネス*18が!

朝日新聞』の記事;

ラウドネス米国入国拒否される 全米ツアー中止

2017年4月20日20時39分



 日本を代表するヘビーメタルバンド「ラウドネス」が、今月予定していた全米ツアーを中止したことがわかった。所属レコード会社によると、18日にメンバーらが米国シカゴの空港で入国を拒否され、帰国したという。ツアーではシカゴニューヨークなど7カ所を回る予定だった。シカゴのライブハウスはホームページ上で「外国人の入国審査を米国政府が厳格化したため、ラウドネスは入国できず、帰国した」などと説明している。

 ラウドネスギタリストの高崎晃さんやドラムの故・樋口宗孝さんらによって結成され、1981年にデビュー。米国でも人気で、たびたび全米ツアーを実施していた。レコード会社担当者は「これまで公演主催者の招待状で入国できたが、今回は駄目だった」と話している。

http://www.asahi.com/articles/ASK4N4T7KK4NUCVL01K.html

追加報道なし?

承前*19

静岡県警伊藤博文警視正の事件。「自殺」か? というところで報道が止まっていて、もう追加情報はないということなのだろうか。

読売新聞』曰く、

行方不明の静岡県警刑事部長は自殺か、遺体発見

2017年04月13日 11時49分


 10日夜から行方不明になっていた静岡県警伊藤博文刑事部長(58)が13日朝、静岡市葵区の山林で死亡しているのが見つかった。

 県警幹部が明らかにした。現場の状況などから、県警は自殺とみて、動機などを調べる。

 伊藤部長の遺体が見つかったのは、葵区内の自宅から北西に2キロほど離れた賤機山と呼ばれる一帯。斜面に倒れているのを通行人が発見した。伊藤部長は10日午後9時頃、自宅を1人で出たまま行方が分からなくなり、妻から届け出を受けた県警が捜索していた。遺体発見時、家を出た時と同じ赤いジャンパーを着ていたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170413-OYT1T50043.html

読売の記事では「自殺」という推定の根拠は言及されていないが、「遺体の首にはヒモを巻き付けたような跡があ」ったのだという*20

さて、こっちの方も追加報道はないようだ。

朝日新聞』の記事;

ホームから飛び降り、運転席の窓突き破る 東武練馬駅

2017年4月6日15時27分

 6日午後2時ごろ、東京都板橋区徳丸2丁目の東武東上線東武練馬駅のホームで、男性が線路に飛び降り、駅を通過しようとした快速電車の先頭車両にぶつかった。

 警視庁などによると、男性の上半身は運転席の窓ガラスを突き破った。病院に搬送されたが、呼びかけに応答しているという。運転士もけがをした。東武鉄道によると、この事故の影響で、池袋駅から和光市駅間で運転を一時見合わせていたが、約1時間10分後に再開した。

http://www.asahi.com/articles/ASK464TRWK46UTIL01S.html

荻窪から由布院

朝日新聞』の記事;

太宰治の下宿先、大分へ移築 人間失格生んだ部屋も再現

女屋泰之

2017年4月16日17時37分

 作家の太宰治(1909〜48)*21東京で下宿した「碧雲(へきうん)荘」が大分県由布市湯布院町に移築され、観光施設「ゆふいん文学の森」として16日、オープンした。熊本地震で大きな打撃を受けたものの、湯布院はいま元気になっているという姿を見せたい、と本震の日にオープンを合わせた。

 碧雲荘は東京都杉並区にあった木造2階建ての日本家屋。太宰は36年11月から約7カ月間暮らした。代表作「人間失格」の原型となる作品などを執筆した。

 杉並区が一帯に福祉施設などを造ることになり、所有者が移築先を探していた。湯布院の旅館「おやど二本の葦束(あしたば)」の女将(おかみ)橋本律子さん(67)が昨年1月、地元の観光スポットにと引き取りを打診。移築費約2億円も負担した。一度解体し、柱など多くの部材を湯布院に運んで建て直した。

 太宰が住んだ8畳間も再現され、見学できる。橋本さんは「日本が誇る作家の記憶を湯布院に残せてうれしい。地震から1年たち、元気な湯布院もみてほしい」と話す。

 入場料は併設カフェのドリンク付きで700円。(女屋泰之)

http://www.asahi.com/articles/ASK4J4JPFK4JTPJB00K.html

東京都杉並区」といっても広いぜと思ったのだが、「天沼」ですか*22。というか、中央線荻窪駅北口から徒歩10分。荻窪といえば、井伏鱒二も住んでいたわけで、その関係だろうか。

ミサイル騒動

北朝鮮ミサイル発射はめでたく失敗したのだが*23

朝日新聞』の記事;

ミサイル着弾する可能性」市民に誤放送 宮城大崎

島田博

2017年4月19日12時50分

 宮城県大崎市が19日朝、市民向けに「ミサイルが着弾する可能性がある」と避難を呼びかける内容の放送をし、6分後に訂正した。市民からは約2時間後までに、550件ほどの問い合わせや苦情があった。東アジア情勢の緊張の高まりを受け、市職員がJアラートの試験をしていた際に、過って外部に放送したと市は説明している。

 大崎市によると、放送が流れたのは19日午前8時28分ごろ。防災行政無線や市役所のスピーカーで「ミサイル発射情報」と繰り返した後、この地域に着弾の可能性があると伝え、屋内避難とテレビやラジオをつけるよう求める内容だった。防災行政無線は市内約5万1千の全世帯で聞くことができる。

 Jアラートは、ミサイル発射や津波地震などの緊急情報を政府が出すと、市町村防災行政無線が自動的に起動し、屋外スピーカーやメールで住民に知らせるシステム。大崎市は、別の施設に設置していたJアラートの受信機器を3月末に市役所庁舎内に移転し、19日朝から担当課内で聞く試験をしていた。(島田博)

http://www.asahi.com/articles/ASK4M3GT2K4MUNHB006.html

これはあくまでも事故ではあるけど、熊本ライオン事件*24、或いはもっと最近の追手門学院爆竹事件*25を想起させる。もっと遡れば、オーソン・ウェルズ火星人事件*26

See also


大崎市市民協働推進部防災安全課「防災行政無線の誤報の原因について」http://www.city.osaki.miyagi.jp/news/index.cfm/detail.1.19655.html

宮城県大崎市で一時「ミサイル着弾」の誤放流れる ネットでは「本気で怖かった」の声も」http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/19/news085.html

『大地上的親人』

買った本。

黄灯『 大地上的親人 一個農村児媳眼中的郷村風景』台海出版社、2017

自序 用文字重建與親人的精神聯系


第一章 嫁入豊三村

第二章 生在鳳形村

第三章 長在隘口村

結語 如何直面親人


後記

跨越時空的郷村書写(黄灯)

回望我家三代農民(楊勝剛)

附録

書中主要人物関係表

2006―2016年訪談明細

また、

James A. Millward The Silk Road: A Very Short Introduction, Oxford University Press, 2013(馬叡訳[栄長江序]『牛津通識読本 絲綢之路』訳林出版社、2017)

The Silk Road: A Very Short Introduction (Very Short Introductions)

The Silk Road: A Very Short Introduction (Very Short Introductions)

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170417/1492444250

*2:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091015/1255580240

*3http://www.shanghaiifc.com.cn/ See eg. http://baike.baidu.com/view/2160839.htm http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150710/1436550441 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150718/1437235369

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130607/1370563792 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140217/1392601359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150731/1438350631 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160731/1469923327 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160830/1472528660 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160924/1474733349 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161011/1476112393 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161018/1476775328

*5:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100318/1268931002 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160406/1459870653 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160919/1474255091

*6:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20071115/1195140448 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081122/1227297984 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081124/1227487885 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131103/1383409222 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150304/1425482779 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150722/1437495473

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080924/1222232183 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081124/1227462507 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090526/1243310323 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150206/1423236885 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161130/1480485070

*8:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080924/1222232183 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090526/1243310323

*9:See eg. http://www.tesshow.jp/minato/shrine_saoyama_omatsu.html ダイマツじゃなくてオオマツ。

*10http://www.comme-des-garcons.com/

*11:See eg. http://www.omotesando-info.com/shop/fashion/shop/commedesgarcons-aoyama.html

*12:See eg. http://www.omote-sando.com/S15657.html http://www.omotesando-info.com/shop/fashion/shop/prada-aoyama.html

*13http://www.drouot.com/ See eg. https://fr.wikipedia.org/wiki/H%C3%B4tel_Drouot https://en.wikipedia.org/wiki/H%C3%B4tel_Drouot

*14http://www.sothebys.com/en/auctions/2017/coll-bonna-pf1733.html

*15:See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Two_New_Sciences

*16:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20050805 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20071208/1197086548 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081012/1223783891 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081205/1228412291 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100221/1266732813 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110106/1294242349 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110924/1316881071 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131113/1384308602 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141013/1413129055 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160518/1463546996 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170216/1487264567

*17:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080228/1204173728 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080228/1204173728 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110821/1313854761 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160517/1463502466 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170317/1489725152

*18:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081205/1228453917

*19http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170413/1492056618

*20:「静岡市の賤機山で伊藤博文刑事部長とみられる自殺遺体発見、失踪した静岡県警刑事部長が山中で首吊り自殺図り死亡?」https://more-news.jp/article/detail/21562

*21:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060419/1145420582 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070817/1187353541 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081022/1224643930 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090227/1235701965 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090320/1237517181 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090615/1244995286 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100524/1274722382 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101126/1290795234 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101202/1291303953 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110813/1313208109 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130425/1366912936 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130806/1375806909 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131218/1387381317 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160211/1455165849 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160219/1455889412 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170301/1488374193 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170406/1491451136

*22:「太宰治も住んだ荻窪のアパート「碧雲荘」に行ってみた!...が、時すでに遅かった」http://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/223169.html?p=all

*23:See Tom Phillips and Justin McCurry “North Korea launches missile but test ends in failure” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/16/north-korea-missile-launch-attempt-says-south-korea-kim-jong-un Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170416/1492350936

*24:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160418/1460945815 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160721/1469054827

*25:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170406/1491442401 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170407/1491532204

*26:See eg. 「ラジオ局オーソン・ウェルズによる『火星人襲来事件』」http://palladion.fantasia.to/005-Pal/004Radio01.html火星人来襲! 〜ラジオの生放送が起こした1938年の大パニック」http://www.siruzou.jp/utyuu/6982/

2017-04-19

校村

2015年12月6日。

f:id:sumita-m:20151206163824j:image

地下鉄・虹橋路駅*1

f:id:sumita-m:20151206171325j:image

f:id:sumita-m:20151206172637j:image

f:id:sumita-m:20151206173051j:image

f:id:sumita-m:20151206180031j:image

「校村」*2@匯京国際広場。

衡山坊(2015年12月)

2015年12月6日。

f:id:sumita-m:20151206132916j:image

衡山路・天平路の交差点*3

f:id:sumita-m:20151206132943j:image

f:id:sumita-m:20151206133001j:image

f:id:sumita-m:20151206133013j:image

衡山坊*4

f:id:sumita-m:20151206133100j:image

顔石林「不説再見是因為我們会重逢」@衡山坊。

f:id:sumita-m:20151206133144j:image

衡山坊。

f:id:sumita-m:20151206133237j:image

f:id:sumita-m:20151206134758j:image

名和晃平*5@Arario Gallery*6@衡山坊。

f:id:sumita-m:20151206140109j:image

f:id:sumita-m:20151206140116j:image

f:id:sumita-m:20151206142133j:image

衡山・和集The Mix Place@衡山坊*7

守秘義務違反容疑」

承前*8

朝日新聞』の記事;

首相夫人らを守秘義務違反容疑で告発 ファクス送信巡り

2017年4月19日14時07分

 森友学園への大阪府豊中市の国有地売却をめぐり、国の予算措置方針に言及したファクスを学園側に送ったのは国家公務員法守秘義務違反にあたる疑いがあるとして、安倍昭恵首相夫人夫人付の政府職員に対する告発状を、高松市の男性(69)が大阪地検特捜部に提出した。18日付。特捜部は受理するかどうかを慎重に検討するとみられる。

 告発状によると、職員は学園の籠池泰典氏から国有地の契約について問い合わせを受け、2015年11月にファクスで回答。その中に工事費の立て替え払いは16年度に「予算措置を行う方向で調整中」との記述があり、告発した男性は、職務上知り得た秘密を漏らす行為にあたると指摘。「本件は昭恵夫人にも報告した」とも書かれており、男性は「昭恵夫人は優越的な立場から秘密漏洩(ろうえい)をそそのかした」と主張している。

 一連の問題をめぐっては、籠池氏が国の補助金を不正に受給したとする補助金適正化法違反容疑と、国有地を不当に安く売ったとする財務省近畿財務局職員に対する背任容疑について、いずれも特捜部告発を受理して調べている。

http://www.asahi.com/articles/ASK4M3QF7K4MPTIL00G.html

もし「受理」しなかったら、再度検察審査会が脚光を浴びることになるのだろうか。小沢一郎陸山会事件以来。

2審判決

承前*9

渡辺一樹「逮捕されても、有罪判決を受けても「空気を読まない」ろくでなし子は幸せそうだった」https://www.buzzfeed.com/kazukiwatanabe/20170414


曰く、

女性器をかたどった作品展示と、女性器をスキャンしてつくった3Dデータの送信により、わいせつ頒布等の罪に問われた「ろくでなし子」こと五十嵐恵被告人裁判。2審・東京高裁判決は作品展示について無罪、3Dデータ送信について有罪で罰金40万円と、1審・東京地裁判決と同じ結論に至った。

本人と弁護団は「納得いかない」と、すぐさま最高裁に上告した。だが、本人や支援者たちの表情は暗いどころか、幸せそうな雰囲気すら漂っている。 (後略)

ろくでなし子は、2審判決の結果を受けても、まったく動じていないように見える。

「逮捕されたのは不当で許せないと思う。でもそのおかげでいろんな人に知ってもらえた。結婚して、息子もできた。自分の作品ともより本気で向き合えるようになった。信頼できる人たちとも出会えた。ありがとう、感謝で一杯です」

一連の騒動を「世界をマタにかけた壮大な婚活」とまで笑い飛ばし、支援者や弁護団と記念撮影をしていた。生まれたばかりの息子も母の傍で安らかな寝息を立てていた。

父親も笑顔で話す。「本当におもしろいね……。人生って、こんなことあるんだよね。彼女は本当に良かったと思いますよ。須見健矢弁護士弁護団に出会って、みんなも応援してくれて……本当に幸せだと思います」。有罪判決を受けた被告人の父、という雰囲気はみじんもない。

逮捕・起訴が、かえって彼女の活動への共感を生み出しているとすれば、これほど皮肉なことはない。

記事の中で牧陽一氏がコメントしているのを読んで、ちょっと吃驚。というか、牧氏は中国現代アート専門家で、こういうことにもコメントを行っているのか、と。

See also


渡辺一樹「【速報】ろくでなし子さんが報告「無事に元気な男の子を出産しました」」https://www.buzzfeed.com/kazukiwatanabe/6d745-just-had-a-baby

渡辺一樹「ろくでなし子裁判控訴審が即日結審 女性器3Dデータは「わいせつ」なのか?」https://www.buzzfeed.com/kazukiwatanabe/6d745-2sin-kessin

「竜」と「龍」、「県」と「市」

朝日新聞』の記事;

龍ケ崎の表記バラバラ 市は「龍」でも県の施設は「竜」

佐藤清孝

2017年4月19日08時53分

 「龍」か「竜」か――

 茨城県龍ケ崎市内のあちこちで二つの表記が混在している。市は正式名称として「龍」を使い、市立小学校や消防署なども「龍」だが、警察や県立高校などの施設は「竜」。地元の二つの銀行の支店名も「龍」と「竜」に分かれており、市は「『龍』に統一してほしい」と願っているのだが。

 市は1町6村が合併して1954年に誕生。官報に「龍ケ崎市」として載せたが、「竜」との混在状態が続き、市民から「どっちが正しいの?」といった問い合わせもあり、96年からは公文書は「龍」に統一している。

 一方、県の施設名は「竜」。文書管理規定で公文書には常用漢字を使うことになっているからだ。このため、市立小学校は「龍」なのに県立高校は「竜」で、市役所入り口の看板の表記は「龍」だが、手前の県道交差点に立つ信号機の「交差点名表示板」の表記は「竜」とバラバラだ。

 県の担当者は「看板もわかりやすい『竜』で案内している。子どもは『竜』の方が書きやすい」というが、市内では会社や医院などの看板類の表記も「龍」と「竜」が混在している。

 関東鉄道路線名は「竜」で、駅名も今は「竜」だが、本社総務部の担当者は「開業免許状など古い資料には『龍』も出てくる。合併して関東鉄道になった65年ごろから『竜』になったのでは」と推測する。

 また、筑波銀行の支店名は「龍ケ崎」だが、常陽銀行は「竜崎」と、こちらも分かれている。筑波銀行合併して店舗を統合した2012年、「市の名前に合わせて名称を変えた」(広報課)。一方、常陽銀行は「なぜ『ケ』がないのかはっきりしない」(同)。

 中山一生市長は「表記がバラバラでは市をアピールしにくい。県に統一をお願いしにいきたい」と話すが、県の担当者は「看板を取り換えるにも多額の費用がかかる。『龍』に統一するのはルールを変えない限り難しい」と話す。一本化は当分先のようだ。(佐藤清孝)

http://www.asahi.com/articles/ASK4K6KWJK4KUJHB011.html

ラテ欄の印象が強いのだけど、以前、日本の新聞には村上という小説家や坂本一というミュージシャンがいた。今はどうなっているのだろうか。

まあ、「龍ケ崎」でも「竜ケ崎」でもどちらでもいいと思うよ。というのも、「竜」という字はそんなに嫌いではないからだ。「竜」は「龍」の略字ではなく、意味も発音も同じ別字として古代より存在してきた。「竜」は象形文字として優れていると思う。なんか形がタツノオトシゴに似ているとも言えるし、爬虫類っぽいとも言える(Cf. 中野美代子中国妖怪*10)。でも、音符としての「竜」には嫌悪感しか抱かない。滝とか篭とか。籠池さんだって、篭池と書かれたら、あまりに惨めだろう。

中国の妖怪 (岩波新書)

中国の妖怪 (岩波新書)

「竜」と「龍」の使い分けといえば、太田竜太田龍*11左翼/珍左翼の時期が「竜」で、より晩年の陰謀理論右翼の時期が「龍」。また、司馬遼太郎は「坂本龍馬」と「坂本竜馬」を区別していたと思う。前者は歴史的人物、後者はフィクションのキャラクター。

胸を叩いたか

朝日新聞』の記事;

酒に酔い教室で裸に 都内中学の男性事務職員減給処分

2017年4月14日21時40分

 酒に酔った状態で授業中の教室内に入り服を脱ぐなどしたとして、東京都教育委員会は14日、都内の区立中学校の男性事務職員(61)を減給10%(6カ月)の懲戒処分にし、発表した。

 都教委によると、男性職員は昨年10月17日朝、酒に酔って授業中の教室に入った。前夜から当日の朝方までに焼酎約1・5リットルを飲んだ後、自転車で定時に出勤したという。教室では男子の髪をつかんで持ち上げ、「ちゃんと授業を聞け」と言ったり、服を脱いで上半身裸になったりしたという。複数の教員が駆けつけ、教室外に連れ出した。

 男性職員は「ほとんど覚えていない。迷惑をかけた生徒や教職員におわびしたい」と話しているという。この職員は2012年と13年の2回、勤務時間中に飲酒したとして、口頭注意と文書訓告を受けている。

http://www.asahi.com/articles/ASK4G6TSDK4GUTIL06Y.html

まあ以前から札付きだったわけだ。気になったのは、故島木譲二みたいに裸になって胸を叩いたのかということ*12

さて、教室の生徒にとって、これはどんな出来事だったんだろうね。それまでの日常的な時間の流れが瞬間的に断絶する出来事というのがある。例えば、地震とか。或いは教室に蜂が迷い込んだりとか。そういうものだったのだろうか。まあ地震の場合よりは、〈プチ非日常〉の持続時間は長いのだろうけど。この学校だけでなく、東京のほかの学校でもこのオヤジを共有して、授業がだれたら、生徒の集中力が弱くなったら、このオヤジを投入というようなことをすればいいと思うよ。ところで、私の高校は精神病院の隣だったので、時々は隣の患者さんが校庭に迷い込むというようなことがあった。

全く関係ないけれど、

満員電車内でスカート切った疑い 男「下着見たかった」

2017年4月18日21時05分


 電車内で女性のスカートをはさみで切ったとして、愛知県警は18日、愛知県稲沢市稲島12丁目、会社員小山内秀輔容疑者(33)を器物損壊容疑で現行犯逮捕し、発表した。「スカートを切って下着を見たかった」と容疑を認めているという。

 中村署によると、小山内容疑者は18日午前8時過ぎ、名鉄名古屋線の国府宮駅名鉄名古屋駅間を走行中の電車内で、持っていたはさみで、20代女性の背後からスカートを約5センチ切った疑いがある。車内は満員状態で、はさみは手のひらに隠れるほどの小さなものだったという。

 警戒していた県警鉄道警察隊員が見つけて逮捕した。小山内容疑者は「30件以上やった」と話しているという。この区間では2013年5月から、女性のスカートが切られる被害が約30件確認されており、関連を調べる。

http://www.asahi.com/articles/ASK4L53V5K4LOIPE01H.html

現代において女性の「下着」を見るということは実はそんなに難しいことではない。特に、ロー・ライズのズボンが流行り始めて以来。だから、童貞の中学生ならいざ知らず、あまりに容易すぎて、最近では「下着」が見えたからといって、いちいちときめいたり欲情したりする(ヘテロセクシュアルの)男性も少なくなっているのでは? この小山内という人もその欲望はたんに「下着を見た」いというよりも、「スカートをはさみで切」ることに重点が置かれているのでは? 「器物損壊」への欲望。30年余りのライフ・ヒストリーのどの時点でそのような固着が起こったのやら?

癌の不在で起こったこと

朝日新聞』の記事;

文化財のびょうぶ絵、防虫処理で変色 完全修復は困難

柴田菜々子、佐藤達弥

2017年4月18日14時01分

 熊本市現代美術館の指定管理者、市美術文化振興財団は18日、誤って変色させた高知県指定文化財の屛風(びょうぶ)絵5点を修復し、作品を収蔵、管理する同県香南市文化施設に返したと発表した。「現在施せる限りの処置をした」としているが、完全には修復できず、財団は「申し訳ない」としている。

 屛風絵は幕末土佐絵師金蔵(きんぞう、通称・絵金〈えきん〉)が描いたもので、「鎌倉三代記 三浦別れ」など5点。夏祭りの夜に家などの軒先に飾られ、「香南の宝」として大切に保管されてきた。

 財団によると、屛風絵は2010年7月、企画展のために借り、防虫処理の「燻蒸(くんじょう)」をした後に緑色の部分が黒く変色した。処理を委託した熊本業者が、研究機関が美術品には使わないよう注意喚起しているリン化アルミニウムを含む薬剤を使用したといい、緑の顔料に含まれる銅が酸化したとみられる。学芸員作業に立ち会わず、使ってはいけない薬剤の知識もなかった。

 作品の所有者や管理する施設「絵金蔵(えきんぐら)」と対応を話し合い、薬剤の除去や修復を進めてきた。文化財の修理を手がける東京文化財研究所などが協力。昨年12月に修復を終えたが、変色した部分は完全には元に戻らなかった。修復などには約3千万円かかったという。

 財団は17日、屛風絵を返却する一方、作品の保存や継承に役立ててもらおうと、屛風絵の所有者でつくる保存会に1千万円を寄付した。18日に記者会見した財団の岩崎千夏事務局次長は「地元の方は事故前と同じ見た目になることを望まれていた。その点は申し訳なく思う」などと話した。

 絵金蔵も18日、高知県香南市で会見。住民らでつくる絵金蔵運営委員会長の浜田義隆さん(51)は「元に戻らなかったのは大変残念。でも、やっと地元に帰ってきたことはすごくよかったと思う」と話した。(柴田菜々子、佐藤達弥)

http://www.asahi.com/articles/ASK4L3FZZK4LTLVB005.html

学藝員は山本幸三という政治家に「がん」呼ばわりされていたのだった*13。その癌の不在においてこういうことが起きちゃったことについて、山本のコメントはないのだろうか。

それはともかくとして、熊本市「美術文化振興財団」は、例えば何故「がん」が立ち会わなかったのか、業者は「美術品」の「防虫処理」経験があったのかどうか、もしなかったとしたら、何故そういう業者に仕事を投げたのか、などを検証しているのだろうか。

ところで、山本幸三の「がん」発言だけど、スーザン・忖度もといスーザン・ソンタグが『隠喩としての病』*14批判して以来あまり使われなくなっている筈の古い比喩表現ではあるな。

隠喩としての病い

隠喩としての病い

『自分ひとりの部屋』

ヴァージニア・ウルフ『自分ひとりの部屋』(片山亜紀訳)*15を先週読了。

第一

第二章

第三章

第四章

第五章

第六章


訳注

訳者解説(片山亜紀)

文学史としての、またフェミニズム本としてのこの本の意味については、片山さんの「訳者解説」を初めとして、既に多くのテクストが書かれている筈である。なので、ここではこうしたトピックに言及するのは取り敢えず控えることにする。

(女性が)「小説ないし詩を書くのであれば、年収五百ポンドとドアに鍵のかかる部屋が要る(it is necessary to have five hundred a year and a room with a lock on the door if you are to write fiction or poetry.)」(第6章、p.181, W*16. p.101-102)。「年収五百ポンド」については、要するに「知的自由はつねに物質的なものに支えられています(Intellectual freedom depends upon material things.)」ということなのだろう(p.186, W. p.104)。これらに絡んで、ハンナアレントという女性の名前を呼び出し、特に前者の問題に関しては『人間の条件』と『革命について』という著作を、後者の問題に関しては『精神の生活』*17という著作を喚起しておくのはけっして的外れなことではないだろう。

The Human Condition

The Human Condition

On Revolution (Classic, 20th-Century, Penguin)

On Revolution (Classic, 20th-Century, Penguin)

The Life of the Mind (Combined 2 Volumes in 1)

The Life of the Mind (Combined 2 Volumes in 1)

さらに、ヴァージニア・ウルフニーチェ以降の人だということに注意しなければならない。この本の中の至るところで、「ものを創造するという行為にもっともふさわしい精神状態」、「あの奇妙な行為を促進し、可能にしてくれる状態」(第3章、p.90)についての省察を聞くことができる。どうやら、それはルサンティマンを含む〈雑念〉が浄化された状態であるらしい。ウィリアム・シェイクスピアを巡って曰く、

わたしたちはシェイクスピアの精神状態のことを何も知らないと言いますが、そうは言いながら、彼の精神状態について何かを語っています。わたしたちがシェイクスピアについてダン*18ベン・ジョンソンミルトンほどにも知らないのは、たぶんシェイクスピアの悪意や怨恨や反感がどこにも見当たらないからです。作者のことを想起させるような「発見」で、妨げられることがありません。抗議をしたい、何かを説きたい、損傷を被ったと申し立てたい、恨みを晴らしたい、自分の苦労や怒りについて世間に知ってもらいたい、などの願望のすべてが、焼き尽くされ使い尽くされています。だからこそ詩情が淀みなく、妨げられることもなく、彼から流れ出ています。作品をまるごと表現できたひとがもしいたとしたら、それはシェイクスピアそのひとです。(略)白熱した、何者にも制御されない精神があったとしたら、それはシェイクスピアそのひとの精神に他なりません。(第3章、pp.99-100)

さらに、ウルフというか語り手の「メアリー・ビートン」は、トルストイの『戦争と平和』を引き合いに出して、「誠実さ(integrity)」について語っている。「小説家にとっての〈誠実〉という言葉でわたしが意味しているのは、これが真実だと読者に確信させる力(the conviction that he gives one that this is the truth)のことです」(第4章、p,127, W. p.79)。続いて、

ひとは読みながらすべての語句、すべての場面を光に照らしてみます。じつに奇妙なことではありますが、母なる自然はわたしたちに内なる光を授けてくれました。内なるその光に照らせば小説家が誠実か不誠実かを判断できます。というか、自然はごく気まぐれに、わたしたちの心の壁に見えないインクで予告を書いておいてくれたのかもしれません。その予告を、優れた芸術家が本当のことだったと確証してくれるのです。天才の炎でスケッチをあぶり出してくれるのです。そうやって炎であぶり出されて文字が蘇るのを見ると、わたしたちはうっとりして〈これこそ、自分がいつも薄々感じていたこと、わかっていて待ち望んでいたことだ!〉と叫び、興奮に沸き立ちます。そして本を閉じるときにはますます恭しく、まるでその本がたいへん貴重なもの、生きているかぎり立ち返ることのできる盟友とでもいうように、本棚に戻すのです(略)でも逆に、下手な文章で書かれていて、派手な色合いと威勢の良さのせいでパッと熱い反応を返したくはなるものの、そこで止まってしまうようなものもあります。当初の反応を続けていきたくても、何かが妨げになるようなのです。あるいは、文章が拙いせいで、殴り書きの痕跡やら染みなどがそこここに浮かび上がるばかりで、まるごとそっくり見えてこない、ということもあります。すると、わたしたちは失望の溜息を漏らしながらこう言うのです――〈また失敗作だ。この小説はどこかでしくじっている〉。

もちろん、たいがいの小説はどこかでしくじっているものです。途方もない重圧のせいで、想像力が途中で行き詰ります。洞察に混乱が生じて、真偽の区別がつかなくなります。渾身の力で多種多様な能力をつねに稼働させておかなければならないのに、その力が途中でなくなっています。でもこういうことに、小説家の性別はどう影響しているのだろう?――と、わたしは『ジェイン・エア』その他の作品を見ながら思いました。性別は、女性小説家の〈誠実〉、わたしが作家のバックボーンと見なしている〈誠実〉の何らかの妨げになっているのでしょうか? 『ジェイン・エア』からわたしが引用した場面かを考えれば、怒りが小説家シャーロット・ブロンテの〈誠実〉を邪魔しているのは明らかです。彼女はストーリーに全力を尽くすべきときに、個人的な腹立ちに気を取られていました。しかるべき経験が自分には与えられなかったこと、世界中を気ままに放浪したいときに牧師館で靴下を繕ってくすぶっていなくてはならなかったことを、彼女は忘れられませんでした。義憤のせいで彼女の想像力は脱線していまい、わたしたちも脱線したと感じています。それに、想像力を妨げてしかるべき道筋から脱線させたのは怒りでしたが、他にも〈誠実〉の妨害になるものはたくさんありました。たとえば無知がそうです。ロチェスターの肖像は暗闇で描かれたものです。そこには恐怖の影響があります。抑圧の結果として辛辣になっているのがつねに感じられる一方で、情熱の下で苦しみがくすぶっているのが、素晴らしいはずの作品が怨恨の発作でときおり苦しげに収縮するのがわかります。(pp.127-129)

この本の訳文は、英語からの翻訳であることを意識させないくらい自然でスムーズな日本語に仕上がっている。その一方で、訳者は大胆にパラグラフやセンテンスを分割している。その功罪議論されて然るべきだろう。また、登場する固有名詞の原綴りは表記してほしかった。

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141116/1416117757 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150610/1433907927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150619/1434641352 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150626/1435293883 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150731/1438309028 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160903/1472906914 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160928/1475078864

*2http://www.kyochon.com/main/

*3:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150708/1436367997 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160730/1469840292 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160930/1475250764 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170117/1484630369

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140906/1409963758 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150307/1425709260 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150314/1426344500 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150430/1430364624 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150724/1437761359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160813/1471049288 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160822/1471831883 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160831/1472658225 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160930/1475250764 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170117/1484630369 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170303/1488512907 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170403/1491183750 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170416/1492356802

*5http://www.kohei-nawa.net/jp/ See eg. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E5%92%8C%E6%99%83%E5%B9%B3 Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070904/1188883198

*6http://www.arariogallery.com/

*7:See eg. https://site.douban.com/275748/

*8http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487910099 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170226/1488077743 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170228/1488291005 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170303/1488508478 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170305/1488726602 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170306/1488817967 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170308/1488946981 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170309/1489024533 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170310/1489109908 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170315/1489586738 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170316/1489635222 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170317/1489759437 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170323/1490282242 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170328/1490668921 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170330/1490837801 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170402/1491121264 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170406/1491501807

*9http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140719/1405789987 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140801/1406824872 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140823/1408756030 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141203/1417604877 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141205/1417707793 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141208/1418006689 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150109/1420773421 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150129/1422506052 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150417/1429238269 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160509/1462797562 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160511/1462894474 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170123/1485135995

*10:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110428/1304016992

*11:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061019/1161241212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090522/1242956896 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090819/1250656927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091019/1255976160 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091026/1256526561 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091208/1260298177 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130408/1365352666

*12:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161217/1481981294

*13:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170416/1492353753

*14:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070922/1190433746 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080901/1220239787

*15:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170409/1491764531

*16:Virginia Wolf A Room of One's Own & The Voyage Out, Wordsoworth ClassicsをWと表示する。

*17:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060101/1136120057 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090308/1236521261 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110217/1297882488 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110919/1316402409 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120605/1338911826 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120709/1341811177

*18ジョン・ダン