Living, Loving, Thinking

2006-08-02

セレブ?

『朝日』の記事;

「セレブ」なのに、1年余で値下げ 住民ら大京など提訴

2006年08月02日12時31分

 名古屋市千種区の高級マンション「ライオンズセレブ富士見台」の住民ら12戸18人が、「『セレブ』の名にふさわしい人に売る」「将来も値引きしない」と勧誘されて購入したのに、1年余りで値下げ販売されて資産価値が失われたとして、マンション分譲最大手の大京(本社・東京)などに計約2億3300万円の損害賠償を求める訴訟名古屋地裁に起こしたことが分かった。4日に第1回口頭弁論が開かれる。

 訴状によると、このマンション(84戸)は、名古屋市内の高額納税者番付で常連だった資産家の自宅敷地の一部(約1万平方メートル)を大京が購入して04年3月に完成。原告の住民らは約4800万〜9100万円で購入し、同年6月までに引き渡しを受けた。

 その際、担当者から「社会的地位の高い『セレブ』という名称にふさわしい人を特に選んで販売する」などと勧誘されたほか、「値引きはしない」「最後までこの値段で売る」と言われ、1戸以外は値引きもなかったという。

 しかし、大京は04年9月に産業再生機構から支援決定を受け、マンションの処分などを目的に新設された特定目的会社へ未入居の37戸を売却。同社は、05年6月に平均約2割(1戸当たり約1000万〜1700万円)、今年2〜4月には平均約3割(同1700万〜2200万円)を値引きして再販売したという。

 原告側は、大京が販売を始めた03年秋の時点で、不動産の処分や資産価値の下落は予想できたと主張。大京と特定目的会社に対し、値引き額に相当する損害を被ったとして賠償を求めている。

 大京広報部は「当時の取引態様に問題はなく、資産価値が下落したとする根拠も明らかではない。04年10月から4回開いた説明会で、相当数の所有者に理解してもらったと考えていたので、提訴は極めて残念」とコメントしている。

http://www.asahi.com/national/update/0802/NGY200608010030.html

上海にも恥ずかしい名前のマンションは沢山あるけれど、「ライオンズセレブ富士見台」というのもかなり恥ずかしい名前で、本物の「セレブ」は買わないのではないかと思う。多分、鍵となるのは「大京」が「産業再生機構から支援決定を受け」たということで、原告側の主張が「大京が販売を始めた03年秋の時点で、不動産の処分や資産価値の下落は予想できた」ということは、近い将来「大京」の経営が決定的にやばくなるのは知っていた筈だということだろうか。だとすると、「大京」側のリアクションは、当時そんなことは予測不能だったということになる筈なのに、「当時の取引態様に問題はなく、資産価値が下落したとする根拠も明らかではない」というものである。原告と被告の主張が対立する以前に噛み合っていない。「大京」側は「資産価値」の「下落」自体を否定しているようにも読めるし、当時言ったという「値引きはしない」ということの証拠の有無が争点なのかなとも思った。

また、わからないのだが、「資産価値」の「下落」というのはそのままで〈損害〉を構成するのだろうか。住環境の悪化とか展望の悪化ということならば、直接的でわかりやすい。転売しようとして高く売れなかったのは勝手に割引をしたせいだということか。それとも、借金をしようとしたが、銀行から担保価値を安く見積もられ、そのために希望の額を借りられなかったということだろうか。売るつもりがなければ、「資産価値」が低ければ、それだけ税金も安くなる筈で、それはそれで有利ともいえるのではないかと思うのだけれど。或いは、プロパーの値段で買った人がバーゲンで買った人を嫉んでいるということ?

というわけで、よくわからないということでした。

愛国力

Cf. http://d.hatena.ne.jp/terracao/20060802/1154506666

Yahooで検索したら、13件でした*1。殆どが和田秀樹絡み。

頭文字M

 DONG Zhen “Quest for romance goes down the new silk road” Shanghai Daily 27 July 2006


上海在住のWang Zixian氏(28歳)らは、地元のサイトhttp://www.52marry.cnで、”I am single and available for a date.”というメッセージを意味するグッズについて議論したところ、Mという字が刺繍されたシルクのリスト・バンドに決定。何故Mか。”common in the three words—man, woman and marry—“だからだという。http://www.52marry.cnではリスト・バンド製作に資金提供し、第1段として、5月末に1200個が無料配布された。第二段としては、七夕イヴである7月30日に淮海路のParkson(百盛)前で配布される。

Wang氏によれば、”We all meet those occasions in the street or on the Metro when you find a girl particularly charming or of your kind, but the idea she might not be single or her boyfriend could be around always stops you actually starting to chat”.

北京ジダン

 ZHOU Zuyi “Zidane’s butt leaves its mark” Shanghai Daily27 July 2006

陳均「10天後、“百万斉達内” 仍待字閨中」『東方早報』2006年8月1日

 陳均「搶注併非没有後遺症」『東方早報』2006年8月1日


7月18日、北京広告代理店北京飛越無限体育文化有限公司」の董事長・趙曉凱氏は頭突きするジダンのシルエットの商標登録を申請。名付けて、「鉄頭功」。申請が認められるまで1か月かかるが、承認後、麦酒メーカーとスポーツ・ウェア・メーカーに限定して、最低価格100万元から商標使用権をオークションにかけるという。商標登録申請料は2000元。また、このシルエットの彫刻を18体限定で作る計画もあるという。

言い分としては、あくまでもシルエットなので、図そのものからジダンとアイデンティファイすることは不可能、本国仏蘭西でも類似の商標はまだないので、問題はないということだ。ジダンは「遠在万里之外的中国」でこんなことになっているとは気付いていないだろうが、もし本人が異議を申し立てたら、どうなるのか。中国法律では、2年以内に問題が発見された場合は商標登録取り消しもあり得る。しかし、5年間問題も異議もなかった場合、取り消しは永久に不可能となる。

サッカー少年への影響を考えるとか以前に、取り敢えず商売のネタにしてしまうのはやはり凄い。

扇子その他

所謂日記。

日曜日、某市場調査会社のEさんが我が家を訪ねる。お土産として、最近の露西亜旅行で買ったウォッカをいただく。

午後は上海図書館で開かれている「上海瑞生・扇藝術博覧会」*2へ。扇子や団扇に描(書)かれた書画。某出版社の編集者Z嬢、某日系化粧品会社勤務のW嬢、M弁護士(日本人)と合流。この展覧会に4点作品を出品している「醍醐坊」張恢さんに案内していただく。張さんの奥様は某日系ファッション雑誌の編集長。張さんの画風は日本の美人画の影響を受けたものだという。山水や花鳥から漫画風まで、中国画のあらゆる様式が扇子や団扇という小さな空間に濃縮されているのを一覧するのは楽しい。勿論、たんなる展覧会ではなく、即売会を兼ねた〈生臭い〉ものではあるが。「瑞生」*3とはスポンサーとなっている不動産屋。

それから、私たち夫婦とZ嬢、M弁護士で、七浦路へ。Comme des GarconsのTシャツを買う。ローリング・ストーンズのあのベロの柄、あのハート型キャラクターの奴その他。Comme des Garconsといっても、Playというレーベルだし、アイテムはTシャツではあるが、値段は信じられないくらい。

タクシーで静安寺へ。「豆撈坊(Dolar Shop)」*4で夕食。お洒落な火鍋屋。先ずスープのベースである「鍋底」を選ばなければならないのだが、四川風、和風、印度風等々ある中で、インドネシア風を選んだ。最近、何人かの人から、火鍋屋に案内しろという日本人が多いという話を聞いたけれど、日本では中華の鍋物がブームになっているの?

日本関係でブームといえば、Bathing Apeの流行は香港でブレイクして、既に上海に伝播している。あと、Y3を着る人も増えている。

ブームというと、ペン習字が流行っているらしい。そういうのに敏感な妻は早速お手本を買ってきて、ここ数日ペン習字にはまっている。最初に中国に行った1989年頃、『雷鋒日記』をペン習字のお手本にしたものが出回っていたが、現在は唐詩とか『千字文』といった古典物が中心。ペン習字は日本でも流行っているらしく、6月に日本に帰ったとき、私の親は『奥の細道』を買ってきて、ペン習字していた。