Living, Loving, Thinking

2011-06-03

「文化」の問題?

MARTIN FACKLER and NORIMITSU ONISHI “In Japan, a Culture That Promotes Nuclear Dependencyhttp://www.nytimes.com/2011/05/31/world/asia/31japan.html


島根県鹿島町*1では1970年代から80年代にかけて中国電力島根原発建設に対する激しい反対運動が行われた。しかし、1990年代になって原発の増設が持ち上がったとき、今度は反対ではなく歓迎のデモが行われた。記事では、こうした逆転劇は日本においてはお馴染みのものだという;

Kashima’s reversal is a common story in Japan, and one that helps explain what is, so far, this nation’s unwavering pursuit of nuclear power: a lack of widespread grass-roots opposition in the communities around its 54 nuclear reactors. This has held true even after the March 11 earthquake and tsunami generated a nuclear crisis at the Fukushima Daiichi station that has raised serious questions about whether this quake-prone nation has adequately ensured the safety of its plants. So far, it has spurred only muted public questioning in towns like this.

As Kashima’s story suggests, Tokyo has been able to essentially buy the support, or at least the silent acquiescence, of communities by showering them with generous subsidies, payouts and jobs. In 2009 alone, Tokyo gave $1.15 billion for public works projects to communities that have electric plants, according to the Ministry of Economy, Trade and Industry. Experts say the majority of that money goes to communities near nuclear plants.

And that is just the tip of the iceberg, experts say, as the communities also receive a host of subsidies, property and income tax revenues, compensation to individuals and even “anonymous” donations to local treasuries that are widely believed to come from plant operators.

Unquestionably, the aid has enriched rural communities that were rapidly losing jobs and people to the cities. With no substantial reserves of oil or coal, Japan relies on nuclear power for the energy needed to drive its economic machine. But critics contend that the largess has also made communities dependent on central government spending ― and thus unwilling to rock the boat by pushing for robust safety measures.

In a process that critics have likened to drug addiction, the flow of easy money and higher-paying jobs quickly replaces the communities’ original economic basis, usually farming or fishing.

Nor did planners offer alternatives to public works projects like nuclear plants. Keeping the spending spigots open became the only way to maintain newly elevated living standards.

While few will say so in public, many residents also quietly express concern about how their town gave up its once-busy fishing industry. They also say that flashy projects like the sports park have brought little lasting economic benefit. The No. 3 reactor alone brought the town some $90 million in public works money, and the promise of another $690 million in property tax revenues spread over more than 15 years once the reactor becomes operational next year.

In the 1990s, property taxes from the No. 2 reactor supplied as much as three-quarters of town tax revenues. The fact that the revenues were going to decline eventually was one factor that drove the town to seek the No. 3 reactor, said the mayor at the time, Zentaro Aoyama.

Mr. Aoyama admitted that the Fukushima accident had frightened many people here. Even so, he said, the community had no regrets about accepting the Shimane plant, which he said had raised living standards and prevented the depopulation that has hollowed out much of rural Japan.

そして、所謂「電源三法」とその落とし穴;

Much of this flow of cash was the product of the Three Power Source Development Laws, a sophisticated system of government subsidies created in 1974 by Kakuei Tanaka, the powerful prime minister who shaped Japan’s nuclear power landscape and used big public works projects to build postwar Japan’s most formidable political machine.

The law required all Japanese power consumers to pay, as part of their utility bills, a tax that was funneled to communities with nuclear plants. Officials at the Ministry of Economy, Trade and Industry, which regulates the nuclear industry, and oversees the subsidies, refused to specify how much communities have come to rely on those subsidies.

“This is money to promote the locality’s acceptance of a nuclear plant,” said Tatsumi Nakano of the ministry’s Agency for Natural Resources and Energy. A spokesman for Tohoku Electric Power Company, which operates a plant in Higashidori, said that the company is not involved in the subsidies, and that since Fukushima, it has focused on reassuring the public of the safety of nuclear plants.

Political experts say the subsidies encourage not only acceptance of a plant but also, over time, its expansion. That is because subsidies are designed to peak soon after a plant or reactor becomes operational, and then decline.

電源三法」に頼り却って財政難に陥ってしまった福島県双葉町の例;

Critics point to the case of Futaba, the town that includes Fukushima Daiichi’s No. 5 and No. 6 reactors, which began operating in 1978 and 1979, respectively.

According to Professor Shimizu of Fukushima University*2, Fukushima Daiichi and the nearby Fukushima Daini plants directly or indirectly employed some 11,000 people in communities that include Futaba ― or about one person in every two households. Since 1974, communities in Fukushima Prefecture have received about $3.3 billion in subsidies for its electrical plants, most of it for the two nuclear power facilities, Mr. Shimizu said.

Despite these huge subsidies, most given in the 1970s, Futaba recently began to experience budget problems. As they did in Kashima, the subsidies dwindled along with other revenues related to the nuclear plant, including property taxes. By 2007, Futaba was one of the most fiscally troubled towns in Japan and nearly went bankrupt. Town officials blamed the upkeep costs of the public facilities built in the early days of flush subsidies and poor management stemming from the belief that the subsidies would remain generous.

Eisaku Sato*3, who served as the governor of Fukushima Prefecture from 1988 to 2006 and became a critic of the nuclear industry, said that 30 years after its first reactor started operating, the town of Futaba could no longer pay its mayor’s salary.

“With a nuclear reactor, in one generation, or about 30 years, it’s possible that you’ll become a community that won’t be able to survive,” Mr. Sato said.

Futaba’s solution to its fiscal crisis was to ask the government and Tokyo Electric, Fukushima Daiichi’s operator, to build two new reactors, which would have eventually increased the number of reactors at Fukushima Daiichi to eight. The request immediately earned Futaba new subsidies.

“Putting aside whether ‘drugs’ is the right expression,” Mr. Sato said, “if you take them one time, you’ll definitely want to take them again.”

そして、最後に下北半島の状況が言及される。

ところで、この記事のタイトルはミスリーディングだろう。日本人の同調主義*4への言及はある。しかし、ここで報告されているのは主に「文化」ではなくて、法律税制の問題だからだ。

電源三法」を巡る問題については、


http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20110413/1302700988

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110515/1305430549

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110519/1305763276

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110528/1306580300

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110528/1306585922

井上武史「事業仕分け電源三法交付金」『地域経済研究所 eメールマガジン』 (福井県立大学)62, 2010年4月http://www.s.fpu.ac.jp/fukk/mailmgz/n61_sp1.html

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110529/1306646827

http://ffwf.blog.so-net.ne.jp/2011-05-19


を取り敢えずマークしておく。

また、「電源三法」の恩恵を受けず原発事故のとばっちりだけはしっかりと受けてしまった福島県飯舘村*5については、


DAVID McNEILL “Idyllic village on way to becoming nuclear ghost town” http://www.irishtimes.com/newspaper/world/2011/0509/1224296491113.html

”Shrinking planet”(Paul Theroux)

承前*6

Paul Theroux*7 “Dispatch From a Shrinking Planet”, Newsweek May 23 & 30, 2011, pp.50-53


“The world was once stranger than it is today, much larger, even mysterious, great portion of it unknown, unrenowned, and full of hidden harmonies.”という(p.52)。そして、

People say that because of Google Earth and the net, travel is less of a priority. I would say the opposite is the case. The very fact of easy interconnection, and the illusion such contact creates of understanding, makes travel ever more necessary. The world is not what seems. (…) (ibid.)

また、

There is a sniffy school of thought that promotes the idea that the age of travel is over, and that in 1946 when Evelyn Waugh published the juiciest selections from his travel books under the title When the Going Was Good, it was to be assumed that going wasn't good anymore. The book is very funny, nut the thesis is faulty. I disagreed with it when I set off to see the world in the early '60s, and I have felt over the years, and through a dozen of books of travel, that it is a complacent and disprovable view. (p. 53)

常々1970年代以降にグローバル化を促した重要な因子として(当時〈ジャンボ・ジェット〉と呼ばれた)ボーイング747の開発があるのではないかと思っていたのだが*8、Paul Therouxもそれに言及している;

(…) The world has changed. It first began dramatically to shrink with the jumbo jet. I saw a Boeing 747 parked at singapore airport in 1970 and was rendered speechless by the size of it. I did not realize how this plane would change the face of travel-vastly increase the numbers of tourists, make travel cheaper, and turn to many people in the world into visitors and refugees and immigrants. These big planes made the world spin faster. (p.52)

この前提として、ボーイングを初めとする米国航空機メーカーが(コンコルドのような)超音速旅客機の実用化を断念したことにあるだろう。ただ、この開発断念と開発目標の変更の意思決定がどのようになされたのかということについての実証的研究があるかどうかはわからない。

鷲田清一『ことばの顔』

承前*9

ことばの顔 (中公文庫)

ことばの顔 (中公文庫)

鷲田清一『ことばの顔』について取り敢えずちょこっとメモ。

前口上 きりんのつぶやき


I 名文句を読む

二重性――パスカル

他者の他者――キェルケゴール

モードの倫理――ベンヤミン

身体の常識――ジェイムズ

不安定なさなぎ――ニザン

固有なもの――デカルト

じぶんを解く――ボードレール

幸福と幸運――寺山修司

偶然――九鬼周造

皮膜で隔てられて――セール

寂しい時代――村上龍

空語――荒川洋治

中途半端――ボルハルト(アドルノ


II いま、ことばの感触

パート1

そういうことにしておけば

いい感じ

ディスコミュニケーション

きれい

プリクラ

イニシエーション

中年クライシス

老人の猥談

プルルル

ケータイラップ

地球はやさしい

Eメール

伝達不能

ないということを大切にしたい


パート2

ふたりっ子

クローン人間

ヴァーチャル・ペット

悪魔の生体実験

リセット・ボタン

Shall we ダンス?

あと千回の晩飯

心がツルン

古着

思い出

援助交際売春です

ボディ・レンタル

転写グッズ

カイワレ人間

キレる

ソッコー

なんか


III 遊びをせんとや…――世紀末キーワード荻野アンナ氏との対談〉

捨てる

感じる

思い出す

切れる

賭ける

開く

返す

楽しむ

試みる


IV モード死語辞典――こんなのあったの?

トランジスタ・グラマー

パンツ

ピンナップ

TPO

近藤武蔵

ステテコ

ヤング

ボイン

モード履き

文化住宅

アンネ

イカす


V 思考と言葉

思考と言葉

哲学と言葉

ことばの顔

言葉を呑み込む

口の幸福

聴くのはむずかしい

分からないこと


ふろく しんみり、どっきり

モーツァルトにはじまりショパンに終わる

しわだらけの手拭い

ボディコンの部屋

ワープロ深層心理

優雅な忘れもの

奇人たちの宿

職業を超える職業?

いいかげん

一度は酒にもソロをとらせてやりたいのだけれど

自分らしくなくなろう

マイ・アトラス


あとがき

文庫版あとがき

初出一覧

鷲田先生の1990年代後半のエッセイを纏めたもの。或る哲学者がこの時代の世相をどう観察していたのかというドキュメントではあるけれど、勿論それに還元されることはできない。内容としては、同時期の著作、例えば『顔の現象学』、『じぶん・この不思議な存在』*10、『悲鳴をあげる身体』などと重なるところがあるか(当然だけれど)。

顔の現象学 (講談社学術文庫)

顔の現象学 (講談社学術文庫)

じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書)

じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書)

悲鳴をあげる身体 (PHP新書)

悲鳴をあげる身体 (PHP新書)

数日前に金文京『漢文東アジア*11を読了。

漢文と東アジア――訓読の文化圏 (岩波新書)

漢文と東アジア――訓読の文化圏 (岩波新書)

TEREPなど

承前*12

Peter Singer *13“Pay now to prevent tsunami disaster” Shanghai Daily 23 May 2011


このwww.project-syndicate.org配信の記事で、ピーター・シンガー氏は先ずGeoHazards InternationalというNGO*14インドネシアのパダン島で展開しているTEREP(Tsunami Evacuation Raised Earth Park)というプロジェクトに言及している。パダン島では街場から高台は離れており、低地には狭い道が入り組んでいるので、津波が来た場合事前の警報があったとしても住民が安全に避難することは難しい。TEREPは低地に人口の小山を造り、平時は公園として住民が利用し、津波が襲来した時は手近な避難場所として利用するというもの。これは”a low-cost solution to the tsunami danger in low-lying coastal areas”なのだという。

しかし、TEREPにはなかなか資金が集まらない。何故なのか。シンガー氏は2つの理由を挙げている。先ずは迫力のある絵に欠けるということ;

One reason for this is that preventing disaster does not make good television. People give to identifiable victims. If we build raised parks, we will never see the people, who, but for our aid, would have died; no orphan in desperate need will appear on the nightly news. But isn't it much better to keep parents safe than to help orphans after their parents have been killed?

また、

Another reason why we do not give to prevent disasters should be familiar to anyone who has ever delayed going to the dentist because the prospect of serious pain in the coming weeks or months just wasn't as motivating as the reluctance to face some more immediate slight discomfort.

We tell ourselves that maybe we won't get a toothache after all, even though we know that the odds are that we will.

Most of us are not very good at giving proper weight to future events, especially if they are uncertain. So we may tell ourselves that the geologists could be wrong, and perhaps no tsunami will hit Padang in the next 30 years, and by then perhaps we will have new and better technologies for predicting them, giving people more time to get higher ground.

See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110403/1301804644 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110522/1306035690

本屋@『上海書評

上海書評』の5月25日号には「書店」に関する文章が集まっている。


石剣峰「劉蘇里談書店的未来」(p.2)

陳丹丹「時光機中的哈佛書店」(p.3)

鄭詩亮「梧桐砍了、先鋒還在」(p.4)

張鉄志*15「書店:台北的旅游地標」(p.5)


劉蘇里は北京の「万聖書園」のオーナー。陳丹丹の文章は米国マサチューセッツ州ケンブリッジHarvard Book Storeについて。鄭詩亮の文章は南京の「先鋒書店(Libraire Avant-Garde)」について。

また、上海市内の本屋については、


鄭詩亮「上海小書店的生生死死」

曹柳鶯「紀念:逝去的風景」

猫不許「在文廟約会旧書」(何れもp.14)


鄭詩亮の文章で採り上げられているのは「万象書坊」(大学路)、「1984 Bookstore」(湖南路)、「博師書店」(国権後路)。曹柳鶯の文章は最近閉店した書店について。「在文廟約会旧書」は「文廟」門前の古本屋について。

また、『上海書評』には書斎拝見という感じのコーナーがあるのだが(「海上書房」)、この号には「季風書園」*16の総経理、厳搏非氏が登場している(鄭詩亮「誰能想象没有書店的生活?」、p.16)。

祭りの前と後の祭り?

取り敢えずメモしておく。

読売』曰く、

首相、退陣を示唆…内閣不信任決議案否決

 衆院は2日の本会議で、自民公明たちあがれ日本野党3党が提出した菅内閣に対する不信任決議案を、民主党国民新党などの反対多数で否決した。

 菅首相がこれに先立つ民主党代議士会で東日本大震災などへの対応に一定のメドがついた段階で退陣する意向を示唆したため、民主党小沢一郎元代表グループなどから大量の造反者が出て党が分裂する事態は回避された。

 ただ、同党の松木謙公前農林水産政務官横粂勝仁衆院議員(離党を表明)が賛成し、小沢元代表ら15人が欠席・棄権した。今後、首相の退陣時期や造反者の処分問題を巡り、党内対立が再燃しそうだ。

 不信任案の採決は記名投票で行われ、反対293票、賛成152票だった。共同提出した3党とみんなの党が賛成し、共産社民両党は棄権した。

 だが、退陣を示唆した菅首相政権が、震災復興策などを盛り込んだ2011年度第2次補正予算案や重要法案を成立させるのは困難との見方が強く、首相の退陣時期や「ポスト菅」を巡る駆け引きが活発化することが予想される。

 首相の退陣時期を巡り、首相は2日、首相官邸での鳩山首相との会談で、復興基本法案を成立させ、2011年度第2次補正予算案の早期編成にメドをつけることに「責任を持つ」などとした覚書を交わした。首相はその後の代議士会で、「大震災への取り組みに一定のメドがついた段階で、若い世代に責任を引き継いでいきたい」と述べた。

 これを受け、鳩山氏は2日、国会内で記者団に、首相の発言は退陣表明に当たるとの考えを示した上で、「復興基本法は来週にも成立するということだ。2次補正も6月いっぱいくらいにメドが立つ状況が出てくる。メドが立った時に身を引いていただきたい」と述べ、6月末に退陣すべきだとの考えを示した。

 しかし、枝野官房長官は同日夕の記者会見で、「首相代議士会でお話しになった通りだ」と述べ、具体的な退陣表明には当たらないとの認識を示した。

 そのうえで、首相鳩山氏の首相官邸での会談について、「何かを決定する場だとは承知していないし、決定したとも承知していない。(両氏が交わした覚書も)合意文書ではなく、(より拘束力のない)確認事項と承知している」との認識を示した。

2011年6月2日22時53分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20110602-OYT1T00729.htm

鳩山首相、不信任否決で結束呼びかけ


 民主党鳩山首相は2日昼の党代議士会で発言し、菅首相東日本大震災の対応に一定のメドがついた時点での辞任を表明したことを受け、「民主党がバラバラに見えてしまっては国民から『何をやっているのか』とそしりをまぬがれない。ぜひ一致して行動できるようにお願いしたい」と述べ、内閣不信任案採決にあたっては党を挙げて否決するよう呼びかけた。

2011年6月2日12時33分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20110602-OYT1T00530.htm

小沢氏激怒、菅・鳩山会談の詳細知らされず

 2日の内閣不信任決議案の採決前に、菅首相が退陣を示唆し、夜には早期退陣を否定したことで、民主党小沢一郎元代表が描いた不信任案可決のシナリオは大きく狂った。 党執行部は小沢元代表の追加処分を検討している。さらに元代表は「政治とカネ」をめぐる裁判も抱えており、「反小沢」側からは、今回の大差の否決によって、元代表の求心力低下は決定的になったとの指摘も出ている。

 小沢グループは70人以上が造反の意向を固めていたが、結局、造反を明言してきた側近の松木謙公前農林水産政務官が賛成票を投じた以外は、小沢元代表ら計15人が欠席・棄権するにとどまった。

 2日朝、東京都内のホテルの一室。造反を決意した民主党衆院議員50人以上が続々と集結し、前日夜の会合に70人を集めたことで、「もう不信任案可決は決まったも同然」との高揚感が漂った。内山晃衆院議員は記者団に「140票は取りたい。そうすれば、自民公明両党の数より我々の方が増える」とまで公言した。

 だが、首相鳩山首相が2日午前に会談し、首相が同日昼の民主党代議士会で退陣を示唆すると、雰囲気は一変した。

 両氏の会談の詳細を知らされていなかった元代表は激怒した。造反を決意していた議員ははしごを外された格好となり、「具体的な辞任時期を示していない。これは造反組に対する分断作戦だ」「訳が分からない。“世紀の談合”だ」と怒りをあらわにした。

 元代表は急きょ、国会内の自室に側近らを集め、「退陣の言及にまで追い込んだのは一つの成果だ」と述べた。グループの対応については「自分は欠席するが、後は個々に任せる」と語り、自主投票の方針を打ち出した。

2011年6月2日23時34分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110602-OYT1T00973.htm

これは鳩山由紀夫が裏切って、大将たる小沢一郎が日和ったということ? また、「「AbEnd安倍晋三の終了)」ならぬ「小沢End」が確定した」*17

http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/109906a7d4337a6cda22ae33734e693aでは、「内閣不信任決議案否決」に対する所謂〈小沢信者〉たちの反応が纏められている。小沢一郎に失望を隠し切れない者もいれば、菅首相「辞任」の意向を引き出したのは実質的勝利だと思う者もいる。後者の代表たる植草一秀*18曰く、

各種報道は「内閣不信任案否決」の用語で事態を伝えているが、真相は、

菅首相が辞意を表明」

 

菅首相内閣総辞職を決断」

 

菅首相が辞任を決断」

 

であり、このように報道することが正しい。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-f6f3.html

かつてこの国では敗戦を終戦と、占領軍進駐軍と言い換えたわけだけれど、それと同じようなことか。そのうち、菅直人は〈張子の虎〉だとか言い出すのか。ただ、「内閣不信任案」提出直後の〈小沢信者〉のはしゃぎっぷり*19とは明らかにギャップがある。植草の言だって、無理して強がっているという感があるのは否定できない。拙エントリーのタイトルは木村敏先生の『時間と自己』を踏まえたものだが、あくまでも軽いノリによるもので、碩学の高尚な議論とは全く関係ない。ただ、〈祭りの後〉の小沢一派や〈小沢信者〉へのメンタル・ケアが問題になるかもしれない。まあ、〈小沢信者〉の一部でもいいから、精神的危機を乗り越えて覚醒する人が増えれば、災い転じて福と為すということになるか。

時間と自己 (中公新書 (674))

時間と自己 (中公新書 (674))

*1:現在は松江市の一部になっている。

*2:清水修二 See http://www.econ.fukushima-u.ac.jp/xoops/modules/news/article.php?storyid=81

*3佐藤栄佐久

*4:See eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110204/1296794711

*5http://www.vill.iitate.fukushima.jp/

*6http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110601/1306905197

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110220/1298219879

*8:See eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070705/1183661994

*9http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110530/1306785462

*10:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101123/1290485341

*11:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110523/1306165053

*12http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110324/1300994088

*13:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070517/1179425510 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070905/1188958789 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080118/1200626709 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080715/1216096436 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081001/1222896363

*14http://www.geohaz.org/

*15:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101104/1288843004

*16:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20051230/1135913094 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080918/1221707711 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090412/1239474058 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090919/1253330016 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100920/1284956778

*17http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20110602/1307016502

*18:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101101/1288589849 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060914/1158219171 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060915/1158315986 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060927/1159351210 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070906/1189054106 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090716/1247747305 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090805/1249467184 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091122/1258907391 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091123/1258984734 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091204/1259925249 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091214/1260764583 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091219/1261202341 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100301/1267370521 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100322/1269200009 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100612/1276361557 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100920/1284997983 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110304/1299212006 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110326/1301089033 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110417/1303059278 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110420/1303267821

*19:See eg. http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/986c6ca7664165c1eea531bf003d8954