Living, Loving, Thinking

2012-01-15

年末年始

f:id:sumita-m:20111229095211j:image

習志野市鷺沼。12月29日

f:id:sumita-m:20111231133331j:image

大晦日の津田沼駅。あの「のだめ」が毎朝立っていたという伝説の駅前*1。初老の統一協会信者が何やら本のようなものを配っていた。

f:id:sumita-m:20120101115440j:image

f:id:sumita-m:20120101115317j:image

f:id:sumita-m:20120101115150j:image

茨城県龍ヶ崎市の「女化神社*2元日。親子の狛犬というのは初めて見た。

f:id:sumita-m:20120104091735j:image

新宿駅。1月4日。

f:id:sumita-m:20120104100807j:image

下北沢*3。1月4日。午前中のせいか、人影が疎ら。

f:id:sumita-m:20120106112725j:image

金比羅東京分社」*4。1月5日。

f:id:sumita-m:20120108134220j:image

上野駅不忍口。1月8日。

f:id:sumita-m:20120108142026j:image

道玄坂*5。109の前。1月8日。

お久しぶりの梶川さん

http://rocketnews24.com/2012/01/12/171770/ (Via http://d.hatena.ne.jp/AmahaYui/20120115/1326623892 )


梶原一騎の霊のお導きかも知れない。梶原ならぬ梶川ゆきこ*6の近況;

天皇が17歳の女性50万人を売春婦として海外に売り飛ばし、戦争や復興のための資金としたと発言して炎上中の前民主党議員梶川ゆきこ』さん。

彼女は現在、これまでに自身の説を否定してきたTwitterユーザーのアカウント工作員としてTwitter上で晒しまくっており、また非難を浴びそうな状態なのだが、なんと人気ブログサイトの管理人までも工作員認定してしまったようだ。

そのブログサイトとは、秋葉原の最新情報を発信することで有名な『アキバblog』。タイムラインを確認したところ同サイトの管理人は梶川さんの発言を「脳内ソース?妄想?虚言?」とつぶやいており、それが原因で工作員として晒されている。

これぐらいで工作員として認定されてしまったらたまったものではないが、現在梶川さんのニュースを多数報じているロケットニュース24は工作員認定されていない。今後も末永く工作員認定されないことを切に願うばかりである。

これを引用している天羽さん曰く、

率直に言うと、早川氏応援隊って、

日垣隆」氏そっくりな人だなあという感想だった。

喧嘩吹っかけるだけ吹っかけて、

相手があきれてものを言わなくなると勝利宣言。

日垣隆」というのも(俺にとっては)かなりお久しぶりの名前。それはともかくとして、「早川」と「梶川」って同じ水系だった、群馬広島の間に実は地下水脈があったということですかね。

ところで、「早川に溺れた〈脱原発派〉」という言い方をしたのだけれど*7、溺れている人を見たら先ずは浮き輪を投げてやるのが急務。しかし、どうやって浮き輪を投げてやればいいのかわからない、まして「梶川」の場合は。ということで、俺も修行が足りないなと思った次第。

フィクションと現実(梶原一騎

日本帰郷中にたしかNHKのニュースで、『巨人の星*8印度で、野球クリケットに置き換えてリメイクされたということを伝えていた。そこでは、日本の文化資源としてのアニメは凄いですねということと、『巨人の星』は高度成長期の上昇志向の産物(だから経済成長中の印度では受けるだろう)ということが強調されていた。それを視ながら、別のことを考えていた。『巨人の星』の物語というのは巨人阪神の(当時の政治世界における自民党社会党との関係にも似た)不均衡な二項対立を前提としている*9印度クリケット界にそれと似た構造はあるのかどうか。それから、(『巨人の星』に限らないけれど)梶原一騎*10の物語世界の特徴の一つとして、星一徹とか星飛雄馬のようなフィクショナルなキャラクターと(例えば)川上哲治とか長嶋茂雄といった実在でかつ存命中の人物が対等な仕方で混じり合うということがある。こういうのは100年以上も前の世界を舞台とする時代劇では当たり前のことだろうけど、梶原的世界では受け手の記憶もまだ新しい数年前の世界が舞台だった。こういうフィクショナルなキャラクターと存命中の実在人物との絡みというのは印度版ではどうなっているんだろうね。斎藤貴男氏の『梶原一騎伝』によれば、梶原一騎におけるフィクションと現実との関係は1970年代になるとますます錯綜してきて、例えばアントニオ猪木を恐喝したとかといったスキャンダルはこうした絡みの中で発生することになる。、『巨人の星』のplausibility structureが弱体化したのは、高度経済成長が終わった云々ということだけでなく、寧ろ何よりもそれが前提としていた(上述の)巨人阪神という二項対立、また「巨人」の権威というのが、その後のナベツネなどの努力にも拘わらず(というかナベツネの努力故に)崩壊してしまったからだろう。

巨人の星コンプリートBOX Vol.1 [DVD]

巨人の星コンプリートBOX Vol.1 [DVD]

巨人の星コンプリートBOX Vol.2 [DVD]

巨人の星コンプリートBOX Vol.2 [DVD]

巨人の星コンプリートBOX Vol.3 [DVD]

巨人の星コンプリートBOX Vol.3 [DVD]

梶原一騎伝 (新潮文庫)

梶原一騎伝 (新潮文庫)

Sculpture in Time Cafe

昨年12月の写真。紅坊*11に「雕刻時光(Sculpture in Time Cafe)」*12というカフェができていた。本店は北京にあるらしい。「雕刻時光」という名はアンドレイ・タルコフスキーの映画から取られたというけど、さて?

f:id:sumita-m:20111227152801j:image

f:id:sumita-m:20111227153036j:image

Mark Lafiaのインスタレーション”Eternal Sunshine”*13

f:id:sumita-m:20111227150506j:image

f:id:sumita-m:20111227150449j:image