Living, Loving, Thinking

2016-09-03

5人に1人

Mumsnet “Parents on baby name regret” http://www.mumsnet.com/surveys/parents-baby-name-regret

Amelia Hill “One in five mothers say they chose wrong name for their child, poll finds” https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2016/aug/31/mothers-chose-wrong-name-child-poll


英国の母親の5人に1人が自分の子どもの命名について「後悔」しているのだという。中には、『アナ雪』の登場人物を子どもの名前にするのが流行ったとき*1に流行に乗って、自分の娘にElsaと命名したことを「後悔」している人もいる。日本でも、所謂〈キラキラ・ネーム〉とか〈DQNネーム〉のことは話題になっているけど*2、〈キラキラ・ネーム〉をつけた親が後悔しているのか満足しているのかという調査はあったのだろうか。英国の方に戻ると、〈キラキラ・ネーム〉で後悔しているというのはなさそうだ。後悔している名前として屡々挙げられているのは、


Charlotte

Amelia

Anne

Daniel

Jacob

James

Thomas


何れも英語圏においては普通の名前。実際、「後悔している」人の25%はその理由として、「ありふれすぎている(too commonly used)」と答えている。

ちょうどいい「泥酔」加減

朝日新聞』の記事;

「店長来るまで酒サービス」 客を泥酔させ金奪った疑い

2016年9月2日01時54分

 大阪府警は1日、大阪市北区堂山町の飲食店「TITANIA(ティターニア)」の藤原捷雅(しょうま)容疑者(24)=同区西天満4丁目=ら従業員3人を強盗致傷の疑いで逮捕し、発表した。7月29日夜〜30日未明、店内で酔わせた公務員の男性(58)にコンビニエンスストアの自動現金支払い機(ATM)から80万円を引き出させ、腕などに軽傷を負わせた疑いがあるとされるが、3人とも否認しているという。

 同店はいわゆるキャバクラで、男性は捜査1課に対し、アルコール度数の高い酒を「店長が来るまでのサービス」として飲まされ、泥酔状態にされたと説明。同課は?男性がコンビニに連れていかれる様子を見た人が警察に申告した?コンビニ防犯カメラに、男性が引き出した現金をポケットに入れる藤原容疑者らの姿が映っていた――としている。

 6月から同じような被害相談がほかにも5件あり、府警が関連を調べている。

http://www.asahi.com/articles/ASJ9203WBJ91PTIL02L.html

よくわからない。「泥酔」させて、ポケットから財布を抜き取るというような単純な犯罪ではないようだ。「泥酔」といっても、ちょうどいい加減があるわけだ。泥酔して足腰の立たない状態になったなら、「コンビニ」に行けなかったので、この犯罪は成立しなかった。また、被害者が自らATMを操作しているわけですよね。意識が飛んでしまうくらい泥酔していれば、例えば暗証番号の入力とかできないでしょ。つまり、ほどよい「泥酔」が実現したので、この犯罪は成立してしまったわけだ。罪名は「強盗致傷」。ATMから出てきたキャッシュをふんだくったということなのだろうけど、そもそも何故「キャバクラ」から「コンビニ」に「連れていかれ」たのかというのがわからない。そこには恐喝とかはなかったのか。また、警察としては実行犯を3人ぱくったということなのだろうけど、他の従業員あるいは店自体の関与ということはないのだろうか。この3人の犯罪行為にほかの従業員が気づかなかったというのはありえないので、店ぐるみの犯罪というのは言い過ぎかも知れないけど、少なくとも黙認していたとはいえるのでは? 「6月から同じような被害相談がほかにも5件」あるというのも、〈店ぐるみ〉というのを疑った理由の一つなのだが、それだったら、「ティターニア」って怪しいよという噂がネット上で拡散していてもおかしくない。ネットとか使ってなさそうな、如何にも情報弱者っぽくて(しかも金を持っていそうな)オヤジを選んでターゲットにしていたというわけか。

最初所謂〈ぼったくり〉かとも思ったのだが、2014年10月には、「東京歌舞伎町キャバクラ店で、水しか飲んでいない客に63万円を支払わせようとしたとして、22歳の店長の男が逮捕され」たという事件が起こっている*3

亀有にはあまり行ったことがない

まんたんウェブ』の記事;

こち亀>40年の長寿連載に幕 コミックス200巻で完結

まんたんウェブ 9月3日(土)15時23分配信



 1976年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されている長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所こち亀)」が、約40年におよぶ連載に幕を閉じることが3日、分かった。17日発売の同誌42号で最終回を迎え、同日発売のコミックス200巻が最終巻となる。神田明神東京都千代田)で3日に行われた同作の“巨大絵巻物”の奉納式で発表された。

 作者の秋本治さんは「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」と語った。終了を意識し始めた時期について「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。おめでたい時に終わるのが一番かな?と考えた」と説明。「両さんというキャラクターが面白い。キャラクターと出会えたのはうれしい」と話した。

 「こち亀」は、東京下町を舞台に、並外れた体力を持ち、人情味あふれる警察官・両津勘吉が巻き起こす騒動を描いたギャグマンガ。1976年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている長寿作で、コミックスは199巻まで発売されており、累計発行部数は約1億5000万部を誇る。テレビアニメシリーズが1996〜2004年に放送されたほか、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん主演でドラマ化、実写映画化もされた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160903-00000005-mantan-ent

山上たつひこパロディみたいな筆名で登場して40年。

ところで、香取慎吾TVドラマは言及されても、せんだみつお主演で映画化されていることは言及されていない。せんだの方が「両津勘吉」に似合っているんじゃないかということもあるのだが。このせんだ版『こち亀』はDVDにもなっておらず、何だか黒歴史になっているようだ。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 DVD-BOX

こちら葛飾区亀有公園前派出所 DVD-BOX

因みに、俺にとって、東京下町「亀」といえば、何といっても錦糸町の隣の亀戸で、これまで亀有駅で乗り降りしたのは10回にも満たないんじゃないかな。ただ、どういうわけか知らないけれど、「亀有」という名前自体は亀戸以前に知っていたようで、その後の人生でも何度か亀戸と亀有を混同している。

From Nanking to Shanghai

See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150419/1429384277

2015年4月18日。

f:id:sumita-m:20150418163448j:image

f:id:sumita-m:20150418163741j:image

f:id:sumita-m:20150418164138j:image

f:id:sumita-m:20150418164249j:image

f:id:sumita-m:20150418164301j:image

南京駅前。

f:id:sumita-m:20150418164335j:image

f:id:sumita-m:20150418165008j:image

f:id:sumita-m:20150418165112j:image

f:id:sumita-m:20150418165139j:image

f:id:sumita-m:20150418170734j:image

f:id:sumita-m:20150418172327j:image

f:id:sumita-m:20150418172403j:image

f:id:sumita-m:20150418172539j:image

f:id:sumita-m:20150418175529j:image

f:id:sumita-m:20150418180946j:image

f:id:sumita-m:20150418181319j:image

南京*4

f:id:sumita-m:20150418202743j:image

f:id:sumita-m:20150418202838j:image

f:id:sumita-m:20150418203047j:image

f:id:sumita-m:20150418203232j:image

虹橋駅。

f:id:sumita-m:20150418203708j:image

f:id:sumita-m:20150418204313j:image

地下鉄・虹橋火車站駅。

f:id:sumita-m:20150418211819j:image

地下鉄・虹橋路駅*5

烏魯木斉北路

2015年3月22日。

f:id:sumita-m:20150322163315j:image

f:id:sumita-m:20150322163410j:image

f:id:sumita-m:20150322163418j:image

烏魯木斉北路。

f:id:sumita-m:20150322163600j:image

f:id:sumita-m:20150322163656j:image

f:id:sumita-m:20150322163800j:image

「新疆伊寧遠征餐庁」*6。烏魯木斉北路と愚園支路の合流点。

f:id:sumita-m:20150322164441j:image

烏魯木斉北路。

f:id:sumita-m:20150322165710j:image

f:id:sumita-m:20150322170025j:image

烏魯木斉北路・愚園路*7北京西路*8の交差点。

f:id:sumita-m:20150322174034j:image

f:id:sumita-m:20150322174053j:image

f:id:sumita-m:20150322174120j:image

Bouquet @申楽大厦*9

f:id:sumita-m:20150322192558j:image

f:id:sumita-m:20150322202111j:image

「サガミ」(「盛賀美」)*10@愚園路。

松山善三

NHK報道

映画監督松山善三さん死去

9月2日 18時02分


サリドマイド薬害の被害者が障害を乗り越えて生きる姿を描いたドキュメンタリー映画典子は、今」などで知られる映画監督松山善三さんが、老衰のため、東京都内の自宅で亡くなりました。91歳でした。

松山さんは兵庫県の出身で、現在の岩手医科大学を中退して昭和23年、松竹に入り、木下恵介監督の下で助監督を務めました。

人間の條件」シリーズなどで脚本家として注目され、昭和36年、耳が不自由な夫婦の愛を描いたオリジナル脚本の「名もなく貧しく美しく」で初めて監督を務め、主演した妻の高峰秀子さんとともに数々の映画賞を受賞しました。

昭和56年には、サリドマイド薬害で両腕がない状態で生まれた女の子が障害を乗り越えてたくましく生きていく姿を描いたドキュメンタリー映画典子は、今」を監督し、大きな話題になりました。

こうした功績が評価され、昭和62年に紫綬褒章、平成7年に勲四等旭日小綬章を受章しています。

松山さんは1年ほど前に体調を崩し、療養してしていましたが、先月27日、老衰のため東京都内の自宅で亡くなりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160902/k10010666331000.html

Wikipediaを見て、佐藤純彌の『人間の証明*11の脚本を書いていたことを思い出した*12

典子は、今

典子は、今

人間の條件 DVD-BOX

人間の條件 DVD-BOX

名もなく貧しく美しく [DVD]

名もなく貧しく美しく [DVD]

人間の証明 [DVD]

人間の証明 [DVD]

なお、高峰秀子さんは2010年末に他界している*13

*1:See Dorian Lynskey “Frozen-mania: how Elsa, Anna and Olaf conquered the world” https://www.theguardian.com/film/2014/may/13/frozen-mania-elsa-anna-olaf-disney-emo-princess-let-it-go Also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150709/1436464381

*2:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070906/1189061438 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20071017/1192588766 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090718/1247899601 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101205/1291560890 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101230/1293684644 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20111028/1319820049 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20111111/1321040014 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130805/1375655816 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131016/1381886490 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141202/1417541777 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150420/1429535226 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150708/1436358708 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20151125/1448418974 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160310/1457624745

*3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000037320.html Cited in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141024/1414113918

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080325/1206374695 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150419/1429384277

*5:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141116/1416117757 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150610/1433907927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150619/1434641352 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150626/1435293883 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150731/1438309028

*6:See eg. http://baike.baidu.com/view/13529575.htm

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061230/1167457457 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070108/1168229799 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070325/1174798733 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070326/1174928145 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080421/1208716414 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090514/1242267701 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100728/1280287612 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120427/1335491987 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131006/1381083391 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150706/1436200123

*8:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070715/1184470843 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070826/1188148679 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080919/1221854766 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140922/1411363539 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150227/1424977810 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150521/1432222241 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160823/1471919984 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160829/1472440604

*9:See eg. http://www.dianping.com/review/35293231

*10http://www.sagami.co.jp/ See eg. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%9F%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3

*11:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070611/1181541252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110809/1312826122 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120702/1341247335 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130330/1364618004 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160302/1456884663

*12https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%96%84%E4%B8%89

*13:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110102/1293945291