Living, Loving, Thinking

2017-03-05

「水道局」に「千枚通し」

朝日新聞』の記事;

「耳の穴に刺したろか」市職員、千枚通し突き付けた疑い

2017年3月5日16時57分

 部下に千枚通しを突き付けたなどとして、和歌山県警は5日、和歌山市水道局工務部管路整備課技術主任の林克芳容疑者(34)=大阪府東大阪市吉田4丁目=を暴行の疑いで逮捕し発表した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているという。

 和歌山西署によると、林容疑者は勤務中だった2月中旬、市役所の同課内で部下の男性職員(24)に「おまえの耳の穴に刺して、聞こえやんようにしたろか」などと言い、左脇腹に向けて千枚通しを突きつけたほか、昨年9月下旬〜今年2月22日に同課内や工事現場で同じ職員を複数回、殴ったり突き飛ばしたりした疑いがある。この職員はその後、体調を崩して休んでいるという。

 市によると、林容疑者は2001年に市に採用され、13年4月から同課に勤務しているという。

http://www.asahi.com/articles/ASK354HZ6K35PXLB00C.html

先ずどうして「水道局」に「千枚通し」があるのかが不思議だった。背景や動機が全然わからないので、酷ぇ話だなとしか言えない。

この「千枚通し」の主任を制するには、北海道小樽の「つるはし」を持った新聞屋さんを連れてくるべきか;

上司をツルハシで殴打した疑い、新聞販売店勤務の男逮捕

2017年2月27日09時56分

 上司の頭をツルハシで殴打してけがをさせたとして、北海道警は27日、北海道小樽市新光4丁目の北海道新聞販売所「中(なか)販売所」の社員中(なか)新吾容疑者(24)=小樽市新光4丁目=を傷害の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 小樽署によると、中容疑者は27日午前1時50分ごろ、勤務先の北海道新聞販売所内で上司の男性(64)の頭を金属製のツルハシで1回殴打し、けがをさせた疑いがある。中容疑者はこの上司から仕事の進め方を叱られたという。別の同僚が通報し、駆けつけた小樽署員が取り押さえた。ツルハシは路面の氷を割るために所内にあった。

 北海道新聞社販売局は「取引先である販売所の社員がこのような容疑で逮捕されたことは誠に遺憾。販売所に対して従業員への指導を徹底するよう要請する」とコメントした。

http://www.asahi.com/articles/ASK2W320RK2WIIPE001.html

仙台の高校生も印象に残った;

路上で殴った疑い、高2逮捕 「けんかしたくなった」

2017年3月4日16時54分

 仙台東署は、仙台市宮城野区に住む高校2年の男子生徒(17)を傷害容疑で緊急逮捕し、4日発表した。容疑を認めているという。署によると、男子生徒は3日午後7時55分ごろ、同区福田町1丁目の路上で同区の会社員の男性(27)を殴るなどして、顔にけがをさせた疑いがある。2人に面識はなく、男子生徒は「イライラして、けんかがしたくなり殴った」と話しているという。署は同じころに、中高生ら他に少なくとも3人の男性が男子生徒から暴行を受けたことを確認している。通りかかった人を無差別に殴るなどしていたとみて捜査している。

http://www.asahi.com/articles/ASK342SSDK34UNHB001.html

まあとにかく「イライラして」、対象は何なのかいまいちはっきりしないものの、とにかく腹が立って、血圧も上がってしまうということは誰でも経験があるのではないか。昔の話だけれど、知り合いのまた知り合いが、やはりこの兄ちゃんと同じような心理状態になって、がんを飛ばしながら道を歩いていたら、がんが当たったのがやくざ者で、逆にぼこぼこにされてしまったということがたしかあった。

さて、スマートフォンWi-Fiが普及し、万人が映像ジャーナリストとなりうる時代にも拘らず、この兄ちゃんの雄姿を撮影して、ネットに流したという人はいないのか。

Jane's confession

Jane Fonda & Brie Larson “Me, Jane” https://www.net-a-porter.com/magazine/391/16


雑誌Net-a-Porterで、ジェーン・フォンダ*1ブリー・ラーソン*2と対談を行っている。基本的に国際婦人デーを前に、78歳のジェーン・フォンダが自らのフェミニズム経験を下の世代に語るという内容なのだが、対談の最初の方で、彼女は自分が子どもの頃に性的虐待を受けていたこと、レイプされたことがあること、また監督と寝ることを拒否して厄を外されたことがあることを、あっさりと述べている。また、ヘンリー・フォンダの妻でジェーンの母親であるフランシス・フォード・セイモア*3子どもの頃に性的虐待を受け、それと関連して、42歳の時に自殺していることも語られている。

See also


“Jane Fonda reveals rape and child abuse” http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-39151842

Catherine Shoard “Jane Fonda: I have been raped and was sexually abused as a child” https://www.theguardian.com/film/2017/mar/03/jane-fonda-sexual-abuse-brie-larson

「森友」を越えて、など

承前*4

日刊ゲンダイ』の記事;

第2の森友か 首相親友の学校法人に36億円の土地無償譲渡

2017年3月4日 10時26分

日刊ゲンダイDIGITAL

 国会では連日、安倍首相昭恵夫人が名誉校長に就任していた小学校の新設予定地として、評価額9億5600万円の国有地が大阪市学校法人森友学園」にタダ同然で払い下げられた問題が追及されているが、こちらはケタが違う。愛媛県今治市が、安倍首相と昵懇の学校法人に16.8ヘクタール、36億円相当の土地を無償譲渡することが分かった。

 譲渡されるのは、今治新都市第2地区の高等教育施設用地。市はこの無償譲渡を盛り込んだ2016年度補正予算関連議案を3日開会の3月定例議会に上程、本会議で可決すれば正式決定となる。

 この土地に新設予定なのが、学校法人加計学園」が運営する岡山理科大獣医学部だ。学園の加計孝太郎理事長は、安倍首相米国留学時代からの親友。頻繁に食事やゴルフを楽しむ仲だ。第2次安倍政権になって以降、首相動静に12回も名前が登場する。昭恵夫人も交えて会うこともある。

 14年には、加計学園が運営する千葉科学大の10周年式典に安倍首相来賓として出席。「どんな時も心の奥でつながっている友人、私と加計さんもまさに腹心の友だ」と祝辞を送った。首相防衛大学校以外の大学の式典に出席するのは異例のこと。森友学園の籠池理事長より、はるかに懇意なのは間違いない。

安倍首相に近い学校法人今治市の土地をタダで手に入れ、しかも校舎の建設費や整備費まで市が負担するという。その額はなんと243.5億円と計上されています。規制の厳しい獣医学部が国内で新設されるのは52年ぶりですが、16年1月に今治市国家戦略特区に3次指定されたことで可能になった。今治市獣医学部の新設が認められない構造特区から国家戦略特区に変え、加計学園が参入できるようにしたのです」(今治市選出の福田つよし愛媛県議)

 今年1月、内閣府文科省獣医学部を新設する認可申請を受ける特例措置を告示、手を挙げたのは加計学園だけだったという。

 昭恵夫人は、加計グル―プの学校法人英数学館」に「安倍内閣総理大臣夫人」の肩書で、下村文科相(当時)夫人とともにメッセージを寄せたこともある。

 驚くことに、森友学園が新設する小学校の名誉校長に就任していた昭恵夫人は、“ゴル友学園”が運営する保育施設の名誉園長にもなっていた。産経新聞(15年9月20日付)に、こう書かれている。

安倍晋三首相昭恵夫人は19日、神戸市東灘区の認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」を訪問し、集まった保護者ら約60人を前に、「日本の英語教育」などをテーマに講演を行った。同園によると、安倍首相は、同園を運営する学校法人加計学園加計孝太郎理事長と古くからの友人で、同学園のグローバル教育に携わってきた昭恵夫人の名誉園長就任を受け、講演が実現した〉

 加計学園の事務局に事実関係を問い合わせたところ、「昭恵夫人に名誉園長に就任していただいたことは間違いない。現在も名誉園長のままです。今治市獣医学部は来年4月に開校予定ですが、土地の無償提供に関しては、私では分かりかねます」とのことだった。

 加計学園には、国からも税金が投入されている。文科省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」の対象校になっているのだ。14年度は予算総額34億円の事業で、申請があった237件から25件が選ばれた。その中に加計学園が運営する「千葉科学大学」と「倉敷芸術科学大学」の2件が入っている。

 安倍首相の周辺では、昭恵夫人を名誉校長にすると、漏れなく土地がタダ同然で手に入り、補助金までもらえる特別なシステムがあるのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/12751943/

「第2の森友」ということだけど、純粋に疑獄事件として考えれば、こちらの問題の方が深刻(重要)なのではないか。「森友学園」が大阪ローカルのいかれた中小企業なのに対して、「加計学園」の方は一応全国展開している大企業である。「御影インターナショナルこども園」って、「塚本幼稚園」とは正反対のイメージだよ。多分「塚本」にはそっぽを向くであろう「グローバル・インテリ」(笑)の方々も「御影インターナショナル」の方には心惹かれるかも知れない。

加計学園」については、http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20170303/1488499543も。

大阪ローカルに話を戻す。

朝日新聞』の記事;

森友学園の「連携合意」報告、相手法人は「事実無根」

石原孝

2017年3月5日05時00分

 学校法人森友学園」(大阪市)が4月開設を予定している小学校を巡り、先月開かれた大阪府の私学審議会で、「愛知県中等教育学校と推薦入学枠の提供で合意した」と報告されたが、この学校を運営する学校法人は「合意は事実無根」と否定している。府教育庁は「両者が合意したかは確認できておらず、報告に事実と異なる内容が含まれていれば指導する」としている。

 小学校は3月23日に開かれる予定の私学審議会議論を経て、府教育庁が認可すべきかどうか判断する方針だ。府関係者によると、2月22日に開かれた私学審議会で、学園側は新1年生と新2年生で80人ずつ募集したものの、入学予定者は40人と5人だったと報告。寄付金などに頼った収支想定も示されたが、委員から厳しい指摘が相次いだ。

 審議会で配られた資料では、学園側は新年度以降の児童確保に向けた取り組みの一つとして、「連携する(愛知県の)中等教育学校への推薦入学制度のアピール」とし、「本校卒業生に対する推薦入学枠を提供して頂くことで合意している」などとし、「定員の確保を実現する」としていた。

 だが、中等教育学校を運営する学校法人の広報担当者は「合意どころか、学校法人として何かやりとりをしたような記録もない。そもそも、特定の学校との間に推薦枠を設けておらず、設ける予定もない」と否定する。この中等教育学校は、英国の名門校などをモデルに設立された私立中高一貫の男子校で、全寮制による次世代リーダーの育成を掲げる。難関大学に進学する生徒も多い。

 府教育庁私学課は「証明責任は学園側にある。学校法人同士による正式な合意文書を出すよう、学園側に求めていく」と話す。

 森友学園の籠池(かごいけ)泰典理事長は2月13日に小学校用地の国有地購入の経緯などを説明して以降、朝日新聞取材に応じていない。代理弁護士は3月2日、鴻池祥肇防災担当相の会見に対する「反論」に応じて以降、取材に対応していない。(石原孝)

http://www.asahi.com/articles/ASK34554PK34PTIL00R.html

この「愛知県中等教育学校」というのは「海陽中等教育学校」のことだろうか*5。というか、『毎日新聞』は「海陽中等教育学校」の名前を出している;

森友学園>「愛知に推薦枠」報告、私学側は否定

毎日新聞 3/5(日) 19:44配信


 大阪市学校法人森友学園」が大阪府豊中市で開校を予定している小学校の認可を巡り、学園側が2月に開かれた府私立学校審議会(私学審)で、愛知県内の私立中等教育学校への推薦枠があると報告していたことが、府などへの取材で分かった。私立学校を運営する学校法人毎日新聞取材に「事実無根」と否定しており、府は「虚偽や不適切な報告であれば問題だ」として学園側に事情を聴くとともに、報告内容を証明する文書の提出を求める方針だ。

 府などによると、森友学園は2月22日にあった私学審の臨時会で、入学希望者の確保策を列挙した資料を配布した。その中に、愛知県にある海陽中等教育学校から、推薦入学枠を提供してもらうことで合意しているという内容が記されていた。

 しかし、同学校を運営する学校法人海陽学園」(同県蒲郡市)は5日の毎日新聞取材に「特定の学校に推薦枠を提供することはない。森友学園と協議した記録も残っていない。なぜ名前が挙がったのか困惑している」と答えた。海陽中等教育学校は、全寮制を特色とする中高一貫の男子校で、高い進学実績がある。

 府私学課は、森友学園に対し、海陽学園との合意文書の提出を求めるなど調査を進める。

 森友学園は4月に「瑞穂の国記念小学院」を開校予定で、23日に開かれる私学審の意見を踏まえて府が今月下旬、認可するかを判断する見通し。私学審への報告では、開校時の定員80人(各学年)に対し、入学・転入予定は1年40人、2年5人の計45人にとどまり、私学審委員の多くが財務状況を懸念している。府は14日までに、最新の入学予定者数などを踏まえた収支計画書などを提出するよう学園に指示しており、松井一郎知事は期限内に提出がなければ「認可のスケジュールに間に合わない」としている。【津久井達】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00000049-mai-soci

中の人

いや吃驚。まあそんなことで吃驚しているようだと、sumita-mの情弱ぶりも既に慢性の域に入ったな、と言われるかもしれない。でも、開く直るしかないね。


ちきりん中の人こと伊賀泰代さん、クックパッド社外取締役に」http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65883743.html


偶々読んだ。あのちきりん*6の正体は「伊賀泰代」なんだって! そうなんだ! この伊賀さん*7というのはWikipediaの項目になるほどの有名人なのだが*8Wikipediaの記述には「ちきりん」のちの字も出てこない。それはともかく、私のような情弱と違って事情通のHagex*9によれば、(少なくとも)ネット上では既に「常識」であるそうな*10。そして、

ちきりんさんを

伊賀泰代さんと呼ぶのは

スーパーストロングマシンに「お前、平田だろ」と

獣神サンダーライガーに「お前、山田だろ」と

エル・サムライに「お前、松田だろ」と

言うようなもので、インパクトはありそうで、無害である

https://twitter.com/yoheitsunemi/status/561474895549566976

という常見陽平*11の呟きを引いている。

もっと古い譬えでいうと、(初代)タイガーマスクに向って、お前は佐山だろ、というようなものか。或いは、草野進に向って、お前は蓮實だろ、というようなものか。

長友啓典

朝日新聞』の記事;

グラフィックデザイナー長友啓典さん死去 77歳

2017年3月4日19時55分

 雑誌や広告などで活躍したグラフィックデザイナーアートディレクター長友啓典(ながとも・けいすけ)さん*12が4日、死去した。77歳だった。葬儀は近親者で行う。

 大阪市生まれ。64年に桑沢デザイン研究所を卒業し、69年にイラストレーター黒田征太郎さんとデザイン事務所「K2」を設立。雑誌や広告、イベントなどで幅広く活躍した。「週刊朝日」のアートディレクターを務めたほか、「流行通信」「GORO」などの雑誌も手がけた。全日空の機内誌「翼の王国」ではエッセーも連載した。

 東京ADC賞や講談社出版文化賞を受賞。野坂昭如さん原作の「戦争童話集」*13の映像化にも、黒田さんらとともに取り組んだ。

http://www.asahi.com/articles/ASK3463TNK34UTFL00J.html

戦争童話集 (中公文庫)

戦争童話集 (中公文庫)

上の記事で言及されている雑誌のほかに、単行本(文庫本を含む)の装幀も多く手掛けている筈なのだが、そういったリストはちょっと探しただけでは見つからなかった。K2*14のサイトで紹介されているのは最近の作品だけだし。

See also


長友啓典」(東京イラストレーターソサエティhttp://www.tis-home.com/keisuke-nagatomo

長友啓典」(ArtLIFE MUSEUM the NET)https://www.art-life.ne.jp/creator/artist_top.php?artist_id=C0067

桂林へ

承前*15

2015年8月15日。

f:id:sumita-m:20150815164639j:image

f:id:sumita-m:20150815165658j:image

廣西壮族自治区柳州市内。

f:id:sumita-m:20150815172248j:image

f:id:sumita-m:20150815172346j:image

f:id:sumita-m:20150815172504j:image

f:id:sumita-m:20150815172522j:image

f:id:sumita-m:20150815172528j:image

f:id:sumita-m:20150815175151j:image

f:id:sumita-m:20150815175159j:image

f:id:sumita-m:20150815175358j:image

f:id:sumita-m:20150815175953j:image

f:id:sumita-m:20150815180015j:image

f:id:sumita-m:20150815180024j:image

f:id:sumita-m:20150815180100j:image

f:id:sumita-m:20150815180355j:image

f:id:sumita-m:20150815180402j:image

桂林市内*16

f:id:sumita-m:20150815180851j:image

f:id:sumita-m:20150815181043j:image

桂林駅。

Untitled

f:id:sumita-m:20151108171116j:image

徐家匯交差点*172015年11月8日。

f:id:sumita-m:20151109171251j:image

Costa Coffee*18@永新坊。2015年11月9日。

「バンサンカン」

2015年11月8日。

f:id:sumita-m:20151108113608j:image

水城南路*19

f:id:sumita-m:20151108120503j:image

f:id:sumita-m:20151108120515j:image

f:id:sumita-m:20151108120641j:image

f:id:sumita-m:20151108124752j:image

「バンサンカン」@万科広場。

f:id:sumita-m:20151108125528j:image

栄華東道*20

21世紀の神隠し?

毎日新聞』の記事;

<少女誘拐容疑>千葉の29歳男逮捕 富山県警

毎日新聞 3/4(土) 1:17配信


 未成年者と知りながら富山県西部に住む少女(17)を誘拐したとして、県警高岡署などは3日、千葉県習志野市藤崎の無職蓮田(はすだ)晃容疑者(29)を未成年者誘拐容疑で逮捕した。少女は蓮田容疑者が1人暮らしをしているアパートで3日に保護され、けがはないという。同署は蓮田容疑者の単独による事件とみている。

 容疑は今年2月14日にインターネットのサイトで知り合った少女を誘い出し、今月3日まで蓮田容疑者のアパートで支配下においたとされる。蓮田容疑者は「マジで逃げてきなよ」「なんもしなくていいから」などといって誘い出していたという。

 少女は拘束などはされていなかったという。誘い出された日に、家出をほのめかす書き置きが少女の自宅で見つかり、翌日、家族が行方不明の届けを警察に出していた。蓮田容疑者は一部を否認しているという。【古川宗】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000007-mai-soci

昔の人はこういう事件を神隠し*21といったのだろうか。

少女も蓮田に乗ってしまったということは、そもそも〈憧れる*22〉精神を有していたということだろう。まあ、10代後半の少年少女で〈憧れる〉精神を有しているというのはそう珍しいことではないだろう。特に、田舎のような狭い世界で暮らしている人なら。『君の名は。*23の三葉もそうだった。(『君の名は。』の舞台である飛騨からもそう遠くない)越中高岡でどんな事情があったのか。また、蓮田の動機は? 例えば寺内樺風*24のことは意識していたのかどうか。

さて、この事件に注目してしまった理由のひとつには、この事件の舞台が「千葉県習志野市藤崎」だということ。「藤崎」*25は私の実家の近所だよ。ただ、(たしか)1丁目から7丁目まであるのだけど。

なお、神隠しということで、「日本古来からの怪現象「神隠し」の謎を考察!」という記事を読んだ*26。ちょっと話を広げすぎだよとは思うけれど、面白い文章であることは否定できない。また、小松和彦先生の『神隠しと日本人』をマークしておく。

神隠しと日本人 (角川ソフィア文庫)

神隠しと日本人 (角川ソフィア文庫)

*1:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070525/1180116786 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161024/1477328511

*2http://www.brielarsonmusic.com/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Brie_Larson https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

*3:See wg. Abigail Trafford “Mothers, Lost And Found” http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/05/02/AR2005050201334.html https://en.wikipedia.org/wiki/Frances_Ford_Seymour

*4http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487910099 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170226/1488077743 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170228/1488291005 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170303/1488508478

*5http://www.kaiyo.ac.jp/ See eg. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%99%BD%E4%B8%AD%E7%AD%89%E6%95%99%E8%82%B2%E5%AD%A6%E6%A0%A1 See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060408/1144471534 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060411/1144754380 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20131027/1382840942

*6http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/ https://twitter.com/InsideCHIKIRIN/ See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081029/1225285895 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090213/1234543149 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090720/1248108412 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091028/1256753819 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100224/1267021071 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110407/1302191011 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120113/1326474831 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140802/1406943404 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141114/1415939308 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150126/1422251766

*7http://igayasuyo.com/

*8https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%B3%80%E6%B3%B0%E4%BB%A3

*9:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060517/1147842324 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060730/1154264777 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130706/1373065950 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150301/1425180108 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150302/1425270419 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160708/1467944818

*10:「ちきりん伊賀泰代は公然の事実なの?」http://hagex.hatenadiary.jp/entry/2016/12/13/103547

*11:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120117/1326765580 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130507/1367890012 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161231/1483207201

*12http://brash.glam.jp/nagatomo/ See eg. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%8F%8B%E5%95%93%E5%85%B8

*13:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20151211/1449803224

*14http://www.k2-d.co.jp/

*15http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170226/1488078774 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170228/1488261224 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170302/1488431476

*16:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060211/1139677446 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080908/1220847493 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110513/1305220272 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110716/1310785814 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140822/1408641016 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150204/1423022885 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161118/1479437147

*17:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060121/1137849014 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140906/1409963758 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150307/1425691623 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150307/1425709260 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150309/1425829682 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150316/1426433865 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150329/1427564993 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150614/1434248435 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150716/1437060750 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160724/1469324398 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160728/1469675912 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160731/1469973754 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470198642 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160813/1471049288 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160816/1471324982 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160820/1471626387 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160822/1471831883 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160823/1471919057 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160826/1472232238 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160908/1473301109 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160916/1474045656 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160919/1474305974 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161119/1479576163 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161121/1479749822 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161126/1480183521 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161205/1480959084 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161222/1482436066 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161228/1482930979 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170213/1486993934 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170215/1487128733 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487700640 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170223/1487816759 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487948052

*18http://costa.co.uk/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Costa_Coffee See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150610/1433869848 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150712/1436722917

*19:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150527/1432697783 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150712/1436722917 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160820/1471626387 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161128/1480355888 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170215/1487131763

*20:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150527/1432697783 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150628/1435449553 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150629/1435603957 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160820/1471626387 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160924/1474734304 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161128/1480355888 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170215/1487131763

*21:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150619/1434685712

*22:あこがれるではなくあくがれると念むこと。

*23:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161211/1481482837 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161213/1481600217 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170222/1487782339

*24:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160328/1459132113 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160329/1459217548 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160330/1459303690 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160331/1459388896 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160415/1460657596 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161104/1478225290 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160624/1466739319 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161203/1480790613

*25:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130413/1365875653

*26http://news.livedoor.com/article/detail/8809728/