Living, Loving, Thinking

2017-04-24

象牙

象牙の箸 (中公文庫 M 12-2)

象牙の箸 (中公文庫 M 12-2)

邱永漢のエッセイ集に『象牙の箸』というのがあったのだが。

Pádraig Collins “Victorian-era ivory sex toy generates excitement at Irish auction” https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2017/apr/22/victorian-era-ivory-vibrator-generates-excitement-at-irish-auction


先週末、アイルランドで、19世紀ヴィクトリア朝につくられた、象牙製の張形、すなわち独り寝の女性の友がオークションにかけられた。或る著名なアイルランド系の家族の箪笥から発見されたもので、その歴史を辿ると、最初のオーナーが1840年代に印度で象を殺して、その牙をアイルランドに持ち帰り、19世紀後半、中国にて男性器のかたちに加工された。ケースはアイルランドでつくられている*1

また、ヴィクトリア朝に「ヴァイブレイター」は発明されたか問題;


Fern Riddell*2 “No, no, no! Victorians didn’t invent the vibrator” https://www.theguardian.com/commentisfree/2014/nov/10/victorians-invent-vibrator-orgasms-women-doctors-fantasy


ところで、これ、アイルランド国外に持ち出すことはできるのか。

第2ラウンドへ

Angelique Chrisafis “ It's Macron or Le Pen after first round of France's presidential election” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/23/macron-set-to-face-le-pen-after-first-round-of-french-presidential-election



昨年11月の米国における悲喜劇*3仏蘭西でも再演? と一瞬気分も落ち込んだのだが、 エマニュエル・マクロンが殆ど鼻の差でマリーヌ・ル・ペン*4をリードしているようだ。

The independent centrist Emmanuel Macron has topped the first round of the French presidential election and will face the far-right Front National’s Marine Le Pen in a standoff marked by anti-establishment anger that knocked France’s traditional political parties out of the race*5.

Macron topped Sunday’s first round with 23.75% of votes, slightly ahead of Le Pen with 21.53%, according to final results from the interior ministry. Macron, 39, a political novice, now becomes the favourite to be elected as France’s next president. He is the youngest ever French presidential hopeful*6 and has never run for election before.

朝日新聞』の記事;

仏2大政党、歴史的な敗退 支持者「腹立って仕方ない」

パリ=松尾一郎、津阪直樹、エナンボモン=稲田信司

2017年4月24日11時42分


 わずか数ポイント差の得票率で明暗が分かれた。上位4候補による異例の混戦となったフランス大統領選の第1回投票。決選投票に進む見通しのエマニュエル・マクロン経済相(39)とマリーヌ・ルペン右翼国民戦線(FN)党首(48)は5月7日の決選投票に向けて引き締めを図る。一方、歴史的な敗退が決まった2大政党の支持者からは落胆の声が漏れた。

 パリ市内の国際会議場に集まったマクロン氏の支持者らは、午後8時の投票終了直後に得票率予測が発表されると大きな歓声をあげた。親欧州連合(EU)を掲げるマクロン氏の陣営らしく、フランス国旗とEU旗が並んで揺れた。午後10時過ぎに登場したマクロン氏は「名誉とともに、重大な責任を実感している」と演説した。だが陣営幹部のアイム報道担当は「まだシャンパンのボトルは開けない」と慎重だった。

 大手銀行勤務のクレア・ギノさん(28)は「最大の関心は欧州との関係。欧州との協調は銀行に限らず、だれにとっても重要だ」と語った。アフリカギニア出身のラミン・トラオレさん(32)は「私は欧州人。グローバル化の時代に国境を閉じろというのはおかしい」と話し、移民規制やEU離脱の国民投票公約とするルペン氏を批判した。

 かたや仏北部エナンボモン市のルペン陣営の会場。大画面にルペン氏の決選投票進出の速報が映し出されると、「ウォー」と歓声がとどろいた。数百人の支持者は国旗の三色旗を振り回し、「マリーヌ、大統領、マリーヌ、大統領」と連呼した。

 ルペン氏は「歴史的好機が来た。争点は、我々の文明を脅かす野蛮なグローバル化を止められるかどうかだ」と親EUのマクロン氏との対決を強調した。

 運輸会社勤務のパトリック・ジュンケールさん(31)は「マリーヌは政権に就いたことがない。そこが一番の魅力なんだ」。オランド政権経済相だったマクロン氏を「単なる焼き直し」と切り捨てた。

 3位に沈んだ最大野党・共和党フランソワ・フィヨン氏(63)陣営。パリ市内の選挙事務所の前に置かれた大型ビジョンに得票率予測が映し出されると、頭を抱えたり、涙ぐんだりする支持者が相次いだ。

 技術コンサルタントのピエール・モンフォールさん(65)は「ドイツメルケル首相やトランプ米大統領と張り合える、国際的に実績のある人物だったのに」と残念がった。フィヨン氏は当初、最有力視されていたが、公金による妻の架空雇用疑惑で支持率を落とした。疑惑についての報道をめぐって、取材陣に不満をぶつける人もいた。

 11候補中5位と歴史的な惨敗を喫した政権党社会党、ブノワ・アモン氏(49)はメディアの得票率予測が流れた午後8時すぎ、早々と「この痛ましい結果について全責任をとる」と敗北宣言。ギヨム・ジラールさん(36)は「腹が立って仕方がない。左派はバラバラだった」と語った。

 左翼のジャンリュック・メランション欧州議会議員(65)は午後10時ごろ、支持者の前で「結果は尊重する。決選投票に向け何をすべきかは、今は何も言わない」と話した。前回の2012年選挙でもメランション氏に投票したというレストラン経営者フローラン・ダゴベルさん(27)は「終盤の追い上げに期待していたが」と悔やんだ。(パリ=松尾一郎、津阪直樹、エナンボモン=稲田信司)

http://www.asahi.com/articles/ASK4S20NWK4SUHBI00L.html

投票日の直前に巴里ではテロがあり、警官が1名殉職するということがあった*7。このテロの影響は如何程のものだったのだろうか。ドナルド・トランプは、このテロ大統領選挙に対して「大いなる効果(big effect)」を持つだろうと不気味な呟きをしていたのだった*8

歌奴、敢えて

朝日新聞』の記事;

落語家三遊亭円歌さん死去 「授業中」などで人気

2017年4月24日12時08分


 「授業中」「中沢家の人々」といった新作落語を得意にした落語家で元落語協会会長の三遊亭円歌(さんゆうてい・えんか、本名中沢円法〈なかざわ・えんぽう〉)さんが23日、死去した。88歳だった。警視庁によると、23日午前11時ごろ、東京都内の自宅で倒れ、病院に運ばれたという。

 東京都生まれ。山手線新大久保駅員を経て終戦直後の1945年、二代目三遊亭円歌に入門し歌治、48年に二つ目で二代目三遊亭歌奴に。自らの吃音(きつおん)体験を表現として生かし、「山のあなたの空遠く」で始まるドイツ詩人カール・ブッセの詩を朗読する場面で「山のアナ、アナ……」と織り込む「授業中」などで人気を集めた。ほかにも「浪曲社長」「月給日」などテンポの良い自作落語を送り出し、寄席の慣例を破って初代林家三平と共に二つ目でトリを務めた。

 58年に真打ち昇進、70年に三代目円歌襲名した。後年は両親や義父母を題材にした新作「中沢家の人々」でも、愛情ある語り口で笑いをとった。85年に56歳で出家して話題になった。96〜06年に落語協会の会長を務めた。71年度の芸術祭優秀賞、92年の浅草芸能大賞などを受けた。

 戸籍上は「1932年生まれ」となっているが、実際は「1929年生まれ」。空襲で焼失した後、戸籍を作り直す際に家族が間違えたためという。

http://www.asahi.com/articles/ASK4S326SK4SUCVL006.html

スポーツニッポン』の記事;

三遊亭円歌さん死去 88歳 テレビ創生期に三平円楽らと落語人気支える


 戦後の寄席復興に尽力し、「授業中」「中沢家の人々」などの新作落語から古典落語までこなす“爆笑王”として幅広く演芸ファンに愛された落語協会最高顧問三遊亭円歌(本名中沢円法=なかざわ・えんぽう)さんが23日、死去した。88歳。東京都出身。葬儀・告別式は未定。5月にも高座の予定が入っており、入退院を繰り返しながらも最後まで現役を貫いた。

 関係者によると、円歌さんは23日の昼ごろに自宅で容体が急変し、都内の病院に救急搬送されたが帰らぬ人となった。今年に入ってから寄席を度々休演するなど入退院を繰り返していたとみられる。昨年末から1月にかけて、高座を終えると緞帳(どんちょう)が下りてから、弟子に支えられて舞台袖に向かうなど体調が優れなかった。周囲には「声がよく出ない」とも話していた。

 昨年11月に亡くなった3歳上のフリーアナウンサー小川宏さんとは幼なじみ。当時は「今は足が動かなくて。年をとるのはいやだね」と笑い交じりで話していた。

 元々は国鉄職員で、戦時中に空襲に遭っても寄席に通うほど落語好き。終戦後に2代目三遊亭円歌に入門した。親の反対を押し切って進んだ道だったが、最初の10年は戦後の混乱期でファン寄席には寄りつかなかった。そんな崩壊寸前の落語界を救ったのが当時「三遊亭歌奴」と名乗っていた円歌さんと、5代目三遊亭円楽さん、初代林家三平さん。テレビ創生期の演芸番組に出演し、円歌さんは「山のあな、あな」で有名な新作落語「授業中」などで大人気となり、寄席に客を戻した。

 テレビでも人気者となったが落語へのこだわりは強かった。初期「笑点」の大喜利メンバー(69〜70年)で「落語なのに何で6人でやるの?」と疑問に感じ辞めている。

 型破りな面もあった。56歳の時には東京本所日蓮宗本法寺得度剃髪(ていはつ)式を行った。「昔から憧れだったんだよ」と話し、その後には僧侶として史上初めて高座に上がった。ほかにも落語界史上初の女性真打ち・三遊亭歌る多(54)を育てた。

 1980年代後半には身延山山梨県)の寺で修行した時に心筋梗塞で入院。その後、胃がんを患ったことを明かしていた。2000年12月には胃の3分の2とポリープを摘出する手術を受けたが、大好きなお酒をやめることもなかった。

 空襲戸籍が消失し、提出し直した祖母が間違えたため本当は88歳だが、戸籍上は85歳。5月27日には東京三越劇場で「米寿を祝う会」を予定していた。最後まで現役にこだわった落語人生だった。

 ◆三遊亭 円歌(さんゆうてい・えんか)本名中沢円法(なかざわ・えんぽう)。1929年(昭4)1月10日、東京都墨田区出身。45年に2代目三遊亭円歌に入門、前座名は歌治。48年に二つ目に昇進し、2代目三遊亭歌奴と名乗る。58年に真打ち昇進。70年に3代目三遊亭円歌襲名した。71年、「三味線栗毛」で文化庁芸術祭優秀賞受賞。85年に得度し、法名は本遊院円法日信。92年浅草芸能大賞受賞。落語協会では87年に副会長、96年に会長就任、06年から最高顧問を務めていた。

[ 2017年4月24日 05:30 ]

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/24/kiji/20170423s00041000548000c.html

「授業中」という噺の筋は忘れているのに、「山のアナ、アナ……」は覚えているぞ。それは俺にとってかなり早期に属する記憶。「円歌」以前の「歌奴」という名前も。

(俺同様に)「吃音*9だったという。『スポニチ』の記事に小川宏*10と「幼なじみ」だったということが出てくるが、Wikipediaからちょっと引用しておく;

「授業中」「浪曲社長」「月給日」には登場人物に吃音者が出てくるが、それは彼自身もまた吃音者であったからである。CD「中沢家の人々完全版」によると、近所に住んでいた幼馴染で後にアナウンサーとなる小川宏吃音者で、真似をしていたら自分もなってしまったという。落語家になった理由もそれの克服だが、入門時に(落語家への入門を懇願され、)激怒した親から戸籍を外されてしまった。また、吃音者であることは駅員時代にも災いし、偶然同じく吃音者だった旧日本軍の人間の接客をしていた際、つられてどもって話していたところ、マネしてバカにしていると勘違いして激怒した軍人に危うく切り捨てられそうになった。やはり吃音癖のある二代目円歌に弟子入りしたのは偶然であったという。以上の吃音に関する(いささか誇張も混じっていると思しい)エピソードは3代目本人の語るところによるものであるが、7代目立川談志は「あれは師匠に合わせた誇張で、(3代目)圓歌兄さんはどもっちゃいない」と生前に語っている。真偽は定かでない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%81%8A%E4%BA%AD%E5%9C%93%E6%AD%8C

まあ、「吃音者」であったのに/であったからこそ、アナウンサーとか噺家とか教師といった喋る仕事を選んだという人は少なくないと思う。

さて、『スポーツ報知』の記事;

春風亭小朝ブログを更新 円歌師匠をしのぶ… 

スポーツ報知 4/24(月) 12:15配信



 落語家春風亭小朝(62)が24日、ブログを更新した。

 「三遊亭円歌師匠がお亡くなりになりました 師匠漫談があまりにもウケるので、その息をつかもうと、高座で喋っている師匠と同じようにやってみたけどうまくできなかったと談志師匠が嘆いたのは有名な話 山下達郎さんが師匠の追っかけだったってご存知ですか」と、23日に亡くなった落語協会最高顧問三遊亭円歌さんをしのんだ。

 また「個人的には 君に合うからと、染色という噺を薦めて下さったことや 昨年、浅草演芸ホールの楽屋で 小朝君、身体を大事にしてくれよとおっしゃるので、僕が笑いながらハイと答えたら すっと真顔になって、いやマジだからな、とおっしゃったのが強く印象に残っています」と思い出を語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000135-sph-ent

小朝師匠、しみじみと「三遊亭円歌さんをしのん」でいるうちに、自らの尻が炎上していたのだった。

日刊スポーツ』の記事;

泰葉ブログで告白、小朝から「20年にわたり虐待

記事提供:日刊スポーツ

2017年4月24日


 歌手でタレントの泰葉(56)が24日、ブログを更新し、元夫で2007年(平19)離婚した春風亭小朝(62)から、20年にわたって虐待を受けていたと告白した。

 「私、泰葉海老名泰葉は元夫、春風亭小朝事花岡宏行を20年にわたる暴行 Domestic violence いじめ Power hrunsement 異常性行為 Sexcial hrunsement 全てを網羅した虐待をここに告発します。私の双極性障害の原因は、この虐待によるものでした」(原文のまま)

 16年9月に「双極性障害」から復帰したが、その原因が小朝にあったと指摘した。

 さらに「階段から突き落とされ肋骨にヒビが入る怪我をしたり生命の危険を感じる暴行を加えられた」とし、「私も悪いのです(中略)通報する勇気があればよかったのです。本当に長い長い苦しみでした。よく耐え忍んだと思います。この告発にはどれほどの葛藤と勇気が必要でどれほど悩み抜いたかどうかご理解ください」ともつづった。

 そして「受け止めてくれた私のファン応援してくれる友人、最大の理解を示したブレーンに感謝します暖かく見守ってくれている私の大切な家族にも。。。」とつづった。

 そして、最後に「これから皆様と共に検証していきたいと思います。よろしくお願いします。最後に愛する祖母海老名歌の言葉を『辛抱する木に実はみのる』実るといいな!」と、自身の告発した内容について、検証していく考えを示した。

http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01704240025.html

Tony Kim

朝日新聞』の記事;

北朝鮮米国籍の大学教授を拘束か 抑留の米国人3人に

ソウル=牧野愛博

2017年4月23日16時57分

 中国吉林省延辺大学科学技術学院の男性教授が先週、平壌北朝鮮当局に拘束されたと、北朝鮮関係筋が明らかにした。男性は50代で米国籍という。拘束が事実であれば、北朝鮮が抑留する米国人は3人目になる。北朝鮮国営メディアは23日現在、事件について報じていない。

 同筋によれば、男性教授は1カ月ほど前に訪朝しており、出国する間際に拘束されたという。米韓関係筋によれば、米政府も同様の未確認情報を入手しているが、北朝鮮米国の利益を代表するスウェーデン大使館事実関係を確認していないという。(ソウル=牧野愛博)

http://www.asahi.com/articles/ASK4R54YCK4RUHBI02F.html

“US citizen detained by North Korea as Japanese ships join war games” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/23/north-korea-detains-us-citizen-japanese-ships-us-war-games


ガーディアン』の記事によると、「延辺大学」というのは以前の所属先で、現在は(3月から)「平壌理工大学」で「会計」を教えているという。

The detained American, according to Park Chan-mo, the chancellor of the Pyongyang University of Science and Technology, is Tony Kim, who also goes by his Korean name Kim Sang-duk.

Park said Kim, who is in his 50s, taught accounting at the university for about a month. He said Kim was detained by officials as he was trying to leave the country from Pyongyang’s international airport.

The Swedish embassy in Pyongyang said it was aware of a Korean-American citizen being detained recently, but could not comment further. The embassy looks after consular affairs for the US in North Korea because the two countries do not have diplomatic relations.

Park said Kim had taught at the Yanbian University of Science and Technology in China before coming to Pyongyang. He said he was informed that the detention had “nothing to do” with Kim’s work at the university but did not know further details.

As of Sunday night in Pyongyang, North Korea’s official media had not reported on the detention.

Though no details on why Kim was detained have been released, the detention comes at a time of unusually heightened tensions between the US and North Korea. Both countries have recently been trading threats of war and having another American in jail will probably up the ante even further.

「対決映画」

http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20170329


Washburn氏の春の「ベストテン」に参戦するのは初めて。

今回は「タイトルに、対決する両者の名前が明記されているものが対象となります」とのこと。うむ。〈裏技〉を使うことを最初に言っておきます。「タイトル」といっても、英語、中国語、日本語のうちのどれかで「対決」が表現されていればOKということにします。

順不同ということで。


エマニュエル・ローラン『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールトリュフォー*11

深作欣二県警対組織暴力*12

深作欣二『ジャコ萬と鉄』*13

本多猪四郎モスラ対ゴジラ

ロバート・ロペス&クリストフ・ベックアナと雪の女王*14

サム・ペキンパービリー・ザ・キッド21歳の生涯』*15

王家衛楽園の瑕*16

張婉婷『宋家の三姉妹*17

セルジオ・レオーネ『続・夕日のガンマン』

鄭保瑞『西遊記 孫悟空vs白骨夫人』

県警対組織暴力 [DVD]

県警対組織暴力 [DVD]

ジャコ萬と鉄 [DVD]

ジャコ萬と鉄 [DVD]

楽園の瑕 [DVD]

楽園の瑕 [DVD]

宋家の三姉妹 [DVD]

宋家の三姉妹 [DVD]

「対決映画」ということで先ず最初に思いついたのは、ジャン=リュック・ゴダールフランソワ・トリュフォーの出会いと決裂を再構成したエマニュエル・ローランのドキュhメンタリーだった。邦題では、「ゴダール」と「トリュフォー」の名前入り。ほんとはこれ1本で十分なのだが、それだとちょっとあまりにアレな感じもして、頭を国士もとい酷使しつつ、あと9本を捻り出してみた。(ボブ・ディランも出ている)ペキンパーの『ビリー・ザ・キッド』は原題ではPat Garrett and Billy the Kid王家衛の『楽園の瑕』の原題中国語)は『東邪西毒』。主人公である「東邪」と「西毒」の友情のような対立のような関係が表現されている。『続・夕日のガンマン』の原題(伊太利語)はIl buono, il brutto, il cattivo、英語ではThe Good, the Bad and the Ugly*18。『アナ雪』と『宋家の三姉妹』は邦題から。そういえば、既に投票した人たちを見ても、管見の限り、『アナ雪』に入れた人はいないぞ。みんな、アナとエルサの対決という側面を重視していないということなのか。それとも、たんにこの「ベストテン」に参加する人は『アナ雪』のようなディズニー系とあまり縁がないということにすぎないのか。『アナ雪』は穴だった!

南青山6丁目

2015年11月19日。

f:id:sumita-m:20151119111831j:image

f:id:sumita-m:20151119111948j:image

港区南青山6丁目。

f:id:sumita-m:20151119112426j:image

f:id:sumita-m:20151119113541j:image

f:id:sumita-m:20151119121744j:image

「ブルーストーン」*19南青山6丁目。

f:id:sumita-m:20151119122822j:image

南青山6丁目。

金山区廊下

日曜日、息子の幼稚園の遠足で金山区に行った。一応は上海市内なのだが、金山区は列車で通過したことはあるものの*20、今まで足で踏んだことはなかった。「廊下」という町。

No connection, maybe

承前*21

朝日新聞』の記事;

「7億円運ばせた」名乗る社長、福岡現金強奪の関与否定

原篤司、一條優太

2017年4月21日19時58分


 福岡空港国際線で20日に7億円超の現金を国外へ持ち出そうとしたとして、韓国籍の男4人が関税法違反の疑いで逮捕された事件で、「自分が運ばせた」と名乗る韓国ソウル自動車販売会社の男性社長(42)が21日、朝日新聞取材に応じた。高級輸入車の購入代金として預かったものだと説明し、福岡天神で20日昼に起きた3億8400万円強奪事件とは、「全く関係がない」と否定した。

 社長の説明によると、東京日本人男性から、伊フェラーリの高級車「ラ・フェラーリ」2台を受注した。20日午後5時ごろ、男性が準備した2台分の代金約7億3500万円を福岡空港で受け取り、自社の社員4人に香港まで運ばせようとしていたという。

 現金決済にした理由は「銀行振り込みとかだと、あとで取引が成立しなかった場合、お金を戻すのが大変になるから」と説明。「過去にも何回か同様に現金を運ばせたことがあるが、日本の法律に触れるとは思わなかった」と述べた。

 また、福岡天神で起きた3億8400万円強奪事件については「偶然そういうことが同じ日に起きて、びっくりした。この強奪事件がなかったら、関税法違反で逮捕されるほどでもなかったのでは。大げさになって苦しい」と話した。

 福岡県警は、この社長や、車を購入しようとしたという日本人男性から事情を聴き、取引や現金輸送の経緯を調べる。(原篤司、一條優太)

http://www.asahi.com/articles/ASK4P61TMK4PTIPE03B.html

西日本新聞』の記事;

福岡強奪事件>韓国人の男ら、関与を否定 被害男性が証言した犯人の特徴とも異なる

西日本新聞 4/21(金) 6:25配信



 20日午後0時25分ごろ、福岡市中央区天神1丁目の駐車場で、東京都足立区の会社員男性(29)が男らに催涙スプレーのようなものを顔に吹き付けられ、銀行から引き出したばかりの現金約3億8400万円を奪われた。被害男性の説明では男は3人組とみられ、白いワンボックスカーで逃走した。福岡県警によると、被害男性は「金塊を買い付ける予定だった」と説明。県警は、現金を引き出すタイミングを狙った計画的犯行とみて、強盗致傷事件として、155人態勢の捜査本部を設置した。警察庁によると戦後の現金強奪事件の被害額としては4番目の多さ。


 一方、県警は同日夜、福岡空港国際線ターミナルで数億円を所持した韓国人の男ら4人を発見。出国しようとしていたが、現金を持ち出すための必要な手続きをしていなかった。任意の事情聴取に「知人から頼まれて現金を預かった」との趣旨の話をしており、関与を否定しているという。

福岡強奪事件>韓国人の男ら、関与を否定 被害男性が証言した犯人の特徴とも異なる



 捜査関係者によると、被害男性は都内の貴金属店に勤務。19日もほぼ同額の現金を引き出して取引をしていた。空港の男らは被害男性が証言した犯人の特徴と異なる上、持っていた金額も数億円多く、ケースも違うといい、事件との関連を慎重に捜査している。

 県警によると、被害男性は「みずほ銀行福岡支店」で現金を引き出した後、約50メートル離れた駐車場へ行き、現金が入った黒のスーツケースを車の後部座席に積み込もうとしたところ、背後からいきなり催涙スプレーをかけられて襲われた。男性は顔に軽いけが。

 男らは奪ったスーツケースを駐車場に止めていたワンボックスカーに積み込むと、出入り口のバーをへし折って逃走。周辺の複数の防犯カメラには、信号無視をしながら猛スピードで走るワンボックスカーが写っていた。

 被害男性は出張で18日から福岡市に来ており、銀行には事前に現金を引き出すことを伝えていたという。

 襲った男のうち1人は30〜40代で身長175センチくらい。細身で灰色の作業服の上下に、白いマスクを着用。もう1人は身長170〜175センチで、がっちりした体格。黒っぽい服の上下に白いマスクをしていた。もう1人について、被害男性は「覚えていない」と話しているという。

 福岡市では昨年7月、JR博多駅付近で、貴金属買い取り店に運搬中の6億円相当の金塊が盗まれる事件が起きている。

 現場は、九州最大の繁華街天神地区の一角。オフィスビル商業施設が立ち並び、近くには福岡中央署や市役所がある。

=2017/04/21付 西日本新聞朝刊=

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00010000-nishinpc-soci

また、『朝日新聞』;

現金強奪と7億円所持「明確な接点ない」 捜査幹部

2017年4月21日23時01分

 福岡市中央区の駐車場で20日昼、3億8400万円が奪われた強盗致傷事件で、被害に遭った東京都の男性(29)は貴金属関連会社に勤めており、金塊の取引のために現金を引き出したと話していることが捜査関係者への取材でわかった。福岡県警は、何者かがこうした情報や現金の動きを把握し、計画的に襲撃したとの見方を強めている。

 捜査関係者などによると、男性は18日に福岡を訪ね、事件当日に現場近くの銀行で3億8400万円を引き出した。県警に「金塊を買うためだった」と話しているという。

 事前に引き出しの連絡を受けていた銀行側は、現金を確保するために日本銀行から紙幣を調達した。男性は事件以前にも福岡で現金を引き出し、同様の取引をしたことがあったという。

 男性は現金を大型のスーツケースに入れ、約100メートル南にある駐車場のレンタカーに戻った直後に男2人に襲われ、ケースごと奪われた。男らが逃走に使った白いワゴン車も同じ駐車場内に止められており、待ち伏せしていたと県警はみる。

 一方、県警は21日、7億円超の現金を海外へ持ち出そうとした関税法違反(無許可輸出予備など)容疑で韓国籍の男4人を逮捕。県警は認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、4人は強奪事件への関与を否定しているという。

 強奪現場で目撃された男2人と、逮捕された男らは身体的な特徴が合わないといい、捜査幹部は「現時点で両事件に明確な接点はみられない」としている。

 生活経済課によると、4人は福岡空港国際線ターミナル福岡市博多区)で20日午後6時から同11時すぎまでの間に、計約7億3500万円の現金を所持していたのに申告せず、無許可で香港国際空港出国しようと準備した疑いがある。

http://www.asahi.com/articles/ASK4P6G1VK4PTIPE03Y.html

Untitled

2015年12月7日。

f:id:sumita-m:20151207092212j:image

騰飛大厦*22

f:id:sumita-m:20151207125715j:image

天鑰橋路・南丹東路の交差点*23

f:id:sumita-m:20151207134507j:image

天鑰橋路・零陵路の交差点*24

f:id:sumita-m:20151207153554j:image

easy家楽福@星游城*25

f:id:sumita-m:20151207160251j:image

CityDia*26。龍山新*27

f:id:sumita-m:20151207164253j:image

f:id:sumita-m:20151207164308j:image

f:id:sumita-m:20151207165122j:image

f:id:sumita-m:20151207171332j:image

永新坊。

*1:See Jennifer O'Connell “Yes, yes, yes: It’s a Victorian-era Irish sex toy” http://www.irishtimes.com/life-and-style/homes-and-property/fine-art-antiques/yes-yes-yes-it-s-a-victorian-era-irish-sex-toy-1.3053816

*2https://twitter.com/FernRiddell See eg. http://kcl.academia.edu/FernRiddell

*3:See eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161109/1478709983

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130520/1368976560 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130523/1369282829 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141017/1413512807 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150209/1423495421 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160624/1466786481 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161110/1478789303 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170131/1485829465 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170228/1488248855

*5:See Jon Henley, Helena Bengtsson and Caelainn Barr “Across Europe, distrust of mainstream political parties is on the rise” https://www.theguardian.com/world/2016/may/25/across-europe-distrust-of-mainstream-political-parties-is-on-the-rise

*6:See Jon Henley “Emmanuel Macron v Marine Le Pen: who are they and what are their policies?” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/23/france-presidential-le-pen-macron-melenchon-fillon-first-round-vote

*7:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170421/1492738870 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170422/1492873109

*8:See Jon Henley “Paris gunman served more than 12 years in jail for shooting at police” https://www.theguardian.com/world/2017/apr/21/paris-shooting-police-search-property-as-isis-claims-responsibility

*9:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060206/1139201519 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060508/1147053507 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20061204/1165239463 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110228/1298914921 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140820/1408505153

*10:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161206/1480989009

*11http://www.cetera.co.jp/nv/ See eg. 高野てるみ「『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールトリュフォーヌーヴェルヴァーグアイドル、二人の男の真実の物語。」http://dacapo.magazineworld.jp/cinema/59351/ Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110612/1307878027 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20120706/1341591283

*12:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160706/1467779647 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170124/1485230636

*13:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141118/1416325456

*14:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140626/1403801240 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140829/1409340359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150102/1420162095 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150709/1436464381 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160726/1469552044 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160903/1472925464

*15:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130722/1374493529

*16:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080521/1211335728 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100705/1278256021 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110823/1314112677 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140929/1412004888 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160525/1464104050

*17:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080806/1218028504

*18:See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/The_Good,_the_Bad_and_the_Ugly https://it.wikipedia.org/wiki/Il_buono,_il_brutto,_il_cattivo https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%9A%E3%83%BB%E5%A4%95%E9%99%BD%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3

*19:See eg. https://bluestone-omotesando.jimdo.com/ https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13044335/

*20:See eg. http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170316/1489631524

*21http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170421/1492740961

*22:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140922/1411397146 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150310/1425945524 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150423/1429807046 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150526/1432644633 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150528/1432784630 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150607/1433642857 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150610/1433863759 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150619/1434641534 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150629/1435547927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150702/1435763658 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150711/1436580943 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150725/1437781744 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160827/1472306274 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161105/1478368914 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161121/1479702561 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161219/1482121726 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170104/1483541357 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170117/1484630368 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487700640 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170309/1489073745 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170318/1489801876

*23:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140906/1409963758 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141013/1413170263 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150430/1430364624 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150709/1436446927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150722/1437499117 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160724/1469370652 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470198642 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160823/1471919056 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160913/1473733322 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160919/1474305974 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160920/1474385358 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160923/1474599558 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161005/1475620237 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161011/1476205651 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161104/1478233854 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161105/1478368914 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161107/1478496483 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161126/1480183521 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161222/1482436066 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161226/1482724524 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161228/1482930979 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161231/1483148739 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170102/1483284153 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170123/1485138305 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170125/1485364218 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170208/1486554212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170211/1486823368 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170213/1486993934 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170217/1487298340 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170220/1487522213 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487700640 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170227/1488212009 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170301/1488389185 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170306/1488776150 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170314/1489517202 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170323/1490291432 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170324/1490378551 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170330/1490893995 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170402/1491145304 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170411/1491888252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170414/1492197656

*24:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150528/1432784630 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150617/1434466929 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150629/1435547927 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150705/1436103369 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150729/1438140589 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160726/1469489315 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470198642 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160806/1470479924 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160816/1471324982 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160908/1473301109 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161016/1476624251 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161019/1476855359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161023/1477234007 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161104/1478233854 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161121/1479749822 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161222/1482436066 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161224/1482557431 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161225/1482691223 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161226/1482724524 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161228/1482930979 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170123/1485138305 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170125/1485364218 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170130/1485789247 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170211/1486823368 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170217/1487298340 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170217/1487349223 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170221/1487700640 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170224/1487948052 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170302/1488470274 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170307/1488901997 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170307/1488901996 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170314/1489517202 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170323/1490291432 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170327/1490588782 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170401/1491068281 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170402/1491145304 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170412/1492021375

*25:See eg. 「第四家easy家楽福驚艶入駐星游城」http://hebei.news.163.com/15/1103/11/B7G9TS6602790BIF.html PSS品牌故事「新型便利店easy家楽福的品牌定位」https://www.douban.com/note/485017278/

*26http://www.diatiantian.com/

*27:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140829/1409283439 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140906/1409963758 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140913/1410617704 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140922/1411397146 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141109/1415494050 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150309/1425831424 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150420/1429499344 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150421/1429579567 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150520/1432093122 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150521/1432220573 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150630/1435669436 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150711/1436580943 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150722/1437499117 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150723/1437614977 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150723/1437656300 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160803/1470198642 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160816/1471324982 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160818/1471490512 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160826/1472232238 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160905/1473043308 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160913/1473733322 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160919/1474305974 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160920/1474326686 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160921/1474424003 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161123/1479912265 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161204/1480820089 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161222/1482436066 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170123/1485138305 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170125/1485364218 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170213/1486993934 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170217/1487349223 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170306/1488776150 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170307/1488901997 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170330/1490893995 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170331/1490985674 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170405/1491319353 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170411/1491888252 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170412/1492021374 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170414/1492150250