Living, Loving, Thinking

2018-06-11

何となくわかる

渥美志保「殴ることなんて愛じゃない。愛ってギューッと抱きしめることなんだよ。『万引き家族』」https://news.yahoo.co.jp/byline/atsumishiho/20180609-00086245/


是枝裕和の『万引き家族*1について。

異論が出ることを承知で言うならば、この映画には「誰も知らない」*2と「海街diary*3、そしてチャーリー・チャップリンの『キッド』を足したような印象を覚えました。狭いうえにガラクタだらけ、「これはすごいな…」と思わずにはいられない家の中で、ぎゅうぎゅうに肩を寄せ合う一家の暮らしは、例えば息子の祥太が押し入れを自分の部屋にしていたりするあたりからして、昭和40〜50年代くらいの雰囲気がすごーく漂います。

何となく雰囲気がわかる。

誰も知らない [DVD]

誰も知らない [DVD]

キッド・コレクターズ・エディション [DVD]

キッド・コレクターズ・エディション [DVD]

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180611/1528677405