Living, Loving, Thinking

2018-06-15

1993語り

承前*1

常見陽平*2「90年代前半の空気感そのものだった森田童子http://blogos.com/article/303969/



主題は「森田童子」というよりは「1993年1月」。

なんといっても、私のような中年にとっては1993年1月から放送された『高校教師』の「主題歌の人」だった。同ドラマは、高校教師と教え子の禁断の愛、近親相姦など、衝撃的な内容が話題となっていたが、森田童子さんの「僕たちの失敗」がこれまた絶妙にフィットしており。

1976年発売のシングルに光があたり、採用されたわけだが。まるで90年代前半、その時代のリアルタイムの曲のようだった。まさに、私たちのために存在するかのような詩の世界観、空気感だった。#思わず、シングルだけでなく、当時、リリースされたアルバム(ベスト盤を中心に聴いたのだが)も入手したが、ますますその想いを強くした。

何度も講演や著書で触れていることなのだけど。1993年の3月。大学に合格し、春休みに母と一緒に上京しアパートを探していたときに、サングラスにパンチパーマといういかにもな不動産屋さんは営業車の中でこう言った。「お母さん、息子さんが一橋大学に入るだなんて、レールに乗ったようなもんだね」と。志望校に合格した喜び、憧れの東京での一人暮らしが始まることなどに胸を膨らませていたことなどから、照れつつもワクワクしたが、「そんなわけないだろ」と胸の中では思っていた。実際、1年後には「就職氷河期」が流行語大賞の部門賞を受賞した(言葉自体は1992年に生まれていた)。

よく「震災オウムの年」である1995年が、何かの始まりや終わりと捉えられるのだけど、その前の93年、94年は大いなる模索の年であり。55年体制の崩壊など、政治においても変化があり。一方、渋谷系が話題になり始めたのもこの頃であり。なんというか、どこにもいられないような、でも何かが始まるような、妙な感じがあった。

高校教師 DVD BOX

高校教師 DVD BOX

たしかに、1992年までは80年代の延長という感じで、良くも悪くも1993年から本格的に90年代が始まったという感じはある。

nesskonessko 2018/06/16 21:26 私は森田童子というのは名前とあの顔写真しかしらなくて、それもその写真がモノクロで背景も暗くて、カーリーヘアが顔に被さってて黒メガネをかけていて、森田童子は男性だと思い込んでいました。今回の訃報ではじめて女性だったのだと気がついた次第です。男だと思い込んでいたせいで、歌を聞いたことがあってもそれが森田童子だと気がついていなかった可能性がある。
そして、1993年ですか、自分はあまりテレビを見なくなっていた時期と重なるのでこのころのテレビドラマは全然知らないのですね。
私にとってはあの写真の印象は、1960年代末から70年代はじめにかけての、フォークとかのイメージ、自分はリアルタイムでは体験しなかったちょっと上の年代の人たちの流行みたいなものを想像させられます。
なので、90年代前半を思い出す人もいるのだ、というのは新鮮な発見でした。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証