Living, Loving, Thinking

2018-06-15

「唯一無二の存在」

斉藤博昭「日本映画で唯一無二の存在となった樹木希林。彼女が示す役者としての基本。そして、その後を継ぐ者」https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/20180613-00086437/


樹木希林*1は老女役で主役を張れる日本で殆ど「唯一無二の存在」になってしまったという。

八千草薫草笛光子吉行和子らは80代の現在も精力的に活躍しているが、どこか「おしゃれなおばあさん」という印象が拭えない。やはり「女優」という職業は、何歳になっても美しくあるべきという考え方もあり、たとえば樹木希林吉永小百合は、2歳しか年齢が違わない(75歳と73歳)のだが、では吉永小百合が自らのイメージを変えてまで、『万引き家族』の祖母役を演じることは、常識的に考えて不可能だろう。

これは日本映画に限られたことではないが、シニア以上の世代を主人公にした作品は、ここ数年、増えているとはいえ、まだまだ少数派。そこで主役を任せられる俳優となるとさらに限られ、「知名度」と「老いも演じられる」という条件を満たすのは、男優では何人もいるが、女優ではわずかとなる。ゆえに家族を描く是枝作品や、2018年でいえば『モリのいる場所』での山崎努の妻や、『日日是好日』の茶道の先生にように、準主役を任せられるのは、樹木希林しか見当たらなくなる。

NHK朝ドラにもよく顔を出す大方斐紗子(78歳)あたりも演技巧者のバイプレイヤーだが、樹木希林に比べれば一般的認知度は低い。演技力では遜色のない白石加代子(76歳)は、逆に個性が強すぎる。藤村志保(79歳)も凛とした美しさのイメージが先行する。

まあ樹木希林にとって、「老い」というのは『寺内貫太郎一家*2以来年季が入っているとも言えるわけだ。

寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1

寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1

寺内貫太郎一家 BOX(2) [DVD]

寺内貫太郎一家 BOX(2) [DVD]

寺内貫太郎一家 BOX(3) [DVD]

寺内貫太郎一家 BOX(3) [DVD]

さて、斉藤氏が樹木希林の「後を継ぐ者」として注目しているのが夏木マリ

ところで、『寺内貫太郎一家』のときはまだ悠木千帆だった。なお、樹木希林は「千代田女学園の中等部」で太地喜和子の「一学年上級」。但し、太地は文学座では悠木千帆(樹木希林)の6年後輩に中る(井田真木子『フォーカスな人たち』*3、p.172ff.)。

フォーカスな人たち (新潮文庫)

フォーカスな人たち (新潮文庫)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180615/1529027336