Living, Loving, Thinking

2018-06-22

或る無許可営業

“Gateshead 'try before you buy' sex doll firm fined” https://www.bbc.com/news/uk-england-tyne-44521763


六本木の或るバーで客が勝手に踊っていたら、その店が風営法違反だ、無許可営業だとかいうことで、警察にいじめられたということがあったという*1

こちらは、英国における無許可営業事件。英国のゲーツヘッド*2にLovedoll UKという店があり、和蘭妻(「セックス・ドール」)*3を売っていたが、店の中にベッドルームを設け、人形を買う前にお試しができるようになっていた。何者かが同店では人形を使った売春を行っていると通報したのを期に警察の手入れを受け、結局sex establishment licenceを取得していない無許可営業だということで、オーナーのGraeme Tulipさんは1万ポンド罰金を課せられた。

sex establishment licenceはセックス関連施設許可証とでも訳せるのだろうか。

ジェンダー」じゃないし

田中俊英*4「幼児を狙う性犯罪のむごさの「根源」」https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakatoshihide/20180604-00086041/


ペドフィリアなる性的嗜好*5の発生や存在、その〈如何にして(how)〉、さらには〈何故(why)〉の端緒に触れることができるかも知れない。しかし、(というか当然というべきか)その期待は裏切られた。

「Y遺伝子に基づいたオトコジェンダー」に還元したいようだけど、そもそも遺伝学的或いは解剖学的準位における性別を「ジェンダー」とは言わない。セックスと呼ぶのが妥当だろう。「ジェンダー」とは心理学的準位(例えば性同一性)や社会・文化的準位(例えば性別役割期待)、さらに言えば言語学的準位における性別のことをいうのでは? 何故、「ジェンダー」が殊更に問題になるのかといえば、遺伝学的或いは解剖学的準位における性別と心理学的、社会・文化的準位における性別の一貫性が人間学的に自明ではないからだ(例えば性同一性障害)。

また、ペドフィリアと一括して呼んでいいのかどうかわからないけれど、小児性愛の対象は必ずしも女性とは限らないし、その担い手も男性とは限らない。例えば、〈ショタ〉とか。なので、小児性愛を男性のヘテロセクシュアリティを起点に考えられない。

小児性愛についての「精神医学的な分析」が批判されている。それはそうだろうと思う。しかし、大方の子どもを対象とした「性犯罪」は、「Y遺伝子」にまで遡行するのではなく、もっと表層的な社会学的準位において説明可能だろうし、説明されて然るべきだろう。本来的な意味での「ジェンダー」が関与する。具体的には、(マートン的な意味における)アノミーの一形態*6であるとか、或いは抑圧の下方移譲であるとか。

大声で呟いた

最初は『BuzzFeed』だったのね;


岩永直子*7受動喫煙対策を訴える肺がん患者にヤジ 国会議員「いい加減にしろ!」」https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/judoukitsuen-yaji-anami

岩永直子「肺がん患者にヤジ飛ばした国会議員謝罪 しかし・・・「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという想いで呟いた」」https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/yaji-anami-shazai


朝日新聞』の記事;

肺がん患者にヤジ「いいかげんにしろ」 穴見議員謝罪

2018年6月21日17時08分


 自民党穴見陽一衆院議員(大分1区、当選3回)は21日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案*8を審議する衆院厚生労働委員会参考人として出席した肺がん患者に対し、「いい加減にしろ」とヤジを飛ばしたとネットメディア「バズフィード・ジャパン」が報じたことを受け、この発言を認め、謝罪するコメントを書面で発表した*9

 穴見氏は今月15日の厚労委に出席。参考人として肺がん患者が意見を述べている際、「いい加減にしろ」とヤジを飛ばした。

 穴見氏は21日、書面でコメント。「参考人のご発言を妨害するような意図は全くなく、喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いでつぶやいた」と弁明。「参考人の方はもとより、ご関係の皆様に不快な思いを与えたとすれば、心からの反省と共に深くおわび申し上げる」と謝罪した。厚労委の高鳥修一委員長は同日、穴見氏に口頭で厳重注意した。

 15日の厚労委に参考人として出席した日本肺がん患者連絡会の長谷川一男代表によると、「いい加減にしろ」とのヤジを飛ばされたのは、屋外の喫煙について問われ、答えていた最中だったという。

 長谷川氏はステージ4の肺がん患者。受動喫煙による被害を訴えた後だっただけに「受動喫煙対策を進めてほしいと患者の立場で必死に訴えたのに、最初から聞く耳を持っていなかったのかなと思った。国民の命や健康を議論する厚労委員会議員だけに、残念でならない」と語った。

 穴見氏は、公益法人「大分がん研究振興財団」(大分県由布市)が2007年に発足した時から理事を務める。ただ、坂本修一事務局長によると、顔を合わせるのは「事業計画承認時など年2回程度」という。坂本氏は「一般常識からしておかしい発言で、びっくりしている。我々の活動は多くの方々の理解と寄付で成り立っており、発言で財団のイメージが悪くなってしまわないか」と懸念している。

https://www.asahi.com/articles/ASL6P5D8NL6PUTFK00M.html

See also


参考人のがん患者にやじ 自民 穴見衆院議員謝罪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180621/k10011489431000.html

「がん患者にやじ 厚労委員長が穴見議員を厳重注意」https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180621/k10011489831000.html


また、NHKによれば、

がん患者にやじ 自民 穴見議員 がん財団理事を辞任

2018年6月22日 18時15分


自民党穴見陽一衆議院議員は、先週の衆議院厚生労働委員会参考人として出席したがん患者の男性が意見を述べている際、「いい加減にしろ」と発言し、批判を受けたことを踏まえ、22日、大分がん研究振興財団の理事の辞任届を提出しました。

自民党穴見陽一議員は、今月15日、受動喫煙対策を強化する健康増進法の改正案を審議していた衆議院厚生労働委員会で、参考人として出席した肺がん患者の男性が意見を述べている際、「いい加減にしろ」と発言し、がん患者などから批判を受けました。

こうした中、がん治療に関する研究を支援する、大分がん研究振興財団(大分県由布市)は、理事を務める穴見氏が辞任届を提出したと発表しました。

財団は、来週にも評議員会を開いて、辞任届を受理することにしています。

穴見氏の発言について、大分がん研究振興財団の植山茂宏理事長は「参考人をはじめ、全国のがん患者や家族の方々に大変不快な気持ちを抱かせましたことを心よりお詫び申し上げます」というコメントを発表しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011491371000.html

Home of the Fool

承前*10

木野寿紀*11差別主義者はニコニコへ帰れ!! ネトウヨ帰還事業のお知らせ」https://note.mu/kinotoshiki/n/n88679bcab255


曰く、

YouTubeヘイト動画を配信しているアカウントを通報して抹消に追い込む「ネトウヨ春(夏)のBAN祭り」や、ヘイトまとめサイトアフィリエイト広告を剥がして丸裸にする「#ネトウヨサイト裸祭り」が継続していますが、ごく一部に「ニコニコ動画・生放送のヘイト配信にも対策が必要ではないか」という声もあるようです。

しかしネットの反応は冷ややかなものが多いようですね。

「あそこはネトウヨの隔離場所でいい」

廃棄物処分場も必要」

「動画プラットフォームとして余命三年くらいだろうから放置でいい」

といった意見が主流のもようです。

わたしもまったく同意見で、とりあえずネトウヨはニコニコに廃棄でいいと思っています。あそこは処分場として実にちょうど良さそうなので。

「いや、いくらニコニコであってもヘイトは許しちゃいかんだろ!」という意見はわたしもわかるんですが、ニコニコの場合はどうしようもないんです。YouTubeと違って、ニコニコには差別禁止規定が存在しないんです。

いや、正確に言うと、ニコニコは利用規約にかつて存在した差別禁止の文言をわざわざ削除しております。

そうなんんだ!

タイトルは米国国歌を捩ったもの*12。もっと直接的に思い出したのは、米国国歌からの引用を鏤めたローリー・アンダーソンの”KoKoKu”*13、さらにコンサート・フィルムHome of the Brave: A Film by Laurie Anderson*14。”KoKoKu”も、21世紀に発表されていたら、けっこう物議を醸していたのかも知れない。

Mister Heartbreak

Mister Heartbreak

Laurie Anderson [VHS] [Import]

Laurie Anderson [VHS] [Import]

See also

「ニコニコははっきりと「ウチは差別OK!」の意思を表明しています。証拠出すね。」https://note.mu/kinotoshiki/n/ndbcf1d2177c8

『重読八十年代』など

先週末に買った本。

朱偉*15『重読八十年代』中信出版集団、2018

自序


王蒙:不僅僅為了文字

李陀:文学的地平線

韓少功:仍有人仰望星空

陳村:那就和自己好好玩一場

史鉄生:有限中無限的可能性

王安憶:我們以誰的名義

莫言:在深海裡響亮沈重地呼吸

馬原:十字路口想象的甜蜜

余華:温暖與百感交集的旅程

蘇童:飛越我的楓楊樹故郷

劉卓輝『BEYOND正伝3.0 1983-2013』生活・読書・新知三聯書店、2018

前言


第一個十年 家駒時期(1983-1993)

第二個十年 三子時期(1994-2003)

第三個十年 個人発展(2004-2013)


後記

附一:Beyond 1998北京日記

附二:図片目録

See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20060724/1153738652 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141107/1415333843 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526781836

ウィルス悪戯

NHK報道

アルツハイマー病にヘルペスウイルス関与か 米の研究班

2018年6月22日 10時14分


アルツハイマー病患者*16の脳には、そうでない人の脳と異なり、ヘルペスウイルスが多く見られることがわかったと、アメリカの研究グループが発表しました。研究グループはウイルスが病気の発症に関わっていると見ていて、今後、治療法の開発につながる可能性があるとして注目されています。

アメリカのマウントサイナイ医科大学などのグループは、亡くなった人から提供された脳を調べ、アルツハイマー病との関わりを解析した結果を21日、科学雑誌「ニューロン」に発表しました*17

それによりますと、脳の中に見られるウイルス痕跡を調べた結果、アルツハイマー病だった人の脳には、そうでない人の脳と異なり、2種類のヘルペスウイルス痕跡が多く見られることがわかったということです。ヘルペスウイルスはほとんどの人が幼い時期に感染し、高熱や発疹を引き起こす原因にもなるものです。

研究グループは、このウイルスが脳の遺伝子に影響を与え、アルツハイマー病の発症や進行に関わっていると見ていて、今後、治療法の開発につながる可能性があるとして注目されています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011490541000.html

See also


Jen Christensen “Herpes virus may play role in Alzheimer's, study says” http://www.wfmz.com/health/herpes-virus-may-play-role-in-alzheimers-study-says/756702043

Jon Hamilton “Researchers Find Herpes Viruses In Brains Marked By Alzheimer's Disease” https://www.npr.org/sections/health-shots/2018/06/21/621908340/researchers-find-herpes-viruses-in-brains-marked-by-alzheimers-disease

Hannah Devlin “Alzheimer's link to herpes virus in brain, say scientists” https://www.theguardian.com/society/2018/jun/21/alzheimers-link-to-herpes-virus-in-brain-say-scientists


さらに一般的な問題としては、ウィルス遺伝子への影響ということの方が恐ろしく且つ興味深い。

玉木/木南

平成も終わらんとしている2018年梅雨、「玉木宏」と「玉置宏」を間違える奴はいないようだ*18。記者はちゃんと「玉木宏」と書いているのに、年取った校閲係がわざわざ「玉置」に直してしまうということようなことを想像していたのだが。

日刊スポーツ』の記事;

俳優玉木宏、6歳下の女優木南晴夏と近日中に結婚

6/21(木) 2:45配信 日刊スポーツ


 俳優玉木宏(38)が、女優木南晴夏(32)と近日中に結婚することが20日、分かった。複数の関係者によると、既に周囲への報告を済ませているという。

 2人は昨年4月放送のフジテレビスペシャルドラマ「女の勲章」での共演をきっかけに親密になり、その後交際に発展したとみられる。友人としての時間を過ごす中で、お互いが特別な存在に変化していったという。

 玉木はこれまで多数の映画やドラマに出演した実力派俳優。06年のフジテレビ系「のだめカンタービレ」ではエリート音大生の千秋真一役を演じて、女性視聴者の心をわしづかみにした。芸能界きってのイケメンで、爽やかなイメージで多数のCMにも出演。これまでもタレントや一般人との熱愛報道が複数あったが、心のよりどころを見つけてのゴールインとなったようだ。

 04年に女優デビューした木南も、ドラマや映画に多数出演しており、14年上演の「奇跡の人」など舞台でも活躍している。14年には「ONE OK ROCK」のベース、Ryota(28)との熱愛が一部で報道じられた。

 玉木は現在放送中のTBS系ドラマ「あなたには帰る家がある」に出演中。木南も現在TBS系で放送中の「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」に出演している。ともに仕事が充実する中、私生活でも大きな花を咲かせる。

 

 ◆玉木宏(たまき・ひろし)1980年(昭55)1月14日、愛知県出身名古屋でスカウトされ芸能界入り。98年テレビ朝日系「せつない」でドラマ初出演。01年、映画「ウォーターボーイズ」で注目。06年フジテレビ系「のだめカンタービレ」のほか、NHK大河は06年「功名が辻」、08年「篤姫」、12年「平清盛」に出演。180センチ、血液型A。

 

 ◆木南晴夏(きなみ・はるか)1985年(昭60)8月9日、大阪府出身。01年、ホリプロ・ニュースターオーディションでグランプリを獲得し、芸能界入り。04年TBS系「桜咲くまで」でドラマ初出演。13年「百年の時計」で映画初主演。ドラマはNHK連続テレビ小説マッサン」、テレビ東京系「勇者ヨシヒコ」シリーズなどに出演。162センチ、血液型A。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00244874-nksports-ent&pos=1

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

NHK大河ドラマ 功名が辻 第壱集 [DVD]

NHK大河ドラマ 功名が辻 第壱集 [DVD]

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集 [DVD]

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集 [DVD]

See also


徳重辰典*19「「祝福するのがプロのオタク」「ムラサキよくやった」 玉木宏さん、木南晴夏さん結婚の反応あれこれ」https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/tamaki-kinami

玉木宏木南晴夏と結婚! 38歳大物イケメン独身俳優ついに」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000503-sanspo-ent

玉木宏結婚で“玉木ロス”続出!女性ファン悲鳴「仕事に支障きたす」」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000040-sanspo-ent


ところで、「木南晴夏」って「邊土名一茶」*20よりも難読じゃない?

*1:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180620/1529454624

*2http://www.gateshead.gov.uk/ See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Gateshead https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89

*3:See alsohttp://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160520/1463682460 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170911/1505096219 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180316/1521198629 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171031/1509421484

*4:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140102/1388675061

*5:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070208/1170915951 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070928/1190987965 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080315/1205588068 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081211/1228971729 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090918/1253277638 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101015/1287072241 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101213/1292243637 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110530/1306785462 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20130316/1363428871 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150528/1432832981 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160428/1461819737 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160808/1470671661 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161221/1482344691 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170816/1502902851 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170911/1505096219 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180117/1516159062 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180525/1527200521 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180601/1527817994 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180602/1527896743

*6Cf. 『社会理論と社会構造』。

See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070112/1168571361 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070422/1177259244 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090210/1234271618

*7:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170519/1495162858 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170527/1495852041 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170829/1504009108 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180217/1518868359 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180621/1529599212

*8:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180330/1522423091 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180407/1523065536

*9http://www.anamin.net/

*10http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180612/1528778849 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180621/1529548733

*11:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170829/1503977737 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180314/1521040212 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180315/1521085157

*12:See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/The_Star-Spangled_Banner

*13:Mentioned in http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090629/1246248975

*14:See eg. https://en.wikipedia.org/wiki/Home_of_the_Brave_%281986_film%29

*15:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090211/1234326168

*16:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070114/1168796150 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070227/1172550567 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20081217/1229491346 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090816/1250358935 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20090818/1250561312 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20091211/1260458630 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100818/1282103324 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20101112/1289497060 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20110626/1309020925 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140321/1395370767 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20140628/1403938931 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20141029/1414509174 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20150521/1432228524 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160318/1458228912 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160404/1459698277 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160424/1461479328 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160830/1472567382 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161107/1478450317 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170503/1493740635 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170810/1502343014 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170922/1506050525 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180123/1516674931 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180131/1517419724 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180520/1526832065

*17:Ben Readhead, Jean-Vianney Haure-Mirande, Cory C. Funk, Matthew A. Richards, Paul Shannon, Vahram Haroutunian, Mary Sano, Winnie S. Liang, Noam D. Beckmann, Nathan D. Price, Eric M. Reiman, Eric E. Schadt, Michelle E. Ehrlich, Sam Gandy, and Joel T. Dudley “Multiscale Analysis of Independent Alzheimer’s Cohorts Finds Disruption of Molecular, Genetic, and Clinical Networks by Human Herpesvirus” https://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(18)30421-5

*18:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20070123/1169575048 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100212/1265986269

*19:See also http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160605/1465087889 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20160914/1473877188 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161101/1478009976 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20161109/1478709983 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20170521/1495418716 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171113/1510579560 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171118/1510985751 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20171223/1513993688 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180121/1516545031 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180426/1524703129 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180510/1525900096 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180525/1527235507 http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180530/1527643250

*20:See http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180621/1529592739