Living, Loving, Thinking

2018-09-13

解散、人事、病

日刊スポーツ』の記事;

タッキー&翼解散!滝沢は芸能活動引退、今井退所へ

[2018年9月13日2時0分]


滝沢秀明(36)と今井翼(36)のデュオ、「タッキー&翼」が12日、解散を発表した。所属事務所を通じて書面で伝えた*1。滝沢は今年いっぱいをもって芸能活動を引退し、ジャニー喜多川社長(86)の意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサートなどをプロデュースする仕事に専念する。今年3月にメニエール病を再発し療養中の今井は、近くジャニーズ事務所から退所する。

2人は連名でコメントを発表。昨年9月のデュオ活動休止から1年が経過し、「支えてくださった皆様のご期待に応える活動を今後も継続していくことができるのか、自分たちはこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか自問自答し、事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合い、このたび、CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼解散という道を選ぶことに致しました」と報告した。

「これまで愛してくださったファンの皆様、常に叱咤(しった)激励を続けてくださった多くの関係者の皆様のお気持ちにお応えすることが出来ないままで、大変申し訳ない気持ちで一杯です」と謝罪した上で、「ともに30代半ばを過ぎ、1人の男としてこれからの人生をそれぞれに見つめての決断とご理解頂けたら幸いです」とつづった。

滝沢は、引退後について「ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテインメントをプロデュースする仕事に専念することを決意致しました」と明かした。「これは私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります」ともつづった。

今井は「まずは自分の身体としっかり向き合うため、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いも無くした状態で病気を克服し、心身共に健康な状態になることに専念したいと思います」と伝えた。近く退所した後については「全くの白紙ですが、自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆様にご報告できるように頑張っていきたいと思います」とつづった。

2人の決断を受けて、ジャニー氏もコメントを発表。「彼らが考え抜き、大人として決断したことを尊重したいと思います」とし、引退する滝沢については「本人にはプレイングマネージャー選択肢があることも伝えましたが、裏方に専念したいという強い希望を受けて、このようなご報告となりました。申し訳ありません」と明かした。

14年にメニエール病を発病し、一度は復帰したが今年3月に再発した今井については「この数年間、本人がつらい思いをしていたのを間近で見ておりました。責任感の強い彼にとって、仕事をしながら病気を治すことは難しく、何も背負うものがない状態で自分と向き合いたいと聞き、本人の希望を受け入れました」と経緯を説明。「心身共に健康となった彼がまた活躍してくれる日が1日も早く来ることを心から願っています」とつづった。

タッキー&翼は、02年9月に「Hatachi」でCDデビュー。翌03年にはシングル「夢物語」をヒットさせた人気デュオだ。昨年9月、「それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念する」とし、活動休止を発表。同月のテレビ朝日系「MUSIC STATION ウルトラFES」以降、デュオ活動を休止していた。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809120000939.html

See also


「「タッキー&翼」が解散 滝沢さんは年内で芸能活動から引退」https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180913/k10011627411000.html

Oricon News「タッキー&翼解散滝沢秀明は芸能界を引退、今井翼ジャニーズ退所で治療専念へ」https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/13/takki-tsubasa-intai_a_23525677/

TABLO編集部「【速報】タッキー&翼解散、滝沢は芸能界を引退、今井はジャニーズ退所へ」http://tablo.jp/media/johnnys/news003778.html


この「解散」(「引退」報道以前に、ジャニー喜多川*2滝沢秀明を後継者に指名したということが報じられていたのだった;


土竜妹子「なぜマッチでも東山でもないのか? ジャニーズ帝国の後継者に指名された滝沢秀明の"カリスマ性"」http://tablo.jp/media/johnnys/news003733.html

那目鯛子「ジャニーズの社長がもし本当に滝沢秀明になったら"あの人たち"は完全に干されると関係者が語る」http://tablo.jp/media/johnnys/news003752.html

薮入うらら*3ジャニーズ体制に揺さぶりをかけた「滝沢革命」に、くすぶるJr.は大歓迎」http://news.livedoor.com/article/detail/15297746/



ジャニーズ内の派閥抗争は好きにして! という感じなのだが、その一方で、今井翼の病は気になった;


今井翼悩ませたメニエール病…患者たちも理解を呼びかける」http://news.livedoor.com/article/detail/15302510/

ハフポスト日本版編集部「今井翼さんが活動休止を発表、再発した難病「メニエール病」とは」https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/28/imai-tsubasa-menieres_a_23398049/


ハフィントン・ポスト』が援用する日本医師会のサイトによれば、

メニエル病とは、「めまい」と「吐き気」の発作が繰り返し起こる病気です。一般的には「耳鳴り」や「難聴」をともないます。

発作は数分で治まることもあれば、数時間続くこともあります。また、長期間にわたって何度も発作を繰り返す人もいれば、一回かぎりの人もいます。30〜50歳代に多く、高齢者にあまりみられないのも特徴です。

発作を繰り返すと、耳鳴りが残ったり、難聴が進んだりすることもありますが、症状には個人差があります。

https://www.med.or.jp/forest/check/meniel/01.html

また、

なぜ「めまい」が起こるのか?その原因は耳の奥にある内耳にあります。内耳は、骨と膜の二重構造になっていて、膜の内側には内リンパ液が満たされています。

しかし、ストレスなどなんらかの理由でこの内リンパ液の量の調整がうまくできなくなると、内リンパ水腫ができて神経が圧迫され、めまいや耳鳴り、難聴などの症状を引き起こすのです。

https://www.med.or.jp/forest/check/meniel/03.html

「30〜50歳代に多く、高齢者にあまりみられない」ということだけど、「30〜50歳代」でメニエール病に罹った人が年を取るとどうなるのだろうかと思った。また、4年前に酷い耳鳴りに悩まされたなということも思い出した。尤も、それは綿棒で耳くそを穿ろうとして却って耳の奥に押し込んでしまったことが原因だったのだけど。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20180913/1536856671