Living, Loving, Thinking

2018-11-15

別名花キャベツ

承前*1

週刊文春」編集部「「イッテQ!」タイ・カリフラワー祭りにもデッチ上げ証言 日テレ謝罪https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00009660-bunshun-ent


曰く、

日本テレビ世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」デッチ上げ問題。昨年2月12日の2時間スペシャルで放映された「カリフラワー祭りinタイ」でも同様の疑惑が浮上した。

カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

 だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。

「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」

日本テレビに「カリフラワー祭り」の開催経緯などについて尋ねたところ、次のように答えた。

「『カリフラワー祭り』や先にご指摘をいただいた『橋祭り』を含め、『祭り』企画において、番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントとして開催したケースがありました。

 また番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております。『祭り』企画に関しましては、現在、詳細を確認中です。今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます」

文春の追い撃ち。ところで何故週刊文春の記者に向かって「 今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます」と「謝罪」するのか。

さて、


東龍*2週刊文春による「イッテQ」のでっちあげ疑惑は、食のテレビ番組でも起こりうるのか?」https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20181111-00103786/


「食の番組では、さすがに存在しない飲食店をさも存在するかのようにして取り上げることは聞いたことがありません」という。

番組で企画意図に合致した飲食店が存在しなかったり、合致しても取材を拒否されたりした場合には、架空の飲食店をでっちあげたくなるかもしれません。しかし、情報化社会となっている現代では、食べログ、Retty、ぐるなびホットペッパーなどに掲載されていない飲食店がポッと出てきても、この飲食店の情報が皆無であることが不審に思われてしまい、でっちあげたことはすぐにばれてしまうでしょう。

グルメサイトでなかったとしても、テレビで紹介するに値するような、クリエイティティ溢れる料理を提供していたり、革新的なプレゼンテーションを施していたり、これまでになかったサービスを行っていたりする飲食店なのに、Instagramで1枚も写真が上がっていなければ、すぐにおかしいと気付かれてしまうはずです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20181115/1542246878