Hatena::ブログ(Diary)

ケーキケーキケーキ

2013-08-13

The Last of Us


The Last of Usをクリア


買ったときは、やったーウォーキング・デッドのゲーム版(みたいなもの)だー、楽しそー!って感じだったんですけれども…いや、もはやウォーキング・デッドより好きかもよ全然。

ぼくらの勇気 未満都市(わかるひといるか?)』みたいな感じに旧世界と断絶された隔離地域から抜け出し、おてんばガールとアメリカ横断地獄巡りの旅。おてんばガールのエリーはトゥモロー・ワールドばりに世界を救う存在なので、おれがクライヴ・オーウェンばりにおまえを守ったるで!という使命感、自然と帯びてきます。


俺たちの世界がディストピアに…!これだよ、やりたかったゲーム…(感慨)

f:id:summer_camp:20130813005401p:image


捨てられた文明、現代の都市がそのまま遺跡になっちゃったみたいな世界観が超ツボで、哀愁漂う音楽と相まってなんか切ない…!ときどき拾うメモや手紙は平穏な生活を想像させるものから死を覚悟した者の遺書めいたものまで、つっ…辛い!

絶妙なカメラワーク、敵によっては捕まれば一撃必死・リトライ必至のゲーム性、豊富なシチュエーション、移り変わる季節、とにかく見て触って楽しいよゲームとして!


f:id:summer_camp:20130813005402j:image

↑主人公が中心にこないカメラワークがドキュメンタリック!絶妙!


パンデミックが起こっても、ロクでもない人間はロクでもないし、気高い人間は気高い、そんな当たり前のこともあらためて教えてくれます。

しかしここで重要なのは、じゃあ主人公はどっちなんだってことですよ。たしかに彼は利他的な行動をとるけれど、非情な面も持ち、というより終盤に向かうにつれかなりアンモラルな選択を選んでいくジョエルにちょっと…引く!特に物語のラストは「おまえーそれちょっと自分の為の選択でもあるだろおっ」って感じで号泣しながら…引く!

そっかぁおまえ(ジョエルね)強く生きてきたつもりだったけど実は全然娘のこととか乗り越えられてなくて弱さ曝け出しまくりのダメダメ中年だったのねホロリ、といった感じでとてもいいゲームでした(どんなだ)。