夏のひこうき雲 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 02 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2010 | 03 | 08 | 10 |
2011 | 01 | 12 |
2012 | 07 |
2014 | 02 | 08 | 10 | 11 |
2016 | 02 |
2017 | 12 |
 はじめに

2007/12/28(金)

素粒子の執筆者が交代されるらしい

 ネットのasahi.comではその旨のお知らせを発見できなかったが、夕刊に載っていた。

  次世代「素粒子」としてhasenkaさんを推す - 夏のひこうき雲

 自分で読み返してみてけっこう失礼だったかもと思うけど、hasenkaさんファンとしてはけっこう本気でhasenkaさんに代わればいいのにと思っていました(残念ながら後任のかたは決まっている模様)。

 今度引受けるかたがどんな文章を書かれるか分からないけど、前の執筆者かな、昔は素粒子にもっと詩情があって毒の薄い時代もあったので、期待しています。

2007/12/25(火)

その後の親指シフト状況

 多くの方から反響をいただいた、親指シフト、おすすめします - 夏のひこうき雲の続編です。

 私は勝間和代さんの著書

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

 で親指シフトのよさを知って試してみたのですが、その勝間さんから、ローマ字よりどれぐらい早くなったか教えてほしいとおたずねをいただいていました(私的なことがらを記録しよう!!: 親指シフトへの移行のしかたのコメント欄)。

 もともと私はローマ字入力では、

  • WPM(words per minute*1):392.49
  • EPM(errors per minute*2):7.38
  • 正誤率 98.11%

 ぐらいの速さでタイプしています(最高記録ではなく、最新の記録)。そのローマ字入力のときよりも、体感としては親指シフトで入力する方が速いですね。正確にいうと、早く入力し終わります。

 上記のローマ字でのタイプの速さは、e-typingでは"Ninja"というレベルにあたるらしいので、まあ速いほうかなと自分では思っています。

 現在の親指シフトでの入力速度は、いま新聞記事を素材にして2、3回測ってみたら、1分間にだいたい40〜100文字程度でした。漢字変換や誤りの訂正のための時間を含めて測りました。平仮名も漢字も同じく「1文字」としてカウントしています。毎回別の記事を用いたのですが、測るたびに速くなりました。

 以下、次の項目について書いておきます。

1. 私の環境で発生した問題への対処法

2. 親指ひゅんQの設定

3. 親指シフトに向いているキーボード

4. キーの配置を「おぼえる」ために

5. 最後に

続きを読む

*1:一分あたりの入力文字(英数字キー)数

*2:一分あたりのミス入力(英数字キー)数

summercontrailsummercontrail 2008/05/01 20:07  alesiさん、はじめまして。ATOKでなくMS-IMEでも使えるはずですが(関連の記述がhttp://d.hatena.ne.jp/summercontrail/20070624#c1183994030 以下にあります)、ATOKのほうが(MS-IMEより)おすすめなのは、単にATOKのほうがMS-IMEより便利で入力の効率がいいからというだけの理由です。ATOKで変換スタイルをMS-IME方式というほうに設定すれば、他のPCとの違いで戸惑うこともありませんし、手っ取り早く入力の効率を高めるなら、じつは親指シフトをマスターするよりもATOKを買う方が効果的です(何の苦労もいらないので)。もちろん親指シフトとATOK導入、両方併用するのが一番です。
 親指ひゅんQの作者さんはMS-IMEしか使っていないということなので、MS-IMEが親指ひゅんQと相性が悪いということはないと思います。

2007/12/24(月)

クリスマスによせて、再掲します

 特別な日のこと - 夏のひこうき雲

 3年前に書いた記事から。

 子どもはいつかそれを知る。しかし何かが常に存在する。

 それは、世界を、子どもを、見返りなしに愛する存在へのあこがれ。あこがれを子どもに持たせようとする思いやり。誰に対しても優しくしたくなる気持ち。

 そうした何かが、クリスマスという日をどこか特別なものにする。

 これを読んでいるあなたにも、

読んでいないあなたにも、

 よいクリスマスが訪れますように。

 どうか、

訪れますように。

山本孝史参議院議員が亡くなった

 山本参院議員死去:「命」をテーマに政治活動…悲しみの声 - 毎日jp(毎日新聞)にやや詳しい。

 山本孝史 - Wikipediaにも、すでに逝去の事実が記されている。

 壮絶な一生だった。ほんとうに幸せな人生というのは、じつはああいう生き方のことではないかと思う。最期までご活躍された。ご本人には心残りがおありかもしれないが、多くのことを成し遂げられた。こうも生きられるのだという手本を見せていただいたと思っている。

 参議院選の頃に、ご本人のWebサイト参議院議員・山本たかしですの、応援メッセージを書き込む欄から、以下のように書き送った。今も同じ気持ちだ。

左近

[2007/07/30]

当選おめでとうございます!山本さんのことを思うと、勇気と元気が湧いてきます。私にとってのヒーローです。山本さんと、山本さんを支える奥様や周りの方々のご健康を心からお祈りしています。

 山本さん、ありがとうございました。あとは、生きている私たちが、微力ながらも引き受けます。

 奥様や、山本さんをサポートされていた方々も、お疲れさまでした。

2007/12/21(金)

ライスさんがかわいい

Codigo Promocional

 上の記事で紹介されている、アメリカのコンドリーザ・ライス国務長官の写真がすごく魅力的でした。ライスさんは、メディアで冗談の種にされるほど表情が険しく見えることが多いので、こういう笑顔を見ることができるとホッとする。彼女の具体的な個々の判断について評価できるような知見を私は持っていないのだけど、あのしかめっつら風な表情は、いつもまじめに世界のことを考えているんだろうなと感じさせて、個人的には好感を持っています。

 ……ということを書こうと思って何気なくWikipediaを確認したら、彼女の生立ちなども興味深かった。

父親はウェストミンスター長老教会の牧師で、母親は音楽教師であった。名前はイタリア語の音楽用語「コン・ドルチェッツア con dolcezza」(甘美に柔らかく演奏する) に由来する。

コンドリーザ・ライス - Wikipedia

 すてきな由来のファーストネーム。ご本人も、今の道とプロの音楽家としての道とどちらを選ぶか悩んだといわれているぐらいだし、音楽との関係が深いかたなんですね。

 スタンフォード大学で教授(事務局長 (Provost) )を務めた時期もあったらしい。スタンフォード大学には私はちょっとしたご縁があるのだけど、彼女のご専門から考えると、じつは思っていた以上に近いのかも。

2007/12/16(日)

デザインを少し変えました

 前より見やすくなっていればいいのですが。

 おかしなところがあったらどうぞ教えてください。

2007/12/15(土)

クリストファー・プリースト『双生児』

 さっき読んだ。

双生児 (プラチナ・ファンタジイ)

双生児 (プラチナ・ファンタジイ)

 ぶ厚い。電話帳に近い厚さ。

 SFとして知って買って読んだのだけど、カタルシスみたいなものはない。むしろもやもやした気分になる小説だった。

 この種のもやもやはまさに小説、という気もするんだけど、こういう文学のテーマになる類の苦悩というのは、できれば避けて通りたい。……と書くと婉曲語法なせいで、意図と文がずれる気はするんだけど。むしろ、私の場合そういったものからの逃避で本を読んでいるようなところがあるので。

 複線の伏線が覆水盆に返ってるし、ってうまいこと言って気を紛らわせておきたい。

無神論とカトリックの"べた"な戦い

 antonianさんがアメリカのカトリックは馬鹿か? - あんとに庵◆備忘録で私のはてなブックマークを紹介してくださっていました(反応するの遅っ→私)。

 何かというと、no titleという記事の話。

 このニュースについては、私はアメリカ人はべたに活動するなあというような印象を受けました。良くない作品だから観るのは止めろと言うのは当たり前、みたいな(そういうシンプルな考えなんでしょうね)。

 自分たちはある程度の影響力のある"お上"だから自重して泰然としておこうとか、無視することで懐の深さをアピールするとか、そういう配慮やテクニックがあんまり念頭にないんじゃないかと。お互いフラットな地平にいると思ってるんじゃないかな。

 たぶん、これが日本だと、「お上」は何も言わないでいるべき、「お上」でない側は自由に好きなことをしたり「お上」の悪口を言ってもいい、という暗黙の規範があるような。山本七平がいう虚のエネルギーとしての天皇制を思い出しました。

山本七平の日本の歴史〈上〉 (B選書)

山本七平の日本の歴史〈上〉 (B選書)

山本七平の日本の歴史〈下〉 (B選書)

山本七平の日本の歴史〈下〉 (B選書)

 あと、思想や、それを伝える作品の持つ力を(Pullmanさん側もカトリック側も)お互い知っているから、こういう争いになるんでしょうね。日本だとそもそも価値観という基本的なレベルで異質なものがあると思っていないので、争いをする必要があるなんて感じないのだろうと思います。

 なんか話が面倒なほうに広がってしまったので、レスをさせるのが申し訳なくて、antonianさんのコメント欄でなくて自分とこで書いときます。

2007/12/09(日)

みかんのむきかた

 @nifty:デイリーポータルZ:みかんをきれいにむく方法

 今試してみましたが、すぐにむけました。白い部分を気にしなくていいのが気分的に楽ですね。