It’s a sunny day. このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-05-03

Cloud Foundryを触ってみる。(vmc導入)

VMware社が2011/4/12に発表したPaaS環境、Cloud Foundry。

invitation の登録をしていたものの放ったらかしていたら4月末に準備OKのメールが来ていた

ので今更ながら触ってみます。

PaaSをオープンソースのCloud Foundryで仕掛けるVMwareの狙いはどこにある? ? Publickey


メールによると「VMC(VMware Cloud CLI)を入れてちょ」ということなので、

下記URLを参考に入れてみます。

(とはいえgemコマンド一発でインストールできるみたいですけども。)

no title

$ gem install vmc

$ vmc -v
vmc 0.3.10

vmcインストールにおいて gem install としているのは、RVMを利用しているためです。(以下URL参照)

Account Suspended


なお、vmc導入に伴い以下の依存するgemインストールされる模様。

highline (1.6.1)
json_pure (1.5.1)
mime-types (1.16)
rest-client (1.6.1)
rubyzip2 (2.0.1)
terminal-table (1.4.2)
vmc (0.3.10)

Cloud Foundryへの操作はこのvmcというコマンドラインインターフェースで行うという

ことだと思います。

で、ガイドの文書はvmcでターゲットの変更とログインをしてみぃやとおっしゃっているので

おおせのままに。

$ vmc target api.cloudfoundry.com
$ vmc login Eメールアドレス --passwd メール記載のパスワード
Successfully logged into [http://api.cloudfoundry.com]

お、ログインでけた。

ログアウトは「vmc logout」により行います。

なお、早いうちに「vmc passwd」でパスワードは変更しておいた方がよいでしょう。


さて、vmcから参照できるシステム情報等を見てみましょう。

$ vmc info

VMware's Cloud Application Platform
For support visit support@cloudfoundry.com

Target:   http://api.cloudfoundry.com (v0.999)
Client:   v0.3.10

User:     Eメールアドレス
Usage:    Memory   (0B of 2.0G total)
          Services (0 of 16 total)
          Apps     (0 of 20 total)
$ vmc runtimes

+--------+-------------+-----------+
| Name   | Description | Version   |
+--------+-------------+-----------+
| ruby18 | Ruby 1.8    | 1.8.7     |
| ruby19 | Ruby 1.9    | 1.9.2p180 |
| node   | Node.js     | 0.4.5     |
| java   | Java 6      | 1.6       |
+--------+-------------+-----------+

$ vmc frameworks

+---------+
| Name    |
+---------+
| grails  |
| node    |
| rails3  |
| spring  |
| sinatra |
+---------+

$ vmc services

============== System Services ==============

+---------+---------+-------------------------------+
| Service | Version | Description                   |
+---------+---------+-------------------------------+
| mongodb | 1.8     | MongoDB NoSQL store           |
| redis   | 2.2     | Redis key-value store service |
| mysql   | 5.1     | MySQL database service        |
+---------+---------+-------------------------------+

=========== Provisioned Services ============

Node.jsやRails3をサポートしているというのが今時感ありますね。


この他のvmcの利用方法は「vmc --help」にて確認してください。


プロジェクトのデプロイは後日行ってみます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sun-rise/20110503/1304425894