Hatena::ブログ(Diary)

やや最果てのブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

  

2007-09-23

[][]第一回「ikebukuro.js」開催&主観レポ 04:40 第一回「ikebukuro.js」開催&主観レポを含むブックマーク

22日、池袋のルノアールで開催された「ikebukuro.js」に行ってきました。

特に技術者でもない人たちが特に向上心のない会議をする勉強会です。shibuya.jsというIT系の勉強会をけまらしく思ったへぼい人たちが"js"という言葉の意味もよくわからずにやっていた。

やちもんさんの所に会議の写真が全部出ていますし(あ、レポ中に引用させていただきます)、誰かいずれちゃんとレポを書くだろうから自分視点で適当にあったことを書きます。


池袋のルノアール会議室は、縦長で、16人入ってちょうど良いぐらいのスペース。地下シェルターのようでした(やなシェルターだな)。2時間1ドリンク付きでまったりして800円ぐらいだったので、セミナーを開くのにこんな良い場所はないと思います。hebomeganeさん、yachimonさん、obacanさん、kanoseさん、extrameganeさん、phaさん、sfllさん、matakimikaさん(頁作さん)、laisoさん、crowdeerさん、junkMAさん、oskimuraさん、pal-9999さん、nisemono_sanさん(似非原さん)、adramineさんにお会いしました。

「なんで16人も集まって女がいないんだ」みたいな話になった。僕もそう思う。地球の人口統計に比すれば多分驚異的な確率だ。しかし悲しくなるのでその計算はしない。

顔を知ってるのがうろくさんしかいなく、頭数が多いという非コミュにとって絶望的な状況だったので、そういう時は私は貝になりたい。


へぼめがねさんが議長で、会議スタート。

開始早々休憩時間を要求するへぼめがねさんのへぼさに全米が震撼。1時間に15分程度のトイレ休憩が催されることになりました。いや、みんな普通に行くだろ。室内だし。

我々は無目的無作為に集まったので、「何を会議するか」を会議することからしなければなりませんでした。

あ、Ustreamでネット配信しながらへぼめがねさんに難しい漢字を書かせようみたいな風潮が広まっていた。いつの間にか似非原さんが書記をやってくれてました。

そしてよくわからないのですが、「環境問題」「様々な"けまらしい"問題」「無断リンク問題」「テキスト削除問題」について話すことになりました。たぶんブクマがつくだろうから痴漢問題について話してはという意見もあったぽいですがなんで却下されたのか良く覚えてない。多分ホワイトボードのスペースがなくなったんじゃないかな。

f:id:sunagi:20070924040830j:image


  • 環境問題

地球の温暖化を防ぐためにパソコンの使いすぎが良くない。特にニコニコの見過ぎが良くない。みなさんニコニコはどれくらい見てますかアンケートをしたけれど、その場には毎日見るヘビーユーザーもそんなにいなかった。困った。だが、ついに我々は地球温暖化含むその他の環境問題をすべてたちどころに解決する圧倒的にパラダイムシフトな解決法を発見するに至った。しかしその方法を公開すると既得権益者などの様々な圧力によって会議や我々の社会的地位が潰されてしまうだろうので提示しない。という結論に至った。

嘘ですけど。多分みんな飽きたからじゃないかな。


  • けまらしい問題及びリア充問題

あの技術者たちが羨ましい。

我々はそんな話をしていた。shibuya.jsという集まりを催してる連中だ。

へぼめがねさんの中では「shibuya.js」=「モテ」=「リア充」だった。

あいつらは、休日ともなればオネエチャンとイチャイチャしたり、河原で肉を焼いてバーベキューに勤しむのだ。ああけまらしい。ところでけまらしいってなんですか?

頁作さんが詳しく解説してくれた。ようするに他人がネット上で仲睦まじくしている時に発生する"妬ましい"に近い感情らしい。

しかし我々は今日ikebukuro.jsを開いたじゃないですか。いま我々がけまらしがられているじゃないですか。ということで解決。実に簡潔な完結だった。

f:id:sunagi:20070924041030j:image


  • 無断リンク問題

よくわからないけれどマインドマップ(樹形図的なもの)を作って遊んでいた。

f:id:sunagi:20070924041221j:image

そのうちマインドマップの中心まで変更されていたのでうやむやの内に解決していた。

議題はナチュラルにネゲット問題、ブクマ狙いの"hebomeganeが出来る10の方法"、へぼめがねさん彼女欲しい問題へと、伊藤智仁のスライダーのように変化していった。


  • へぼめがねさん彼女問題

「へぼめがねさんのアピールできる所は?」という質問に「虫姫さまが4面まで行ける」というへぼい答えが返ってきて一同菩薩のような穏やかな空気になった。「それは勿論ハードモードですよね?」「それは……個人情報ですのでお答えできません」「行けるよ……4面ぐらい……」和やかに犬を呼ぶような呟きが聞こえる。

「まあ何か提案をしても実行できないことが問題なんですけどね」

それでは何が望みなんだ、とへぼめがねさんに彼女に求めるものを聞くと、「自尊心を傷付けない」ことが最も大事とのこと。それに応え、「二次元はどうなんですか?」「初音ミクでいいんじゃないですか?」という提案がなされた。初音ミクを知らないへぼめがねさんに画像を見せると、「あ、いけるいける」とのことだったので、じゃあ初音ミクとTENGA(オ○ホール)とオリエント工業の大きなお人形があれば、自尊心も絶対傷付かないし好きなこと言ってもらえるしエッチなこともできるので、「2・5次元が3次元に勝った!」という話になった。解決した。

そして、「そういう所を聞いてまわり全般に受け身で、だめだったら人のせいにする」へぼめがねさんの資質について苦言が呈された。解決しなかった。


  • テキスト削除問題

いつの間にかみんな忘れていた。

まあ、もともと取って付けた議題だから、みんなどうでもいいんだと思われます。


  • まとめ

f:id:sunagi:20070924042827j:image

終わってみれば問題のほとんどが解決する有意義な勉強会になっていた。

何よりはてな界隈にけまらしがられたようなので目的は果たした。

最後、会議はへぼめがねさんの「もうikebukuro.jsはやりません」宣言で壮大に締めくくられた。

「主催すると、精神がボロボロになるから……」とのことです。


  • その後

なんだか時間が中途半端だった上に、せいぜい800円ぐらいなので、我々はもう2時間ルノアールの会議室を借りた。出戻りかよ。二郎に行く人は二郎に行った。

僕は知らない人が怖く、自分から話しかけにいく勇気もない壮絶な非コミュなので、隅で心の体育座りをして貝になってた。みなさん楽しそうに歓談してた。

まあはてな内非コミュランク暫定8位だからな。視界にちらちら映っててごめんねという気持ちで携帯でTwitterとか見てた。その後、飲みに行く人は行ったりしてました。

ああ、羨ましいなあ、と、結局、ikebukuro.jsに参加しても、ikebukuro.jsをけまらしく思っているという不思議なイベントでした。(非コミュの主観で見るからだよ!)

Connection: close