Hatena::ブログ(Diary)

やや最果てのブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

  

2009-08-16

[]C76情報(新刊『俺たちに翼はない』本詳細) 07:53 C76情報(新刊『俺たちに翼はない』本詳細)を含むブックマーク

コミックマーケット76 3日目

8/16 東京ビッグサイト 東ペ-59b『フロウタリウム

新刊「俺たちに翼はない」本

 +既刊「最果てのイマ」本(少部数)

※どちらも、そんな大部数刷ってるわけではないので、確実に手に入れたいという方がいらっしゃいましたらTwitterやメール(sandheart613@yahoo.co.jp)で直前までにご連絡いただければ取り置きいたします。

詳細は続きにて


フロウタリウムは今回もコミックマーケットにて同人小説を発表させていただきます。

2回目の参加ということで、ついに印刷所に出してみました。

今回、出しますのは、今年初頭にプレイして以来ハマリっぱなしの『俺たちに翼はない』本……

しかも、念願のガルカケ本です! これが……その表紙と概要だあっ!

f:id:sunagi:20090731041438j:image:left

「俺たちに翼はない」二次創作小説 ガルーダ×カケル本

『Daydream Believers』

新書52P 400円

※R18描写あり


<あらすじ>

本編で「救いがもたらされなかった」後のお話。奈落に落ちた伽楼羅とヨウジは、上の世界での本体がバッドエンドルートに直行していることをDJコンドルから聞かされる。バッドエンドを回避するためには、もう一度現世に上がって、十五時間以内に誰かヒロインとの「フラグ」を立てなければならない。やる気のないヨウジに代わって、いま、暗き洞棲む妖術使いが再び現世に舞い戻る!


<本文試し読み>冒頭8ページが試し読みできます。(pdf

ということで、うん、まずかけ算のマークとか成人指定が付いてることから察して欲しいんだ。

エロゲ二次創作のはずなのに、気付けば完全にBL本になってしまいました。

でも、本編をやってくれた人間なら、この二人の組み合わせに異議があるはずもないと信じています。

だって……だってあんな健気すぎる幼馴染みヒロインが攻略不可なんてっ!(血涙)

「みんなーっ、ガルーダエンド欲しかったよな!」「うぉおおおお!!!」

「カケルルート欲しかったよな!!」「うおぉおおおぉ!!!!」

そんな幾多の兄貴達の(野太い)嘆きと死屍累々の果てに、この本は生まれました。

従って、完全に本編から派生したパラレルストーリーとなっております。

もちろん他の登場人物もいっぱい出ます。

面白おかしく時には切ない、チャンネル回し切っちゃった二人の物語を、どうぞお楽しみください。


また、今回表紙を描いていただいたのは、ARI-COMのアリさんです。リトバス界隈でもご活躍してらっしゃるアリさんに、お忙しい中素敵な表紙イラストを戴いて、感謝この上ない限りです。おかげで本の価値が7兆倍上がりました。美麗すぎる! マーベラス!


私、当日は、基本的にずっと一人で売り子をやっているはずですので、よろしければ気軽にお声をかけてみてください。そうでなくても気軽にお立ち寄りください。あとイマ本が極少量部数余っていたら持って行きます。その他にもなんか出せそうになったら追記します。

それでは、有明でお会いできることを祈って、8/16日曜日 東ペ-59b『フロウタリウム』でお待ちしておりますー。

(この後のお知らせもお読みください)


※重要なお知らせ

先にお詫びしておきます。全国七兆人のガルーダ信者の皆様、申し訳ありません。

今回の原稿、入稿した後に(後の祭り)大きなミスがあることに気付きました。

なんとこの男……

全編に渡り陛下の名前を間違えて書いていましたァー!!

作中では『迦楼羅』となっていますが、伊丹さんは『伽楼羅』が正しいんです。

完全にこのゴブリン脳のせいですウボウァアア!!!!


完全に言い訳になってしまいますが、発売して暫く経って、

「あ、この人って迦楼羅(しんにょう)じゃなくて伽楼羅(にんべん)なんだな」と認識していたんです。(正直、気付くまで一ヶ月くらいは『迦楼羅』だと思っていました。インド神話のガルーダは殆ど『迦楼羅』で、それしか変換でも出ないのです)

それで、一応単語登録、しておいたんですね。

して……おいたんです……

しておいた……はずなのに……

いつのまにか変換優先順位が『迦楼羅』が先になっていたんです……

今回、入稿も〆切ギリギリで出したもので気付く余裕もなく……


誠に誠に申し訳ありません。

先日、同人誌作家のオフに行ったとき、「酷い同人誌」の例として、

・キャラの名前を間違えてる

ってのがあって、アハハそれはアレだなあなんて笑い話になってたんです。


笑ってた罰が当たったんですね。

正直言って、キャラへの愛がないとか思われたりするのが堪えられない……むしろ愛しかないのに(人気投票の際には、毎日毎日伽楼羅様に1位票を投じていたほどです。ところで結果発表はまだですか、ばふん)。

こんな具合なので一時は無料配布or大幅値下げする事も考えましたが、流石に一人で全額かぶるには懐が痛すぎて……。

せめてものお詫びとして、買ってくださった方には、簡単なものですが誤字訂正詫び文と書き下ろしSS(予定:シュウちゃんと隼人の話)を付けたペーパーを添付させていただくことにしました。

また、前から考えていたのですが、在庫が捌け次第(なくならない可能性もありますが)、本文だけは無料公開をしようと考えていまして、その版面は誤字訂正後のものを公開したいと思っています。

いつになるかわかりませんが、そんな本買ってらんねえよという方はそれを待っていただいても構いません。

ただ、アリさんの素敵な表紙絵なり、書き下ろしSSやあとがきなり、買っても損はしない出来になっている(ようにしたい)と思うので、できれば助けると思って買ってください……。

本当にゴブリン脳ですいません。よろしくお願いします。



(8/15追記)

冬コミで頒布した「最果てのイマ」小説本もわずかですが増刷分を持って行きます。

最果てのイマ小説本『Nord of farthest』

A5 32P コピー誌 100円

これでなんとか、田中ロミオサークルとしての面目を守ったぜ……

それにしてもイマ改めて見ると酷い雑な本だ……32Pで原価割れだけど100円でも高いぐらいだ。

イマ本は、遠い未来、追加分も執筆してオフで再録するつもりがあります。ゆえに、この本は手に入れる最後のチャンス。まあオフを待っていただいても良いです。いつになるかわかりませんが。