Hatena::ブログ(Diary)

sunaharayの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-10-15

[]政治学の第一歩

『政治学の第一歩』という教科書を,大阪市立大学の稗田健志さんと神戸大学の多湖淳さんのお二人との共著で出版しました。個々の意思決定主体の選択(方法論的個人主義)とその戦略的相互作用に注目して,マンション管理組合から国際制度まで,利益の調整と集合行為問題の解決を図るための政治権力とそのコントロールのあり方を考える,という感じでしょうか。まだそういう概括的な教科書を書くような年齢でもないだろうとも思いましたが,私などとは違って国際的に活躍されているお二人とともに入門的な教科書を書くというプロジェクトに魅力を感じて時間をかけて用意してきました(執筆・編集過程の議論は非常に面白かったので,終わってしまうのが残念ですが)。執筆中に,安保法制の議論など,権力や法の支配・立憲主義,選挙安全保障などにかかわるのアクチュアルな問題が盛り上がってきたわけですが,そういう問題を理解するためのひとつの枠組みを提供したいな,とも考えておりました。

網羅的なのでひとつひとつのトピックの紹介を深掘りするのは難しいですが,基本的に一貫した枠組みで説明しているということですから,学生のみなさんには本書を予習してもらいつつ,内容を深めるかたちで授業する,というスタイルを想定しているつもりです。今後もウェブサポートページの充実を図っていきたいと思っておりますので,どうぞよろしくお願いいたします。

現在,ウェブサポートページでは,教科書採用を頂いた方に授業用スライド(政治学原論(4単位),政治過程論(2単位),政治学概論(2単位))の配布も行っています。スライドはさらに追加される予定です。

また,2016年6月7日に「『政治学の第一歩』で考える政治学教育のあり方」というワークショップを開催する予定です。ご関心のある方はお問い合わせください。

政治学の第一歩 (有斐閣ストゥディア)

政治学の第一歩 (有斐閣ストゥディア)

2016-07-25

[]全国政治の始動

北海道大学の前田亮介先生から『全国政治の始動』をいただきました。どうもありがとうございます。北大は,先日紹介した村上さんに続いて若い准教授が立派な著書を出すという感じですね。最近だとそういうことって珍しいんじゃないでしょうか。全体としては,地方自治体内の利害,そして地方間利害の対立をどのように調停していくか,ということを軸に近代日本において議会で全国政治が確立していく過程が議論されているということなのだと思います。(おそらく部分的には府県内での対立を抱えつつ)府県内の議論では調停できないような広域的な課題に対して,全国レベルで設置された帝国議会がどのように対応していくようになったか,という論点を,北海道という特殊な地域の問題,初期議会で最も激しい対立点のひとつだった地租軽減関係の問題,一府県で対応が困難な治水問題,そして国立銀行処分から日本銀行という中央銀行の設置に至る金融問題という問題を通じて分析していこうというものです。本書のすごいところは,初期議会の時期という資料的制約が厳しい時期を扱っていて,資料収集と解析というだけでも大変なのに,治水や日本銀行のことを扱っているので中央地方関係や金融についての理解も必要になるし,それに加えて最近の選挙研究での理論的な貢献についても視野に入れているというところでしょう。非常に野心的な研究だと思います。

個人的には治水について扱っている3章を特に面白く読みました。高次の国家問題を担うことを求められつつ地域の民意を重視せざるを得ない政党(自由党)と,内務省による全国統治の一機関でありながら地方利益を代弁するようにもなる地方官の関係をみながら治水問題が全国的な問題として統合されていく過程を説明されるのはなるほどなあと思いました。個人的に関心があったのは,本書で紹介されている自由党の「新消極主義」ですね。地租増徴を避けて地方(府県会)の受益と負担に委ねるという議論だと思いますが,これは要するに国は国として仕事をして,地方の課題は地方に委ねるという地方分権的な解決策ということになるのではないかなあと。当時はまあ地方分権なんて議論はなくて,もともと分権的な政体をいかに集権的に統合するかという話だったかと思いますが,もしこの辺りで,特に治水みたいなテーマで,仕事を地方議会での受益と負担に委ねきってしまうことができれば,この問題(あるいは内政一般?)が「全国化」することはなく, のちの国庫補助の在り方も変わってくる可能性もあったのではないか,と感じました。そういう観点からいえば,全国化していくことの背景では,(おそらく地方内での対立によって)受益と負担の議論をきちんとすることができなくて,地方レベルではうまく決定できないからこそ自由党も国庫補助みたいな話を求めていく,ということになるのではないかと(まあ仮説ですが)。地方官を派遣しつつも地方官が地方利益を糾合して全国に対してしまうようなところもある内務省が地方分権というかもともとの「封建」をどう考えてるのかということも,個人的には関心を持つところであります。

個人的な感想としては,政党をはじめとしたアクターが(地方利益とは違う)国益みたいなものを軸に,地方の組織とか封建制力なんかから自律化していく過程として非常に面白い叙述だったんじゃないかなあということです。…とそんなこと書いてますが,登場するアクターが「何か」から自律化していく様子が分かるような気はするんですが,何から自律しようとしているのか,というのが正確に理解できなかったという感じもまたあります。それは単に私が初期議会についての先行研究をきちんと読んでいるわけではなく,文脈が理解できていないだけということなのかもしれませんが。ただ他方で,同時期に出版されて同じような時期を扱っている松澤裕作先生の『自由民権運動』を読むと,ボンヤリとですがその自律化の過程の意味がイメージできたような気がします。『自由民権運動』の中では「袋」という表現がされていましたが,それまでの身分制社会の中で人々の行動を縛っていた何かが破れていって,新しい社会を作り出していくという文脈で理解するべきというか。僕なんかは基本的に現代の勉強しかしてないので,アクターはある程度かたまった組織のエイジェントとして働くような感じで見るのがやや習い性になっているわけですが(だからこそエイジェントが「何から自律化するか」と考えてしまう),必ずしもそうではなくて,いろんな「袋」が破れていって行動を制約する組織や集団そのものも再編成されていく過程として考えていくところに面白みも出てくるような気がします。

なお,『自由民権運動』についても非常に面白い本なんでぜひ。いつもながらですが山下ゆさんの優れた書評があるのでまずはそちらを。「袋」の話とかはこちらを読んで頂ければイメージしやすいように思います。

2016-07-20

[]重厚な共同研究

重厚というにふさわしい共同研究の成果をいくつもいただいておりました。以前は何となく同じテーマのもとでの論文集が編著として出版されていることが多かったのではないかと思いますが,最近は科研で共同研究プロジェクトが行われていることや,出版不況のために出版社がまとまりのない論文集を嫌うということがあって,出版される共同研究の成果はまさに「共同研究」と呼ぶにふさわしいものが多くなっているように思います。一つの特徴は,序章や終章を設定して,それが単に出版までの経緯を書いたはしがき/あとがきではなくて,全体としての理論的な意図や含意,各章の構成などを説明しているところにあるのかな,と。

そのようなものとして,まず塚田穂高先生から『近現代日本宗教変動』をいただきました。ありがとうございます。「宗教運動論の展開」「地域社会と宗教」「国家と宗教」という三部からなる論文集で,実証的な立場からこの150年ほどの日本における社会変動に伴う「宗教構造」の再編を議論されています。個人的にはコラム的に世俗化論・合理的選択論に関する研究動向を整理されている大場あやさんの執筆箇所が面白かったです。宗教の選択を市場での選択に見立てる宗教市場というアイディアは十分に有り得ると思いますし,また,宗教間の選択というだけではなく,宗教と世俗行動を同一平面上で(価値合理的な行動と目的合理的な行動を「合理性」という同一平面で)議論するということもあるのではないかと思います。檀家として寄付したり,きちんと墓参りするという行動にも「機会費用」があるわけで,多くの人々が費用を重視して宗教的な行動から離れていくことで,残る人々の負担がより重いものとなって離れてしまうことを促進する,というのはたとえば集合住宅のようなものでも同じようなところがあるかもしれません。宗教的な行動の場合は,それでも残る人たちのコミットメントが強くあるということが他の行動と違いうるのかもしれませんが。

塚田先生は共著で宗教運動のオーバービュー的な論文を書かれているほか,砂川訴訟の分析をされています。合理的選択論の議論とも似ていますが,宗教施設の維持という問題が政治学でいう集合行為問題と非常に関わっているわけで,どうしてもそこに地方自治体が入ってくるというのはわかるように思います。さらに,分析されている自治体調査のデータも重要で,本来は私のような行政学者も関心を持って接するべき部分なんだということを改めて感じました。公共的な施設の管理というと,PFIや指定管理という問題が出てくるわけですが,私有物でありながら公共性をもつこのような施設の管理をどう考えるかというのは非常に現代的で重要な課題だと思います。読ませていただきながらちょっと思い出して調べたのですが,有名になる前の木村草太氏も砂川市を訪れていて,その記録を残しているのですね。賛成するかは別として,この立論というのもなかなか興味深いように思いました。

待鳥聡史・赤坂幸一,南野森,伊藤武,近藤正基,浅羽祐樹の各先生からは『「憲法改正」の比較政治学』をいただきました。これは出版の前,研究会企画の段階から話題になっていたもので,憲法学者と政治学者の協働によって憲法改正の規範分析と動態分析の両面から知見を集約し,「憲法改正」とは何を意味しているかを検討したものとなっています*1。まず待鳥先生と駒村圭吾先生が理論的な視座を設定し,それを踏まえてイギリス・アメリカ・フランス・ドイツ・イタリア・韓国・日本のそれぞれの国で政治学者と憲法学者がそれぞれ論文を書くという構成です。それぞれの国で政治学者のほうは改正をめぐる構想や政治過程について整理して,憲法学者が各国における憲法の理論的位置づけを論じるというかたちでの統一もなされています。政治学者のほうは憲法を中心とした「基幹的政治制度」に注目しながら分析を進める一方で,憲法学者のほうは基本的に正規の憲法典によりながら議論する,という対比もなかなか興味深いところではないかと。そういった基幹的政治制度に注目する観点から,待鳥先生が(第一章),選挙制度や執政制度,司法制度などの大きな改革を行った1990年代を「憲法政治constitutional politics」の時代とよんでいるのは,先日紹介した牧原先生の指摘とも軌を一にするところがあると言えるかもしれません。個別の章は読むのがなかなか大変そうですが,機会を見て勉強させていただきたいと思います。

「憲法改正」の比較政治学

「憲法改正」の比較政治学

西川賢先生から『ポスト・オバマのアメリカ』をいただきました。久保文明先生のもとで学ばれた方々の共同研究ということで,アメリカの長期的な変動を視野に入れながらオバマ政権をその中に位置づけて,「ポスト・オバマ」を考えるという感じなのかな,と思います。制度/アクター/政策,という三部構成からなっていますが,制度のところで大統領制・官僚制・政党制という概念が出てきて,アクターのところではメディアシンクタンクが扱われているというのはなかなか興味深いところ。アメリカ政治のアクターってなんだろうと思うと,大統領は制度のほうで扱われてるし,政党も制度のほうで扱われてるのに加えてそもそも一体感ないし…となってやっぱりこの辺りということになるんでしょうかね。あと加えるとしたらたとえば裁判所とかになるのかな,と思ったり。なお政策については,人種政策・医療政策・対外政策とこれも大どころが扱われていると言えるのではないでしょうか。

ポスト・オバマのアメリカ

ポスト・オバマのアメリカ

さいごに野田昌吾先生と今井貴子先生からは,『保守の比較政治学』をいただきました。基本的にヨーロッパの保守政党の比較分析を行ったもので,それに日本の現代政治を加えるという構成になっています。こちらも先日紹介した宇野先生の『保守主義とは何か』が出ているように,「保守」というものをどう捉えるかというのが,現代政治における重要な論点になっていることを示していると思います。この共同研究については,第一章で古賀光生先生が全体の枠組みを整理して各章を位置づける明快な議論をされていて,非常に頭に入りやすいのではないかと。論点としては,伸長する右翼ポピュリスト政党と保守政党がどのような関係を結ぶか,というところにあって,(1)右翼ポピュリスト政党が政権に参加したイタリア・オランダ・デンマーク,(2)政権に参加したこともある既存の政党が急進化したスイス・オーストリア,(3)国政レベルでは右翼ポピュリスト政党が影響力を持たず,既存の保守政党が変容したイギリス・ドイツ,(4)右翼ポピュリスト政党を政権から排除するフランス・ベルギー・ノルウェーといった整理がされています。ヨーロッパの政党政治を参照しながら議論する本書は,現在の日本政治にとっても非常に参考になるものだと思います。ご恵与くださったお二人が議論されているイギリス・ドイツでは,社民勢力/ 緑の伸長を経て,保守側が中道を意識して政権に返り咲いていくというケースだと思いますが,そのような保守の自己革新のようなものは日本政治にとってもありうるものなのかもしれないなあという気がします(単に隣の芝生は青く見えるということなのかもしれませんが)。もちろんその前には社民勢力の伸長というこ とがあったのでしょうし,また今回のBrexitにも見られるように,保守政党が中道化していく中で不満が溜まっていくような問題もあるのでしょうが。

雑な感想ですが,今回ご紹介した最近の成果は,実はそれぞれに関連して読めるところもあると思います。宗教・保守・右翼ポピュリスト政党みたいな現代政治のキーワードに加えて,これらのテーマが極めて重要になっているポストオバマ,そしてそれらが関連してくる憲法改正,みたいな。

*1憲法学者と政治学者・行政学者の協働という点では,『なぜ日本型統治システムは疲弊したのか−憲法学・政治学・行政学からのアプローチ』も最近出版されています。

2016-07-19

[]技術基準と官僚制

北海道大学の村上裕一先生から頂きました。ありがとうございます。ざっくりと言うと,技術革新が続く現代社会において,規制をかける行政が最先端の技術を知っているわけでもない中で,どのように規制をかけていくのかという問題に迫ったものです。社会が多元化し,これまで行政(と一部の関係者)だけが持っていたような情報がオープンになっていく中で,行政は直接的に厳しい規制を行うというよりは,規制政策プロセスも含めた規制システム全体の管理を志向するようになっているとされます。要するに,規制といっても行政(規制者)と個別の企業など(被規制者)という二者間関係ではなくて,複数の被規制者が存在して規制者と相互作用を行うような他者の存在を考慮して,被規制者が自ら従うような規制を考えましょうという感じかな(最後は読み込み過ぎかも)。対象としては(三階建て)木造建築,軽自動車,電気用品の安全基準設定ということで,個人的にも最近住宅政策研究をしているのでこちらも勉強になりました。私のほうは需要側というか人々がどのように住宅サービスを買うかということを集合行為で考えるということなので,供給側の規制については全然知識がなく,勉強させていただくことができました。

博士論文を出版したものということで,特にはじめの理論のところは,このところ行政学理論研究を怠っている私としては非常に勉強になりました(苦笑)。NPG(New Public Governance)の話などは,お恥ずかしながら体系的に自分で整理したことがあるわけではないので,文献を挙げながら説明していただくと助かります。まあNPM(New Public Management)というものがあまりにも包括的というか雑なので,私などはNPGもNPMの亜種として理解できるのではないかと思ったりもしますが…。ただちょっと良くわからなかったのは,規制−被規制をプリンシパル−エイジェントとして捉えるのがどうなのかということですかね。事例研究のときは必ずしもそういう感じでもなかったというように思いました*1。もちろんP-Aとして捉えられるような側面がなきにしもあらずだとは思うのですが,やはり被規制者というか民間企業は基本的に株主たちのエージェントとして考えるべきでしょうし,自主規制団体みたいなものをエイジェントとして捉えるにしても,やはりプリンシパルは個々の企業(の集合)ということになるんじゃないかなあと思ったり。規制機関をふつうに企業に対して制約を与える主体としてみることと比べてどの辺に理論的なメリットがあるんだろう,という気はしました。

この論点は,規制をどう捉えるかということとも関連しているように思います。私のほうは,規制をP-A関係というよりは相互作用として考えていて,行政指導が多かったのも柔軟だという特性のほかに被規制者がそれなりに強い/規制のコストが高いのでお願いベースになるという感じで理解しています。もちろん規制をP-Aとして捉えてもエイジェントがプリンシパルに影響力を発揮できるんだ,と言えるのかもしれませんが,だとすると,どのようにアジェンダ・セッティングがなされるかとか,プリンシパルがどんな性質の拒否権持っているか,アジェンダを修正できるか,といった過程の問題が論じられる必要があるんじゃないかなというように思いました。私の読み方が緩いだけのようにも思いますが,事例研究は規制主体である官庁からの視点で書かれているような感じがあって,その辺の影響力行使が具体的にどう行われていたのかというのがあると良かったのかなと(まあそれを検証するのは難しい話ですが)。

ぐちゃぐちゃ書いてますが,実は規制の研究,しかも実施に関する研究ってもっとなされるべきなのに意外と少ないのであんまり固まってないんだろうというように思います(以前もこんなこと書いてます)。そのような中での果敢な挑戦として面白いのではないかと。しかしまあ,規制といっても何を扱うかは難しいですよねー。本書で扱われた例のうち,住宅はまだわかるのですが,木造三階建てってやっぱりちょっとニッチなところじゃないか,どっちかというと最近やってる品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)あたりが面白いんじゃないかという気はしました。といっても,品確法を分析するリサーチデザインっていまいち思いつかないし(「大事そう」っていう理由で選ぶのもねえ…),そもそも規制の決定ってやっぱりベタに記述するのも大事そうだし…とグルグル回る感じ。難しいことはよくわかります…。

*1議論としては,Lane, Jan-Erik, Public Administarition and Public Managementの話などが下敷きになっているはずです。読んだはずですが詳細はあんま覚えてませんが…。

2016-07-16

[]よい一般

4月に入って,さまざま研究業績を挙げられている先生方から一般向けに書かれた新書などを頂いておりました。理由はよくわからないのですが今年はなんだかそういう本を頂くことが多く,非常に勉強になる反面積読が増えるという…。しかし研究者の業界で閉じがちな議論が,受け手である社会の方に向けて発信されるというのは非常に良いことなんだと思います。書かれている先生方も,狭義の専門というのとは少し違うところまでいろいろと踏み込んで書かれていて,もちろん批判が来ることもあるんでしょうが,だからこそ刺激的なことが書かれていて読む方としても面白いのはうれしいですね。

まず牧原出先生からは『「安倍一強」の謎』を頂きました。ありがとうございます。民主党政権から自民党政権への政権交代のあたりから現在に至るまで,「なぜ安倍政権はこんなに強くなっているのか」「なぜ内閣官房・内閣府の改革が繰り返されているのか」「なぜ安保法案が提出され制定されたのか」「なぜ安倍首相は2014年に解散したのか」「なぜ安倍首相・野党党首の発言に注目が集まるのか」と言ったような謎を提示し,それにこたえるかたちで議論が進んでいくものになっています。生モノというか現在進行形の話を議論するのは難しいことが少なくないですが,主に新聞メディア報道に拠りつつ,「政権交代の時代」になっていることを意識しながら興味深い議論が提示されていると思います。

個人的に非常に面白いと思ったのは,現在は「政治ゲームのルール」を変えるような1990年代型の統治機構改革(政治改革・分権改革・司法改革など)とは異なる改革が進められていて,首相や閣僚独自の政策選好に基づいた改革が進められているという点です。前者の改革は,グローバル化への対応といったような背景があったものの,それが一段落して,さらにグローバル化に対応するための改革というのが出てきにくい状況で,リーダーである政治家たちが内閣官房・内閣府といった組織を軸として独自の根拠を持ちながら有権者を説得して改革を進めていくというかたちでしょうか。安倍政権のほうはそういう環境に適応して,官房長官を中心として政策形成の組織化を進めて一定の成功を収めているということになります。他方で野党の方は必ずしもそういった組織化,政党の刷新には成功していないと。ただ,「政権交代の時代」においては政権党が次第に衰えていくのに対して野党のほうがリーダーに結集されていくという過程が続いていくので,リーダーを取り換えながらでも少しずつ進んでいく途上にあるだろうということが見通されています。

「安倍一強」の謎 (朝日新書)

「安倍一強」の謎 (朝日新書)

宇野重規先生からは『保守主義とは何か』を頂いております。思想の系譜を追いながら保守主義について検討していくということで,バークやハイエクはともかく,エリオットやアメリカの保守主義者については全く知らないことだらけでして,非常に勉強になりました。バークなどから出発しているということもあって,基本的には積み上げられてきた自由を維持するために,その自由を保障する制度を守ろうとする(→急激な制度変更に反対する)ような思想に保守主義の特徴を見て,「フランス革命」「社会主義」「大きな政府」という「敵」の存在から保守主義を照射するようなかたちで議論が進められています。そういったある面で個人の自由を脅かす革新から自由の制度を守ろう,というところに保守主義を見ていくわけです。個人的には,「大きな政府」と対するアメリカの保守主義の章が知らないことばかりで勉強になりました。

ひとつちょっとどうなんだろうと思ったのは,日本について論じられている第4章です。保守主義が自由を保障する制度を尊重するというのはそのとおりだと思いますが,日本で「保守」を名乗る人には,敢えて自由の価値を貶めるようなことを言っているような人もいる感じもします。そういう人たちの政治思想(?)というのはどういうようにできているんだろうと思ったところではあります。たとえば本書を読んだ上で,忠孝などを軸とするのが保守だ,とかいうことをいう人がいたら,どのように答えられるんだろう,という話でしょうか。まあその辺のつかみどころのなさも「保守主義」の魅力なのかもしれませんが。

西山隆行先生からは『移民大国アメリカ』を頂きました。大統領選挙におけるトランプの躍進のところから始まって,移民がアメリカ社会でどのような地位を占めているか,そして政治とどのように関わっているかが丁寧に議論されていると思います。当たり前かもしれませんが,「移民」と言ってもひとくくりにできるわけではなくて,まとまりのある移民もいればそうでない移民もいますし,政治や社会とのかかわり方も多様だということがよくわかります。私はアメリカ政治にはもちろん門外漢で,英語の練習CNNなどを聞くくらいしか接点がないのですが,はじめの方の説明で今回の大統領選でいくつか疑問に思っていたことがよく分かりました。特にルビオ・クルーズがどういう文脈で共和党の候補になっているのかというのはいまいち理解できていなかったのですが,ヒスパニック系といってもキューバ系というのはちょっと異質なのですね。特にクルーズについてはカナダ生まれというのもあったかと思いますから本当に錯綜しているなあと思うところです。

何より興味深く読ませていただいたのは,エスニックロビイングのところです。ユダヤ系から始まって,キューバ系やあんまり知らないところではアルメニア系のロビイング,そして日本・韓国・中国が行なうロビイングにどのような特徴があるのかということが描かれています。個々にデータをとるのは簡単ではないでしょうし,エピソードも多いでしょうから,実証的にはなかなか議論するのが難しいところもある話だと思いますが,非常にイメージしやすいかたちで書かれていて,とても勉強になりました。単純にそれぞれの移民が送り出し国と画一的な関係を築いているわけでもないし,また,移民社会の(アメリカ国内的な)利益を追求するだけがロビイングというわけではなく,国境を超えたトランスナショナルポリティクスとして見るべきものも含まれるというのもそのとおりだと思いました。しかしそういうのが増えていくと,政治学の分析対象もどんどん広く,複雑になっていきそうです…。

移民大国アメリカ (ちくま新書)

移民大国アメリカ (ちくま新書)