Hatena::ブログ(Diary)

まだへいき!

2016-12-01

小さなスマートフォンを求めて

この記事携帯電話 Advent Calendar 2016の 1 日目の記事です。

最近のスマートフォンはでかすぎる

人間の手のサイズはそうそう変わらないが、スマートフォンは年々巨大化していて、例えば 2016 年のドコモの冬モデルでは 5.0 インチ超えは当たり前で、それ以下は特殊な人間に向けた機種という扱いになっている。

機種画面サイズ
Xperia XZ SO-01J5.2 inch
Xperia X Compact SO-02J4.6 inch
V20 PRO L-01J5.2 inch
AQUOS EVER SH-02J5.0 inch
arrows NX F-01J5.5 inch
MONO MO-01J4.7 inch

しか世界に目を向けてみると巨大化はもっと顕著に進行しており、例えば前述の V20 PRO L-01J のベースモデルである LG V20 は 5.7 インチだし、Xiaomi や UMI などの山寨機モドキのようなスマートフォンは概ね 5.5 インチが主流だ。でかい、でかすぎる。

個人的には 4.6 インチでもまだでかいと感じるのだが、日本通信VAIO Phone を「男性でも女性でも片手で扱いやすい5インチのスクリーンサイズ」と評し、ITmedia に至っては 7 インチのタブレットを「女性の小さな手でも片手で持てるコンパクトボディ」などと評していて、正直逃げ場がない。

f:id:sunoho:20161130015117p:image:w560

この傾向はもう三年くら続いていて、天下の Apple 様が iPhone SE を投入したことでコンパクト機市場が盛り上がるかに思われたがそんなことはなく、今日人類はスマートフォンに合わせて手をでかくするための手術を受けるのだ。

小さなスマートフォン

現在、小さな(そして軽量な)スマートフォンとしては以下のような選択肢がある。

機種画面サイズ重量価格
Micro X S2402.4 inch52 g$ 69.99
Elephone Q2.4 inch52 g$ 54.99
MELROSE S92.4 inch52 g$ 59.99
Xperia mini pro3.0 inch99 g\ 9,000 前後(中古白ロム)
Xperia ray3.3 inch100 g\ 4,000 前後(中古白ロム)
Xperia SX3.7 inch95 g\ 8,000 前後(中古白ロム)

から三つは国内ではあまり流通していないので購入するなら中国なりアメリカなりから輸入する必要がある。下の三つは SONY の旧機種だ。

画面サイズだけで見れば goo g06 や FLEAZ POP なども小さそうに見えるが、フチが異常に分厚く、筐体サイズで見ると 4.6 インチの Xperia X Compact よりでかかったりするので騙されてはいけない。

Xperia SX SO-05D を買った

というわけで Xperia SX を購入した。

f:id:sunoho:20161130015439p:image

かっこいい!

f:id:sunoho:20161130015440p:image

なつかしいロゴ

f:id:sunoho:20161130015441p:image

クレジットカードよりちょっと大きいくらいのサイズ感!

突き詰めるなら Micro X S240 を買った方が(ブログネタ的にも)よかったのだろうけど、3.7 インチで 100 グラムを切る圧倒的な軽量さと、そこそこ新しいバージョンAndroid が使えることと、おサイフケータイが使えることと、たまたまジャンクで 3,500 円という掘り出し物を見つけたことが決め手となった。

小さいだけあってバッテリーはそれほどもたないが、きちんと省電力設定をしてやればウォーキング時のルートラッカーミュージックプレイヤー兼おサイフケータイ兼電話機としては十二分に使える。実はこの機種、発売当時に一度購入しているので正確には買い戻しなのだが、やはり名機だなと感じる。

おわりに

スマートフォンメーカー各社は代わり映えしない中華の ODM みたいな端末を作るくらいなら、どうか小さなスマートフォンを作ってほしい。そしてできれば「高性能なコンパクト機」を作ってほしい。

前述のとおり 4.x インチ台のスマートフォンは探せばいくつかあるが、そのどれもがミドルレンジ以下のスペックしか有しておらず、goo g06 や FLEAZ POP、UPQ Phone A01X などもはやローエンドの領域だ。高性能なコンパクト機に選択肢を増やしてほしいと切に願う。

2016-11-12

東芝 REGZA 40V30 で再生できる mp4 ファイルを作る

テレビを買った。

今回買った REGZA 40V30 は DLNA サーバーに置いた mp4 ファイルを再生することができる。が、どうやら再生できるファイルの仕様が細かく規定されているようで、手持ちのファイルはまったく再生することができなかった。

ということで三日三晩寝ずに試行錯誤した結果をここに書き記す。

マニュアルに書かれている仕様

マニュアルに書かれている仕様は以下のとおり。

f:id:sunoho:20161109014958p:image:w560

もう少し詳しく書いてほしいが、欄外に逃げの一文があることから東芝もあまり積極的にサポートする気はないようである

REGZA 40V30 で再生できるエンコード設定

結論から書くと、以下の設定でエンコードしたファイルを再生することができた。

全般

フォーマット : MPEG-4
プロファイル : Base Media / Version 2
コーデック ID : mp42 (isom/iso2/avc1/mp41)
サイズ : 1,015 MiB
ながさ : 2時 2分
OBR モード : VBR モード
オーバルビットレート : 1,156 Kbps
エンコード日 : UTC 2016-11-04 08:26:20
タグ付け日 : UTC 2016-11-04 08:26:20
使用したエンコーダ : HandBrake 0.10.5 2016021100

ビデオ

ID : 1
フォーマット : AVC
フォーマット/情報 : Advanced Video Codec
プロファイル : Baseline@L3.1
CABAC : いいえ
RefFrames : 1 フレーム
コーデック ID : avc1
コーデック ID/情報 : Advanced Video Coding
ながさ : 2時 2分
ビットレート : 1,021 Kbps
幅 : 640 ピクセル
高さ : 480 ピクセル
解像度 : 4:3
モード : CFR モード
フレームレート : 29.970 (30000/1001) fps
ColorSpace : YUV
ChromaSubsampling/String : 4:2:0
BitDepth/String : 8 ビット
スキャンの種類 : プログレシッブ(PPF)
ビット/(ピクセル*フレーム) : 0.111
ストリームサイズ : 897 MiB (88%)
使用したライブラリ : x264 core 142 r2479 dd79a61
エンコードライブラリの設定 : cabac=0 / ref=1 / deblock=1:0:0 / analyse=0x1:0x111 / me=hex / subme=2 / psy=1 / psy_rd=1.00:0.00 / mixed_ref=0 / me_range=16 / chroma_me=1 / trellis=0 / 8x8dct=0 / cqm=0 / deadzone=21,11 / fast_pskip=1 / chroma_qp_offset=0 / threads=6 / lookahead_threads=2 / sliced_threads=0 / nr=0 / decimate=1 / interlaced=0 / bluray_compat=0 / constrained_intra=0 / bframes=0 / weightp=0 / keyint=300 / keyint_min=30 / scenecut=40 / intra_refresh=0 / rc_lookahead=10 / rc=crf / mbtree=1 / crf=20.0 / qcomp=0.60 / qpmin=0 / qpmax=69 / qpstep=4 / vbv_maxrate=14000 / vbv_bufsize=14000 / crf_max=0.0 / nal_hrd=none / filler=0 / ip_ratio=1.40 / aq=1:1.00
エンコード日 : UTC 2016-11-04 08:26:20
タグ付け日 : UTC 2016-11-04 08:26:20
colour_range : Limited
colour_primaries : BT.601 NTSC
transfer_characteristics : BT.709
matrix_coefficients : BT.601

キモ解説すると H.264 Profile は Baseline でなければ再生できない。新しめのツールを使うと自動main や hight になってしまうので注意が必要。また H.264 Level は 2.1/3.0/3.1/3.2 のいずれかでなければ再生できない。この設定もデフォルトでは 4.0 になっているツールが多いので注意。

フレームレートは 29.97 の CFR でなければ再生できない。これもツールによっては VFR がデフォルトになっている場合があるので注意。また今回エンコードに利用した Handbrake の GUI ツールでは Intel QSV 選択時にフレームレートを固定できないので同様に注意が必要。

アスペクト比は 4:3 または 16:9 でなければ再生できない。また解像度に関して DVD 規格の 720*480(3:2) が再生できないのはともかく、界隈では一般的な 704*396(16:9) が再生できないのは罠だった。テレビ側で 16:9 に直してくれるので 640*480 とかにするのが良さそう。

オーディオ

ID : 2
フォーマット : AAC
フォーマット/情報 : Advanced Audio Codec
プロファイル : LC
コーデック ID : 40
ながさ : 2時 2分
ビットレートモード : VBR モード
ビットレート : 128 Kbps
チャンネル : 2 チャンネル
チャンネルの位置 : Front: L R
サンプルレート : 44.1 KHz
フレームレート : 43.066 fps (1024 spf)
ストリームサイズ : 113 MiB (11%)
タイトル : Stereo / Stereo
言語 : 日本語
Default : はい
Alternate group : 1
エンコード日 : UTC 2016-11-04 08:26:20
タグ付け日 : UTC 2016-11-04 08:26:20

オーディオについては AAC(128kbps,44.1kHz,Stereo) であれば問題ない。ビットレートは変動させても再生できたが、サンプリングレートは 44.1kHz 固定でないと再生できなかった。

ffmpeg オプション

今回はお手軽に Handbrake でエンコードしたが ffmpeg でやるなら以下のような感じになるだろう(未確認)。

$ffmpeg -i FILE -vcodec libx264 -r 29.97 -aspect 16:9 -profile:v baseline -level:v 3.1 -acodec libvo_aacenc -ac 2 -ar 44100 -ab 128k FILE.mp4

(補足)環境について

我が家の環境についても記しておく。

2016-09-23

KADOKAWAの新しい物語とはなにか

こんにちはちょっとエッチなクソアニメ大好き人間すのほです。本日独自調査の基づく雑な論考をご紹介いたします

「新しい物語をつくろう。」とは

「新しい物語をつくろう。」とは、2013年10月に角川の関連会社合併新生KADOKAWAが誕生した際に作られたキャッチフレーズです。

f:id:sunoho:20160713174323p:image

子会社 9 社と合併し新生「KADOKAWA」がスタート新しいロゴとキャッチフレーズ、記念キャンペーンの展開を開始します

すべてのアニメを見ているわけではないので断定はできませんが、手元のソース確認したかぎりでは2014年の第1クールからある特定の傾向にあるアニメの提供ロゴにこのキャッチフレーズが使われるようになりました。つまりKADOKAWAが「これは新しい物語ですよ」という意思表示をするようになったのです。

それと同時に、僕の「新しい物語とは何なのか」を調査するという、無職ありがちな時間をドブに捨てるような日々がはじまりました。

新しい物語とは

では「新しい物語」とはなにか、こちらが意図を持って抽出した新しい物語の一例です。

ISUCA

f:id:sunoho:20160713174004p:image:w560

空戦魔導士候補生の教官

f:id:sunoho:20160713174014p:image:w560

新妹魔王の契約者

f:id:sunoho:20160713174017p:image:w560

トリアージX

f:id:sunoho:20160713174011p:image:w560

魔装学園HxH

f:id:sunoho:20160904015854p:image:w560

新しくない物語とは

また「新しい物語をつくろう。」と宣言された以降も新しくない物語は作られ続けています。以下が一例です。

オーバーロード

f:id:sunoho:20160713175838p:image:w560

学戦都市アスタリスク

f:id:sunoho:20160713175837p:image:w560

ヘヴィーオブジェクト

f:id:sunoho:20160713180949p:image:w560

ジョーカー・ゲーム

f:id:sunoho:20160713180317p:image:w560

対魔導学園35試験小隊

f:id:sunoho:20160713175836p:image:w560

結論

KADOKAWAの新しい物語とは「ちょっとエッチなクソアニメ」のことでした。

かなりエッチだけどクソアニメではなかったような気がするヴァルキリートライヴ マーメイドが新しい物語ではないので、判定基準はかなり厳しそうです。

f:id:sunoho:20160713190407p:image:w560

蛇足

新しい物語を観察し続けてわかったこととしては、提供ロゴに「新しい物語をつくろう。」が表示されるためにはどうやら提供画面にて一社単独で表示される必要がありそうだということです。前述の例はすべてこの条件に当てはまります。

しかしわずかに例外もあります。

ミカグラ学園組曲は単独表示ですが新しい物語ではなかったです。

f:id:sunoho:20160713190406p:image:w560

NEW GAME!複数表示ですが新しい物語です。

f:id:sunoho:20160713180950p:image:w560

他にも様々なパターンがあり、KADOKAWAの基準わからんというのが正直なところですが、とはいえ新しい物語のちょっとエッチなクソアニメ率はなかなかすごいので、アニメを視聴する際の指標ひとつとして頭の隅にとどめておくと良いかもしれません。

ちなみに提供ロゴは局ごとに異なり、上記の調査はすべてTOKYO MX対象としたものです。