Hatena::ブログ(Diary)

まだへいき!

2016-09-23

KADOKAWAの新しい物語とはなにか

こんにちはちょっとエッチなクソアニメ大好き人間すのほです。本日独自調査の基づく雑な論考をご紹介いたします

「新しい物語をつくろう。」とは

「新しい物語をつくろう。」とは、2013年10月に角川の関連会社合併新生KADOKAWAが誕生した際に作られたキャッチフレーズです。

f:id:sunoho:20160713174323p:image

子会社 9 社と合併し新生「KADOKAWA」がスタート新しいロゴとキャッチフレーズ、記念キャンペーンの展開を開始します

すべてのアニメを見ているわけではないので断定はできませんが、手元のソース確認したかぎりでは2014年の第1クールからある特定の傾向にあるアニメの提供ロゴにこのキャッチフレーズが使われるようになりました。つまりKADOKAWAが「これは新しい物語ですよ」という意思表示をするようになったのです。

それと同時に、僕の「新しい物語とは何なのか」を調査するという、無職ありがちな時間をドブに捨てるような日々がはじまりました。

新しい物語とは

では「新しい物語」とはなにか、こちらが意図を持って抽出した新しい物語の一例です。

ISUCA

f:id:sunoho:20160713174004p:image:w560

空戦魔導士候補生の教官

f:id:sunoho:20160713174014p:image:w560

新妹魔王の契約者

f:id:sunoho:20160713174017p:image:w560

トリアージX

f:id:sunoho:20160713174011p:image:w560

魔装学園HxH

f:id:sunoho:20160904015854p:image:w560

新しくない物語とは

また「新しい物語をつくろう。」と宣言された以降も新しくない物語は作られ続けています。以下が一例です。

オーバーロード

f:id:sunoho:20160713175838p:image:w560

学戦都市アスタリスク

f:id:sunoho:20160713175837p:image:w560

ヘヴィーオブジェクト

f:id:sunoho:20160713180949p:image:w560

ジョーカー・ゲーム

f:id:sunoho:20160713180317p:image:w560

対魔導学園35試験小隊

f:id:sunoho:20160713175836p:image:w560

結論

KADOKAWAの新しい物語とは「ちょっとエッチなクソアニメ」のことでした。

かなりエッチだけどクソアニメではなかったような気がするヴァルキリートライヴ マーメイドが新しい物語ではないので、判定基準はかなり厳しそうです。

f:id:sunoho:20160713190407p:image:w560

蛇足

新しい物語を観察し続けてわかったこととしては、提供ロゴに「新しい物語をつくろう。」が表示されるためにはどうやら提供画面にて一社単独で表示される必要がありそうだということです。前述の例はすべてこの条件に当てはまります。

しかしわずかに例外もあります。

ミカグラ学園組曲は単独表示ですが新しい物語ではなかったです。

f:id:sunoho:20160713190406p:image:w560

NEW GAME!複数表示ですが新しい物語です。

f:id:sunoho:20160713180950p:image:w560

他にも様々なパターンがあり、KADOKAWAの基準わからんというのが正直なところですが、とはいえ新しい物語のちょっとエッチなクソアニメ率はなかなかすごいので、アニメを視聴する際の指標ひとつとして頭の隅にとどめておくと良いかもしれません。

ちなみに提供ロゴは局ごとに異なり、上記の調査はすべてTOKYO MX対象としたものです。

2016-09-07

君の携帯電話は。

映画君の名は。』を観ました、素晴らしい携帯電話アニメだったと思います。新海誠さんのアニメはいつも携帯電話ですよね。みなさんは携帯電話ですか?(パル文法

f:id:sunoho:20160907033048p:image

携帯電話のあるラブストーリー

携帯電話の普及によってラブストーリーに必ず付いてまわる運命悪戯がすべてインターネット解決できるようになってしまった、というのは『たまこラブストーリー』の感想でも書いたとおりなのですが、本作ではそれを逆手に取っていたのが非常に良かったです。

映画館を出た瞬間、いつ美少女と入れ替わっても良いよう日記アプリインストールしました。

現代ならではの入れ替わり

瀧くんは iPhone 6 もしくは 6s を、三葉ちゃんは iPhone 5s を使っています。公式ビジュアルガイドによると三葉ちゃんの携帯電話は iPhone 5 らしい(未確認)ですけど、作画を見た感じでは iPhone 5s でした。というか iPhone 5s でないと困ります。

記憶を共有しない入れ替わりもの場合、入れ替わってから携帯電話を使おうとすると「パスコードが分からないのでロックが解除できない」という問題が発生するはずなんですが、瀧くんも三葉ちゃんも指紋認証機構のある機種を使っていたためこれが解除できるんですね。これはたいへん画期的で、入れ替わりものの新しい可能性を垣間見た気がしました。

もし三葉ちゃんの携帯電話が iPhone 5 だとすると指紋認証機構がないため、入れ替わった瀧くんは三葉ちゃんの iPhoneアクセスできず、君の名前を尋ねるまえにパスコードを尋ねる必要が出てきます。『君のパスコードは。』です。

もっとも、入れ替わり初期の段階で瀧くんが紙のノートメッセージを残していることからパスコードロックを突破できなかった可能性や、三葉ちゃんが早耶香に携帯電話をいたずらされたのではないかと疑っていることからそもそもパスコードを設定していない可能性など、考えればきりはないのですが。

ともあれ、みなさんも「入れ替わり時には指紋認証は何の役にも立たない」ことを考慮したうえで携帯電話を運用した方が良いと思います。ご注意ください。

瀧くんのITリテラシー

手に書いた文字が消えないのに、携帯電話に残した日記だけが消えるのは何なの?という気がしないでもないですが、それはさておき、携帯電話の日記が消えたとき瀧くんがとるべきだった行動は次のうちどちらでしょうか。

  1. iCloud バックアップからの復元を試みる
  2. 「何もしてないのに日記が消えた!ゴミアプリ!★1です」とレビューする

リテラシーって重要ですよね。

以上です。

2016-08-28

Xperia Z3 Compact SO-02G のタッチパネル故障を無償修理してもらった話

ある日突然 Xperia Z3 Compact SO-02G のナビゲーションキーホームキーなどを表示するオンスクリーンキーエリア)が反応しなくなりました。

f:id:sunoho:20160827184409p:image:w315

調べてみるとわりと稀によくあることみたいです。

やってみたこと

画面を回転させてナビゲーションキーの位置を変えればキーは反応するので、ソフトウェア的な問題かな?と思い SetupWizardTestActivity の再実行、セーフモード実行、再起動初期化などを試してみましたがいずれも効果はありませんでした。

ちょうどいいタイミングで Android 6.0 アップデートが降ってきたのでこれも適用してみましたが同じく効果はありませんでした。

ドコモショップ

というわけで、個人でやれることは万策尽きたためドコモショップに持ち込んでみました。

ちなみにこの Xperia Z3 Compact SO-02G はすでに解約済みの端末であったため、修理を断られても仕方がないし、修理代金がめちゃくちゃ高くなるようなら庭にお墓を作って埋めようと思っていたのですが、結論から言えば無償で修理してもらうことができました。どうやら「回線契約」と「端末の保証」はそれぞれ独立したものらしいです。

無償修理になる条件としては

  • バッテリーに異常がないこと
  • 外装にキズがないこと
  • 画面が割れていないこと
  • 水没反応がないこと

などがあるようで、これらに該当した場合は実費による有償修理になるとのこと。保証書なども必要なく、IMEI から全部の情報を引っ張りだしていました。こわいですね。

さらに、当該の端末とは関係なくドコモの回線契約がある場合は代替機も貸し出してもらえるということで、コミケに持って行く端末が減って困っていたためありがたくお借りしました(最悪のタイミングで壊れた)。

f:id:sunoho:20160827191335p:image

故障機と代替機でSIMカードサイズが違いますが、これも無償で再発行してもらえました。至れり尽くせりですね。

復活

お盆を挟み2週間ほどで修理された端末が戻ってきました。費用が発生する場合は見積もりを出して一報入れてもらうようお願いしていましたが、それも特にありませんでした。

f:id:sunoho:20160827191336p:image

修理内容としてはフロントケース(フロントケース、液晶、タッチパネルが一体となった部品)の交換ということで、見かけ上は完全に新品同様になりました。

f:id:sunoho:20160827191333p:image:w560

学び

ROM 焼きに失敗して産廃にしたことは幾多あれど、自然携帯電話が壊れたのはこれが初めての経験で、図らずもフルコストキャリアのサポートの手厚さを実感する結果となりました。何かと MVNO が持て囃される昨今ですが、こういう目に見えない部分もきちんと考慮したうえで判断していきたいですね。

同様の症状が出ている方はダメ元でショップへ持ち込んでみるといいかもしれません。