〜よどみのうたかた〜〜

2017-02-20 新年会と釣り

20m(挨拶)



東京の友人宅で、新年会をやりました。

各々お酒や食料を持ち込み、友人宅で調理。

一人頭1200円くらい。

大学生時代のノリを思い出し、楽しくも懐かしい雰囲気でした。



f:id:sunson:20170219143236j:image

東方艦これ


集まった日本酒

大学卒業してからウン年、家庭を持っている人もいますが、あまり変わっていません。



自分はそのまま泊り、夜は近場の日帰り温泉へ。

足が伸ばせる温泉はやっぱりいいです。

歩いてすぐなところに温泉や銭湯が沢山ある東京って、すごい恵まれた空間な気がしました。




そして翌日、早起きして海釣りへ。


f:id:sunson:20170220072656j:image

横浜



場所は横浜駅からバスで30分ほど。

サビキ釣りで、カタクチイワシが一杯釣れると評判のところ。

建物内には釣り具や、ちょっとした軽食も買える売店があり、竿も貸してもらえます。トイレも立ち食いソバもあり、係員もいっぱいいで安心。


なんでも前日はトータル3000匹近くのカタクチイワシが釣れていたという好ポイントだというのですが、私自身釣りを初めてから1匹もサビキで釣れたことが無いのです。


今日も絶対釣れないだろう、あんな毛バリにひっかかる魚はこの世にいない。

そう思いながらエサのオキアミを撒き、仕掛けを垂らします。





f:id:sunson:20170220075801j:image

ジンクス破壊



3分くらいでカタクチイワシが釣れました。

一所に行った友人は30秒くらいで、2匹かかってました。まわりの人もバンバン釣れています。


これはもしやイケルのでは!?

と糸を垂らし続けると、ちょっと大きな引き。

グングンと気持ちのいい重さを感じました。意気揚々を巻き上げてみると




f:id:sunson:20170220080722j:image

きれい


コノシロでした。

寿司によく使われるコハダ(の大きいもの)ですね。酢の物にするとおいしいとのことです。

初めて釣れた魚なので、テンションも上がってきます。

よし、どんどん釣るぞ!!!



といこうとしましたら、1時間もしないうちに強風が吹き荒れ、沖堤防は封鎖に。

陸の堤防に移動しましたが、まったくアタリはなく、強風と砂と水しぶきがすごい。

最終的には釣園自体が閉鎖となりました。



全体3時間ほどの釣り、実質は1時間未満でカタクチイワシ6匹とコノシロ1匹。

おそらく天気が良ければ数十匹は釣れたと思われるので、残念。



そんなこんなで友人たちと宴会に釣りと楽しめた週末でした。

サビキ釣りに対する不信感が消えましたので。次はもっと釣ります。

2017-02-13 新しいエアコン続き

り(挨拶)



先週新しいエアコンを買ったことは書きました。

エアコンを新調したのは,漏電が疑われたこと。夜にエアコンを点けると、ブレーカーの漏電のところが落ちるからという理由でした。

そして


「エアコンが新しくなった!」


父上「これで漏電の心配もなくなった」


母上「ご飯の準備するわ」


バツン(漏電ブレーカー落ちる)


「・・・」

「・・・」

「・・・」


「ちょっと余分なところの電気を消して」


母上「レンジをチン」


バツン(漏電ブレーカー落ちる)


「原因、エアコンじゃなくてレンジじゃないの。そういえば前もレンジ使っていたときだったし」

母上「いや,父がエアコンが原因っていったから」

父上「まさかそんな」



という訳で、原因はレンジっぽいです。エアコンは濡れ衣でした。

温かい部屋はとっても快適になり、満足しています。部屋の大移動とかなんだったんでしょう。


すぐにレンジ買いにいきます。

2017-02-06 新しいエアコンと

もう戻れない(挨拶)



最近よくブレーカーが落ちていたのです。

レンジにエアコンにコタツにと温め系家電フル稼働なので仕方ないかなぁと、余分な電力はシャットダウンしていました。

でも何度も落ちる。おかしい。


父上「(ブレーカーを見ながら)どうやら漏電らしい」


「おお、怖い怖い」


父上「ちょっとためしに、お前の部屋のエアコンを点けてみろ」


「あい」


バツン(ブレーカー落ちる)


父上「エアコン禁止な」


部屋のエアコンが壊れまして。

この2月の寒さが最も厳しい時期に!

仕方ないので,新しいエアコンを購入。


父上「じゃ、工事の人が入るから部屋を片付けろ」


「!?!!?」


私の部屋には何百冊という漫画や同人誌(えっちなものあるよ!)、そして美しく可愛いフィギュアが沢山あります。

つまり人なんて入れられない。

しかも工事の人って、親戚なんです。余計見せられない。一族中から何を言われるか分からない。



休み丸一日かけて部屋の整理をしました。

数年ぶりくらいに畳がまともに見えるようになった気がします。


代わりに、客間が漫画本と同人誌で埋め尽くされ、お客さんを呼べなくなりました。

こんなにあったのかよと、自分でちょい驚きました。


そして無事にエアコンの取り付けが終り、新しいエアコンの効きの良さに満足しているところです。

15年ものの古いエアコンからの交換なので、技術の進歩を感じます。家電は時折買い換えるのがいいですね。




漫画本をどうしようかは、これから考えます。

2017-01-30 新しい自転車はオーダー

m(挨拶)



新しい自転車を正式に注文してきました!今の10年以上乗っているシクロクロスの後継機にと考えています。

目的はツーリング、クロモリで太目のタイヤがはけること!

ちょい荷物が積めるエンデュランスロードや、ちょいロード寄りなスポルティーフを想定!

それで探し回って、何店舗も回り、カタログをあさって!!



まあこれが無いのです。


太目のタイヤがはけるのは、ディスクブレーキがほとんど。

ディスクは取扱いが不安だし、パーツも総取り替えでお金もかかるのでパス。

ちょっとした荷物も積みたいとなると、普通のクロモリロードでは具合が悪い。


かといってガチのツーリング車だと重すぎて、今の自転車と殆ど変らなそう。

パーツも出来るだけ今の自転車から移植したいので、昔ながらのスポルティーフだと互換性なし。

そもそもクロモリ車自体ほとんどない。


うーん、中々無い要望のようで、あれこれ見て回っているうちに見つけた一台のフレーム。

それがとても綺麗で。


お店「あれはオーダーフレームですよ」


オーダー?


お店「色んな要望をビルダーさんに伝えて、好みの自転車にできますよ」


クロモリで太目のタイヤをはかせてパーツの移植とか。

荷台も付けられる強度とかも。


お店「できますよ(ニコリ



クロモリのフレームをフルオーダーしました!

今乗っている自転車を採寸して、要望とかも全部伝えて!

ビルダーさんが作ってくれる、自分だけの一台!!

確かに割高になるけど、納期も長いけど(半年から1年とか)、自分に最も合った一台になるのです!!



そんな訳で、今まで自転車に乗ってきて必要だと、不要だと思ったものなどを総まとめした自転車が出来上がる予定です。

出来上がりはまだまだ先,実際にどんな自転車になるかは分からない。

待っている時間はワクワクのドキドキです。それもフルオーダーの魅力でしょう。



楽しみです!!

2017-01-23 通信制の大学の説明会へ

会った(挨拶)



資格取得のために、勉強をしようかと思いまして。

今更になって、学生時代にもっと勉強しておけばなぁと思うこともあり、とりあえず何か資格があったほうがいいのではと。


通信制の大学のパンフレットを取り寄せて、2つの大学の入学説明会に行ってきました。



ます最初の大学はすべてネット上で授業が完結。

レポート提出→試験→両方合格で単位取得という流れらしい。


レポートはメール送信か郵送。

試験はネット上で受けても、会場に受けに行ってもいいそうです。

ネットだと自宅で受けられるし、何を参照してもいい。ただ問題は当然始まるまで分かりません。

会場の方は持ち込み禁止ですが、事前に問題が提示される(提示された5題のうち1題出題)。

どちらも難易度は同じくらいだそうです。


レポートは送られてくる教材と参考文献を読んで作成。なので授業などはなし。

ただ、いくつかの授業はスクーリング(通学)か、ネットで授業の動画を見るかを選択するそうです。

スクーリングの場合は、3日間朝から晩まで授業。

ネットの方は1時間程度の授業を15コマ分見る必要があり、途中にミニテストがあって、それに正解しないと先に進めない。しかも間違い過ぎると採点にも響く。


こんな感じでした。難易度や試験方式など、バランスをよくするために色々と考えられているのが面白いと思いました。

働いていたりして通学が大変な人は、ネットですべて完結できるというのが魅力でした。




2つ目の大学はスクーリングがメイン。

レポート提出→試験などの流れは一緒でした。これが通信制大学の基本なのでしょう。

違うのは、試験はすべて会場。

スクーリングも実際に大学へ通う必要があります。


こちらの魅力は大学の施設や設備がそのまま使えること、他の受講生との交流があること、先生にすぐ質問ができること。

ネットだけだとリアルタイム感が無いです。先生に質問をしても、回答まで2、3週間はかかるとか。

同じ資格を取ろうとする人たちと話ができるのもありがたい。

しかし、当然その分大学へ行くための時間とお金はかかります。

計算すると1か月近く。そんなに休みを取るのはまず無理なので、社会人にとってかなり厳しいです。



とりあえず最初に説明を受けた大学が第一候補です。

通信制大学について調べることも新鮮なことが一杯です。

社会人になってから大学の説明を受けに行くとも思っていなかったので、これも楽しい。

勉強は大変そうですが、程よい感じでやっていけたらなと。