Hatena::ブログ(Diary)

栃木県の武道場〜太氣拳尚武館代表 島村尚武のブログ

2018-10-07 宝探し〜太氣「剣」?

宝探し〜太氣「剣」?

ミッシングリンクを探す作業は、とても面白い。まるで宝探しみたいなもので・・・。

本日は、木刀を遣った組み稽古を団体稽古で初めて取り入れてみました。武術として学ぶ場合、表芸が無手の体術だとしても、身体操法には「得物」が土台として存在します。

f:id:superbody:20181008020409j:image

武術はサバイバル術である以上、得物をもってもそれなり以上に戦える体捌きが必要です。もとをただせば武術はみな武器術が根本にあって、素手の技術が後からできた、というのが成り立ちです。戦場に素手で行くバカはいない、ということです。

もちろん平和な現代社会において、特殊な職業の人以外に日常で武器を携行することはありません。しかし、いざという時に身の回りの物を武具にできるのが、武術家の最低限の心得であると、個人的には考えています。

太氣拳の源流は中国武術の【意拳】であり、意拳の源流は形意拳です。源流となった武術身体操法は棍・槍ですが、太氣拳創始者澤井健一は、剣(剣術・剣道・居合)の達人でもありました。太氣拳意拳と異なる部分があるとすれば、徒手技法枝葉末節ではなく、隠し味となる武器の操法ではないか、と感じています。

f:id:superbody:20181008020333j:image

もっとも澤井宗師がどうお考えだったのかについては、太氣拳第三世代の私には分かりません。宗師の直弟子である第二世代の先生方から、断片的に伺うのみです(宗師ご自身が、論理的な解説をされなかった、とも聴いています)。

得物に関しては・・・

先生方から伺うお話しと、文章になった過去のエピソード、宗師の経歴などを考察して、私自身が多少学んだ剣の操法を通して考究している、といった状態です。なんとなれば、宗師の剣の操法を全伝された方を、寡聞にして存じ上げないからです。いわばミッシングリンク

宝の地図はあるけれど、要所要所で虫喰いになっていて、という状況みたいですね。

そんなわけで、個人的に取り組んでいる得物を用いた稽古をもう少しシンプルにして、門人さんにはお伝えして行こうかと思います。まぁ実験稽古ですね。剣術に通じた方もいるので面白い試行錯誤が出来るだろうし、思わぬところでお宝発見!となるかもしれません。

武を学ぶ、ということはこういう知的好奇心をも満たしてくれる要素が多分にあるので、興味の尽きることがありませんね(^^)


太氣拳尚武館は、太氣至誠拳法(通称・太氣拳)を学ぶ武術・武道の道場です。武道初心者はもちろんのこと、武術・武道・格闘技で伸び悩んでおられる中級者以上の方も歓迎いたします。また、護身・健身(健康づくり)目的の方の参加もお待ちしております。稽古会場:小山市・栃木市・宇都宮市・上三川町・神戸市(神戸支部)。詳細は:http://taikiken-tochigi.jp/practice/

太氣拳合宿・講習会・DVD教材のお申込みはコチラ(カート機能):http://taikishimamura.cart.fc2.com/

太氣拳とは>

 中国拳法の流れを汲む武術創始者澤井健一が立禅と命名した「ただ立つだけ」の独特の鍛練法を核とする。

太氣拳とは(詳細版):http://taikiken-tochigi.jp/taikiken/

☆お問合せはこちらhttp://my.formman.com/form/pc/AntTny9AIWHChfRQ/

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証