Hatena::ブログ(Diary)

栃木県の武道場〜太氣拳尚武館代表 島村尚武のブログ

2020-12-30 プライベート会員制度発足のご案内

プライベート会員制度発足のご案内

太氣拳尚武館は、2017年11月より「プライベート会員制度」を発足させる運びとなりましたので、ご案内いたします。

現在当道場は栃木県南地区を中心に、神戸支部&講習会)・東京(講習会)、フランス(講師招聘)などで太氣拳をお伝えす活動を行っております。

DVD教材の販売を通じて、太氣拳の道場に通えない方々にお伝えする活動も展開しております。

教材をご購入いただいた方からは、「太氣拳の稽古に参加したいけれど、多忙・遠方在住などの理由で通常の稽古会への定期参加が難しい」という声もお聞きします。そのような環境下でも継続して稽古を行いたい方のフォローを行うべく、「プライベート会員」制度を始めました。

<おススメする方>

 1、仕事が不定休または遠隔地在住の為、定期的な道場稽古に通うのが難しい方

 2、武術に興味はあるが、道場ではついて行けるかどうか不安がある方

 3、将来ご自身で同好会を立ち上げたい!などの志があり、定例稽古へのビジター参加のみでは物足りない方

 4、他武道の指導者クラスでご自身のブラッシュアップの為に太氣拳練功を深く学びたい方

 5、職務上、武道をしっかり身につける必要がある方

 長年にわたり、武道未経験者や初級者が太氣拳を習得するのは難しいこと、と認識されてきました。私自身が直接見聞きした例を振り返ると、残念ながら「たしかにそうですね」と言わざるを得ないと思います。なぜか。立禅をはじめとする太氣拳の稽古方法は「武のエッセンス抽象化したものである」ことが主たる理由だと私は考えます。

 抽象化されたものであるがゆえに一般の武道・格闘技のように「こう来たら、こう返す」という受け返しの形式やコンビネーションにとらわれずに、相手の状況に「呼応する」ことが可能になるわけで、そこが太氣拳の特色・強みでもあります。そしてその強みは裏返すと「伝える難しさ」につながって参ります。

 当会においては太氣拳を「構造化」「言語化」してお伝えすることを旨としており、したがって武道未経験者・初心者であっても定例稽古会にコンスタントに出席されれば、太氣拳を身につけて頂くことは十分可能です。

 しかしながら遠方にお住まいの方の場合は、稽古会へ不定期にビジター参加するだけでは、相当な武術の素養と探究心がないと習得は難しいと存じます。

 また、将来ご自分で稽古会・支部を立ち上げたいという「志」を持っておられる方も、稽古会(集団稽古)への不定期参加のみを以てその志を達成するのはかなりの困難が伴います。また、最大公約数の稽古のみでは、物足りなさを感じられることと思われます。

 そのような方はどうぞご相談ください。武道・格闘技を含む運動歴、およびご本人のご要望等に応じてオーダーメイド指導いたします。

f:id:superbody:20170601183535j:image

費用の目安はHPの関連記事を参照願います。

HP関連記事:http://taikiken-tochigi.jp/price/

費用等の詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページ:https://my.formman.com/form/pc/AntTny9AIWHChfRQ/

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。