spsの向こう側 RSSフィード

2009-01-14 パラパラと行間に勤しむ

本を買いました。

とろける鉄工所(1) (イブニングKC)

とろける鉄工所(1) (イブニングKC)

内容はとても面白いし、絵もいいのですが、だから買ったんですけど。いかんせん、連載のイブニング誌上と同じく、欄外のつまらないコメントをさも面白げに載せてしまっているのが不満です。このコメントは、担当者のK添という女性担当者のものらしいのですが、はっきりいってどうでもいい物で、無い方がありがたいです。たぶん編集部だけで受けている身内ネタの押し売りをして、人気者にでも仕立てようという魂胆なんでしょうが…、古い感性ですよね。まあそれはイイです。

実録!関東昭和軍(1) (モーニング KC)

実録!関東昭和軍(1) (モーニング KC)

前半はやはりいじめというかヴァイオレンス色が強いのですが、終りの方になると高校野球というかスポーツの取り組み方に共感がえられるものです。ルールのある戦いは命がけに必死になる必要がありまた、死ぬわけじゃないから安心してやり遂げられるんです。

病が語る日本史 (講談社学術文庫)

病が語る日本史 (講談社学術文庫)

受験制度のためにまともな日本史教育を受けていないmxでも楽しく読めています。まだ頭の方だけど、まあ暇つぶしには良さそうな内容と軽やかな文体です。でも、小説は買えないなあ…。タイトルでもなかなか手が出ないし、無理して読み始めても結末に憤慨することが多いから進んで読まないんだよね。これを買う前に違う書店で何か読めそうな新書はないかなと探したんだけど、面白そうなタイトルの本もなく、装丁書籍もなく…。なーんか世間の流れに相変わらず取り残されているというか、無理に追いつこうとしないからか、読みたいなあと思える本が少ないですね。ま、書籍との出会い運命的なもので、例え買っても読まない本はたくさん持っているし、時期が来れば何んとなく手にとって読み進めたりしますから、義務教育じゃないから無理に読みたくもない石垣りんの腐った詩の一編を読まなくともいいし、今月は何冊読むぞ!とか無理に意気込まなくともいいんだからね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/superstation/20090114
Connection: close