小覇王の徒然はてな別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-05-05

やらなきゃよかった 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

| 15:53 | やらなきゃよかった 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦を含むブックマーク

 新戦隊「特命戦隊ゴーバスターズ」も順調に面白くなってきた。「仮面ライダーフォーゼ」も後半に向けてますます上り調子。まあ前半ほど学園映画の要素が見受けられなくなってきたのはしょうがないことだと思うけど(やはりピークはプロムか)。ただ、「ゴーバスターズ」と「フォーゼ」の面白さってベクトルが少し違ってて、過去のいろんなSF作品(僕がぱっと思いついたとこでは「新世紀エヴァンゲリオン」「ジャイアントロボ地球が静止する日」「勇者王ガオガイガー」そしてアメリカ版戦隊である「パワーレンジャー」といった辺り*1。他にも色いろあるだろう)が参照されているように思える「ゴーバスターズ」は頭で考える面白さ。勿論「フォーゼ」もいろんな映画(主にアメリカ学園映画)が参照にされてるが物語そのものは感情に訴える面白さ、という感じがする。「らーめん才遊記」でいうなら「ゴーバスターズ」はフムフム。「フォーゼ」はワクワク、といった感じだろうか。もちろんそれぞれ違ってていいのだ。今後の展開に向けて両方共楽しみな作品である。

 で、そんな両シリーズがクロスオーバーする映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」を観てきた。一言で言うととても残念な問題作で怒り半分、呆れ半分といったところである。

f:id:susahadeth52623:20120426143341j:image

物語

ある時、突如として門矢士 / 仮面ライダーディケイドが「大ショッカー」の大首領として歴代ライダーの悪を束ねて全てのスーパー戦隊たちを倒し始めた。時を同じくしてキャプテン・マーベラス / ゴーカイレッドが「大ザンギャック」の大帝王として歴代戦隊の悪を率いて全てのライダーたちを倒し始めた。

そして時は2012年4月21日。如月弦太朗 / 仮面ライダーフォーゼと桜田 ヒロム / レッドバスター達が所属する特命戦隊ゴーバスターズはこの争いを止めるべく戦い、デンライナーもこの謎を解くべく過去の時間へと向かう。

 今回自分であらすじ書くのが面倒だったのでWikipediaの当該項目から引用しました。

 もう物語を語るのも大変なほど行き当たりばったりな展開なのだが、正直良くこれで脚本がOKでたな、と思う。どうやらこの企画まずは「ディケイド」ありき、だったようでどうして失敗作である「ディケイド」にそこまでこだわるのか理解できない。勿論企画発表当初、スーパー戦隊仮面ライダーの一大クロスオーバーに胸を躍らせたのは確かなのだが片方のメインがディケイドと聞いてがっかりしたのも又事実。「ディケイド」基準なのでオーズやフォーゼ、ゴーバスターズのTVシリーズとはパラレルだろう(てかそうでないと困る)。

 そもそも、全スーパー戦隊と全仮面ライダーを登場させる必要はないわけで戦隊側はゴーカイジャーのみにして仮面ライダーオーズかフォーゼのどちらかに絞るべきだったと思う。そもそもゴーバスターズ自体が戦隊の総まとめだったゴーカイジャーを経て仕切り直し的な側面がある作品なのですよ。独特な世界設定はこれまでの戦隊と世界観を共有していないことの意思表示でもある。だからゴーカイ×ゴーバスだけでも大変だと思うのに仮面ライダーまで含めるんだからよほど脚本を調整しないと難しいのは確かなのだ。

 結局、出来上がった作品は方向性が一定しない、ふらふらしたものになってしまった。そもそも軸になる作品が「ゴーカイジャー」「ディケイド」「オーズ」「電王」「フォーゼ」「ゴーバスターズ」と6つもあってどこに軸足を置けばいいのかわからなくなっている。

 

 中盤、大ショッカーと大ザンギャックの首領に扮している門矢士とマーベラスを置いてけぼりにして(そりゃ、あの状態の二人で物語を動かすわけにはイカンわなあ)ジョーとハカセ、比奈ちゃんとディエンドである海東の4人が物語を回していく。今回実質的な主人公はジョーにあたるだろう。ハッキリ言っていきあたりばったりな展開でなかでも噴飯物なのがデンライナーで過去から連れてきたアカレッドアカレンジャーブクマで指摘あり。アカレッドではなくアカレンジャーでした)が実はマーベラスだったという謎展開。過去から連れてきたんですよ。

 勿論、ヒーロー同士が戦う、という展開はいいんですよ。今までだってスーパー戦隊の「VSシリーズ」はタイトルにもなっているどおり新旧戦隊が戦うのが見所だ。マーベルヒーロー総登場の「アベンジャーズ」だって予告編を見る限り、ヒーロー同士が仲違いしながらそれでも最終的には力を合わせるのが見所なのだが、「スーパーヒーロー大戦」ではマーベラスとディケイドが悪の首領となって本気で争ってるように見えるので対立といっても度が過ぎている。悪の組織を騙すためといっても例えば「シンケンジャーVSゴーオンジャー」のように人質を取られ、互いを倒すように強要される、とかなら理屈もつくし観客も共感しやすい。これでは子供が置いてけぼりにされるのも致し方あるまい。

 中盤、ジョーも海東も倒されついにハカセ(と変身はしない比奈ちゃん)だけが残されてシルバが「ライダー粒子、レンジャー粒子共にすべて消滅した」とか言う場面があるのだがそこでハカセがまだ残っているのに終了宣言してしまうのもハカセのキャラ的なものより単に脚本の不備に思えてしまう。

 ラストなんとか事前に敵組織の野望を打ち砕いて、でもビッグマシンとやらが登場してないしどうするのだろうと思っていると突然ディエンドが裏切り「僕を騙すなんて許せない」とか言って敵のラスボス敵位置に収まってしまう。ここまで味方としてやってきた海東なんの伏線もなく突然裏切る(でもなぜか最後は許される)とか、この展開を好意的に見れる人がいるだろうか。

 

 結局、製作者特に白倉伸一郎プロデューサーはスーパーヒーロー物の脱構築とやってはいけないことが区別がついていないのではないか?という気がする。悪の仮面ライダーとかヒーロー同士の殺し合いとかそういうものをヒーロー物を超える、とか勘違いしているのではないだろうか。

 

 勿論いくつか画的におお!という場面はある。例えば同じモチーフのスーパー戦隊仮面ライダーの戦いとか。剣とジャッカー(トランプ)、龍騎ゴセイジャー(カード)、カブトとレッドバスター(超スピード)などなど。そういえばハリケンジャー(現在ハリケンレッドが大変なことに!)の追加戦士ゴウライジャーを除くと戦隊の方って昆虫モチーフってないのね。やっぱり仮面ライダー(あるいはビーファイターとか)のほうに遠慮というか被らないようにしてたのかな。

 ただそれさえも残念な部分もある。ゴーカイジャーオーズのそれぞれのコンボをレンジャーキー化して各コンボに変身するというシチュエーションがあるのだがせっかく変身したのにその状態で戦いもせずいきなりガレオンバスターでとどめを刺すだけなのだ。一体なんのために変身したんだよ!と思ってしまう。 

 ゴーバスターズとフォーゼが最後だけ出てきてディエンド操るビッグマシンを倒すのとかは格好良かったけど最初に「こんなシーンがあったらいいよね」というのが先にあってそれを無理やりつなげて脚本作ったのかな、と思ってしまう。

 あと、鳴滝だ!今回鳴滝の役者がドクトルGのリニューアルデザインとして出てくるのだが、やられたあとまた鳴滝に戻るのだ。そしてナゼかディケイドに許されて別次元の彼方に去っていくのである。お馴染みのあのセリフを残して。なんだろう、まだディケイドで何か作るつもりなのかな。

 「おのれディケイド!」っていうのはもはや「仮面ライダーディケイド」という番組そのものを指すのであって鳴滝!オメーも含んでるんだからな!

D

 僕は以前、「ディケイド」の反省点が「ゴーカイジャー」に生かされた、と書いたことがあったがどうやらそれは間違いだったようだ。いやおそらくゴーカイジャーのスタッフはディケイドの失敗点を学んでいると思う。でもディケイドの製作者はどうやらあれが成功作だと思っているようなのだな。パンフレットの製作者たちの対談を読んでいるとむかっ腹が立ってくるのだが・・・

 

 個人的にはこれが「海賊戦隊ゴーカイジャー」の見納めになる可能性があるかと思うとそれが一番残念(まあ、冬か春あたりに「ゴーバスターズVSゴーカイジャー」が作られる可能性はあると思うが)!

 後は「フォーゼ」のTVシリーズの方に財団Xが出てきましたね!これである意味「仮面ライダーW」との世界観が共通であることが明確になったと思っていいのでしょうか(単なるファンサービスや楽屋ネタではないと思う)。第二期平成ライダーシリーズ共通の敵ということで「フォーゼ」内で完結せず次作以降まで持ち越される可能性もあるけれど、それはそれで期待大です!

関連記事

まだまだ派手に行くぜ!! 海賊戦隊ゴーカイジャー

変身は正義の力 仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX

ディケイドはターンA になりえたか?

 今回はダメ(多分僕の中では今年度のワースト3に入ります)だったけれど前作は最高の出来だったんですよ!

*1:例えばメサイヤガオガイガーのパスダーとパワーレンジャーのゾードン両方をモチーフにしているのだろう

名無し名無し 2012/07/23 07:37 ゴセイジャーと龍騎は戦ってない アカレンジャーとアカレッドを間違えるようなにわかがドヤ顔で批判か(笑)

名無し名無し 2012/07/23 07:38 鳴滝が許されたシーンなんかねえ 適当かいてんな

名無し名無し 2012/09/06 21:16 まず大前提としてディケイド失敗ってのは個人的な価値観で決めてるだけでしょ
そこに違和感。

名無し名無し 2012/09/06 21:16 まず大前提としてディケイド失敗ってのは個人的な価値観で決めてるだけでしょ
そこに違和感。

名無し名無し 2012/09/11 18:55 シルバの粒子反応は変身した状態じゃないと分からないんじゃないですか?
 変身前から何の粒子をだしていると・・。
あなたの大嫌いなディケイドは商業的には大成功の作品でしたよ。
何を言ってもいや、だって〜 としか思わないでしょうけど。

のなめのなめ 2012/09/11 21:13 批評コメント10点
1万点満点で

自分の主観が強すぎて感情論に過ぎない

こいつのコメントを端的にまとめると、僕には合わない作品でした
かな

見終わった後の子供達の笑顔を見ずに自分が全視聴者の代表意見を言ってます、的な勘違い発言が残念です

名無し名無し 2012/10/03 00:10 じゃあ、もうヒーロー番組を見るな!

名無し名無し 2012/10/03 00:10 じゃあ、もうヒーロー番組を見るな!

ゼロゼロ 2012/10/15 23:45 この映画、追加戦士や番外戦士(ドラゴンレンジャー、タイムファイヤー、アバレキラーは除く)がいないから、スーパー戦隊のスケールは小さい。

NN 2012/10/20 03:16 単に自分が楽しめ無かったからイチャモンつけてるだけでしょ。
特撮ヒーローの知識浅いくせにさも専門家のように語るところに拭いたwwwww

にわか素人知ったかぶり評価乙(笑)

llll 2012/10/20 15:37 自分が楽しめ無かったからイチャモンつけてるだけ

、 2012/10/27 14:00 でも実際スーパーヒーロー大戦が評判悪いのは確かだから
コメントしてる奴らもちゃんとそこ認めろよ
てか白倉二度とライダー映画に関わんな

鄴 2012/10/30 22:08 それでも、なんだかんだ特撮見てしまうんですよね・・・。
そして、今まで買い続けているからDVDもコレクションしてしまう。
抜けられないループです。ファンってそんなものかと。
ただ、少しでも付加価値をと、ローソン限定特典をゲット。

 2012/11/03 21:16 評価はそこまで悪くないと思うんだけどなぁ

susahadeth52623susahadeth52623 2012/11/03 22:18 ブログ主です。この記事についてのコメントは荒らしと思われるものが多いので承認制にさせて頂きます。記事に対しての反論は歓迎ですが単なる罵倒は荒らしと判断します。
僕の方からこの記事に対してコメント欄で特に触れることはあえて避けさせて頂きます。

志郎志郎 2012/11/10 12:42 子供達の笑顔を見れた人が羨ましいですね。
自分がいた劇場では子供達つまんなさそうで眠そうで…。

「199ヒーロー」や「MOVIE大戦Mega Max」見た後だと、何かと残念な映画でしたね。

特撮知識の浅さを感じるのはこの映画作品の方。(白倉Pさんが自分の作風のために『細かい設定』は無視したんだろうけど。)
①何でゴーカイレッドが他戦隊のレンジャーキー使えてるのかわからないし、
②Mega Max で壊されたプロトバースが何の前触れもなく修復されてるし、
③ファイヤーステイツの火炎吸収能力なくなってるし。
…まあパラレルワールドという設定で片付ければそれまでですけど。

それとただ①はディケイドが倒した(次元の狭間に送った)戦隊から力(レンジャーキー)を借りた、③は魔法の炎は例外とか想像の余地はありますね。

ミッツミッツ 2012/11/22 17:22 米欄の荒れ様は単に荒したいだけなのか、ライダー&戦隊が好きすぎて否定的な事は言いたくないだけなのか。
後者は気持ち分からなくもないです。私もライダーが好きなので文句を言いつつ、心苦しくもなったりします。
しかしはっきり言っておかないとまた今回のような映画が生まれてしまいそうです。
また来年もやるのかと思うとゾッとします…。
本当に楽しまれた方には申し訳ない限りですが、私は過去のオールライダー映画と一緒でまったく乗れませんでした。
それでも設定の矛盾やら細部のクオリティに言及されているだけ米欄のみなさん含めて尊敬に値します。
私はそんな気すら起きません。ただただ失望してます。

ディケイド以降年に2本も3本もライダー映画が量産されるようになりましたが、
その中でも坂本監督は、MOVIE大戦という良くも悪くも「できてしまった」枠を有効利用して
「MOVIE大戦Mega Max」という良作が生まれました。
なのでこのオールライダー枠でもそんな奇跡が起きると信じていようと思います。

ディケイド好きやで(^^)bディケイド好きやで(^^)b 2012/11/23 21:31 これは脚本が悪いですよね。ディケイドは悪くない。全てのライダーシリーズ、戦隊シリーズに失敗作は無い!

ただ許せないのは「全ライダーVS全スーパー戦隊」と言いながら、ライダー側に出てない人がいる。
ギルス、G3、ナイト、etcetc全ライダーじゃないやん!しかも大ショッカーのオーズ代表がメズールって・・・

.. 2012/11/26 00:58 最初らへんのブログ主に評判コメしてる奴らどうせ東映関係者だろ(笑)
てかもうライダー×戦隊は二度とやらないでほしいね
あの糞白倉は春の定番化したいとかネタ切れ感ハンパない事ほざいてるけどもう今回だけで十分だわ

もんちゃんもんちゃん 2012/12/09 23:50 仮面ライダー×スーパー戦隊2が、あるみたいだよ。

カイカイ 2012/12/22 23:13 複雑ですよね。この作品。
真っ二つにわかれてるファンの意見はともかく…東映で過去の作品を手がけて今も現役にやってるスタッフさん、どんな気持ちなんでしょう?

ゴーカイジャーは確かな仲間の絆で戦っていき、過去の先輩と出会って成長していき、やがて最終回には新たな旅立ちの思いを込めて「もう必要ない」ってレンジャーキーを地球に返した物語にしたのに、この映画でまた理由もなくまた使うことになって…。
ゴーバスターズはまた新時代の戦隊を目指しいこうっていう感じで世界観に過去の戦隊のつながりを断ち切ったような作品だったのに、物語内で何の理由もなく過去の戦隊と共演させられて、おそらく次のVSまで会わせるつもりのなかったであろうゴーカイジャーと早々に会ってしまうことになって…。

フォーゼは確かな40周年の想いで作られたのに、バスターズ同様脇役にされて…。

「Mega Max」で活躍したばっかの7人ライダーやオーズやWをかませにして。
「199ヒーロー」で一撃一撃に想いを込めて過去の戦隊(の偽物)を倒したゴーカイレッドになんのためらいもなくただ作戦のためとか言って機械のように過去のヒーローを倒させて…。

まるで当てつけだよ。
スタッフが作品を作り上げるために一生懸命考えた設定を散々押しのけて、公開した結果が、低評価のファンと高評価のファンが真っ二つに意見別れてぶつかる作品?
失礼だないろいろと。

XX 2012/12/28 21:11 今回の映画の批評では、作品の粗探し感が否めないが、作品の良点ももっと評価してあげるべきだと思う。全体的にはディケイドのことが中心的だろうか。2012年の2月19日の批評ではディケイドを「大いなる失敗作」とまで罵ったり、2009年の12月22日では「グダグダに終わった」などとかなり<TV放映されたディケイド>を嫌悪しているようだが、ディケイドの魅力は「ライダー達の歴史が再構築された」ことにある。まず平成ライダーの世界(前半)では人気のあった数々のシリーズをより子供に分かりやすく、かつライダー達の新たな物語の始まりとして再構築している。2月19日の批評にあったことだが、いわゆる「本人」達が出演するのはファンサービスに過ぎず、それが「ディケイド」の本質ではないのだ。仮面ライダーシリーズは基本的に人の心を持たない怪物が地球の壊滅を狙い、民間人が変身し敵と戦うケースが殆どで、戦う覚悟を長い道のりの中で確かにしていくストーリーが軸になっているものも多いが、スーパー戦隊は人(宇宙人)としての理性があるにも関わらず地球侵略に手を染めそれに対しては敵と戦うために集められていて戦う覚悟が既にある若者、または民間人の変身者が既に覚悟を決めた状態で戦いに身を投じる所からストーリーが始まるものが多い。よってスーパー戦隊は実質的に仮面ライダーより人間として学んでいることは多いのだ。
門矢士は人間として多くの経験を積んでいるらしいので、むしろ再構築ライダーに人として大切なことを教える立場にあるが、唯一士に足りない純粋な絆を世界の人々から学び、自らも作り上げてゆく。それがディケイドのストーリーだ。ゴーカイジャーは異星人達が人間達の正義の魂を、命の尊さを理解しながらザンギャックと戦う意味を知っていくストーリーだ。そんな中身の部分が「ディケイド」の本質だ。一つ付け加えると12月22日の件で、他の平成ライダーのMOVIE大戦での物語の完結に対しては言及無しなのにディケイドに関しては腹を立てているとはどういうことなのだろう。アクセルをディケイドに関係のあるライダーと思っていたのなら別だが。昭和ライダー及び数々のヒーローの特別な世界(後半)では特に言う事はないがディエンドの世界やBLACKとRXの世界を超えた共闘などを踏まえると2月19日の批評の昭和ライダー達の繋がりの話も辻褄が合うと考えられる。それとオーズやフォーゼがディケイドと共に戦ったからといってTVシリーズのパラレルワールドだったという明確な証拠はないし、スーパー戦隊と仮面ライダーの共闘なのだから、さまざまなヒーロー達からの視点からこの大戦を描いてもよいのではないか。ちなみに*1はメサイヤじゃなくてメサイア。
最後に気になることを言わせてもらうと、コメントでもそうだが白倉氏がどうとか映画制作者のことを気にせずに映画を見れないものなのか。誰が作ったから面白くないとかを決めて何の意味があるのだろう。その制作者が嫌いなら作品を見ないことをおすすめする。これらのことをこれからの批評に生かしていただければ嬉しいが。

XX 2012/12/29 15:50                  追記
「物語のあらすじを書くのが面倒」という所が充分失礼だが冒頭にあった「戦隊側はゴーカイジャーのみにして」と「全スーパー戦隊と全仮面ライダーを登場させる必要なし」という言葉が引っかかる。前者の言葉のことをいうと、そもそも仮面ライダーは平成ライダーシリーズのクウガから人気が格段に上がった訳だが、それ以前にももちろんシリーズはあった。このブログ主も仮面ライダーが好きなのかは知らないが、スーパー戦隊側の出演者を減らすというのはただの偏見ではないのか。スーパー戦隊は明確に人気があるという話は少ないが、子供達が好きなのは必ずしも仮面ライダーだけではないのだ。それともゴーカイジャーでレジェンド戦隊達が登場したのでもう満足とでも言いたいのか。ゴーカイジャーは人気だがそれだけが面白く他のスーパー戦隊は面白くないということではない。過去のスーパー戦隊の人気から今があるのだ。
問題は後者の発言だ。さっきもいったが仮面ライダーは平成ライダーシリーズから人気が上がり、子供繋がりでライダーを見始めた大人もいる。それらの知名度の変化は事実であるがそれ以前から仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズを熱狂的に見続けてくれている人は多数いる。そんな人達にとっては今回の映画は嬉しいばかりなのだ。古くから人気のあった2大ヒーローを本格的に共演させることを素晴らしいことだとは思えないのか。これを踏まえるとCMにもあった「これを見ないとヒーローは語れない」というフレーズは古くからのヒーローファンに贈る言葉という解釈もできる。

ミンミン 2013/08/25 13:11 まさかのディケイドとディエンドのメイン進行、シルバの活躍、楽しめたけど、
ここのコメントは、ひどいな。主への誹謗中傷。よくこれで承認したな。