Hatena::ブログ(Diary)

susan858の日記

2013-12-24

冬至と愛

突然シームレス、 Shengruxiahuaを、夢を見て、昨日リラックスして長い一日となり、風景、まだ暖かいチャドの寒い日でと冬至に。時間内に、多くの人々や物事は、単に不注意失った。昔は忘れるのが難しい、非常に遅いと考え牛欄牌奶粉、かつて考えられ、年々 、それがクリアされバラバラ二十から四太陽部門、 、 、キャッチ1だったしたかった静かな良い、若々しい脱出の年あなたが戻ってみると、すでに千年かのように、年をキャッチするために。小さな村の子供時代の家は、メモリファジー教室、中年、恐れて、今後数年間に散在若者で失われた。冬至が到着し、追跡した。
急いで年間、私たちは、多くのことを失った多くの場合、最も簡単な喜びを忘れて移動しました。太陽面での変化、季節変動、急い日中に浸漬され、私たちにタッチの多くをもたらすために、自然の無関心。 「悪い時間があっても。あなたが高齢者の方、心痛むキスをした」しかし、私は目には穏やかな時間でした、頬ポーランド、あまりにも無感覚痛み。 Pomuは、私たちは長い間忘れられ冬至にも餃子を食べに家に電話するが、したくない。冬至は、週末に落ちる、高齢ダウンをできるように理由はありません。
田舎の農場にある村で、元の冬の隔離、 。大麦は、体を暖かくカバー雪を楽しみにして、ふらふらと細い葉を振って、尾根の間で徐々に進行する。人生のスタンスを踊っ茶色支店を持つ光オフ木々の葉、 。村、都市よりも冷たい風が、温かい味を有する高密度、紙幣を燃やしの味と混合の料理。
冬至には、いつものように、礼拝を通して燃焼させた。長いテーブル優雅に賛辞の皿、魚、豆腐、ワインはまだ浅く、そこに常にある、英国はご飯にあったか、それは冬至、揚げ物、おにぎり、特別法のボウルなので、丸め丸め。ろうそくが燃え火鉢にお香の煙、紙幣をジャンプ、点灯し、我々はお辞儀をし、自分の先祖の席の前で頭を下げただけでなく、子どもたちが戻ってきていなかったために頭を下げた心は感謝と祈りに満ちている。どうやらいくつかの厳しい、すべての埋葬非常に深い、丁重に私に触れたに見えただろう時に、高齢者の母親の身体を吸う、ひざまずい。 Pomuは、多くの場合nu skin 如新、父親が死んだ人を忘れていない悪い扱いしてはならない、と彼らはあなたの家族の安全、幸せな家庭を祝福すると発表した。彼女はまた、私たちは他人の不幸の祖先、溶け落ち時々話がたくさんについて話しました。だから、私の心は常に畏敬の念で満たされて、先祖に会っていない人のために、私は自分の誠実さと信心深さを信じて、彼らが受け取るように、見ることができます。
冬至には、いつものように、地元の習慣に家である積層法律面団子、をたくさんしました。今年の新境地のもち米粉、詰め物のもち米のボールがちょうどラードゴマピーナッツキンモクセイの砂糖ミックスを沸騰されている必要があり、もち米粉で満たされた盆地の中に投げ込ま1丸みを帯びたスタッフィング団子をこねる、包装されたふるい、ふるいにかける米の層は、湿式もち米団子に包まれ、その後、米粉に投げ込まれ、それが水の中に一度行く浸し、麺の層に包まれた、餃子は一般こぶしサイズで作られた、多くを行うことがたくさん欲しい。このスタックの顔の団子は、水晶非常においしい、白、甘くて柔らかく、ワックス状、非常に階層化し、歯ごたえを調理した。しかし、今やますます少なく、人々が自分自身に幸運と幸せと考え、このような料理を楽しむことができます行います。顔の団子を複雑なプロセスを積み重ねが、冬至、法の前に毎年、常にすべての10袋にロードされ、多くのことを行って、私たちは食べるために戻ってくるだけでなく、私たちが戻って、市内にいくつかの袋を取らせんけれども。我々は、空の家に行くことができない場合であっても、彼女は他の人が街に沿ってみましょうする方法を見つけるだろう。サイドを積み重ね曾璧山中學、すべての冬至のおにぎりは、我々は常に中国旧正月食べなければ、常に、ミス後味に仕上げました。彼女の母親の70以上、私は知らない、冬至には、私たちはもはや団子がこのスタックアップよりも食べる量を減らすに直面しないであろう、考えたくありません。
水年、時間内の水は、柔らかな感傷を持っていたが、それは、人生の浮き沈みの心に刻まれた、風化の顔を彫る、鋭利なナイフであることが多くの美しい穏やかなカット、押しつぶさを選択しました。無慈悲で残酷な時間が、伝統の多くは、民族料理の多くは、ライフスキルの多くは、先史時代に消えます。だから、親がまだ生きている時間を大切にし、愛情と愛団子で包み、それぞれを大切に、この特別な日に大切。
今日と冬至、短い日数、時間が、による長い長い愛する準備が行く!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susan858/20131224/1387854679