ぼうメモ帳

2007-01-28 このエントリーを含むブックマーク

彼女作ればなんていうコメントをもらって、なんとなく思ったこと。

最近、といっても正月帰省したときだが、両親から「彼女は出来たか」という言葉を多く聞く。これ以上、そんな話が出たら、俺は二度と実家に帰りたくない、というぐらい、うざったく思う言葉だ。

確かに人肌恋しくなるときはある。精神的にも肉体的にもね。でもまあ、そんなときは、キャバなりヘルスなりでスカッと遊んで満足して、解消できてしまうのも事実だ。そしたらあとは、自分の趣味に没頭するだけで、腹八分ぐらいは満足できる。仕事は、せいぜい自分ひとりが遊んで暮らせるだけ稼げればよいかなと思っている。

で、そんな生活で満足してしまっている俺が、どうして彼女を本気で作ろうと思うか。せいぜい、出来たら良いなという、かなり受身的なポジションである。まあ、自分に対して大した自信も持ち合わせてなく、せいぜい大枚はたいて相手してもらうぐらいが限界で、シラフのときなんて女の子一人満足させられない俺が、本気で彼女を作ろうとして出来るとも到底思えない。そういう意味で、恋愛という観点で考えると、俺は既に負け組みなんですよ。

ただ、今年で28を迎えるわけで、回りもぼちぼち既婚者が増え、子供が生まれるだの生まれないだのを聞いていると、世間的にも色々考え出すお年頃になっているのもまた事実だ。

個人的に思う一番の問題は、この28になるという気持ち(焦り?)が、彼女を作ろうという気持ちを後押しするよりも、何か面白いプログラムの一つでも書いて、名前を売るなり、金を儲けるなりしたいなと思う気持ちの方をプッシュしてしまうってことだと思う。いい加減、そんな夢捨てろよって感じだけどね。

そんなわけで、日記にこんなことを書いてしまう俺は、やっぱり負け組みなんだと思う。しかし、えらく酷い内容だな。

としとし 2007/01/29 16:37 あー その気持ちとてもよくわかる。
29になるともっとあせりのようなものを感じると思うよー。
30って年齢は想像以上に重たいものがありますな。

fayefaye 2007/01/31 17:04 すすむとして、仕事が一番と思います。これは、さすが男の考えだけである。私みたい女の子にっとては、そういう気持ちがよく理解できませんね。なんといても、家は親は、大切なのです。
仕事が順調にやってやまない。豚の年には、がんばってね。

susumususumu 2007/02/05 00:52 >とし
こんな身近に同士が!! ちと嬉しい。
ところで、29になるんだっけか? 今度、飲みに行って、30に向けた抱負を聞かせてくれ。後学のために。
ちなみに俺の抱負は、体のために、タバコを止めるってことかな。いま風邪引いてて病院通ってるんだけど、女医さんに「死にたいの?」って、蔑まれるように怒られたw なにか、新しい世界を垣間見た。


>fayeさん
どっからどう読んだらそうなるのかわからんけど、別に仕事が一番ってなわけじゃないですよ。上にも書いてあるとおり、正直、金さえあれば、いつでも仕事を辞めて、遊んで暮らしたいって思ってるし。
ま、何を大切にするかなんて、男女以前に人それぞれだから、別に良いんだけどね。

fayefaye 2007/02/20 16:16 今、中国の新年です。そろそろ冬休みが終わります、学校へもどらやむを得ず。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susumu/20070128

2007-01-21 このエントリーを含むブックマーク

何か知らんが、源泉徴収票が来てた。

齢27になり、初めて源泉徴収票の見方を知った。そして、税率についても知った。

てか、税率10%と20%の差って、案外低い位置に設定されていたのね。

fayefaye 2007/01/26 21:14 あのう。夜遊びは、だめですね。お金があれば、旅行しようか。それとも、彼女を作ってみれば。

susumususumu 2007/01/28 14:08 旅行は良いアイディアですね。有給とって温泉でも行くか。彼女については…orz

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susumu/20070121

2007-01-20 飲みすぎ このエントリーを含むブックマーク

水、木、金と、潰れるまでお酒を飲んだのに、今日もまた飲みに行ってきます。

連チャンなんて、久しぶりだよ。金が続くかが微妙

(続き)

今日は不作。

6万も使っちゃったよ。その割には、ぜんぜん楽しめなかったorz

どんなバブリーな使い方だって思ったけど、なんでやって感じ。

特に、最後の店が最悪だった。これなら、吉原にでも行っとけって感じ。

良い勉強になりましたよ、ほんとorz

ボーナス貰ってから1ヶ月。夜遊びで、20万以上使っている俺がいるw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susumu/20070120

2007-01-14

こういうことを書いていいのか迷ったけど、書く。少し頭に血が上っているので、書きっぷりは後で修正するかも。ただ、内容は修正しない。事実を書いているだけだし。

事の始まりは1月9日有楽町ビックカメラにてAcerPower1000を購入。その際、メモリを2Gに増設をお願いした。

意気揚々と、持ち帰るも、その日は疲れていたので、翌日に開封。早速2Gであることを確認しようとマイコンピュータのプロパティを開くと、そこに現れたのは、1Gという数字*1。おかしいと思い、レシートに記載してある電話番号に電話するも、事情を話しても、今は時間外、修理センタの方に電話しろの一点張り。で、俺もちょっと頭に血が上っていたので、事実確認だけして欲しい旨を伝えると、折り返し電話くれるとのこと。それで、少し落ち着いて、大人気なかったなあと思いつつ、折り返し電話を待った*2

でも、1月14日の今日になっても電話は来ない。で、とりあえず、メモリ差しっぷりを確認しようと、PCの蓋を開けるドライバコンビニで購入し、早速開けてみる。どうやったら解体できるか試行錯誤のあと、やっとメモリに到達できた。すると、そこには…

なんと、512MBが2枚刺さっていたんです。メモリパッケージとはなんら関係なさそうなメモリです。全く別物が刺さっているんです!!

なんでしょう、この詐欺みたいな商売は。私がたまたまメモリ量を確認して、そしてたまたま蓋を開けて確認したから発覚したものの、これがもし、パソコンなんか殆んど触ったことのないような人だったら、下手したら、一生気づかないかもしれません。そう考えると、1Gのメモリ2枚分の費用を取り、しかも、技術料を取って、容量どころかメーカーすら違うメモリを増設しているのです。

思わず再度電話してしまいました。今回は、前回とは異なり大分落ち着いて話ができ、また対応の方も事態の深刻さ(?)を把握していただけたのか、比較的丁寧に対応されました。もっとも、また、折り返し電話待ちですけどね。

これで、ダメダメだったら、本社に電話で確認してみるかなあ…

上の続き

上の続きを含むブックマーク

行ってきた。

結果的には2Gのメモリ換装してもらえたのでOK。ただ、まるで私がわざとメモリを入れ替えてクレームをつけているんじゃないかと、人を疑うような態度を取られたことには、多少腹が立った。

私も会社勤めの人間だから、2時間も使ってそんなせせこましいことはしないし、倫理的にそんなことするつもりはない。

ただ、いくら言い訳を並べられたところで、動作確認を十分に行わなかったのは店の過失だと思う。それがたとえ、BIOS画面からメモリ容量が確認できないマシンとはいえね。気持ちは十分分かるけどさ。

これが同じメーカメモリならまだ分かるけど、全く違うメモリで、しかも取り扱ってないって言われてもね。思わず、中古品だったんじゃないか、内引きがあったんじゃないか、なんて強面&声を荒げて言った俺も大人げなかったけどね。

まあ、そんな感じで、一応無事にメモリ換装して、イースオリジンを始められたので、今回はここまで。以上。

*1:正確には、もう少し小さい

*2:今思うと、何をどう事実確認するのかすら分からず、事実確認して欲しいとかいう私も少しDQNなクレーマだったかも。

のけもの姫のけもの姫 2008/01/19 07:04 あぁ、よくある話ですね。

ちょっとPCとは関係無いイですけど、ガソリンスタンドの整備だって実際は、車の事を全く知らない無資格者が行ってたりしますからね。

その多くは社会に対しての責任感なんて微塵も持ってませんし(まぁ、そんなの持ち合わせていないから無責任な仕事ができるわけですけど。)、会社側からしても何かしら問題が発生したところで、公に認めなくても「なぁなぁ」でやり過ごせることを知ってますからね。

だって「証拠」が無いですもん。

雇う側、働く側の意識の低迷はこれからも加速度的に進むでしょうし、自分で簡単にできそうな事は自分でやった方が気分悪い思いする回数減るでしょうね。


ぱっと見て条件反射で「わかるわかる」って思って書いてしまったんで読み難いと思いますけど勘弁して下さいまし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susumu/20070114

2007-01-06

携帯への迷惑メールウザイ

年末正月にかけての1週間だけで、300通以上来たぞ。

世の中なんて暇人が多いんだか。

netbeans

| netbeansを含むブックマーク

いま、netbeansプログラムを書いているんだけど、2kぐらい書いた感想だけど、ソースコード編集機能は断然eclipseの方が上だ。PCの性能の問題もあるのかもしれないが、まず第一に、コード補完で選択していないようなものが勝手に補完されて、コード保管になっていなかったり、次に、そもそもコード保管していないのに、勝手コード保管してローカル変数brをbreakに勝手に書き換えたり、デフォルトコメントテンプレートが弱かったり、とイライラすることだらけ。

でも、eclipseに戻ると負け組みな気分が…

nowokaynowokay 2007/01/08 07:53 省略記法は、オプションの「エディタ > コードテンプレート」のところで編集できますよ。

susumususumu 2007/01/10 22:41 ありがとうございます。br + スペースでbreakになるって、省略記法の機能だったんですね。てっきり、コード補完の誤補完だと思ってました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susumu/20070106

2007-01-03

GUIアプリケーションの開発スタイルに関して思いついたこと

| GUIアプリケーションの開発スタイルに関して思いついたことを含むブックマーク

GUIアプリデザインパターンとして、MVCパターン存在する*1GUI自動生成について色々考えたときに、思いついたことを適当メモしてみた。

Modelから設計するか、Viewから設計するか

MVCパターンの観点からGUIアプリの設計を見てみると、大きくViewから設計に入る方法と、Modelから設計に入る方法の二つがありそう。

正直、どちらも完全に分けられるものじゃない。

Viewから設計する方法は、Viewを作りながらModelの片鱗を少しずつ構築していく方法。まず画面を作成し、ボタンに対するアクションを少しずつ作りこんでいくというもの。開発のイメージとしては、ViewGUIビルダでサクッと作成し、Viewに表示するデータの操作ロジックの作成が開発の中心となる。

メリットは以下のとおり。

  1. 開発が早いこと
  2. 規模が小さい場合、コード量が少なくできること
  3. GUIライブラリの機能をそれほど知らなくても開発できること
  4. GUIビルダ的なものでの開発が容易なこと

デメリットは以下のとおり。

  1. 規模が大きくなると、スパゲティコードに陥りやすいこと
  2. 規模が大きくなると、開発規模が極端に増え始めること
  3. 画面数が多くなると、Viewに表示している値の統一性を維持するのが大変になること
  4. View内に、データビジネスロジックUIコントローラの機能が集まりやすく、画面クラスが肥大化しやすいこと

Modelから設計する方法は、Modelを作りながらViewの片鱗を少しずつ構築していく方法。まず、Modelとしてデータデータに対する操作を決定し、各Modelに対してViewを作りこんでいくというもの。基本的には、Modelをサクッと作成し、Modelの状態を表示するView更新ロジックを作成するのが開発の中心になる。

メリットは以下のとおり。

  1. 開発が遅い
  2. 規模が大きくなっても、開発規模がそれほど大きくならない
  3. 画面数が多くても、値の統一性、操作の統一性を維持するのが容易
  4. Model/View/Controllerの分離が容易(もともと分離されやすいため)

デメリットは以下のとおり。

  1. GUIライブラリの機能を把握しておく必要がある
  2. 規模が大きくなると、スパゲティ参照に陥りやすい
  3. 規模が小さくても、コード量が一定以下に減らない
  4. GUIビルダとの相性があまり良くない

GUIアプリの自動生成を考えたとき、View先行型よりも、Model先行型の方が自動化が容易。これは、ビジネスロジック開発者が決定するものだが、業務APにおいて、多くのViewは、DBCRUD操作が主体であり、その部分のView定型であり、自動化が容易であるため。ただし、自動化する以上、似たような画面になることは防げない。

ボーナス

ボーナスを含むブックマーク

そいえば、ちょっと通帳の記帳をしたら、ボーナスが大分減ってた。

そして思い出す、12月の行動を。

ボーナス貰って1ヶ月も経ってないのに、キャバに10万投資している俺がいたorz

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susumu/20070103

2007-01-01 このエントリーを含むブックマーク

半蔵門線の近辺に引っ越しました。江東区です。関東の東側での、初チャレンジ生活です。

正直、新宿池袋が遠い…

あと、GUIプログラムのためのフレームワークについて、今考えてる。なかなか難しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susumu/20070101
269490