ぼうメモ帳

2005-10-31

わかったつもり 読解力が付かない本当の原因

| わかったつもり 読解力が付かない本当の原因 - ぼうメモ帳 を含むブックマーク

ISBN:4334033229

文章を深く理解できない原因を、文章が「わからない」ではなく「わかったつもり」であるという観点から、読者にさまざまな例題を出すことで、実感させながら最終的には文章の読み方の指針を示す本だ。注意が必要なのは、最終的には文章の読み方の指針を示すだけであって、「10日で伸びる読書*1」のような内容ではない。

この本は読者に「わかったつもり」を実感させるために、事例とその解説に紙面のほとんどを費やしている。言い換えると、「わかったつもり」のために文章が読めていないことを実感することはできるが、それを回避するための技術ははあまり身に付かない。

私がこの本を読んで感じたことは、この本は「読者のために書かれているのではない、作者のために書かれている」ということだ。この本は、「わかったつもり」を読書時の最も危なくかつ排除困難な問題とし、「わかったつもり」のために誤読が起こる原因が丁寧に書かれている。この原因を知ることで利益を得ることが出来るのは、文章を書く人間ではないだろうか。

世の中では文章を書くときには「分かりやすい文章」を書けという風潮がある*2。面白いことにこの本の例文はどれも分かりやすい文章である。ほとんどの例文は、小学校教科書に載るような文章のため、大人が読めば一発で理解した「つもり」になれる。しかし、この本を読んでもらえば分かるように、そんな「分かりやすい文章」でも実際にはさらに深い読みが可能、もしくは誤読が多発している。

なぜそのようなことが起こるかについて丁寧に解説されているため、文章を書く人間がこの本に書かれている内容を「読者」ではなく「作者」という立場から読み込むことで、ただ分かりやすい文章だけではない、読者に深い理解を促す、誤読の発生を防ぐような文章を書くことが出来るようになるのではないだろうか。

逆に、「分かったつもり」の原因を逆手に利用することで、読者に「分かったつもり」にさせる文章を書くことができるのではないか。これは、必ずしも好ましいことではないが、文章の内容を読者に「分かったつもり」にさせるような文章構成の技術も、文章を書く者にとっては必要な場面が存在する。仕事をしているときに、相手に理解させることに労力を費やすより、相手に「分かったつもり」になってもらうことで、こちらの労力も低減し、しかも物事を有利な方向へと進ませるという場面は存在すると思う。たとえばプレゼンなんていうのが良い例だ。プレゼンを行う場合、大抵、例えば商品を買ってもらうことや意見を求めるなどの、相手に何らかの働きかけを行いたい場面が多い。そのような時、「分かったつもり」にさせる技術というのは有効に働くと思う。

このような視点から、この本は、読書力を高めるたい人というよりも、文章を書かなければならない人が一読する価値のある本だと思う。

*1:実在する本ではありません。例として適当に作ったタイトルです。

*2:このように書くと、私はこのことに反対しているように読めるけど、そんなことはない

2005-10-13

Winnyの技術

| Winnyの技術 - ぼうメモ帳 を含むブックマーク

ISBN4756145485

やっとこさ登場。

コレを見て思ったこと。

少なくとも、Winnyの設計では、オープンソースは耐えられない。

どういうことかというと、Winnyの現状の設計では、ソースコードオープンにしたとたん、匿名ネットワークが崩壊するということだ。なぜそう感じたのかは、書くのが面倒なので省くけど*1オープンソース匿名性を維持しつつ情報発信を行いたければ、隣接ノードが完全に自分のノードとは異なる実装であっても、自分が発信している情報が本当に自分から発信されている情報かどうかを、他ノードが判断できないようにしなければならない。

たとえば、隣接ノードに自分が保持している情報リストを渡すとする。このとき、自分のノードが明らかにP2Pネットへの新参者であると分かる場合、その情報リストは、自分が保持している情報であることの意思表明をしていることになり、その情報を元に何らかの危害が自分に加わる可能性があることを意味している。

また、新しい情報を投下する場合、隣接ノードにその情報PUSHすると、それは、自分がその情報を持っていることだとばらしてしまうため、同様の危険性が発生する。

そのような危険性を回避するためには、

などを行わなければならない。

オープンソースでこのようなことを実現するためには、このソフトなら安心して使えるという根拠をユーザに与え、そして、オープンな実装がネットワーク全体のマジョリティを占める状態を確保した上で、徹底的に隣接ノードに自分のオリジナルな情報を流さなくても済むような方式を考えなければならない。

もしこれが実現できれば、たとえ悪意のあるユーザがネットワークに参加しても、隣接ノードからの情報を頼りにした追跡という手法が取れなくなり、ノードの追跡は事実上不可能になる。

コレが実現できるならば、本当に匿名性を維持できるようになるのではないだろうか。なお、ここでいう匿名性とは、自分が特定されることではなく、自分が発信している情報が、本当に自分が発信しているのかを特定できないようにするという意味での匿名性であることに注意。また、その情報の中に、自分を特定できてしまうような情報が含まれていたら、このような仕組みもまったく意味がないことに注意。

*1:酔いどれ中のため、勘弁

2005-08-14 久しぶりに日記を書く

恋するプログラム

| 恋するプログラム - ぼうメモ帳 を含むブックマーク

ISBN4-8399-1729-9

先々週あたりに買った本.著者が亡くなられているということで,まずはご冥福をお祈りいたします.

この本は,Rubyを使って人工無能ソフトを開発するということをコンセプトに書かれています.残念ながら,人工無能ソフトの開発を通してRubyを勉強するための本なのか,Rubyを通して人工無能ソフトを開発するための本なのかは判断がつきにくいです.もっとも,中途半端という意味ではなく,どちらの目的でも十分に実用的です.

内容としては,ランダム発話から始まり,学習する辞書型,そしてマルコフ連鎖型へと発展していきます.必要な機能のセットアップについても記されているため,人工無能開発の取っ掛かりとしてはちょうど良い本だと思います.足りない機能としては,時系列な会話(文脈の理解)や,内容の連想などです.このことについては,本文中でも触れられています.

私は,Rubyで実装するのもなんだということで,Javaで実装していました.いま,マルコフ連鎖を実装している段階です.平たく言えば,Marshalモジュールが出てきて,泣きそうになっているというのが本音です.

274045