久道進の生存報告所 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-03 ゲームマーケット2017秋

 土日は、「ゲームマーケット2017秋」を覗いてきました。アナログゲームのイベント。両日共に、東京ビッグサイト 東7ホールで、10時から17時まで。

[][][]「ゲームマーケット2017秋」1日目 「ゲームマーケット2017秋」1日目を含むブックマーク

 初日。午前中は用事があったため、お昼頃家を出て、会場に着いたのは14時ぐらいでした。以下、遊んだゲームや参加した企画について、簡単に。

「ドギーバッグ」(アークライトゲームズ)ボス犬に献上した骨を、後でこっそり盗み出すことを目的としたゲーム。プレイヤーそれぞれが袋の中に入れた骨を、中身を見ないで取り出していき、それで手に入れた骨が得点になるわけですが……欲張りすぎるとボスに見つかって骨を返さなくてはいけなくなったり、場合によっては脱落する羽目になったり……かといって安全策をとりすぎると、自分の手番が回ってこず、まるで骨を手に入れられなくなってしまったりもして……そういったジレンマが楽しいゲームでした。

トロイカ」(オインクゲームズ)星の採掘(?)をテーマにしたゲーム。数字が書かれたパネルを集めることを目的としたゲームなのですが、得点とは別に、帰還するための数字をそろえる必要もあって、その両方をちゃんと集めるのが意外と難しかったり。私は得点を欲張りすぎて、帰還のことをすっかり忘れてしまって敗北。無念。

「リアル謎解きゲームマーケット6 感染拡大(パンデミック)」(よだかのレコード)「ゲームマーケット2017秋」内の企画。パンデミックから三つの国を救うために、会場を歩き回って謎やパズルに挑んでいく、といった感じの企画です。最初は簡単な謎でしたが、後半は結構考えさせられるものになっていき……2回ほど、ヒントブースを頼らなければなりませんでした。特に一番最後は難しかったですね。あちこち歩き回るので、結構いい運動になったりも。スタッフの人が親切で、のりもよく、大変楽しいイベントでした。また次回も挑戦してみたくなりますね。

 初日の購入物は……「ぱんつぁー・ふぉー! 戦車道ボードゲーム」「TtTマガジン Vol.5」「ゴリティア」の三つでした。

ドギーバッグ 完全日本語版

ドギーバッグ 完全日本語版

トンネル・ザ・トロールマガジン vol.5 (TtTマガジンシリーズ)

トンネル・ザ・トロールマガジン vol.5 (TtTマガジンシリーズ)

[][][]「ゲームマーケット2017秋」2日目 「ゲームマーケット2017秋」2日目を含むブックマーク

 二日目。本当は初日のみ参加のつもりだったのですが……一日目があまりに楽しかったで、急遽。午後から別の用事があったので、14時半には会場を出なければいけませんでしたけれど。

「ストーリーライン:フェアリーテール」(アークライトゲームズ)場に出されていく物語のカードにあわせて、プレイヤーは手札から人物や場所、物品等に関するカードを出していき、みんなで一つの童話を作ろう、といった感じのゲームです。カードが採用される度、そのカードを出したプレイヤーはチップを貰え、その得点で一応勝者(物語の作者)が決まる感じになっていますが……あまり勝敗を気にするゲームではありませんね。物語を作るゲームというと、「ワンス・ア・ポンア・タイム」というカードゲームもありますが……「ストーリーライン」の方がカードの展開によって大まかなお話の流れが自然とできるので、遊びやすい感じになっているように思いました。

「トライアングル」(つれづれ愚者)協力型ゲーム。手札と場に置かれたカードを組み合わせ、それらのカードを場から取り除くことを目的としたゲームです。手札が残っているとマイナス点になってしまうので、うまく手札を使い切れるよう目指すのがなかなか難しい。クリア自体の難易度は高くない感じで、一プレイも短めですので、何度も挑戦したくなってきますね。

 二日目の購入物は……「MIRARIS」「トライアングル」の二つ。

 時間があれば、もうちょっと試遊や買い物をしたかったのですけれど……残念。

ストーリーライン:フェアリーテール 完全日本語版

ストーリーライン:フェアリーテール 完全日本語版

Miraris

Miraris

 先行発売されていた「パスファインダー・アドベンチャー:ルーンロードの帰還」は、悩んだ末に、今回は見送り……重い積みゲーをこれ以上増やすのもどうかと思ったので。店頭に並んだときも我慢できるかはわかりませんけれど……。

 両日参加して……遊びたいゲームや参加したい企画が多すぎて、いくら時間があっても足りない感じですね。次回はちゃんとスケジュール調整して、じっくりたっぷり参加したいものです。

 ……自分が今制作中のサメ映画カードゲームも、いずれ「ゲームマーケット」でちゃんと発表できるようにしたいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/susumukudou/20171203