y(et) a(nother) diwographics

2018-06-17

買い出し

 14時前に出発して、ビジネスシューズを調達にシューズ愛ランドへ行く。明日からの諸国巡業の旅に備えるためなり。今回割と冷房に効いているところを回り、移動中は脱いでいることも可能と考えられたので、底に通気口があることを調達要件とはせずに購入価額とフィット感とで選択。
 その後石倉姪浜店の瓦そばセットでランチとする。
 TwiningのEnglish Breakfast Teaのようなシンプルなお茶を2Lくらい冷蔵庫に常備し、キャナリィ・ロウのようにごくごく飲めるようにするにはどうしたらよいかという問題の答えを探しに、A-price、CAFE FADIE長尾店を訪問。
 業務用の水出し紅茶葉を見つけたが、在庫はアールグレイだけであったので却下。一方で水で薄めるタイプの紅茶のもとを見つけて1瓶買ってみた。(しかし、試してみると甘かった。これは失敗であった。)3 Lくらいの薬罐を買って、一気に作って冷やしておくというのがよさそうである。
 帰途回り道をしてオニオンリングを食べにMOSバーガー原店に立ち寄る。モスライスバーガーよくばり天 海老とかきあげのオニポテセットにしたら、結局お目当てのオニオンリングは2巻きということになった。

NeXT non-ADBキーボード(3)

 帰宅したら発送していただいたのが到着しており、いても立ってもいられず早速使ってみる。
 これまで18年間空打ちしながらストロークが深くて、年取った今となっては硬すぎて使えないだろうなどと想像していたけれど、キーボード本体が重くどっしりと安定していて打ちやすい。矛盾しているが、これほどの大きさ重さでなければ、この「鞍」をどこへでも担いでいって使いたいというくらい、一タッチ惚れしてしまった。当時$6,500(85万円相当くらいであろうか?)のワークステーションに付属したプレミアムなキーボードであるから当然かも知れないが、キーの押しさげはフェザータッチよりは重いが想像よりも軽く、しかも押し下げた後粘らずにサラッと戻る、キレのよさがあって使うのが気持ちよいキーボードである。
 アダプタを設計製作され、わけていただいたyunoさんに感謝である。
f:id:suushinagai:20180620234208j:image:w640

父の日によせて

 上の子から「ヨネザアド幻想」(まん中の子からのとあわせて2冊目)、まん中の子、下の子とCEOからパンツ三着のプレゼントあり。
 なぜこれを選んだのかと問うに、筆者は「大概何でも持っているし、何がほしいのかわからないから」とのことであった。来年からはwishlistを公開する必要がありそうである。