日常(および、You were made from dust and you shall be dust)に関する日記

2018-04-19

残念なことだが、骨折猫のオビは4月15日未明に息を引き取った。

骨折からの回復は順調だった筈だが、腎機能の低下が著しく、いつも水を欲する状態だった。


骨折にともない右前脚でのグルーミング(洗顔)が不行き届きとなり、少々くさいようになって

いたので入浴させたのだが、結果としてはこれが良くなかった。弱っていたオビの体力をさらに

消耗させ、急速に死に至らしめたのだと思う。


良かれと考えてやったことだが、もし風呂にさえ入れなければまだ生きながらえていたかもしれない、

と思うと、浅墓な判断が悔やまれる。

http://d.hatena.ne.jp/suwataku/20050826

オビとその姉(か妹)のハナは2005年8月に横浜・浅野学園の丘で捕まえた。

この時点で生後それほど経っていない子猫だったので、オビは12年間と8カ月くらい生きた。

すでにハナは三鷹のカミサン実家で亡くなっている。


室内猫の平均的な寿命は16年程度なので、短命といえば短命な二匹だったけど、病気のまま生きる

期間が短かったことは良かったのかも知れない。


スミレの如く小さな体に高い知性と面倒見の良さと愛嬌を備えていた、うちの猫たちの中の重鎮とも

言うべき女傑猫・オビ。さらば。

2018-02-23

骨折猫は今のところギプス(細い木片を副え木とし、ガーゼと包帯で巻いて全体をテープで

くるんだもの)を食い破ることもなく養生している。

水の器にギプス先を突っ込んで濡らしたりもするが。

こうした状態だと、キャットウォークのここに陣取るのがラクなようだ。

f:id:suwataku:20180223112123j:image


腕をダランと垂らす。

f:id:suwataku:20180223112112j:image

骨の癒合には最低でも一か月はかかる、とのことでギプス生活は続く。

2018-02-19

20:49

f:id:suwataku:20180219201826j:image

新しいスキーブーツと中古のファットスキーを買って以来、ちょくちょくスキー場に行くようになった。

以前の柔らかいテレマークブーツと細いテレ板でのスキーは結局あまりにも難しすぎて、それがゲレンデに出たくない

億劫さにつながっていた。それしかないから、スキー場がらみの取材では履いていったけど楽しくはなかったな。


今の道具はサロモンのquest access 90という靴で‥

f:id:suwataku:20180219203206j:image

タイトながらどこも痛くない。私は幅広の足なのでいつもどこかが痛かった。



で板は同じくサロモンのポケットロケット185僉

f:id:suwataku:20180219203425j:image

15年前くらいのファットスキー黎明期のモデルだが名機と

評価されており、たしかにそのとおり乗りやすい。


ようやくスキーが楽しいと思えるようになりました。

2018-02-17

18:09

今日も大雪だ。昨日は見えていた道路のアスファルトもまた雪で覆われた。

f:id:suwataku:20180217165214j:image


最近は病気も怪我もなく過ごしてきた猫たちだが、問題発生。

昨日昼に帰宅したらオビが足を引きずるような仕草で、ずっと治らないので今朝、

獣医に診てもらったところ、右前足の骨が三本折れていた。重傷だ。

恐らく、高いところからの落下と着地の失敗と思われる。

同居猫との喧嘩?して落ちた?なにしろ不在時のことなので確たることは不明。

f:id:suwataku:20180217165256j:image


手羽先みたいな細かい骨なので外科的処置(切開してピンどめなど)は難しく、獣医の

判断は「添え木で保定。変形にはなるがこのまま癒合を目指す」とのこと。

f:id:suwataku:20180217165246j:image



うちに戻り、静養。固定された右前足に違和感はあるだろうが、我慢してほしい。

f:id:suwataku:20180217165236j:image



骨がくっつくまで。

f:id:suwataku:20180217165225j:image

hshs 2018/02/21 23:18 あーあ、大変ね。雪も猫も。着地に失敗する猫だって?!! 信じがたいね。うちの死んだ最後の猫を思えば。いろんなことが起きるものだわね。 最近、再読したソルジェニチンの「ガン病棟」に「動物への愛は今日少しも顧みられず、猫への愛着に至っては笑い話のたねにされることが多い。だが、初めに動物への愛を失えば、次には必然的に人間への愛を失うのではないだろうか。 ほかの箇所に「、、、人は明けても暮れても仕事にのみ打ち込み、仕事にのみ関心を示し、他人は仕事によってその人を判断するものである。だが、存在理由はそこにあるのではなく ―  一人一人の背後に投げかけられた永遠の姿かたちを、どこまで乱さず、揺らめかさず、歪めずに保存し得たかという点にこそあるのではないだろうか。」この本、ぼろぼろに近くなったので、新しく買おうとしたら、絶版。私は1982年に、16刷で買ったが、新潮社(文庫)に訊いたら26刷が最後だってさ。猫、やっぱり可哀そうね。

2018-02-05

土曜日午前中、ほぼ晴天・無風の好条件でもお客さんの少ないスキー場。

f:id:suwataku:20180205084634j:image


空いていて滑りやすいのだが、これでは儲からないのでは。

f:id:suwataku:20180205084644j:image


翌日曜日は「あんこう祭り」へ。一杯500円のあんこう汁と300円のからあげ。

からあげは冷えております。

f:id:suwataku:20180205084556j:image


次いで宇奈月温泉。2年くらい前に新設された公共浴場「総湯」は入浴料500円。

f:id:suwataku:20180205084621j:image


宇奈月の街中には雪像や氷像が展示されていた。こちらは氷の水中花。

おそらく一斗缶を利用して作ったのだろう。

f:id:suwataku:20180205084609j:image

2018-02-01

1月半ばには雪も減りフキノトウすら見えたのだが。

f:id:suwataku:20180201104209j:image



何度も来る「ここ数年で最強の寒波」で再び雪の下に。

f:id:suwataku:20180201104203j:image



中古で15年前のサロモン板を購入。

ファットスキー黎明期の名機ポケットロケットというモデルで、

乗ってみると実に滑りやすい。

f:id:suwataku:20180201104216j:image



糸魚川の居酒屋「秘密基地」。もと魚屋さんが開いたお店なので

とにかく刺身が上等で値段も安い。

f:id:suwataku:20180201104557j:image


このアジ刺身で750円!

f:id:suwataku:20180201104142j:image

hshs 2018/02/03 11:23 久しぶりで、新しい写真見て、うれしかった。一月は、本当に忙しかった。月の後半はなんだか疲れがでて、だらだらしていたら、すごく寒くなって雪がかなり降った。
昨日も昼まで降っていたが、その後曇り。今朝はほとんど融けてしまっていた。まあ、立春だし、この辺りではこうだろう。 フキノトウがちゃんと出るころそちらへ行きたい。糸魚川へも。 5日にちょっと福岡へ行く。昔の友人の遺作展があるのと、何となくうつ状態を振り切るため、飛行機に乗れば治るかなあ。では、元気でね。火の用心。

2018-01-03

2017>2018 08:39

f:id:suwataku:20180103082325j:image

f:id:suwataku:20180103082713j:image

f:id:suwataku:20180103082315j:image

f:id:suwataku:20180103082305j:image

f:id:suwataku:20180103082253j:image

f:id:suwataku:20180103082721j:image

f:id:suwataku:20180103082655j:image

f:id:suwataku:20180103082642j:image

f:id:suwataku:20180103082706j:image

2017-12-22

f:id:suwataku:20171222140749j:image

f:id:suwataku:20171222140735j:image

f:id:suwataku:20171222140722j:image

f:id:suwataku:20171222140708j:image

2017-12-21

f:id:suwataku:20171217105627j:image

家の前のイチョウ2本が伐られたので、貰う。

f:id:suwataku:20171217105614j:image

割って薪にする。

f:id:suwataku:20171217105651j:image

棚に積んで1年間くらい乾燥させる。

f:id:suwataku:20171217105656j:image

スノーダンプを温めて乾かす。

このあと屋外に移動し、カセットコンロの熱でロウを溶かして塗布。

仕上げにスプレー式のワックスをかけると、雪離れのいいダンプの出来上がり。

2017-12-13

はてなダイアリー」から「はてなblog」に移行しようとして上手くできず。面倒。

hshs 2017/12/17 19:29 さっきコメントを書いて送ったがだめだったみたい。きょう
実が来て、ヴァージョンアップとかをやっていった。そうしないと、だめなんだって。すると、やたら面倒になった。私の携帯と同じ。物は一定の完成度に達すると、
それを越えようとする人は、たいていは、下らぬ余計なものを加えて、面倒にするしか能がないんだな。これは、図書館も、公民館も本当に一手、2手と作業が増えるのさ。