さば日記 バイオリン始めました

楽譜も読めない Fumi がイレントイオリンに挑む(無謀!?)
『バイオリン』=サイレント、『ヴァイオリン』=楽器全般と使い分けています

2006年01月07日

[]中断

今日のレッスンは、天文部の時の友人との新年会があるため、9:30からに変更してもらった。

久々のレッスンという事もあって、ボーイングの持ち方の修正などを受けた後、ヘ長調音階へ。

ヘ長調音階は、いままでのイ長調ニ長調ト長調と違って、開放弦から始まる音階ではない事もあって、耳慣れない音程で違和感アリ。

弦毎に、押さえる指の位置も変わるので、音程は余計にヘロヘロで、ホントにこんなんで大丈夫なのか〜!? とか思う。

さて、本題のカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲のレッスンを……というところで、客先から連絡を受けて、緊急に対応して欲しい事項があるとのこと。

自分の後にレッスンを受ける人が、早めに来たこともあって、レッスンは途中で修了。

先生が、続きは明日見てくれると言う事だったのでお願いする事にして退場。

……最近土曜日の呼びだしが多くて、落ち着いてレッスンも受けられないのが悩みどころ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sv_fumi/20060107
Connection: close