Hatena::ブログ(Diary)

Water Diary

2012-06-12

アカハライモリ







今回は以前から書きたいなとおもっていたアカハライモリさんについてです!

このアカハライモリは父が捕まえてきたとのことです、野生のアカハライモリなんて見たことないんですがどこにいるものなんでしょうか・・・?

アカハライモリについては全くの無知なので、飼育にあたって急ピッチで知識をつけ、育成環境を整えました。

その勉強させていただいたサイトによると、ウチのは南国レッドというカラーでした、九州育ちの土人カラーですね。

しっぽも細く、排泄口も小さいので、2匹ともメスのようです。







育成するにあたって用意したのは

水槽:コトブキ ガラスの水景 扇 R300           2380円
ろ過:水作 カメを飼育しようヨ! カメ島5点セット        970円
   :水作 水作エイトS 40周年記念カラー クリアグリーン    380円
   :無印 シリコンチューブ3m                 270円
ポンプ:水作 水心SSPP-3                     1680円
アクセサリ:GEX メダカの産卵草 ホテイアオイ             440円
       :メーカー不明 シェルター(実家に転がっていたもの)

イモリ飼うだけなのに6千円も・・・(><;)

ライトはストレスになるとの記述があるので未購入、底砂も誤飲と維持のしにくさから未使用です。

アクアに向かない父管理の水槽のため、シンプルにしたらこうなりました。

設置から1ヶ月程度経ちますが順調なようです。
f:id:swallow04:20120612182558j:image:w640







この浮島が良かったんです、エイトに装着できるんで。

ですが単品売りがないのでセットで購入しました、エアポンプとスリムエイトは保管ということで・・・。
f:id:swallow04:20120612182556j:image:w640







このようにエイトの排出口にはめて使います。

排出口から吐き出された飼育水は、浮島の真ん中に開いた穴から小川の溝を流れて、水槽に流れます。
f:id:swallow04:20120612182553j:image:w640







このコトブキの「ガラスの水景 扇 R300」は以前から興味があったので、イモリ用に購入です。

前面ガラスが全面的に円形になっているので、正面から真っ直ぐ見ないと激しく歪んで見えます。

シリコンの盛りは安心のコトブキモリモリですね。
f:id:swallow04:20120612182551j:image:w640







シリコンはクリスタルキューブのΩ状ではなく、キレイに盛られています。
f:id:swallow04:20120612182617j:image:w640







付属のガラス蓋では隙間が5cmほどあります、余裕で脱走されますね。
f:id:swallow04:20120612182615j:image:w640







ですので、継ぎ足しではありますが30cm水槽用のガラス蓋で塞ぎました。
f:id:swallow04:20120612182612j:image:w640







ホテイアオイは本物だとシーズン中でないど枯れてしまって水質悪化しますし、太陽光でないと光量不足で枯れるので偽物です。

良い作りだなとおもいます、今の人口アクセサリーはキレイに作られていますね。

ただアカハライモリが上陸しようとすると横転します、よく朝になるとひっくりかえっているそうですw
f:id:swallow04:20120612182610j:image:w640







根の部分は糸というか紐で再現されています。
f:id:swallow04:20120612182637j:image:w640







エアポンプは水心SSPP-3で余裕の静音排出です。
f:id:swallow04:20120612182634j:image:w640







ではアカハライモリのご紹介をです!

これはイモたん1号です、水槽を覗くとバタバタと駆け寄ってくる愛嬌バツグンのイモたんです(笑)
f:id:swallow04:20120612182659j:image:w640







こっちはイモたん2号です、人には無関心なようで、1号と違って駆け寄ってきません、大人しいですね。
f:id:swallow04:20120612182657j:image:w640







このように1号は人に対して興味津々です、ジィーーーーーーーーーーッと見てきます。
f:id:swallow04:20120612182632j:image:w640







もしかしたらバカにされているのかもしれませんね(笑)
f:id:swallow04:20120612182630j:image:w640







餌は冷凍赤虫をあたえています、人口餌になれてくれればソチラもと考えています。
f:id:swallow04:20120612182655j:image:w640







2匹でバタバタと暴れながら食べるので、冷凍赤虫が激しく散ります・・・。

これは餌容器に入れてもムダですね、暴れすぎです、大人しく食べてほしいです・・・。
f:id:swallow04:20120612182653j:image:w640







動画も撮りました、大人しく仲良く食べてください!!








しかしカワイイですねー!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

ですがフグがもっているテトロドトキシンという毒を出すらしいので要注意です、怖いですね・・・。

コリドラスのトリリネも背ヒレに毒を持っていて刺されると痛痒いです、一度掃除中に知らずに流木掴もうとしたら触ってしまって泣きました(´;ω;`)

小さい体でも負けない能力をもっていますコリとイモリは、強いですね!

アカハライモリはものすごく長生きするようなので、気長に育成してもらいます(´∀`)

あとアカハライモリは放流によって遺伝子汚染が問題になっているとのことなので、絶対に川や池に逃がさず里子に出してくださいね。





このアカハライモリはワイルド個体なのですが、人を怖がらずに、逆に興味をもつというのは凄いですね−。

新しく追加したワイルドのテトラオーロもこれくらいフレンドリーだったら苦労しないんですが・・・。

長生きしてほしですねこのアカハライモリ2匹!(*゚∀゚*)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/swallow04/20120612/1339497936
リンク元