Hatena::ブログ(Diary)

すにぺっと

2011-01-09

Titanium Desktopでファイル選択ダイアログを使う

| 01:14 | Titanium Desktopでファイル選択ダイアログを使う - すにぺっと を含むブックマーク

ローカルのファイルやディレクトリを選択させたいときどうすればよいのか調べたのでメモ。

ファイル・ディレクトリ選択の仕組をもってるので簡単だった。

var props = {multiple:false,directories:true,files:false};
Titanium.UI.currentWindow.openFolderChooserDialog
  (function(f)
	       {
		       alert(f[0]);
		       alert(f.length);
	       },
props);

Titanium.UI.currentWindow.openFolderChooserDialogってやつを呼べばOK。

第一引数は選択後のコールバック。

f[0]に選択したファイル/ディレクトリのフルパス。

f.lengthに選択した数。

第2引数オプション

ディレクトリ選択可否だったり、複数選択の可否だったり。



参考:

http://developer.appcelerator.com/apidoc/desktop/latest/Titanium.UI.UserWindow.openFolderChooserDialog-method.html

https://github.com/appcelerator/titanium_developer/blob/master/Resources/perspectives/projects/js/projects.js#L1338

2010-12-05

Titaniumをやる

| 10:17 | Titaniumをやる - すにぺっと を含むブックマーク

マルチデバイス対応のフレームワークを調査していて、

Titanium Mobileをちょっと調べていたら、

Titanium Desktopというのを発見した。

これはhtml,javascript,cssを使用してwin,mac,linux向けの

デスクトップアプリをつくれるらしい。

adobe airみたいな感じ。

ランタイムいっしょにパッケージングできるし、javascriptスキーな自分としては

airよりこっちがいいので、やってみよう。

さらにpython,ruby,phpと連携して処理を書くこともできると。

サンプルを見ると、JavaScriptrubypythonみたいな連携もできるらしい。

ここみてインストール

mobileのほうに比べてdesktopはなんとなく情報が少ないような。。。


参考サイト:

APIドキュメント

http://developer.appcelerator.com/apidoc/desktop/latest/


インストールして次にやるのは開発環境整備。

Titanium DeveloperはIDEではないので、別途eclipsなりなんなりが必要。

自分はemacspythonの環境をつくった。

http://tech.lampetty.net/tech/index.php/archives/380

とか

http://d.hatena.ne.jp/CortYuming/20090328/p1

とか

http://valvallow.blogspot.com/2010/04/pythonemacs.html

を見て設定。

yasnippetも設定しているので、

M-tabで補完、tabでsinippetがでるようになった。

javascriptはちょっと不満足ながらjs2-modeで。

htmlはzen-codingを入れておく。

こんなところで準備完了。