Hatena::ブログ(Diary)

独身貴族(笑)の雑記 − 30代リーマン

2012-06-03

雑記


今更ながら、飛ばしすぎた・・・。

改めて見直してみると、かなり乱暴な文章になっている事も否定出来ない。

ここ数日のエントリーで気分を害された方がいれば申し訳ない。基本的に撤回するつもりは無いが、いずれにせよこれ以降は自重する事にしよう・・・。

20代学生さんへの返信


http://d.hatena.ne.jp/syachiku1/20120602/1338618169

上記記事にコメント頂いた20代学生さんへの返信である。

-----------------------

>東條による具体的な行為があり、しかもそれを違法とする法(事後法ではない)がすでに存在したのです。
泰氏がどう判断しているかなどに興味はありませんが、国内法で処罰する余地があったというのであれば、それはそれで仕方無いのでは無いでしょうかと言った所ですね。そもそも東條自身、東京裁判において「国際上不法な事はしていないが、国内における戦争責任は自分にある」と責任を認めているので、私としても無理にフォローしようとは思いません。しかし別に相対論を持ち出す訳では無いのですが、東條以上に裁かれるべき指導者はいくらでもいるように思えますが、日本の左派はそういった所には一切目を向けず、日本国内の責任者を吊るし上げる事だけに熱を入れています(実際に突っ込めば、こういう時だけ「日本人だから当たり前」だとかナショナリストめいた言い訳をするのももはや様式美ですね)。

結論としては、東條を悪人として扱うのには事欠かないという事だけだと思います。誰も彼が清廉潔白だなどとは言っていません。この辺りは過去記事で詳しく書いています。

東條英機の人物評と戦前の日本の評価の共通点」
http://d.hatena.ne.jp/syachiku1/20120419/1334846708


>私は「責任を自覚していたなんて、人間として当然だろ」と思っただけでした。これは感じ方の違いですね。
その程度の認識で結構かと思います。理由は上述の通りです。

>いえ。「もし国内法で裁くことにあなたが賛成すると、靖国絡みの問題が出てくるけどいいですか」ということを、事前にお伝えしておきたかったのです。
国内法で裁く事については、私個人としては勿論賛成しませんが、靖国絡みの問題がどうなんて話には全く関心がありません。東條の遺族でも無い私が憂慮すべき問題でもありません。「余計」というより「的外れ」ですね。

-----------------------

どちらにせよ、東京裁判が不当であるという主張には全く影響しないコメントだった。議論の本質だけに沿うなら、「東京裁判は不当でも東條には国内法上の罪がある」←「それがどうした」で済ませても良かったのだが、無駄な時間を過ごしてしまった(笑)。

しかしこれまでの議論を簡単に総括すると、東京裁判を不当だと主張すると、大抵左派は「でも日本が悪いのは確か」と留保条件を付けたがる傾向にあるようだ。東京裁判で裁かれてもいない「三光作戦」を持ち出したり、「国際法上は無罪でも国内法では絶対に有罪だ」(誰もそんな事聞いてないのに(笑))とか。その根底には、やはり対戦国に対しての贖罪意識があるからなのだろう。東京裁判を否定する事自体が、彼らにとっては「過去を反省していない」事を意味しているのだろう。「21世紀になってもまだ東京裁判を否定している」とか揶揄している者がいたが、「戦後」を払拭出来ていないのは一体どちらなのかと逆に聞きたくなる(笑)。

いずれにせよ、今回の議論を通じて思い浮かんだ言葉がある。

過去を反省したい奴は、気が済むまで存分に反省してろ

Connection: close