Hatena::ブログ(Diary)

独身貴族(笑)の雑記 − 30代リーマン

2012-06-15

唖然


「何をどうしろと?」
http://d.hatena.ne.jp/syachiku1/20120615/1339717485


上記記事に関してrekihikoさんよりコメントを頂いた。正直、開いた口が塞がらないといった心境である。

まずもって、パール判決書を「創造論」を同等に扱う根拠は何か?パール判決書が少数意見だからなんてまさか言わないだろう。「創造論」が正しいかどうかの証明は非常に難しいだろうが、パール判決書はそれとは全く異なる。そもそもこの反対意見書はそれまでの国際条約の積み重ねの結果である国際法を元に書かれているのだから、国際法に照らし合わせてその内容が正しいか否かは比較的容易に検証が可能である。

>この「創造説信奉者」にあたるのが氏です。国際法には無知だが、小林よしのり氏の本などによって、パール意見書だけには詳しい。そして「パールは正しい。間違っているなら、具体的に指摘してくれ」といってるのです。創造説がそれ単独ではもっともらしく聞こえ、それ単独では真偽を判断できないように、パール意見書もそれ単独では真偽を判断できません。
単独で真偽を判断せよなんて言っていない。「国際法」に照らし合わせてその真偽を判断すれば良い。少なくともパール判決賛同しないと言うからには、パール判事の法解釈を否定する根拠を持ち合わせていなければ筋が通らないでは無いか。別にパール判決書が国際法の全てだなんて言っている訳では無い。他に法的解釈があり、それによって東京裁判肯定出来るのであればそれを提示して欲しいと言っているのである。「神がいない事を証明して見せろ」なんて無茶な要求は全くしていない。

>しかし氏は「パール判事が無罪だといってるから無罪です」と暴論を吐きました。「パル真理教」などと揶揄されてしまったゆえんです。生物学でいえば進化論ではなく創造説を熱心に勉強するような真似をしてしまったことです。
暴論とは何事か。私は「パール判事を支持する限りにおいて被告は無罪」だと言っているだけである。パール判事を支持せずに多数判決が正しいと言うのであれば、その法的根拠を示せば済む話では無いか。むしろ「パール判決書は、創造論のような産物だ」だなどというrekihikoさんの意見の方が余程暴論だろう。
勿論私はパール判事を真に尊敬しているし、その法解釈を全面的に支持している。しかし別にパール判事を神聖視している訳でも無ければ、その思想や信条に全て同意出来ている訳でも無い。そもそも「パール判決書」の最大の意義は、国際法を厳格に適用している点にある。それはパール判事の私的な意見でも願望でも理想でも無い。判決書という公共物なのである。rekihikoさんはパール判事哲学者思想家の範疇で捉えているのかも知れないが、あくまでもパール判事法律家である。

進化論を勉強しなければ話は始まりません。そういうことです。
パール判決書を創造論に位置づける限りにおいて、進化論がどのようなものであるのかを具体的に何も挙げていない時点で論外である。進化論を勉強せよなどと抽象的な事を言われても、何をどうすればよいのかさっぱり分からない。


・・・そもそもrekihikoさんは、本気でこれが「反論」として成立すると思っているのだろうか?

何をどうしろと?


rekihikoさんより久しぶりにツイッタートラックバックを頂いた。残念ながらブログをもうやっておられないようだが、ツイッターで活発に活動されておられるようだ。何よりである。

id:syachiku1氏の議論も、パール判事関連の本を数冊読んだだけで、東京裁判国際法に関する膨大な蓄積を無視して、「パルは正しい、左翼はなぜ認めない」とかふっかけてくるから、おかしな議論になる。氏はまだ自身の不勉強を自覚しているので、ならもっと勉強すればいいのに・・・。

単なる言い訳になるが、専門の書籍を買う金銭的余裕も無ければ、それを読む時間的余裕も余り無い。パール判事ばかり持ち出して、他に言う事が無いのかと言われれば、無いとしか言いようが無いのも確かである。しかし私への批判が「不勉強」の一言で片付けられてしまうと、それ以上議論を進めようが無いのだ。

id:rekihikoさんにせよ、id:Apemanさんにせよ、私がパール判事にばかり固執している事に批判的である。それしか言う事が無いのかと揶揄されるのも仕方無いのだろう。しかし両名とも、「パール意見書」の内容にまで踏み込んだ批判は全くしていない。

rekihikoさんはパール判事の法解釈が「法実証主義」的であると指摘しているが、以前にも言った通りパール判事は「事後法だから駄目」だなんて単純な事は言っていない。そのような事を言うのであれば、最低でもパール判決書の具体的にどの部分が「法実証主義」的なのかを指摘するのが筋では無いのか?

Apemanさんについては、下記記事で触れている通りである。

http://d.hatena.ne.jp/syachiku1/20120212/1329042782

以前にも書いた事であるが、この辺りが非常にもどかしい。私が無知である事は否定しないしそれを詰るのは一切構いはしないから、パール判決書の具体的にどこが誤りなのかを指摘するか、もしくはパール判事に拠らずに、東京裁判裁判として肯定し得る法的根拠なりがあるのであれば、具体的にそれを用いて東京裁判肯定して見せれば済む話では無いか。それに対し、私がパール判決書を用いて反論する事で議論が成立するはずだ。それもせずに、「パル真理教の信者」などと低俗な揶揄を繰り返したり、「勉強不足」の一言で片付けたりされたのでは、議論すら出来ない・・・。