Hatena::ブログ(Diary)

独身貴族(笑)の雑記 − 30代リーマン

2012-06-25

消費税


いよいよ消費税増税がまったなしの状況のようだ。

負担増は痛いし御免被りたいが、まあ仕方無いと言えば仕方ないのだろうか・・・。

10数年前の5%増税時のインパクトはでかかった。「失われた10年」の引き金の一つとも言われ、凄まじい経済不況に見舞われた事は記憶に新しい。「氷河期世代」として就職難に直撃した身としては、二度とあのような事は経験したくない。

ただ消費税を上げた事があの不況を引き起こしたと仮定しても、では消費税を上げなければ良かったのかと言えばそうとも言えない気がする。消費税が上がれば確かに生活に影響は出るだろうが、だからと言ってそれで生活が破綻する程のものではない。当時に経済不況を引き起こした最大の原因は、消費税を上げた事自体よりも、必要以上に財布の紐を締めた国民にあるのでは無いかと思われるのだ。

以前にも似たような事は主張したが、

 消費税増税消費者マインドが悪化→デフレ倒産→(法人税減による)税収減

このような最悪の悪循環に陥らないようにする為には、不必要に消費税増税を恐れてはいけないのだ。これは消費税を上げる事に反対とか賛成とか、民主党自民党が嫌いとかそんな事とは一切関係なく、日本経済を守る観点から重要な点である。以前と同様、マスコミはさぞ盛大に取り上げて国民の不安を掻き立てる事だろう。それに乗せられてはならない。