長屋の花見〜ほうじ酒〜


転失気横丁の大家、HN:シャキ(西村宜繁)の無事と有事を書いていくブログ。
一つ。週に一回書く
一つ。週に七回書かない
一つ。なるべく全年齢向け

サイトの更新方法を思い出すまで、ブログのみ運営中。
もえたんCD元ネタ解析Cpt1 Cpt2  ドラマ CD2 情報募集中

2006-08-27 曇り

疲れがのこっているのか気持ち悪い。豚より安売りのラム肉が手にはいったのでカレーにする。

整腸作用のあるうこんと、最近容器を壊して湿気が心配な山椒と、あまり使い道のないアフターデスを投入。夏野菜キャベツの芯も目一杯煮込んで具沢山にする。

[]ナツ100 ナツ100を含むブックマーク

集計結果発表!

100位〜20位

20位〜1位

暇なときは時々他の選者のオススメにも目を通しているが、自分と同じマンガを選んだ人にシンパシーを感じたりして、面白い。書きかたは100冊箇条書きだとチェックする気が失せるので、一行でもいいからコメントした方がよさそうだな。

女性選者の100冊は知らない少女漫画ばかり並ぶ。エロを出したのは俺とゴルゴ31さんくらい。ウハハ、東雲太郎を推したのは世界広しといえど俺だけだぜ。

[]時をかける少女 時をかける少女を含むブックマーク

この話、過去は100%同じことの繰り返しではない。シュレーディンガーの猫が出てきたこともそういう意味かと。

例えばカラオケのシーン。真琴の「ジャンジャン行こーっ!」に釣られてか、巧介の注文が「メロンソーダ×2・コーラ」→「ソーダ・コーラジンジャーエール」に変わっている。

夕飯のシーンももしかしたら違っているかも。これから映画を見に行く人はチェックしてください。

あと、色々とメタファーがありそうだが、告白の分かれ道以外あまり気付かなかった。種がモモの種に似ているのも何かを暗示しているんだろうか(押井守ほど凝っちゃいないだろうけど)。

不思議だと思ったのは夕焼けに向かって高笑いするシーン。横顔をしばらく映しっぱなしなんだけど、あそこはどんな意味が込められていたんだろう?

さて。

ここからは本編の中にあるタイムトラベルを途中までながらまとめてみたいので、ネタバレ。「理科準備室にいたのはだあれ?」を俺なりに考えてみた。

そんなわけで、未見の人はここまでにしてください。






いい?

[]時をかけた少年の話 覚書 時をかけた少年の話 覚書を含むブックマーク

http://b-kan.at.webry.info/200607/article_8.htmlを参考にしつつ。

映画の設定を勝手に解釈。

『よその自分にタイムリープ(以下TL)されている間、自分は消滅している?。同一時空に2人の自分は存在しない。』

『同一の種は同一時空にダブって存在しない。時間を戻してもTLパワーは復活しない』

『TLパワーは時に干渉されない。TLで過去に戻っても自分の力は元に戻らない』

『TLにはいろんな使い方がある。千昭は講習なり練習なりしているんで色々できる』

原作ではクライマックスになる理科準備室。今回時かけではここで千昭と接触することがないので、あの物音は一体なんだったのかが明解にされていない。

俺の予想では、彼は「未来からやってきたばかりの千昭」だ。未来人千昭を千昭A、生徒千昭を千昭Bとして千昭の時系列を中心にすると、

千昭A、未来から準備室にTL

→人(真琴)が入ってきたので5分後にTL。このとき種を落とす

真琴チャージ。千昭Aそれに気付かず教室から逃げ出す

→友梨と遭遇、自分がここで学園生活を送っていることを知る

→4月にTL。千昭Bとして編入

→再び7/13、千昭B,巧介と一緒に真琴を待ち、3人でグラウンド

これが正しいなら、千昭Bは種が理科準備室にあること、真琴にチャージされたこともすぐに判る訳で、この後の告白の雰囲気がやや違ってくるなあ。ましてや友梨と付き合い始めたのは何か意味があるんだろうか? 

ところが、真琴が準備室で待ち伏せすると、おかしなことになる。

千昭A、未来から準備室にTL

→人(真琴)が入ってきたので5分後にTL。このとき種を落とす

真琴チャージ。千昭Aそれに気付かず教室から逃げ出す

→友梨と遭遇、自分がここで学園生活を送っていることを知る

→4月にTL。千昭Bとして編入

→再び7/13、真琴待ち伏せ

→千昭が種をなくした事実は改変され、校舎外にいる千昭の手元に種出現。ただしTLパワーは真琴に取られたので空。

→功介からメール真琴は踏み切りへ。

→千昭B、理科室に残っていた友梨と遭遇。理科準備室にいたのが真琴だとわかる

真琴に「おまえ、TLしてね?」

→功介死亡。真琴の話を聞いて千昭TL&ストップ

→千昭B、時の亡霊

「いまここに俺が来なかった?」という定番のギャグが有ったんだろうが、種を紛失すること自体が無かったことになるんだろうか? このパラドックスで千昭Bの手元に空っぽの種が突然現れたとか?(書き直し)現れたとする。

最後。結局真琴が選んだ未来

千昭A、未来から準備室にTL

→人(真琴)が入ってきたので5分後にTL。このとき種を落とす

真琴チャージ。千昭Aそれに気付かず教室から逃げ出す

→友梨と遭遇、自分がここで学園生活を送っていることを知る

→4月にTL

→再び7/13、ここでは千昭B一人でグラウンドへ。

→一方フルカウントになったばかりの真琴が、最後のTLでカウントゼロになった真琴に書き換えられる。*1

ED

こんな感じだろうか。最後の千昭Bが何故グラウンドにいるかはわからんけど。

判る人コメントください。

8/28 2:30書き直し。もし貴方が違うタイミングでここを読んでいたら、もう少し違った、より的確なエントリが書いてあった可能性があったんですが。

*1:これに関しては2ちゃんねるスレで教えてもらった

Connection: close