Hatena::ブログ(Diary)

デイリーシフト このページをアンテナに追加

White&Pure(マリアさんFC)も運営中...。
こちらがメインブログ。
多忙につき更新停滞中...。

2007-11-26 お久しぶりです。

P2!終わってしまいましたね・・・。

2007-10-30 実に二週間ぶり・・・orz

[]STEP54 挫折

遊部がゼロバウンドを破ったのは、ラバーを変えたからでした。やっぱりといいたいけど、先週の記事を書いてない・・・。

まだまだアキラには及びませんが、お嬢もかわいいなあ。

草次郎曰く

怒ってるお嬢はかわいいなぁー

怒ってるお嬢は、というのが気になりますが、かなりかわいいと思います。

変わったラバーを一言で説明すると、硬くなった、ということでしょうか。スピードが上がる分、アウトになる確率が上がりますが、それは遊部のドライブがカバーしていると。

その結果、ドライブの破壊力が上がり、ゼロバウンドも対応し、遊部がポイントを取り始める。

しかし、目の病気という大きな挫折を味わった張はあきらめず食いついてくる・・・

>>感想<<

それにしてもお嬢がかわいいですね。なんか妙に( ・∀・)イイ!!まぁアキラを出せと。

草次郎の「あんなものを打てる人が同世代に二人もいるなんて」

というのが引っかかります。もう一人というのは?張のことか?

高槻の「だがそれはない」に吹いた。

といっても、張の秀鳳にいるべき理由はなんなのか。おそらくはチームメイトの強化、だとかそういうやつなのかもしれませんが、よくわかりません。その答えが、張の「誓い」の答えにもなりうるでしょうし。

ではでは。

2007-10-15 ふぅ。

勉強しないとなあ・・・。

[]STEP52 ゼロと呼ばれた打球

左右のポールの外側から回して、ボールの描く放物線の頂点と台の角をあわせ、全くバウンドさせないゼロバウンド。そのショットを生み出す張の異称は、翼手(イショク)。

それなんてテニプリ?

まぁまだ多少現実的だからイイか・・・テニプリは人間の限界を超えているので、ね。

まず第一に遊部が試したのは、左右の振りを小さくすること。しかし、もともと台上の処理のうまい張に対してそれはほとんど意味をなさず、まず1セット。

ならばと、次に遊部が考えたのはゼロバウンドを返すこと。

しかし張の前にはそれも通用しない。

返せぬからゼロだ

もう何がなんだか・・・。

以下感想。

ここまで圧倒的な力を見せられたなら、どう考えても遊部はゼロバウンドを返しますね。

ここでゼロバウンドを返すからドラマなのですよ。

むかしジャンプで連載されていたとある卓球漫画ではエッジを使って打球を返していた記憶があります。それを使ってくれることを楽しみに・・・いや違うか。

感想の書きにくい話だなあ・・・

そういえば、「お嬢」が出てました。ちょっつあたまが・・・まぁ気にしない気にしない。

かわいいねえ・・・。

2007-10-10 梅雨来たりなば

眠い・・・

[][]STAGE4 梅雨来たりなば

P2!-let’s Play Pingpong! 4 (4) (ジャンプコミックス) P2!-let’s Play Pingpong! 4 (4) (ジャンプコミックス)
江尻 立真 (2007/10/04)
集英社
この商品の詳細を見る

表紙は遊部主将でした。

現実、時々理想。 | 2つの「ハオウ」、覚醒 - P2! Stage3

と、昔の記事のリンクを張りましたが、STAGE3の感想記事です。ちなみに収録話は、

今更向こうにリンク貼るのもどうかとは思いますがw

ちなみに、step34 キミの才能

はオススメしておきます。世間では第二次アキラ祭りといわれた、祭りの発端になった1話なので。このときに「現実、時々理想。」は1日のアクセスが最大でした。2000超えていたので・・・。

STAGE4はシリアス展開だと思っていたけど、最後の方でアキラ祭りが起こってしまったので、予想はしっかり外してしまいました。まぁ所詮予想ですが。

一言で感想を書くなら、

アキラかわいいよアキラ!

まぁ、

゜∀゜)o彡゜アキラ!アキラ!

でもいいかな。

とりあえず、2巻に続いて2冊目の、「アキラの時代」の本だと言うことです。

新コーチ蒔絵薫の登場で、ヒロムもさらに進化していきます。いい感じ。

1巻からの読破をオススメします。

アキラかわいいよアキラ!(締めの言葉)

2007-10-09 ゼロバウンド

[]STEP51 前哨戦

で、まぁS1。

何も起こらなければこれが事実上の勝敗を左右する試合、なんだけども。

隠していた技術をフル稼働して、戦っていく遊部。しかし、張はプレッシャーですらも桁外れ。

そこに到着した、柳青州・紅州は張のことを知っているようで、彼らの話を聞くに、張は簡潔にまとめると。

史上稀にみる天才で、将来も有望だったのが、目の病気でプロを断念した選手、らしい。

左右の振りにめっぽう強いらしく回転をかけ、返すのが厳しいようなショットを拾うどころか、それを決め球にしてしまう。


−気をつけたまえ それは跳ねない−

ゼロバウンドという名のそのショットは、台の角に当たるとそのままバウンドせず、そのまま台上を転がる。


以下感想。

扉絵の乙女ちゃんはえろいです。中1とは思えません。

さて、結果だけ予想するならば、遊部は勝てると思います。

ゼロバウンドといっても、ネットを越してからバウンドするときに跳ねないことはないワケで、極度に横に振らない限りはゼロバウンドは打たれない。のだけど、それがわかったとしても、左右の振りに極度に強い張の前には、多少の揺さぶりじゃ効かないわけで、まず間違いなく苦戦を強いられる。天才というだけはあってそのほかにも技を持っていそうですが、どうにか遊部が辛勝するのでは、と踏んでいます。

というか、それなんて零式ドロップ?

さて、最終結果の予想もしておきましょう。

川末がもしかすると負けるのではないかなあと思います。でも同じカットマン同士、長期戦になるので、亀の甲より年の功とは言いますから体力で川末が勝つのかも。これはわからない・・。

眞白は勝つと思います。たぶん。

ヒロムが微妙なのですが、悪くとも惜敗、だと思います。何があっても2セットはとれるんじゃないかな。おそらくアキラが絡んでくると踏んでいます。

Connection: close